2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 旅から帰ってきました | トップページ | 【寝台特急あけぼの】の回送シーンを見送る(H21.3.20) »

2009年3月20日 (金)

【特急はつかり】団臨で運転(H21.3.20)

 上野~青森間を結ぶ「特急はつかり」が運転を始めて今年で50年になるそうです。それを記念したツアーが企画され、上野~青森間で583系による団体臨時列車「特急はつかり」号が運転されました。

 運転当日は私も「特急はつかり」の走行シーンを見るため、西日暮里駅近くの東北本線が見える場所に向かいました。

 「特急はつかり」は上野駅をAM9:00頃に出発するということでしたので、現地には約40分前のAM8:20に到着。すでに約10名の方がカメラを構えていました。

 私が到着した時点では、まだ「特急はつかり」の上野駅への送り込みは行われていないようで、まずは上野駅に向かう583系がやってくるのを待つことに。

 先ほども言いましたとおり、「特急はつかり」の上野駅発車時刻がAM9:00頃。しかし、待てども待てども列車はやってきません。待っている間には時おり雨が落ちてくるという、あいにくの天気です。

 まさか、使用列車に不具合が発生? ダイヤの乱れ? などと考えていると、ちょうどAM9:00、遠くから警笛が聞こえてきました。東北本線の主要車両である211系やE231系とは異なる警笛。警笛の鳴る方向を見てみると、ついに583系の姿が。

09032001

 ご覧の写真は大宮方面から上野駅に送り込まれる「特急はつかり」に使用される583系です。

 列車通過後もしばらく同じ場所で待機。今度は上野駅を出発した「特急はつかり」が通過するのを待ちます。

 そしてAM9:18。「特急はつかり」がやってきました!

09032002

 私のいる場所から上野駅までは約4~5分かかりますので、「特急はつかり」が上野駅に停車していた時間は10分も満たないことになります。「特急はつかり」に乗車したお客さんも慌ただしかったことでしょう。

09032003

 ご覧の写真は同列車に掲げられていたヘッドマーク。往年の「はつかり」のイラストが再現されています。

 今回のツアーでは、583系使用の「特急はつかり」は約11時間30分かけて青森駅へ。さらに青森から函館までは、東北新幹線開業後、同区間を走行していた485系3000番台使用の「特急はつかり」。そして函館からは、こちらも団体臨時「特急おおとり」と乗り継ぎ、網走まで向かうそうです。

« 旅から帰ってきました | トップページ | 【寝台特急あけぼの】の回送シーンを見送る(H21.3.20) »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道(JR東日本)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【特急はつかり】団臨で運転(H21.3.20):

« 旅から帰ってきました | トップページ | 【寝台特急あけぼの】の回送シーンを見送る(H21.3.20) »