2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 川越車両センターまつり訪問記を掲載しました(2023.10.14) | トップページ | 水色のE653系が営業運転に投入~特急 川越物語号(川越まつり号)~(2023.10.14) »

2023年10月19日 (木)

さいたま市政令指定都市20周年記念花火大会観覧記を掲載しました(2023.10.14)

2023(令和5)年10月14日に開催された「さいたま市政令指定都市20周年記念花火大会」観覧記を、私のホームページ「列車とともに」に掲載しました。ぜひご覧ください。

23101401

« 川越車両センターまつり訪問記を掲載しました(2023.10.14) | トップページ | 水色のE653系が営業運転に投入~特急 川越物語号(川越まつり号)~(2023.10.14) »

花火」カテゴリの記事

花火(関東)」カテゴリの記事

コメント

taka110さん、こんにちは。
来年3月には北陸新幹線が敦賀まで延伸して北陸本線は金沢ー敦賀間も三セクになります。
なので青春18きっぷや秋の乗り放題パスもその区間は使えなくなるかもしれないです。
そうなると青春18きっぷや秋の乗り放題パスで関西、中国、四国、九州まで行く場合は敦賀まで車で行って敦賀から使うか敦賀まで北陸新幹線で行き敦賀から使うか高山本線経由で行くかの3択になります。

それと10月28日に愛知県の花火甲子園に行きました。
交通手段は高山本線の下呂駅まで車で行き下呂駅から青空フリーパスというフリーきっぷを使って列車を乗り継いで蒲郡まで行きました。

優さん、こんにちは。

夜行バスも遅れず、花火もしっかり観覧できたようで何よりです。
翌日の普通列車乗継ぎ旅もお疲れさまでした。

来年は北陸新幹線が敦賀まで延伸されますので、秋の乗り放題パスが利用できる区間も短くなりそうですね。

taka110さん、こんにちは。
先日、やつしろ全国花火競技大会に行きました。
きっぷは秋の乗り放題パスを使いました。
行きは時間の都合で大阪から広島まで夜行バスを使いました。
行きは芦原温泉→普通列車乗り継ぎ→大阪→夜行バス→広島→普通列車乗り継ぎ→八代、帰りは八代→普通列車乗り継ぎ→博多→普通列車乗り継ぎ→芦原温泉というルートです。
やつしろ全国花火競技大会に4年ぶりに行きました。
花火はとても綺麗でした。
ドローンショーも綺麗でした。
列車も夜行バスも大きな遅れはなく順調に行けました。
ただ4年前と比べて山陽本線の普通列車はかなり減便されてました。
また接続も悪くなってました。
そのために4年前は帰りは博多からは始発から普通列車と新快速を乗り継げば当日中に金沢までたどり着けましたが今年だと福井県の芦原温泉までしかたどり着けないダイヤになってました。

優さん、こんにちは。

八代には間に合いましたでしょうか?

私は帯状疱疹予防接種を打ちまして、絶賛ダルダル中です。
都内の花火に行こうと思っていましたが、見合わせて正解でした。

これから夜は寒くなりますので、お互い身体には気を付けましょう。

taka110さん、こんにちは。
10月14日にさいたま市政令指定都市20周年記念花火大会に行かれたのですね。
ドローンショーもかなり綺麗ですね。
私は10月14日と15日に東京に行ってました。
10月14日の夜はミュージカルを見る予定があったので花火大会には行けませんでした。
10月15日には横須賀花火大会に行く予定でしたが中止になってしまい先週末は花火大会が見れませんでした。
明日10月21日には熊本県のやつしろ全国花火競技大会へ遠征します。
やつしろ全国花火競技大会に行くのは2019年以来4年ぶりです。
交通手段はおなじみの秋の乗り放題パスで鈍行乗り継ぎです。
行きは途中の大阪から広島まで夜行バスを使います。
ただ列車の時刻を調べたら山陽本線は4年前と比べてかなり減便されていて接続が悪くなってました。
さらに山陽道の一部がトンネル火災の影響で未だに通行止めなので夜行バスが遅れて翌朝に広島から乗る予定の列車に間に合わないか心配です。
もし間に合わなかったらやつしろ全国花火競技大会は後半しか見れないです。
4年ぶりのやつしろ全国花火競技大会見物なので楽しみな反面時間に余裕がない綱渡り的な行程なのでハラハラドキドキの旅になりそうです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 川越車両センターまつり訪問記を掲載しました(2023.10.14) | トップページ | 水色のE653系が営業運転に投入~特急 川越物語号(川越まつり号)~(2023.10.14) »