2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

鉄道(JR東日本)

2020年6月21日 (日)

E257系0番台(松本車)による「新宿さざなみ1号」(2020.6.21)

毎週土休日に、新宿駅~館山駅間で運転されている「特急 新宿さざなみ号」。通常は幕張車両センター所属のE257系500番台(5両編成)が担当していますが、2020(令和2)年6月13日~21日の土休日の「新宿さざなみ1・4号」では、松本車両センター‐所属のE257系0番台(9両編成)で運転されました。

20062101

20062102

新宿駅に入線するE257系0番台。代々木方面から入線してきましたので、松本・豊田からではなく、幕張車両センターから送り込まれてきたのでしょう。E257系が「あずさ・かいじ」を担当する際は、大久保側の先頭車両が非貫通タイプになるのですが、今回はご覧のとおり大久保側が貫通タイプ。松本から幕張に送り込まれる際に方転されたのでしょうが、どのようなルートだったのか興味があります。

20062103

20062104

新宿駅には9両編成の「新宿さざなみ号」の乗車口案内がありますが「あずさ・かいじ」時代と同じく、9両編成の場合は1・2号車が欠番で、3~11号車となっているため、乗車口案内が9号車の場所に11号車が停車。行先表示器はLED表示なので、「新宿さざなみ号」運転時には1~9号車に振替できそうですが、E257系の扉の横には号車がプリントされていますので、これも難しいのかもしれません。

20062105

この日は松本車両センター所属のM-105編成が担当しました。

これまでも年末年始や大型連休などではE257系0番台が「新宿さざなみ号」に使用されてきたことはありますが、6月に運転されることはおそらく今回が初めてではないかと思われます。その理由は当初わかりませんでしたが、先日、テレビであじさいで有名な寺が館山駅からバスで行けるという話題を視ました。おそらくあじさい見物で行楽客が増加することを見込んでのことかと思いますが、コロナの影響がまだ残っているのか? 新宿駅出発時点では車内は1両ごとに数人程度の乗車率でした。

2020年6月 4日 (木)

渋谷駅ホーム並列化工事の話題~踊り子・サフィール踊り子編~(2020.5.30)

2020(令和2)年5月30日から31日にかけて実施された渋谷駅ホーム並列化工事の話題をご紹介しています。5回目の今回は踊り子・サフィール踊り子についてです。

今回の工事では埼京線・湘南新宿ラインの大崎駅~新宿駅間が運休となったことから、池袋駅・新宿駅始発の「踊り子・サフィール踊り子」が東京駅始発に変更となりました。

20053056

土休日に池袋駅9:14発の「踊り子5号」は、この日、東京駅9:35発の「踊り子95号」として運転。

20053057

踊り子95号は上野方面の上野東京ライン列車が多く発着する8番線から出発。臨時列車らしいイレギュラーな設定です。

20053058

20053063

「踊り子95号」は所定の「踊り子5号」と同じく、185系10両編成で運転。「踊り子5号」の列車番号が「3065M(池袋~新宿間が3165M)」であるのに対し、「踊り子95号」は「9095M」と臨時列車であることがわかります。

20053059

続いて、土休日の「サフィール踊り子5号」は新宿駅12:25発。しかし、この日は平日運行の東京駅12:30発の「サフィール踊り子3号」に振り替えられて運転されました。

20053060

20053061

平日運行の「サフィール踊り子3号」の列車番号が「8003M」ですが、この日は「9093M」と異なってはいるものの、E261系には185系のように列車番号を表示する機器がありませんので、外見上は平日運行の「サフィール踊り子3号」の全く区別がつかず、ちょっと残念な結果となりました。

一方で、コロナウィルスの影響による利用客の減少で、ほとんどの臨時列車が運休となっているなか、「サフィール踊り子3号・5号」は運行を続ける数少ない臨時列車でしたが、6月1日以降は上りの「サフィール踊り子4号」も含め、運休されることになりました。現状でも車内販売やカフェテリアの影響が中止されていて、「サフィール踊り子」の全サービスが利用できない状況。コロナウィルスが収束し、「サフィール踊り子」のすべての魅力が味わえる日が早く戻ってほしいと願います。「サフィール踊り子」の利用料金もそれなりなので、私がこのサービスを利用できる日がいつになるかは別の話ですが…(^-^;

2020年6月 3日 (水)

渋谷駅ホーム並列化工事の話題~成田エクスプレス編~(2020.5.30)

2020(令和2)年5月30日から31日にかけて実施された渋谷駅ホーム並列化工事の話題をご紹介しています。4回目の今回は成田エクスプレスです。

成田空港駅と各駅を結ぶ成田エクスプレスも工事の影響で埼京線・湘南新宿ラインの大崎駅~新宿駅間が運休となったことから、新宿・池袋・大宮高尾駅を発着する列車が東京駅・品川駅間で運休に。横浜・大船駅発着の成田エクスプレスは通常運転されたものの、新型コロナウィルスの影響で昼間帯はほぼ全便が運休となっていて、かなりの大減便となっています。

