2023年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2月13日福島県沖を震源とする地震による東北新幹線臨時ダイヤについて、座席に関する考察(2021.2.14) | トップページ | 仙台延長運転「ひたち9号」~品川駅の出発案内表示器&E657系の行先表示器~(2021.2.20) »

2021年2月20日 (土)

青梅奥多摩梅の里号~三鷹駅上りホームから出発&出発案内表示器に謎の記号~(2021.2.20)

2021(令和3)年2月20日と23日、27日、28日の4日間、三鷹駅~奥多摩駅間でリゾートやまどり車両を使用した「快速 青梅奥多摩梅の里号」が運転されました。これまで同区間では「やまどり青梅奥多摩号」という列車名称で使用されていましたが、青梅市梅の公園をはじめとする沿線に点在する梅が見ごろとなる時期にあたり、新たに「青梅奥多摩梅の里号」という列車名称での運転となりました。

新型コロナウィルス感染拡大による緊急事態宣言が発出され、催し物も中止が相次ぎ、それらへのアクセス列車である「氏家雛めぐり号」や「かつうらひな祭り」、「水戸梅まつり号」等も運休となるなかではありますが、青梅市梅の公園でも市民観梅まつり等のイベントは中止となるも、公園自体は開放。「青梅奥多摩梅の里号」も運行区間が都内で完結するため、緊急事態宣言による自粛項目である都(県)をまたぐ移動にも当たらないという判断からか、予定どおり運転されることになりました。

21022001

「青梅奥多摩梅の里号」の運転日初日となった2月20日、始発の三鷹駅を訪問。ここでちょっとした違和感。これまで、三鷹駅~奥多摩駅間を結ぶ臨時列車は高尾方面から回送列車として送り込まれ、三鷹駅の吉祥寺側にある留置線にいったん停車。8:52発の中央特快が4番線から発車後に入線するのですが、8:40を過ぎても留置線にリゾートやまどりは現れず。4番線の出発案内表示器にも「青梅奥多摩梅の里号」が表示されることはありませんでした。

やはり緊急事態宣言中のため運休なのか? ホーム上の放送に耳を傾けてみると、中央線上りホームの5番線から発車するとのこと。5番線に行ってみると、東京行きの表示に混じり「奥多摩 6両 8:58」という表示を見つけることができました。気になったのは一番左に表示された「v126」。単なる表示ミスか?何か意味があるのか?

21022002

8:51頃、「青梅奥多摩梅の里号」(の送り込み回送列車)が三鷹駅に到着。

21022003

三鷹駅上りホームに停車しているのがわかるように駅名標を組み合わせてみました。

21022004

ドア前には号車案内のカードを持つ駅係員が配置されていました。このカード、後で拡大してみると、下部に列車の駅接近時と駅停車時に放送案内する原稿(カンペみたいな)が記載されていることがわかりました。

21022005

下りホームに移動して三鷹駅を発車する「青梅奥多摩梅の里号」を撮影。

21022006

21022007

上り線から下り線への渡り線を走る「青梅奥多摩梅の里号」を見送りました。

« 2月13日福島県沖を震源とする地震による東北新幹線臨時ダイヤについて、座席に関する考察(2021.2.14) | トップページ | 仙台延長運転「ひたち9号」~品川駅の出発案内表示器&E657系の行先表示器~(2021.2.20) »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道(JR東日本)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2月13日福島県沖を震源とする地震による東北新幹線臨時ダイヤについて、座席に関する考察(2021.2.14) | トップページ | 仙台延長運転「ひたち9号」~品川駅の出発案内表示器&E657系の行先表示器~(2021.2.20) »