2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

マイリスト

鉄道

2019年2月16日 (土)

E653系「快速 燭台切光忠」~上野駅13番ホームの賑わい~(2019.2.16)

2019年2月16日、上野駅から水戸駅まで団体専用列車「快速 燭台切光忠」が運転されました。これはJR東日本水戸支社が、アニメ 続『刀剣乱舞-花丸-』花丸遊印録スタンプラリーの開催を記念して運行されたもの。

担当車両は、かつて勝田車両センターに在籍し、現在は「特急いなほ、しらゆき」等、新潟地区で活躍しているE653系のうち一編成が、再び勝田車両センターに転属。塗装色も旧国鉄型特急をイメージしたカラーリングとなり、2019年2月2日の「快速 E653系おかえり号」で運行を開始したE653系。運用復帰後、上野駅に顔を出すのは初めてということで、私も上野駅に出かけてきました。

19021601

「快速 燭台切光忠」は、上野駅13番線から7:35に出発。私が上野駅に到着したのは6:30頃。13番線の出発案内表示器は「団体」でした。

19021602

しかし私が上野駅に到着して約10分後の6:40頃、出発案内表示器はご覧のように、列車名称、出発時刻等が表示。団体専用列車の列車名称が表示されるのは珍しい。

19021603

その後、「快速 燭台切光忠」に乗車する人、撮影する人が次々とやってきて、ホーム上は黒山の人だかり。ここまで13番ホームが賑わうのは久しぶりではないかと思います。6:57頃、旧国鉄特急色となったE653系が上野駅に入線してきました。

19021604

19021605

先頭部には、「Hitachi Express」や「INAHO いなほ」など特急列車の愛称名が表示されているところにも「快速 燭台切光忠」が英語表記を伴って表示されるという徹底ぶり。

19021606

列車の到着からしばらく時間が経過しても人だかりは収まる気配がありません。いつも私が撮影している出発案内表示器と車両を組み合わせた写真もなかなか撮影できず、ご覧のとおり。でも、これはこれでホーム上に賑わいがわかっていいかもしれません。

19021607

19021608

先頭車両の1号車と7号車にも「快速 燭台切光忠」とキャラクターのラッピングが施されていました。アニメには疎い私、調べてみると「燭台切光忠」とは、元々、伊達政宗から水戸徳川家に贈られた日本刀の名前だそうで、「刀剣乱舞-花丸-」ではこれをキャラクター化したようです。水戸にゆかりのある日本刀「燭台切光忠」、アニメの「燭台切光忠」がコラボしてスタンプラリーを開催。それを記念した団体専用列車ということなんですね。

続「刀剣乱舞-花丸-」では、「燭台切光忠」の他にも多くの男性キャラクターが登場するようで、車両を取り巻く人々も女性が多く、他の鉄道イベントとは少し異なるイメージでした。

19021609

車内も「燭台切光忠」一色。シートカバーもご覧のとおり。

19021610

こんな提灯も発見。

19021611

19021612

さらにデッキと客室を仕切る自動ドアや広告枠なども「燭台切光忠」。しかもそれぞれデザインが異なっているのですから、ファンにとっては垂涎の列車だったことでしょう。相当金かかっていそうですが、運転日は2月16日、17日と23日と3日間のみというからもったいない。

19021613

さて、最後は行先表示器。こちらは一般的な「団体」表示でした。

2019年2月11日 (月)

上野駅16番線に185系回送列車が停車(2019.2.9)

2019年2月9日午前9時過ぎの上野駅16番線に185系が停車していました。

19020912

ご覧の写真は15番ホームから16番線に停車している185系を撮影したもの。17番線には9:30発の「ときわ55号」が停車中。まだドアは開いておらず客扱い前でした。

19020911

16:17番ホームを歩き、反対側の先頭車へ。この車両、185系A7編成。列車番号は「9131M」と表示。座席は東京駅方面を向いていました。

なぜ185系が上野駅16番線に停車しているのかと思いましたが、ここであることに気づく。弊ブログ2015(平成27)年7月12日付の記事では、上野駅15番線にスーパービュー踊り子に使用される251系が回送列車として停車している話題をご紹介。なぜ、251系が停車しているのかわからなかったのですが、コメントで踊り子として使用される前に尾久車両センターに送り込まれる車両であったことを教えていただきました。おそらく、この185系も同じように踊り子運用前の車両だったのでしょう。

