2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2024年6月20日 (木)

SLパレオエクスプレス オリジナル列車カード~2024年夏 秩父三社めぐり・こぼれ話~(2024.6.9)

今回の旅では、SLパレオエクスプレスに乗車。今年が牽引機である「C58-363」の製造80周年を記念してスタンプラリーが開催されていて、SL車内でも記念スタンプが設置されていました。記念スタンプ台近くにはオリジナル列車カードも据え置かれていて、1枚いただいてきました。

24060906

24060907

オリジナル列車カードは時期によって4種類が用意されていて、私が乗車した日はご覧のようなデザインでした。

「2024年夏 秩父三社めぐり」旅日記は、私のホームページ「列車とともに」でご紹介しています。ぜひ、ご覧ください。

2024年6月18日 (火)

【西武】001系Laview A編成の床面が気になった件~2024年夏 秩父三社めぐり・こぼれ話~(2024.6.9)

2024(令和6)年6月9日は、西武鉄道の001系Laviewに乗って秩父へ。

24060905

往路に乗車したのは、LaviewのトップナンバーであるA編成だったのですが、ちょっと気になったことがありました。

24060903

24060904

私が乗車したのは8号車。床面が格子状に黒い汚れのようなものが目立っていました。床面はじゅうたんが敷き詰められていて、とても高級感があるのですが、少し見栄えが悪い印象。帰りに乗車したLaviewは編成番号を確認しませんでしたが、このような格子状の汚れはありませんでした。トップナンバーですから運用開始から5年を経過していて、他の編成よりも劣化が進んでしまっているのでしょうか。

「2024年夏 秩父三社めぐり」旅日記は、私のホームページ「列車とともに」でご紹介しています。ぜひ、ご覧ください。

2024年6月17日 (月)

小田急8000形が小手指車両基地に~2024年夏 秩父三社めぐり・こぼれ話~(2024.6.9)

西武鉄道がサステナ車両として導入が決まっている小田急8000形が、すでに1編成が西武鉄道側に引き渡しされ、小手指車両基地に留置されている。多くの鉄道系ニュース等でその姿がアップされています。私もその事実は知っていて、ちょうどこの日は池袋駅からLaviewに乗って秩父へ向かうので、車中から小手指車両基地にいる小田急8000形を撮影しようとカメラを構えていると…

24060902

小田急8000形は基地内の最も営業線側に留置。とても目立つ場所に停車させているのは、何か意図があったりするんでしょうか?

「2024年夏 秩父三社めぐり」旅日記は、私のホームページ「列車とともに」でご紹介しています。ぜひ、ご覧ください。

2024年6月16日 (日)

旅日記「2024年夏 秩父三社めぐり」を掲載しました(2024.6.9~11)

2024(令和6)年6月9日から11日にかけて、埼玉・秩父に奥さんと旅行してきました。元々は昨年の年末年始に計画していた全客室露天風呂とマッサージチェアが付いた宿と三峯神社を訪問するはずだったのですが、私がインフルエンザになってしまいキャンセルした旅。今回はさらに1泊し、三峯・宝登山・秩父神社(秩父三社)をめぐってきました。秩父といえば秩父鉄道のSLパレオエクスプレスにも乗車。その旅日記「2024年 秩父三社めぐり」を私のホームページ「列車とともに」に掲載しました。ぜひ、ご覧ください。

24060901

三峯神社

24061002

SLパレオエクスプレスに乗車

24061001

宝登山神社

24061101

秩父神社

2024年6月 2日 (日)

STAR ISLAND 2024観覧記を掲載しました(2024.6.1)

2024(令和6)年6月1日に開催された「STAR ISLAND 2024」観覧記を、私のホームページ「列車とともに」に掲載しました。ぜひご覧ください。

24060101

2024年5月27日 (月)

特急ひたちより速かった?~特急 相馬野馬追号~(2024.5.26)

2024(令和6)年5月26日、東京駅~原ノ町駅間で「特急 相馬野馬追号」が運転されました。

24052604

24052605

ご覧の写真は東京駅の出発案内表示器。相馬野馬追訪問客向けの特急列車は昨年にも運転されているようですが、昨年の正式名称は「特急ひたち91号・92号(相馬野馬追号)」と、あくまで「相馬野馬追号」は副名称として使用されていましたが、今年は「ひたち」の名称はなく、「特急 相馬野馬追号」として運転されました。

昨年の「ひたち91・92号」は、上野駅発着で停車駅も水戸駅までは「特急ときわ」をほぼ踏襲。水戸駅より先も勝田・大甕・日立・高萩・ときわと主要駅に停車。あくまで「ひたち」の臨時列車という位置づけでしたが、今年は土浦駅までは「ときわ」と同じく柏駅に停車するものの、それ以降は水戸駅といわき駅のみ停車し、「ひたち」とは一線を画しています。

それはダイヤにも表れていて東京駅(6:21発)~水戸駅(7:32着)間の所要時間は76分と、「ひたち」よりも時間がかかっているものの、水戸(7:33発)駅~原ノ町駅(9:26着)間は113分。同区間の「ひたち」は最速で133分(ひたち13号)。上野駅~原ノ町駅間でも「相馬野馬追号」が190分に対して「ひたち」は206分(ひたち3号)と圧倒しています。

