2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

鉄道(京成電鉄)

2020年8月15日 (土)

ツアー参加者に配布された京成ノベルティ~スカイライナー車両でお手軽お出かけツアー・宗吾車両基地体験コース・こぼれ話~(2020.7.25)

今回は2020(令和2)年7月25日に開催された「スカイライナー車両でお手軽お出かけツアー」の参加者に配布された京成ノベルティをご紹介していきます。

20072508 20072507

ノベルティが入っていた袋がこちら。ツアー車両にも使用されたAE形スカイライナーが描かれています。

20072509

入っていたノベルティがこちら。フリーザバッグとばんそうこう、フリクションボールペンでした。

20072510

その他に入っていたのはパンフレット類。こちらは販売期間・利用期間が7月1日から8月31日までの「京成沿線おでかけきっぷ」のパンフ。京成線が1日乗り放題が3日分で3,000円。青春18きっぷのルールと同じように1人で3日分でも、3人で1日でも利用できます。

20072511

こちらは「京成グループで巡るShort Trip」という冊子パンフ。京成グループの鉄道やバスが運行する柴又・矢切エリア、つくばエリア、成田エリア、県北西エリア、佐倉・酒々井エリア、成東エリア、県南エリアの観光スポットを紹介したものです。

20072512

こちらは京成バラ園のチラシ。

20072513

こちらは「2020京成パンダクーポン」。京成グループのホテルや百貨店などのクーポンが収められている冊子です。

「スカイライナー車両でお手軽お出かけツアー・宗吾車両基地体験コース訪問記」は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しています。ぜひこちらもご覧ください。

2020年8月14日 (金)

スカイライナー車両でお手軽お出かけツアー乗車証明証~スカイライナー車両でお手軽お出かけツアー・宗吾車両基地体験コース・こぼれ話~(2020.7.25)

2020(令和2)年7月25日に開催された「スカイライナー車両でお手軽お出かけツアー」では宗吾車両基地を見学後は、最寄りの宗吾参道駅から乗車して出発地に戻ります。ツアーの受付では「成田開運きっぷ」が渡されるのですが、このきっぷは出発駅と京成成田駅を往復できるきっぷであり、途中駅では下車・乗車ができません。そのためツアー参加者には宗吾車両基地体験コースのツアー参会者には乗車証明証が渡され、宗吾参道駅では有人改札で乗車証明証を提示して入場する措置が取られました。

20072506

こちらが乗車証明証。裏面には洗車機線を通過するAE形の写真が描かれています。

「スカイライナー車両でお手軽お出かけツアー・宗吾車両基地体験コース訪問記」は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しています。ぜひこちらもご覧ください。

2020年8月12日 (水)

成田スカイアクセス線開業10周年記念ヘッドマークを付けた3150形が宗吾車両基地でお出迎え~スカイライナー車両でお手軽お出かけツアー・宗吾車両基地体験コース・こぼれ話~(2020.7.25)

2020(令和2)年7月25日に実施された「スカイライナー車両でお手軽お出かけツアー」。京成成田駅で折り返し、宗吾車両基地にそのまま入線し、洗車機通過体験や保存車両の撮影会が開催されました。宗吾車両基地に入線すると基地内に多くの車両が停車していましたが、そのなかに成田スカイアクセス線開業10周年記念ヘッドマークを取り付けた3150形をいるのを見つけました。

20072502

ツアー列車が洗車機線通過体験でゆっくり基地内を走行中、車内放送で「ヘッドマークを付けた車両がお出迎えしています」と案内があり準備していたのですが、とっさのことなので私の腕ではこれが限界。他にも同じヘッドマークを取り付けた3050形も停車していると放送があったのですが、シャッターチャンスを逃してしまいました。

「スカイライナー車両でお手軽お出かけツアー・宗吾車両基地体験コース訪問記」は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しています。ぜひこちらもご覧ください。

2020年7月29日 (水)

スカイライナー車両でお手軽お出かけツアー・宗吾車両基地体験コースに参加してきました(2020.7.25)

2020(令和2)年7月25日に開催された「スカイライナー車両でお手軽お出かけツアー・宗吾車両基地体験コース」に参加してきました。その様子を私のホームページ「列車とともに」に掲載しましたので、ぜひご覧ください。

20072501

2020年5月30日 (土)

スカイライナー青砥駅臨時停車(2020.5.30)

京成上野駅と成田空港駅を運行する「スカイライナー」。途中の停車駅は日暮里駅と空港第2ビル駅に限定し、都心からの空港アクセスに特化した列車です。一方で京成電鉄は都営浅草線・京急線との相互直通運転が行われていて、これらの路線からでもスカイライナーが利用できるように、2020(令和2)年4月11日から一部のスカイライナーが青砥駅にすることになりました。

気にはなっていましたが、時は新型コロナウィルスの流行が拡大し、私も外出は自粛。5月25日には東京都も緊急事態宣言が解除されたこともあり、5月30日に京成線沿線に出かけてきました。

20053001

まずは日暮里駅のスカイライナー出発案内表示器。青砥駅に停車するスカイライナーは、下りが日暮里駅6:05発のスカイライナー3号から7:45発のスカイライナー13号までの6本。ご覧の表示器のうち、5:45発の1号は青砥駅通過、6:05発の3号と6:25発に5号は青砥駅に停車します。しかし、写真の向かって右側にある停車駅案内は、いずれも停車駅に青砥駅は表示されていません。

20053003

ホーム上に表示器にも青砥駅の表記はありませんでした。ニュースリリースによると、下りの場合、青砥駅は乗車のみのため、停車駅に含めていないのでしょう。

20053004

日暮里駅から普通電車に乗って青砥駅へ移動。青砥駅の出発案内表示器には、きちんと「スカイライナー3号」と表示されていました。

20053005

青砥駅の下りホーム最後尾には、イブニングライナーの待合室とライナー券自動券売機が設置されていますが、私が青砥駅に到着した時点では待合室は閉められていて、券売機もシャッターが降りていました。

