2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 「ぶらり高尾散策号」と「むさしの号」と「国立駅」と(2020.11.21) | トップページ | 池袋駅に新型AI案内端末が登場(2020.12.1) »

2020年11月25日 (水)

三連休に「特急 富士回遊91号」が運転(2020.11.21)

新宿駅と河口湖を結ぶ「特急 富士回遊」。2019年3月のダイヤ改正でデビューし、当初定期列車が2往復設定。2020年3月からは定期3往復体制となっています。「富士回遊」の終点、河口湖駅は富士山の玄関口のひとつであり、多くの外国人観光客が訪れるのに加え、富士回遊は3両編成のため、常に混雑していたようです。そのため、土休日を中心に「富士回遊91・92号」が運行していました。

しかし、2020年に入って新型コロナウィルス感染拡大により、外国人観光客が激減。河口湖を訪問する乗客も減少したためか、「富士回遊91・92号」も運休に。緊急事態宣言解除後、臨時列車も徐々に運転再開となりましたが、臨時富士回遊については運休が継続されていました。

そんな「富士回遊91・92号」でしたが、11月21日~23日の三連休に運転再開。21日に「富士回遊91号」を撮影しようと、新宿駅に出かけてきました。

20112125

「富士回遊91号」は新宿駅9番線から出発。

20112126

「富士回遊91号」は新宿駅11:13発、11:04頃に新宿駅に入線してきました。

20112127

この日は雲ひとつない晴天。車体の半分に太陽が当たり、もう半分はホームの屋根の影で真っ二つ。明るめに設定すると太陽が当たる部分が白トビしてしまいますし、暗めに設定すると影の部分が真っ黒になってしまう。適正な設定を見つけるのが難しい。

20112128

この日の「富士回遊91号」はホームで列車の到着を待つ行列もほとんどなく、第3派と言われ始めた新型コロナウィルス感染者増加の影響で利用者が減少したのかと思っていましたが、これにはちょっとした落とし穴が。「富士回遊91号」は5両編成で新宿駅ホームの北側に停車。一方、定期「富士回遊」は「かいじ」に併結されて新宿駅ホーム南側に停車するため、多くの乗客がホーム南側で待っていたようで、列車到着後、乗客の大移動があり、出発直前にはほとんどの座席が埋まっていました。

« 「ぶらり高尾散策号」と「むさしの号」と「国立駅」と(2020.11.21) | トップページ | 池袋駅に新型AI案内端末が登場(2020.12.1) »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道(JR東日本)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ぶらり高尾散策号」と「むさしの号」と「国立駅」と(2020.11.21) | トップページ | 池袋駅に新型AI案内端末が登場(2020.12.1) »