2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 水戸偕楽園花火大会Limited×水戸の梅まつり観覧記を掲載しました(2022.3.5) | トップページ | 久々の出会い~E127系0番台~2022年冬 新幹線YEAR特典チケットで行く新潟・長岡 鉄道と花火観覧の旅・こぼれ話~(2022.2.20) »

2022年3月 7日 (月)

特急 水戸梅まつり号~水戸駅E653系NEWDAYSとともに~(2022.3.5)

2022(令和4)年3月5日と6日の2日間、大宮駅~勝田駅間で「特急 水戸梅まつり号」が運転されました。同区間では昨年(2021年)まで快速(新型コロナウィルス感染拡大のため運休)でしたが、今年から特急に格上げされ運行。停車駅は東川口が通過となったものの、それ以外は昨年と今年は同じ。しかし特急格上げにより所要時間は下りで約20分、上りは約30分短縮されました。

この日は偕楽園近くで開催された「水戸偕楽園花火大会Limited×水戸梅まつり」を観覧。普段は東京界隈で撮影することが多いのですが、せっかく遠くまで来たので花火は夜ですが、少し早く水戸駅を訪問。上りの「水戸梅まつり号」を撮影することにしました。

22030512

まずは水戸駅の出発案内表示器から。列車名称のほか、停車駅までしっかり表示されていました。

22030513

「水戸梅まつり号」の担当車両は勝田車両センター所属で国鉄特急色のE653系。常磐線系統の臨時列車にも数多く使用されていることから、水戸駅7番ホームにはE653系専用の乗車口案内が取り付けられていました。

22030514

22030515

水戸駅に到着した「特急 水戸梅まつり号」。

22030516

一番撮影したかったのがこれ。水戸駅7・8番ホームにはE653系をモチーフにしたコンビニ「NEWDAYS」があり、両者の並びを撮影。

22030517

ちなみにE653系NEWDAYSの入口は反対側にあります。

22030518

E653系NEWDAYSのカラーリングは「フレッシュひたち」として活躍していた頃の偕楽園・好文亭をイメージにしたスカーレットブロッサム色となっています。

« 水戸偕楽園花火大会Limited×水戸の梅まつり観覧記を掲載しました(2022.3.5) | トップページ | 久々の出会い~E127系0番台~2022年冬 新幹線YEAR特典チケットで行く新潟・長岡 鉄道と花火観覧の旅・こぼれ話~(2022.2.20) »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道(JR東日本)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 水戸偕楽園花火大会Limited×水戸の梅まつり観覧記を掲載しました(2022.3.5) | トップページ | 久々の出会い~E127系0番台~2022年冬 新幹線YEAR特典チケットで行く新潟・長岡 鉄道と花火観覧の旅・こぼれ話~(2022.2.20) »