2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 【183系大宮車】「快速足利藤まつり3号」~西日暮里駅付近にて~(H22.4.24) | トップページ | 八王子八峰登山に挑戦~その1~(H22.4.29) »

2010年4月30日 (金)

【山手線】E231系4600番台に初乗車(H22.4.20)

 平成22年2月22日から、山手線の一部6扉の車両が4扉の車両に変更され運転が開始されました。毎日の通勤に山手線を利用している私ですが、これまでなかなか4扉に変更された編成に出会う機会に恵まれませんでした。

 しかし平成22年4月20日、仕事を終えて山手線に乗ろうとホームに立つと、本来であれば6扉車両である10号車が4扉である編成を発見。運転開始から約2か月、6扉車の代替車両として新製された4扉車、E231系4600番台に出会うことができました。

10042901

 車端部が特徴的なE231系4600番台。初めて乗車して気づいた点はE231系でありながら、現在JR東日本の最新鋭の一般型電車であるE233系のテイストが随所に含まれいることでした。いくつか例を挙げて生きたいと思います。

1.座席の配置が、4-5-7-3と変則的。
2.ドアや、ドア下の床に黄色の警戒色が施されている。
3.荷棚のかたちがE231系500番台と異なる。
4.扉まわりの造形がE233系と同様。
5.扉の窓枠の形がE233系と同様。
6.扉上部にあるトレインビジョンまわりの造形がE231系500番台とは異なる。

 一方でE233系とは異なり、従来のE231系500番台の同様のデザインが残る部分もありました。

1.トレインビジョンはE233系のようにワイドサイズ(16:9)ではなく、4:3のサイズ。
2.つり革はE231系500番台と同様の形状。

などが挙げられるでしょうか。

 今後、6扉車は徐々に4扉車に切り替えられ、現在は珍しいE231系4600番台も数年後には一般的になるのでしょうね。山手線に乗るときは今のうちに積極的に6扉車両に乗っておこうかな。

« 【183系大宮車】「快速足利藤まつり3号」~西日暮里駅付近にて~(H22.4.24) | トップページ | 八王子八峰登山に挑戦~その1~(H22.4.29) »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道(JR東日本)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【山手線】E231系4600番台に初乗車(H22.4.20):

« 【183系大宮車】「快速足利藤まつり3号」~西日暮里駅付近にて~(H22.4.24) | トップページ | 八王子八峰登山に挑戦~その1~(H22.4.29) »