24052606

東京駅に入線する「相馬野馬追号」。

24052607

行先表示器も行先である「原ノ町」が表示されていました。

2024年5月26日 (日)

B.B.BASEで運行~快速 館山わかしおトライアスロン号~(2024.5.26)

2024(令和6)年5月26日に、第15回館山わかしおトライアスロンが開催されたことに伴い、両国駅~館山駅間で「快速 館山わかしおトライアスロン」が運転されました。

24052601

「館山わかしおトライアスロン」に使用された車両は「B.B.BASE」。競技にはバイク(自転車)を使用しますので自転車が持ち込める「B.B.BASE」が担当するのは理にかなっていますね。

館山行きの「B.B.BASE」は「快速 B.B.BASE内房」がありますが、「館山わかしおトライアスロン」は競技のスタート時刻に間に合わせるため、両国駅5:34発と早めに設定されていて差別化するために「館山わかしおトライアスロン」という名称が付けられたのでしょう。

24052602

「館山わかしおトライアスロン」が発車する両国駅3番ホームへの入口前には「利用者以外の入場はご遠慮ください」旨の看板が立てられていたので、ここまで。

24052603

1・2番ホームに戻り、3番ホームに立つレトロ調の駅名標と「B.B.BASE」を組み合わせて撮影。「B.B.BASE」運行時には車両の近くに記念撮影用のボードが置かれていることがあるのですが、今回はそのような装飾は見当たらず。昔ながらの発車ベルを鳴らしたあと、ひっそりと両国駅を出発していきました。

2024年5月25日 (土)

特急 あやめ祭り~新宿駅中央本線特急ホーム(10番ホーム)から発車~(2024.5.25)

2024(令和6)年5月25日から6月16日までの土休日、新宿駅~鹿島神宮駅間で「特急 あやめ祭り」が運転されました。

24052501

「あやめ祭り」は新宿駅10番線から発車。新宿駅9・10番ホームは主に「あずさ」や「富士回遊」など中央線の特急列車が発着するホーム。出発案内表示器も「大月・甲府・松本・河口湖方面 中央本線(特急)」と記載されていることからもわかるでしょう。しかし「あやめ祭り」は逆方向の総武本線を走る列車。総武・外房・内房線方面へ向かう特急列車は7番線から発車することが多く、9・10番線から発車するのは珍しいと言えそうです。

24052502

24052503

この日、「あやめ祭り」に充当されたのはE257系NB-03編成。

24052504

ヘッドマークは今や数少なくなった「特急あやめ祭り」専用のもの。

24052505

行先表示器は「特急あやめ」運行時のものを流用。

24052508

私が新宿駅を訪問した5月25日は、9番線から発車する8:15発の「あずさ79号」にE257系5000番台が充当。「あやめ祭り」が10番線に停車しているため、普段の9・10番線ではあまり目にすることが多くない、E257系が並ぶことになりました。

24052506

9・10番ホームから6番ホームに移動して新宿駅から出発する「あやめ祭り」を撮影することに。「新宿わかしお・新宿さざなみ」など新宿駅から総武本線方面へ向かう特急は7番線から発車するため、写真のE233系のように走り出していくのですが…

24052507

「あやめ祭り」は、少し左側の線路から走り出していきます。これはこれで珍しい1枚が撮影できたと思います。

2024年5月23日 (木)

あしかがフラワーパーク駅で「特急あしかが大藤大船号」を撮影(2024.5.3)

前回からの続き。

上毛電鉄に乗って西桐生駅には14:38頃に到着。5分ほど歩いたところにJR桐生駅があり、15:00発の小山駅に乗車。この時期、あしかがフラワーパークへの来場者が多いことから、臨時列車が運行。私が乗車した列車も4月20日~5月6日の土休日に運行する臨時列車でした。

24050362

この日は沿線での踏切直前横断があった影響でダイヤが乱れていて、私が乗車した列車も7分遅れで運転。あしかがフラワーパーク駅には15:30頃に到着しました。

24050363

「特急あしかが大藤大船号」は16:05発でしたが、ダイヤ乱れの影響で16:09頃に入線。

2405036424050364

あしかがフラワーパーク駅を発車していく「あしかが大藤大船号」。

このあとは足利駅近くで開催された「2024ほほ笑みカーニバル」を観覧するため、足利駅へ移動。「2024ほほ笑みカーニバル」観覧記については、私のホームページ「列車とともに」こちらをご覧ください。

 

おわり

2024年5月22日 (水)

上毛電鉄 西桐生駅を訪問(2024.5.3)

前回からの続き。

富士山下駅から上毛電鉄に乗ってやってきたのは西桐生駅。

24050360

駅ホーム

24050361

西桐生駅の駅舎。国の登録有形文化財に登録されているそうです。

次回へ続く。

«富士山下駅近くで上毛鉄道車両を撮影(2024.5.3)