2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

マイリスト

  • 鉄道コム/TETSUDO.COM
  • にほんブログ村

鉄道(JR東海)

2017年4月15日 (土)

臨時特急「富士山トレインごてんば号」~小田急・JR東海の関係者が集まり出発式を実施~(H29.4.8)

平成29年4月8日と9日、小田急新宿駅からJR東海御殿場駅まで直通運転する臨時特急「富士山トレインごてんば号」が小田急MSE(60000形)で運転されました。同区間は「特急あさぎり」が毎日3~4往復運行されていて、担当車両もMSEなので、特段珍しいものではありません。

しかし、「富士山トレインごてんば号」は、小田急・JR東海・御殿場市・山北町が共同で、世界遺産「富士山」と「桜」が楽しめる「春のごてんば」を旅を企画。「富士山トレインごてんば号」を使用した旅行商品が販売されました。

運転日初日の平成29年4月8日は、新宿駅でなにかイベントがないかと思い、新宿駅小田急線ホームを訪れました。

17040806

17040807

新宿駅のロマンスカー発車案内がこちら。「富士山トレインごてんば号」 は8:40発。発車案内には列車名称はなく、「臨時特急」または「臨時61号」と表示されていました。

17040808

西口地上改札近くでは、ロマンスカーの垂れ幕の前に「富士山トレインごてんば号」のボードが置かれた記念撮影コーナー。そこには小田急・JR東海の制服を着た社員も立っていました。

17040809

1・2番ホームには8:30発の「はこね71号」が停車中。様子を見ていると、普段、関係者以外立入禁止の1番ホーム側にボードが持ち込まれました。

17040810

17040811

その後、小田急・JR東海の関係者と、御殿場市の第31代富士娘さんが1番ホームに入り、ひと足先に記念撮影が行われていました。

17040812

「はこね71号」が出発後、2番線に「富士山トレインごてんば号」が入線。

17040813

先頭部には「☆富士山ごてんば☆」と列車名称がしっかりと表示されていました。

17040814

関係者が揃って、「富士山トレインごてんば号」の前で記念撮影。小田急線内でJR東海の制服を着た社員が登場したり、ご覧のような記念撮影会など、事前には告知されていませんでしたので、私にとってはちょっとうれしいサプライズでした。

 

2016年9月10日 (土)

甲府駅で夜間留置される313系~第34回全国新作花火競技大会観覧記・こぼれ話~(H28.9.3)

平成28年9月3日は、長野県諏訪湖市で開催された「第34回全国新作花火競技大会」を訪問。花火終了後は上諏訪駅から新宿駅まで夜行臨時快速「ムーンライト信州90号」が運行しています。私は電車賃の節約のため、当日中に青春18きっぷを使用して甲府駅まで戻り、甲府駅からムーンライト信州90号に乗車しました。
 
甲府駅では約2時間半以上の待ち時間があったため、観覧記の下書きを書いていたのですが、それでも時間が余ってしまい、深夜帯の甲府駅を探索。身延線ホームでこんな風景を見つけました。
 
16090315
16090316
 
すでにこの日の運行を終えた身延線ホームには313系が全ての照明を落として停車中。今日はここで一夜を明かし、翌日の早朝に乗客を乗せて甲府駅を旅立っていくのでしょう。
 
第34回全国新作花火競技大会観覧記は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しています。ぜひ、こちらもご覧ください。

2015年9月19日 (土)

「平成27年秋 「観光特急しまかぜ」で行く伊勢神宮奉納全国花火大会観覧の旅」を掲載しました(H27.9.12~13)

平成27年9月12日から13日にかけて、三重県伊勢の旅に出かけてきました。今回の旅の目的は、9月12日に開催された「第63回伊勢神宮奉納全国花火大会」の観覧。伊勢市までは、近鉄の「観光特急しまかぜ」にも乗車。伊勢の名物も食べて、1泊2日でしたが楽しい旅でした。

「平成27年秋 「観光特急しまかぜ」で行く伊勢神宮奉納全国花火大会観覧の旅」の旅日記を、私のホームページ「列車とともに」に掲載しましたので、ぜひご覧ください。

15091201

15091202

2015年9月 9日 (水)

リニア体験乗車もらった記念グッズ~超電導リニア体験乗車旅日記・こぼれ話~(H27.8.19)

平成27年8月19日に参加した超電導リニア体験乗車では、様々な記念グッズをいただきました。

15081913

まずは「リニアガイド」というパンフレット。

15081914

パンフレットを広げると、体験乗車するL0系の車両形状、先頭形状、カラーリングなど車両の特徴が記載されています。

15081915

もう1枚広げると、超電導、リニアモーターなど、リニアの技術についての記述や、リニアがどのように浮上し、走行するのかについての説明。さらに実験線のデータが記載されています。

15081916

こちらは超電導リニアのクリアファイル。

15081917

こちらは、MLX01-1、MLX01-901、L0系の歴代試験車両のマグネットシート。さらに子供にはL0系のペーパークラフトがプレゼントされていました。

超電導リニア体験乗車旅日記の本編は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しています。ぜひこちらもご覧ください。

2015年9月 8日 (火)

リニア体験乗車搭乗証明書とリニア搭乗券~超電導リニア体験乗車旅日記・こぼれ話~(H27.8.19)

平成27年8月19日に参加した超電導リニア体験乗車。今回は、リニア体験乗車搭乗証明書とリニア搭乗券をご覧いただきましょう。

15081912

向かって右側のはがきが、「JR東海超電導リニア体験乗車 搭乗予約証明書」。リニア体験乗車の当選し、参加料金を支払ったときに送付される証明書です。証明書には搭乗日、搭乗便、予約番号が記載されていて、予約番号は体験乗車の集合場所でリニア搭乗券を発見するときに必要となります。

