2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 0系 1/45スケールモデルが東海道新幹線 東京駅開業式を再現~2020年冬 兵庫・京都 花火観覧と鉄道博物館めぐり旅・こぼれ話~(2020.12.6) | トップページ | 前パンの101系カットモデル~2020年冬 兵庫・京都 花火観覧と鉄道博物館めぐり旅・こぼれ話~(2020.12.6) »

2021年1月18日 (月)

151系モックアップの運転台を見学~2020年冬 兵庫・京都 花火観覧と鉄道博物館めぐり旅・こぼれ話~(2020.12.6)

2020(令和2)12月6日に訪問した京都鉄道博物館の話題をご紹介しています。

201206a5

こちらは151系の先頭部…なんですが、展示車両一覧には含まれていません。その理由は実物ではなく、原寸大のモックアップなんだそう。元は交通科学博物館に展示されていたのですが、多くの実物の車両が展示されているなか、なぜわざわざモックアップが京都鉄道博物館に移設されてのでしょうか?

201206a6

この時代の特急車両にはバックミラーのようなものが設置されています。ワンマン運転車両にバックミラーは付いていることが多いですが、こちらのミラーはどんな目的で設置されていたのでしょうか?

201206a7

交通科学博物館時代でも運転席室は見学できたようですが、過去に訪問した時はスルーした記憶があるので、今日が初めて運転席室内に入ってみることにしました。

201206a8

助士席側から運転席側を撮影。

201206a9

運転席から機器類を撮影。車体がモックアップなので運転席の機器類もレプリカなんでしょうか。でも交通科学博物館での展示も含めて、相当年月が経過しているためか、室内の劣化具合とか妙に質感がリアリティあります。

201206b0

運転席側から助士席側を撮影。助士席側は階段・通路になっているので座席は設置されていませんでした。

「2020年冬 兵庫・京都 花火観覧と鉄道博物館めぐり旅」は、私のホームページ「列車とともに」でご紹介しています。ぜひ、こちらもご覧ください。

« 0系 1/45スケールモデルが東海道新幹線 東京駅開業式を再現~2020年冬 兵庫・京都 花火観覧と鉄道博物館めぐり旅・こぼれ話~(2020.12.6) | トップページ | 前パンの101系カットモデル~2020年冬 兵庫・京都 花火観覧と鉄道博物館めぐり旅・こぼれ話~(2020.12.6) »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道(JR西日本)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 0系 1/45スケールモデルが東海道新幹線 東京駅開業式を再現~2020年冬 兵庫・京都 花火観覧と鉄道博物館めぐり旅・こぼれ話~(2020.12.6) | トップページ | 前パンの101系カットモデル~2020年冬 兵庫・京都 花火観覧と鉄道博物館めぐり旅・こぼれ話~(2020.12.6) »