2019年2月10日 (日)

上野駅で「TRAIN SUITE 四季島」をなるべく近くで見る方法(2019.2.9)

2019年2月9日、上野駅の低いホームに行ってみると、「TRAIN SUITE 四季島」が13番線に停車していました。

19020905

この写真は14・15番ホームから撮影したもの。時刻は9:08頃。この日の「TRAIN SUITE 四季島」は、『2018年度「東日本の旬」コース(早春の2泊3日)』ということで、いつもとは異なる行程となっているそうです。

19020906

「TRAIN SUITE 四季島」も運行開始からもうすぐ2年が経過しようとしていますので、さすがに「TRAIN SUITE 四季島」を撮影する鉄道ファンはほとんど見かけません。それでも14番ホームには警備員が数名立っていました。

19020907

現在も13番ホームへ向かう階段、エスカレータも「TRAIN SUITE 四季島」が停車中は閉鎖されています。

19020908

こちらは上野駅中央改札から直進した13番ホーム付近。こちらも「TRAIN SUITE 四季島」の乗客以外はホームに入れないようになっています。

19020909

しかし、13番ホームには「BECK'S COFFEE」のお店があるので、コーヒーショップ利用者はもう少し先まで進むことができます。また「BECK'S COFFEE」の店内は13番ホーム側に向いて座れるイスがありますので、「TRAIN SUITE 四季島」利用者以外がE001形車両に一番近づける場所はコーヒーショップ店内のイスということになるかもしれません。私もコーヒーショップの近くまで様子を見に行ってみましたが、店内は満員だったため、そのまま出てきてしまいました。

19020910

最後に「TRAIN SUITE 四季島」専用ホームへの出入口越しに、E001形車両を撮影してみました。

2019年2月 9日 (土)

特急 北総江戸紀行~新宿駅で昨年との相違点を観察~(2019.2.9)

2019年2月から3月にかけて、新宿駅~佐原駅間で「特急 北総江戸紀行」が運転されています。昨年から運行が始まったこの列車、弊ブログでも2018(平成30)年1月20日付の記事でご紹介しているところですが、今年(2019年)も2月9日に始発駅である新宿駅に出かけてきました。

今年の「北総江戸紀行」は昨年と異なる点がいくつか見つけることができました。まずは運転日、昨年は1月20日から3月18日までの土休日と3月24日と、ほぼ2か月間運転されたのに対し、今年は2月3日、9日、10日、16日、23日と、3月2日、9日、10日。土曜日中心の運転で、その期間も1か月強と、縮小されています。

19020901

今年の「北総江戸紀行」は7番線から発車。昨年の11番線とは異なっています。

また、出発案内表示器の表示内容も昨年と今年は異なっています。昨年は種別と出発時刻、行き先のみでしたが、今年は列車名称が追加されていました。

19020902

7:57頃、代々木方面から「北総江戸紀行」に使用される車両が送り込まれてきました。

19020903

ヘッドマークに「回送」表示で送り込まれてきたあと、一瞬、「特急」と表示されましたが、すぐに「臨時」に変更。ヘッドマークの表示内容は昨年も同じく「臨時」でした。この日の担当車両は、幕張車両センター所属E257系NB-17編成でした。この日は朝から千葉県を中心に、都内でも雪が舞い、E257系車両の先頭部屋根上には雪がうっすら降り積もっていました。

19020904

行先表示器も昨年同様で「臨時」。同じE257系500番台で運転される「佐原夏祭り号」などでは「特急 佐原」と表示されていることは確認済み。「北総江戸紀行」も「特急 佐原」と表示してもいいと思うのですがね。

2019年2月 6日 (水)

「京急120年のあゆみ号」を使用した「第3回京急うらりマルシェ号」(2019.2.2)

2019年2月2日、京急川崎駅の大師線1番線にて「第3回 京急うらりマルシェ号」が開催されました。これは三崎海岸桜まつりに先駆け、三浦・三崎の春をひと足早く体験できるイベントとして、三崎港にある「うらりマルシェ」で販売している三浦特産野菜や三崎名物が販売されるというもの。今回は1番線に「京急120年の歩み号」を停車させ、車内では新鮮野菜の販売や休憩用車両として使用されるそうです。