20053011

5月30日の午前7時少し前に東京駅に到着。ちょうど7:00発の成田エクスプレス3号が発車するところ。成田エクスプレス3号は6両編成の大船駅発と高尾駅発が東京駅で連結して12両編成となりますが、この日は全12両が大船駅発として運転。

20053012

20053013

続いて東京駅に入線してきたのは7:15発の成田エクスプレス5号。

20053014

まずは大船駅発の6両(12号車~7号車)が東京駅に到着。

20053015

そのあとに大宮駅発の6両(6号車~1号車)が到着するのですが、この日は大宮駅~東京駅間は運休のため回送列車として東京駅に入線。

20053016

回送列車が先行の大船駅発の成田エクスプレスにゆっくりと近づき連結作業に。後続(6号車~1号車)の車両の行先表示器に「回送」と表示されていれば、この日らしい写真となったのですが、すでに「成田空港」んと表示されていましたので、普段と変わりない仕上がりとなってしまいました。

20053017

20053018

今度は成田空港行きの成田エクスプレスを観察。「成田エクスプレス4号」は全12両が池袋行きとして運行しますが、この日は品川駅止まり。

20053019

東京駅の表示器、車両の行先表示器には「品川」の表示。通常では品川行きの成田エクスプレスは存在しませんので(事故等の輸送障害時には存在するのかな?)、狙って撮影できるまたとない機会となりました。

20053020

20053021

続いては9:56発の「成田エクスプレス6号」。この列車は東京駅で1号車~6号車が大船行き、7号車~12号車が新宿行きとなりますが、この日は新宿行きは運休のため全12両が大船行きとして運行。東京駅の出発案内表示板にも「12両 大船」となっています。

20053023

6号車の行先表示器はいつものとおり。

20053024

この日は7号車の表示器も大船行きに。できれば「成田エクスプレス」だけでなく、E353系やE657系のように「成田エクスプレス○号」まで表示されていればレア感が増すのですが。

2020年6月 2日 (火)

渋谷駅ホーム並列化工事の話題~川崎駅・品川駅の話題~(2020.5.30)

2020(令和2)年5月30日から31日にかけて実施された渋谷駅ホーム並列化工事の話題をご紹介しています。3回目の今回は川崎駅と品川駅です。

今回の工事では埼京線・湘南新宿ラインの新宿駅~大崎駅間が運休となったため、湘南新宿ラインに直通する横須賀線・東海道線にも影響が及びました。横須賀線直通の湘南新宿ラインは大崎駅で折り返し運転が実施されたのに対し、東海道線直通の湘南新宿ラインは小田原駅~新宿駅間の全区間が運休。大崎駅では横須賀線直通の湘南新宿ラインの他に、相鉄線直通列車やりんかい線が全列車折り返し運転を行っていたことから、これに東海道線直通の新宿ラインを加えるとホーム容量を超えてしまうためなのかもしれません。

東海道線直通の湘南新宿ラインの運休で東海道線内の運転本数が少なくなることから、それを補完する品川駅発着の臨時列車が増発されました。

20053049

品川行きの臨時列車を撮影しようと訪れたのが川崎駅。東海道線直通の湘南新宿ラインは1時間あたり特別快速と普通が1本ずつ。特別快速のダイヤに対応する臨時列車は「快速アクティー」として運転されました。

20053050

川崎駅に到着する品川行きの臨時快速アクティー。

20053051

品川行きの東海道線は深夜帯に毎日運転されていますが、これらはいずれも普通列車。「快速アクティー 品川」という表示は普段見ることができない貴重なものです。

20053052

品川駅の東海道線ホームは上りが6・7番線、下りが11・12番線ですが、品川駅発着の臨時列車は8番線を使用。

20053053

8番線の出発案内表示器には「当駅始発」という表示が並んでいます。

20053055

品川駅改札口近くの表示器も12番線から出発する定期列車に加わり、臨時列車の8番線が普段とは違うことを感じさせてくれます。

2020年6月 1日 (月)

渋谷駅ホーム並列化工事の話題~大崎駅編~(2020.5.30)

2020(令和2)年5月30日から31日にかけて実施された渋谷駅ホーム並列化工事の話題をご紹介しています。2回目の今回は大崎駅です。

今回の工事では埼京線・湘南新宿ラインの新宿駅~大崎駅間が運休となったため、横浜方面からの湘南新宿ラインや相鉄直通線、およびりんかい線は大崎駅で折り返し運転となりました。

