2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 【205系】仙石線205系特集(H22.3.21)~東北ジョイフルトレイン乗り鉄旅・こぼれ話~ | トップページ | 第25回外秩父七峰縦走ハイキング大会完歩記~その1~(平成22年(2010年)4月18日) »

2010年4月17日 (土)

「こがねふかひれ号」車内探訪(H22.3.22)~東北ジョイフルトレイン乗り鉄旅・こぼれ話~

 平成22年3月22日は、「こがねふかひれ号」に乗車。今回は「こがねふかひれ号」の車両について特集しましょう。

10041701

 1枚目の写真は始発の仙台駅のホームに入線する「こがねふかひれ号」。

10041702

 2枚目の写真は「こがねふかひれ号」の先頭部のヘッドマーク。マークは小柄で落ち着いたデザインです。

10041703

 3枚目の写真は車両側面にあったマーク。先頭部にあったヘッドマークと同じデザインですが、こちらは自己を主張するかのように大きく描かれています。

10041704

 4枚目の写真は車内の様子。2人掛けと1人掛けの座席が交互に並ぶというユニークな配置となっています。

10041707  10041708

 5枚目と6枚目の写真は座席を回転させたところを撮影したものです。ご覧のように「こがねふかひれ号」の座席は様々な位置で固定されるため、左の写真のように6人分の座席が向かい合わせにできたり、右の写真のように全ての座席を窓とは反対側に向けたりできるなど、使用目的によって座席配置を変えることができます。

10041705

 「こがねふかひれ号」には先頭部に展望スペースがあります。7枚目の写真は展望スペースから前方を見たものです。

10041706

 8枚目の写真は展望スペース内にある座席。全車指定席の「こがねふかひれ号」ですが、ここはフリースペースとなっています。

 私が乗車した当日の「こがねふかひれ号」は乗車率が低く、展望スペースにやってくる乗客もあまりいませんでした。よって、私は「こがねふかひれ号」に乗車した仙台~気仙沼のほとんどを展望スペースで過ごすことができました。

私のホームページ「列車とともに」では、「平成22年春 東北ジョイフルトレイン乗り鉄旅・旅日記」を掲載しています。ぜひこちらもご覧ください。

« 【205系】仙石線205系特集(H22.3.21)~東北ジョイフルトレイン乗り鉄旅・こぼれ話~ | トップページ | 第25回外秩父七峰縦走ハイキング大会完歩記~その1~(平成22年(2010年)4月18日) »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道(JR東日本)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 【205系】仙石線205系特集(H22.3.21)~東北ジョイフルトレイン乗り鉄旅・こぼれ話~ | トップページ | 第25回外秩父七峰縦走ハイキング大会完歩記~その1~(平成22年(2010年)4月18日) »