一方、向かって左側はリニア搭乗券。集合場所であるリニア実験センター内のチェックインの時に発券されるもので、座席番号等が記入されており、いわゆる「指定席券」のようなものです。

超電導リニア体験乗車旅日記の本編は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しています。ぜひこちらもご覧ください。

2015年9月 7日 (月)

リニア体験乗車待機室に展示されていたリニア資料~超電導リニア体験乗車旅日記・こぼれ話~(H27.8.19)

平成27年8月19日に参加した超電導リニア体験乗車。リニア登場前の集合場所であるリニア実験センター内の待機室では、リニアに関する様々な資料が設置されていました。これら資料は撮影OKということで、ご紹介していきましょう。

15081904

15081903

まずは本日の体験乗車車両である超電導リニアL0系の1/20模型と、L0系の主要諸元が記載されたボード。

15081905

こちらのボードには、リニア中央新幹線の品川駅~名古屋駅間の予定路線と駅が地図上に記載されていました。

15081906

こちらは「超電導リニア開発の経緯」と書かれたボード。写真の左側はリニア開発の歴史が記載されています。写真右側は歴代の主な試験車両として、ML100、ML-500、MLU001、MLU002N、MLX01、MLX01-901、L0系の各車両の写真が掲載されています。

15081907

こちらには総延長42.8km、トンネル区間35.1km、地上走行区間7.7km、最急勾配40‰、最少曲線半径8,000m等、山梨リニア実験線のデータが記載されています。

15081908

こちらには山梨リニア実験線での走行試験の様子が表示されています。

15081909

こちらは「超電導リニアの安全性について」というボード。走行時の駆動システム、保安システム、超電導リニアの磁界が健康に与える影響等について記述があり、ペースメーカを利用者でも安心して乗車できることができるとのことです。

15081910

こちらは超電導リニアの原理について解説してあるボード。推進の原理、浮上の原理、案内の原理についての記述がありました。

15081911

2003年の時速581km、2015年の時速603kmのギネス世界記録の公式認定証が展示されていました。

超電導リニア体験乗車旅日記の本編は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しています。ぜひこちらもご覧ください。

2015年8月20日 (木)

超伝導リニア体験乗車旅日記を掲載しました(H27.8.19)

平成27年8月19日に開催された超伝導リニア体験乗車に行ってきました。「超伝導リニア体験乗車旅日記」を、私のホームページ「列車とともに」に掲載しました。ぜひご覧ください。

15081901

15081902

2013年8月24日 (土)

キハ75形がJR紀勢線多気以南を走る~平成25年夏の乗り鉄旅・こぼれ話~(H25.8.17)

JR東海のキハ75形は、主に「快速 みえ」に使用され、名古屋駅を出発すると関西本線、伊勢鉄道、紀勢本線を経由して、多気駅からは参宮線に入り、伊勢市駅・鳥羽駅へ向かいます。普段は多気以南の尾鷲・熊野市駅に入線することはないキハ75形ですが、熊野市大花火大会開催時は臨時快速列車として、熊野市駅まで運転されます。

平成25年8月17日、平成25年夏の乗り鉄旅で熊野大花火大会を訪れた私は、多気駅を9:31に出発する臨時快速 熊野市駅行きに乗車しました。

13081704

多気駅に停車中のキハ75形、臨時快速 熊野市駅行き。

13081705

キハ75形が停車している多気駅の3番線の発車標には、「快速 9:31 熊野市」の表示。普通列車だと多気駅~熊野市駅間は約3時間かかるのに対し、臨時快速列車は約2時間と、1時間も早く熊野市駅に到着できる。車両も普通列車に使用されるキハ11形、キハ40形はセミクロスシートであるのに対し、臨時快速のキハ75形は転換クロスシートと居住性も良く、快適な移動ができました。

平成25年夏の乗り鉄旅の旅日記は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しています。ぜひこちらもご覧ください。

2013年8月23日 (金)

旧国鉄標準色風のキハ40形に遭遇&乗車~平成25年夏の乗り鉄旅・こぼれ話~(H25.8.17)

平成25年8月17日、私は平成25年夏の乗り鉄旅で、JR紀勢線に乗車。亀岡駅から乗車したキハ40形は4両編成のうち、1両が旧国鉄標準色風のカラーリングの車両でした。

13081703

ご覧の写真は、阿漕駅で交換待ちのため停車中に撮影した旧国鉄標準色風のキハ40形。車両番号をチェックするのを忘れてしまいましたが、現在、このカラーリングを施したキハ40形はJR東海管内で、4両のみ存在する希少な車両。出会うことができてラッキーでした。

平成25年夏の乗り鉄旅の旅日記は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しています。ぜひこちらもご覧ください。

2013年8月22日 (木)

平成25年夏で運転終了(?)の183/189系「ムーンライトながら」に乗ってきた~平成25年夏の乗り鉄旅・こぼれ話~(H25.8.17)

平成25年8月17日から「平成25年夏の乗り鉄旅」に出かけてきました。

今回の旅は小田原駅から「ムーンライトながら」に乗車からスタート。その時は知らなかったのですが、旅から帰ってきて鉄道関連ブログを見ていたところ、鉄道ダイヤ情報「平成25年9月号」で、183/189系による「ムーンライトながら」が平成25年夏期の運転で終了となることが記載されていたそうです。

結果として、今回の旅で183/189系「ムーンライトながら」も乗りおさめとなったわけですね。

13081701

13081702

平成25年夏の乗り鉄旅の旅日記は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しています。ぜひこちらもご覧ください。

より以前の記事一覧