「京急120年の歩み号」は、京急創立120周年の2018(平成30)年2月25日から運用を開始。これまで「京急120年の歩み号」は、弊ブログ2019年1月5日付の記事でご紹介しているように、「干支ヘッドマーク」を取り付けた列車を撮影に出かけたときに初めて出会ったのですが、その時も遠目で撮影しただけ。今年の2月24日に運用を終了予定であることがすでに告知されていますので、「京急120年の歩み号」の撮影がてら、「京急うらりマルシェ号」の様子をみてきました。

19020208

向かって左側が「京急120年の歩み号」を使用した「京急うらりマルシェ号」。右側は大師線の営業用車両。この日も節分まで掲出されるという「干支ヘッドマーク」が取り付けられていました。

19020209

19020210

1番ホーム側には柵が取り付けられ、テントをいくつか確認することができました。

19020211

もう一方の「京急120年の歩み号」の先頭部には、「うらりマルシェ」に掲げられている大漁旗が取り付けられていました。

19020212

1番ホームはそれほど広くない上に、商品が置かれた机や来場者で混雑。こりゃ、満足に車両の撮影はできないなぁ…。

19020213

19020214

それでも無理やり各車両を撮影してみる。1号車は、1924(大正13)年~1965(昭和40)年に活躍した「デ51形」のデザイン。扉は木製で、「京急120年のあゆみ号」でもラッピングで再現されています。

ちなみに1号車と2号車の車内では、三浦特産の新鮮野菜が販売。1号車から入場し、2号車の出口でお会計といった具合です。

19020215

2号車は、1951(昭和26)年~1963(昭和38)年に使用されていた500形をイメージしたデザイン。

19020216

19020217

3号車は、1953(昭和28)年から現在までの、赤に白帯のカラーリング。1500形や800形は、今もこのカラーリングで活躍中です。3号車は、休憩用車両として使用されていました。

19020218

4号車は、1978(昭和53)年から採用された、赤に窓周辺が白のデザイン。800形に初めて採用された配色で、以降、2000形、2100形と、主に快特運用が主体となる車両に受け継がれるカラーリングです。この日は準備用車両なのか、窓には幕が下ろされ、締切でした。

2019年2月 5日 (火)

【東武】「ありがとうブルーバード号」を池袋大橋から撮影(2019.2.2)

2019年2月2日は、50090型51092編成にフルラッピングを施した「フライング東上号/ブルーバード号」の運転最終日でした。この日は「ありがとうブルーバード号」として池袋駅から森林公園駅まで運転。事前応募制ではなく乗車券のみで乗車できる列車として運転されました。

この日は2019年2月3日付の記事でご紹介しているとおり、大宮駅で9:10発の「快速 氏家雛めぐり号」を撮影後に池袋駅を訪問。池袋駅には9:43頃に到着しました。「ありがとうブルーバード号」は池袋駅を10:02に出発するので東上線ホームに行ってもよかったのですが、すでに多くの鉄道ファンが待機していそうなので回避。訪れたのは池袋駅北口から北池袋方面に歩いて約2分の場所にある池袋大橋でした。

池袋大橋に到着したのは9:50頃。「ありがとうブルーバード号」は池袋駅10:02発のため、ギリギリで「ブルーバード号」の送り込みが撮影できるかと思いましたが、すでに4・5番線に入線済みだったようで、「ブルーバード号」が池袋駅を発車する一発勝負となりました。

19020206

池袋駅を発車する「ブルーバード号」。この場所からは南方向の撮影となるため、終始逆光となり、先頭部は陰になってしまいます。ロングシートにもクロスシートにもなる「ブルーバード号」ですが、今回はロングシートだったようです。

19020207

ヘッドマーク部を無理やり拡大してトリミング。ブルーバードのマークの下に「ありがとう」という表示が加えられていました。

「ブルーバード号」としての運用を終えた51092編成は、2月12日から新たなラッピング「池袋・川越アートトレイン」に生まれ変わり、3月16日のダイヤ改正から料金不要のクロスシート運用となる「川越特急」としての運転が予定されています。

2019年2月 4日 (月)

185系OM04編成~大宮総合車両センター出場間近?(2019.2.2)

前回の記事でご紹介しているとおり、2019年2月2日は「快速 氏家雛めぐり号」の撮影で大宮駅を訪れたのですが、11番ホームから大宮総合車両センターの方向を眺めてみました。

19020221

右のE231系2両は武蔵野線転用、または中央緩行線E231系を6M4T化するために余剰となった車両でしょうか?

