2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« スロネフ25形501号車~京都鉄道博物館トワイライトプラザの展示車両(その5)~(2020.12.6) | トップページ | 230形233号機~京都鉄道博物館本館の展示車両(その1)~(2020.12.6) »

2021年1月 5日 (火)

EF65形1号機~京都鉄道博物館トワイライトプラザの展示車両(その6)~(2020.12.6)

2020(令和2)年12月6日に訪問した京都鉄道博物館のうちトワイライトプラザの展示されている車両をご紹介しています。6回目の今回はEF65形1号機です。

20120668

解説板には『電気機関車の黄金時代を築く』と紹介。『EF65形電気機関車は電化路線のために設計され、その完成度の高さから日本の電気機関車で最多となる308両が製造された。貨物用、旅客用、客貨両用などのグループがあり、現在でもJR貨物で活躍している。本機(1号機)は、貨物列車専用機として活躍していた』とあります。

20120669

EF65形は数が少なくなったものの現役で活躍しているためか、三大鉄道博物館でEF65形を展示しているのは京都のみ。トップナンバーとして展示車両に抜擢されたのでしょう。

今回でトワイライトプラザの展示車両のご紹介は終了。次回からは本館に移ります。

「2020年冬 兵庫・京都 花火観覧と鉄道博物館めぐり旅」は、私のホームページ「列車とともに」でご紹介しています。ぜひ、こちらもご覧ください。

« スロネフ25形501号車~京都鉄道博物館トワイライトプラザの展示車両(その5)~(2020.12.6) | トップページ | 230形233号機~京都鉄道博物館本館の展示車両(その1)~(2020.12.6) »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道(JR西日本)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« スロネフ25形501号車~京都鉄道博物館トワイライトプラザの展示車両(その5)~(2020.12.6) | トップページ | 230形233号機~京都鉄道博物館本館の展示車両(その1)~(2020.12.6) »