20053034

こちらは大崎駅コンコースの写真。出発案内表示器がずらり並んでいます。一番左側の埼京線と左から2番目の湘南新宿ラインは運休ですので、何も表示されていません。

20053035

この日は従来とは発着番線とは異なり、りんかい線への折り返し列車は5・6番線、湘南新宿ライン・相鉄線直通列車は7・8番線とホームごとに路線がきれいに分割されていました。特に湘南新宿ライン・相鉄線直通列車は通常7・8番線から発車しませんので、めったに目にすることができない表示と言えるでしょう。

20053036

20053037

8番線に入線したのは湘南新宿ラインの折り返し列車。8番ホームの表示器の上部に記載されている湘南新宿ライン欄には「新宿・大宮・宇都宮・高崎方面」となっているのに対し、表示された行先は「逗子」ですから、矛盾した組み合わせになりますよね。

20053038

20053039

7番線に入線したのは相鉄線直通列車の海老名行き。7番ホームの表示器には「埼京線」と「りんかい線」としか記載がないので、こちらも矛盾した組み合わせとなっています。

2020年5月31日 (日)

渋谷駅ホーム並列化工事の話題~池袋駅編~(2020.5.30)

これまで渋谷駅山手線ホームの南側に位置していた埼京線のホームを北側に移動し、並列化する工事がいよいよ大詰めを迎え、2020(令和2)年5月29日の深夜から6月1日の未明にかけて、線路切換とホーム移設工事が実施されます。これに伴い、5月30日と31日の2日間、埼京線・湘南新宿ラインの新宿駅~大崎駅間が運休となり、各路線でダイヤ変更が発生しました。

新型コロナウィルスの影響で臨時列車等が軒並み運休となったほか、緊急事態宣言による外出自粛もあり、私もしばらく鉄活から遠ざかってきました。しかし5月25日に東京都の緊急事態宣言が解除、そして久しぶりの鉄道系イベントということもあり、外出して各路線の運行状況を眺めてきました。

今回は池袋駅へ出かけた時の話題です。新宿駅~大崎駅間の運休により、大宮方面からの埼京線・湘南新宿ラインは新宿駅で折り返し運転となりました。

20053025

私が池袋駅を訪れたのは5月30日の7:50頃。新宿方面へ向かう埼京線・湘南新宿ラインが発着する1・2番線の出発案内表示器は全て「新宿」となっています。

20053026

20053027

こちらは池袋駅7:51発の新宿行き。平常時の7:51発は新木場行き、列車番号は「716K」であるのに対し、この日は「9708K」でした。

20053028

20053029

続いてこちらが7:57発の新宿行き。平常時は7:56発の新宿行きがあり、列車番号は「756K」。しかし、この日は「9716K」となっていました。ニュースリリースやJR東日本のwebサイト等には記載がありませんでしたが、埼京線は行き先の他に、一部時刻変更もされたようです。

20053030

20053031

こちらは7:53発の新宿行き。平常時は高崎線内快速の小田原行きで、列車番号は「2825Y」。この日は新宿駅~小田原駅間が運休となり、列車番号も「9825Y」と表示されていました。

20053032

20053033

現在、湘南新宿ラインは行き先が新宿という列車は存在しないと思いますので、E231系の行先表示器に「新宿」と表示されるのも貴重と言えそうです。

2020年3月28日 (土)

スタンプラリー台紙と商品~2020年春 大洗・那珂湊アンコウ鍋を求めて(ちょっと鉄分含む)旅日記・こぼれ話~(2020.2.22)

2020(令和2)年2月22日は大洗・那珂湊を旅してきました。この日は勝田車両センターまつりの開催に合わせ、JR東日本とひたちなか海浜鉄道のコラボ企画としてスタンプラリーを開催。私もスタンプラリーに参加してきました。

20022227

スタンプラリー台紙がこちら。台紙は勝田駅改札内で配布。スタンプは全部で3種類あり、勝田駅改札内、勝田車両センター、阿字ヶ浦駅。そのうち2つのスタンプを押して、勝田駅に戻ってくるとゴールです。

20022228

スタンプラリーの賞品は特製ブラックサンダー。一般のブラックサンダーに、E657系・キハ3710形・E653系と、勝田車両センターまつりのロゴが入った特製包装紙に包まれたものでした。

「2020年春 大洗・那珂湊アンコウ鍋を求めて(ちょっと鉄分含む)旅日記」は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しています。ぜひこちらもご覧ください。

2020年3月26日 (木)

完全復活!上野発 仙台行き「ひたち3号」(2020.3.22)