左の185系はOM04編成。廃車が目立つ185系ですが、車体も下回りもきれいになった感じで、このまま出場して活躍が続きそうです。

2019年2月 3日 (日)

氏家雛めぐり号~大宮駅にて~(2019.2.2)

2019年2月2日、今年も海浜幕張駅~氏家駅間で「快速 氏家雛めぐり号」が運転されました。過去に「氏家雛めぐり号」は、海浜幕張駅(弊ブログ2018(平成30)年2月3日付の記事)、新松戸駅(弊ブログ2017(平成29)年2月4日付の記事)、大宮駅(弊ブログ2016(平成28)年2月6日付の記事)で撮影。今年はどこにしようかなと考える。2016年の大宮駅は復路(海浜幕張行き)だったので、今回は同じ大宮駅でも往路(氏家行き)の列車を撮影することにしました。

19020201

19020202

氏家行きの「氏家雛めぐり号」は武蔵野線経由で大宮駅に到着するため11番線に入線。出発案内表示器には、列車名称や編成両数、出発時刻、行き先などがしっかり表示されていました。

19020203

運転日が1日限りの「氏家雛めぐり号」ですが、ホームには乗車案内も貼り付けられていました。JR東日本の臨時列車の多くは全車指定席ですが、「氏家雛めぐり号」は自由席が3両ある珍しい列車。自由席と指定席の乗車口がわかるように設置されたのかもしれません。

19020204

「氏家雛めぐり号」が大宮駅に到着。大宮駅11番ホームは3分後にやってくる湘南新宿ラインを待つ乗客で混雑していました。

19020205

大宮駅を出発する「氏家雛めぐり号」。担当車両は幕張車両センター所属E257系NB-01編成でした。

2019年2月 2日 (土)

都電節分号?(2019.2.2)

2019年2月2日、用事があって都電沿線を訪問したのですが、こんな電車に出会いました。

19020219

19020220

レトロ車両9000形9002号車。ヘッドマークには福豆を投げる少年と逃げまどう鬼を描いたイラスト。2月3日の節分に合わせたデザイン。さながら「都電節分号」といったところでしょうか。

都電荒川線では、ヘッドマークの取り付けや車内を装飾した「都電さくら号」「都電クリスマス号」が運転されていて、運転時には公式サイト等に掲載されるのですが、節分のヘッドマークを取り付けて運転するといったニュースリリースは見当たらず。今回は車内装飾は行われていないようで、ヘッドマークのみ掲出のため告知はなかったのかもしれません。

2019年1月28日 (月)

【E657系】ときわ43号の行先表示器がレア表示に(2019.1.27)

2019年1月27日は茨城県ひたちなか市で「第67回勝田全国マラソン」が開催され、上野駅から臨時特急「ときわ41・43号」が運転されました。

19012710

「ときわ41・43号」の撮影で訪れたのは上野駅。まずは「ときわ41号」から。

「ときわ41号」は品川駅始発のため、上野駅は高いホーム8番線から出発します。

19012711

19012712

上野駅に到着する「ときわ41号」。行先表示器はこれまで運転された「ときわ41号」と同様、列車名称と行き先が表示されたものでした。

19012713

一方、「ときわ43号」は上野駅始発。低いホーム17番線から出発します。

19012714

上野駅に入線する「ときわ43号」。回送列車として送り込まれてきましたので、上野駅入線時の行先表示器は「回送」でした。行先表示器が変化する様子を観察していると…

19012715

19012716

「ときわ41号」とは異なり、行先表示器は「臨時特急 指定席 勝田」と、列車名称(ときわ43号)は表示されていませんでした。これまでも「ときわ43号」が運転されたことはありますが、私が知る限り、行先表示器に「臨時特急」と表示された記憶はなく、レア表示と言えるかもしれません。

より以前の記事一覧