2020(令和2)年3月14日のJR東日本ダイヤ改正では常磐線全通に伴い、常磐線特急「ひたち」も震災前の仙台駅乗り入れが実現しました。弊ブログ2020年3月17日付の記事では、ダイヤ改正初日に東京駅で上野東京ラインに直通する「ひたち」を撮影しました。ダイヤ改正で仙台乗り入れとなった「ひたち」は、下りが3号・13号・19号、上りが14号・26号・30号の3往復。このうち3号以外は品川駅発着ですが、3号は始発駅が上野駅。上野駅の出発ホームも3号だけ震災前と同じ低いホーム。震災前は上野東京ラインが見開業だったため「ひたち」の運転区間は上野駅~仙台駅間でしたので、「ひたち3号」は震災前を限りなく再現したものとなります。

20032214

2020年3月22日、上野駅発の「ひたち3号」を撮影するため、上野駅を訪問。E657系は震災後に製造された車両で、震災前の仙台行きの特急は651系。名称も「スーパーひたち」でしたが、やはり上野駅16~18番線(現在は18番線は廃止)は東北・上越・常磐線特急の発着ホームというイメージが強く残っています。

20032215

それでも上野駅の駅名標と出発案内表示器の組み合わせ。駅名標の次駅が「日暮里」「尾久」のみで、反対側に「東京」がないことから、ここが低いホームであることがわかります。

20032218

20032216

E657系に「仙台」と表示されるのも、ダイヤ改正以降初めてですね。

20032217

そして「停車駅案内」に双葉・浪江など「ひたち」の仙台乗り入れによって、新たに停車駅に加えられた駅たちが表示。ダイヤ改正から約1週間が経過しましたが、この日も出発案内表示器にスクロールする停車駅一覧を動画撮影している鉄道ファンが後を絶ちませんでした。

2020年3月25日 (水)

ダイヤ改正で初!千葉始発「富士回遊」(2020.3.22)

2019(平成31)年3月のダイヤ改正で、新宿駅~河口湖駅間で新たに登場した「特急 富士回遊」。定期では2往復体制での運行でしたが、アウトバウンド客が多数訪れる富士山・河口湖方面へ直通する列車であるうえに、3両編成のため高い乗車率だったようで、平日・土休日に問わず5両編成の「臨時 富士回遊」が運転されるほどでした。

2020年3月のダイヤ改正では、定期の「富士回遊」が1往復増強され3往復体制に。増発の「富士回遊」は千葉駅発とになりました。

20032205

20032206

千葉駅発の「富士回遊3号」は「あずさ」に併結。これまで「富士回遊」は「かいじ」に併結されていましたので、「あずさ併結の富士回遊」もダイヤ改正で初めて登場した運行形態です。まずは千葉駅の出発案内表示器に表示された「富士回遊」を撮影。

20032207

千葉駅のホームに「富士回遊」の乗車口案内を発見。「富士回遊」の真新しい乗車口案内に対し、隣の「あずさ」の乗車口案内は一部が剥がれています。新たに「富士回遊」が千葉駅発となったことを象徴するひとコマかなと思い、撮影してみました。ちなみに千葉駅のホームであることがわかるように、停車中の209系を組み合わせてみました。

20032208

「富士回遊3号」は千葉駅6:38発。車両の入線は6:30頃と、かなりギリギリの送り込みです。

20032209

20032210

入線直後の行先表示器は行先の「富士山・河口湖」だけのシンプルな表示でしたが…

20032211

20032212

20032213

しばらくして富士山のイラストや列車名称など、いつもの行先表示器の表示となりました。

2020年3月24日 (火)

未明の品川駅へ~大垣発東京行き「ムーンライトながら」を撮影~(2020.3.22)

2020(令和2)年春季も東京駅~大垣駅間で「ムーンライトながら」の運転が始まりました。今期は下りが3月20日~3月28日、上りが3月21日と3月29日と9往復。運転日が徐々に少なくなるうえに、担当車両の185系の淘汰も進んでいて、いつ現体制の「ムーンライトながら」に変化が生じるかわかりません。調べてみると、過去に「ムーンライトながら」を撮影したのは6年以上前(弊ブログ2013(平成25)年12月23日付の記事を参照)、さらにこれまで撮影した「ムーンライトながら」は下りばかりでしたので、今回は上り東京行きを撮影しようと、上り「ムーンライトながら」運転日初日の3月22日(大垣駅出発は3月21日)、品川駅へ出かけてきました。

20032201

上り「ムーンライトながら」の品川駅出発時刻は4:58。自宅の最寄り駅から始発列車に乗っていてはとても間に合いませんので、京浜東北線の一番電車に乗れる駅まで自転車で向かい、品川駅に到着したのは4:54頃でした。

20032202

品川駅に到着する「ムーンライトながら」。さすがにこの時間帯ではホーム上は閑散、撮影目的の鉄道ファンもほとんど見受けられませんでした。

20032203

東京行きの「ムーンライトながら」の行先表示器を撮影するのも今回が初めて。

20032204

ヘッドマークには「ムーンライトながら」専用幕はないようで、「臨時快速」でした。

より以前の記事一覧