20053007

出発時刻の約10分前頃に駅係員がホーム最後尾にやってきてきました。券売機のシャッターにご覧のような用紙を掲出。これによると、ライナー券は自由席で係員から直接購入するというものでした。新型コロナウィルスの影響で国際航空便がほとんどが運休となり、スカイライナーの利用客も限定されるため、満席となる可能性はなし。自由席でも問題ないのでしょう。

ちなみに上りはニュースリリースによると、成田空港駅・空港第2ビル駅のスカイライナー券発売カウンター等で購入。自由席でなく、席は指定されるとのことです。

20053008

青砥駅6:15発の「スカイライナー3号」が到着。この日は2人の乗客がありました。

20053009

青砥駅に停車した「スカイライナー3号」。しかし扉が開きません。

20053010

扉は最後尾の8号車のみが開くという、イブニングライナーやシティライナー(成田山開運号)と同じ対応です。

20053006

こちらの写真は青砥駅のイブニングライナー待合室入口に貼られていたもの。青砥駅に停車するスカイライナーは早朝の下りと夜間帯の上り各6本のみでしたが、少しでもスカイライナー利用客を増やそうとするためか、6月1日からは青砥駅に停車するスカイライナーが全時間帯に拡大。現在、通勤時間帯以外は約半減して40分間隔で運行しているスカイライナーのうちの約半数、1時間20分から2時間間隔で青砥駅停車のスカイライナーを設定し、上下線各14本に増加するとのことです。

2020年2月10日 (月)

来場記念品~京成リアルミュージアム in 旧博物館動物園駅訪問記・こぼれ話~(2020.2.8)

2020(令和2)年2月8日から2月24日の土休日に、京成電鉄の旧博物館動物園駅で開催されている「京成リアルミュージアム」を訪問。こんな記念品をいただきました。

20020811

会場内に「webアンケートにご協力いただくと京成電鉄オリジナルグッズをプレゼント」という掲示物を発見。アンケートに答え、会場出口の係員にアンケート画面を提示すると…

20020812

いただいたのは3100形のクリアファイル。また、各日先着200名には花言葉が「絆・幸福」という百日草のタネもプレゼント。パッケージには京成パンダがプリントされたオリジナルパッケージです。

「京成リアルミュージアム in 旧博物館動物園駅」の訪問記は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しています。ぜひこちらもご覧ください。

2020年2月 8日 (土)

京成リアルミュージアム in 旧博物館動物園駅 訪問記を掲載しました(2020.2.8)

2020(令和2)年2月8日に開催された「京成リアルミュージアム in 旧博物館動物園駅」訪問記を、私のホームページ「列車とともに」に掲載しました。ぜひご覧ください。

20020801

2020年1月 3日 (金)

【京成】初の令和年号付きヘッドマーク!シティライナー91号(成田山開運号)(2020.1.1)

2020(令和2)年、初の話題は「シティライナー91号(成田山開運号)」について。

京成電鉄では沿線にある成田山新勝寺への参詣列車「シティライナー(成田山開運号)」を運行。2019年12月31日~2020年1月1日の終夜運転時と、2020年1月の3が日及び土休日に運転されました。

今回は初めて千住大橋駅近くの超定番撮影地から「シティライナー(成田山開運号)」を撮影することにしました。現地に到着したのは8:30頃。すでに先着の鉄道ファンは3人。一か所に重なるように場所取りしていて、私は約10m後方で待機。その後、次々と鉄道ファンがやってきましたが、いずれも前方に場所取りして、私がいたところには誰も寄り付かず。私が確保した場所はあまり撮影向きではないようです。

20010101

8:44頃、しばらく千住大橋駅の上り待避線に停車し、営業列車を先に通していた成田山開運号の回送送り込み列車が千住大橋駅を出発。京成上野駅へ向かう送り込み列車を撮影。

20010102

ヘッドマークは昨年に引き続き、年号付きのデザイン。初の令和の年号が表示されたヘッドマークでした。

20010103

9:17頃、シティライナー91号(成田山開運号)の営業列車が通過。

20010104

千住大橋駅へ向かうシティライナー91号(成田山開運号)を後追いで撮影して終了です。

2019年5月 6日 (月)

名称変更!~快速 あしかが大藤まつり1号~(2019.5.3)

あしかがフラワーパークで開催中の「ふじのはな物語~大藤まつり2019~」に合わせ、2019年も大型連休の4月27日~5月6日に、上野駅~桐生駅間で「快速 あしかが大藤まつり1・4号」が運転されました。昨年までは「快速 足利藤まつり号」という列車名称で運行していましたが、あしかがフラワーパークのイベント名称に合わせて、今年から「あしかが大藤まつり号」と変更となっています。

19050301

19050302

2019年5月3日、「あしかが大藤まつり1号」の撮影で訪れたのが上野駅。

19050303

私が上野駅に到着した7:23の時点で、すでに「あしかが大藤まつり1号」は上野駅15番線に入線済。この日は大宮総合車両センター所属185系B6編成が担当しました。

19050304

扉も開放していましたので、かなり余裕を持って上野駅に到着したようです。

19050305

ヘッドマーク、行先表示器とも「臨時回送」でした。

19050306

隣の16番線には「ときわ52号」として7:05に到着したE657系が回送列車として停車していましたので、185系との並びを撮影してみました。すでに185系が定期列車として上野駅に入線する機会はありませんので、今となっては貴重な組み合わせと言えそうです。

2019年5月 2日 (木)

【京成】改元記念ツアー AE形「令和号」(2019.5.1)

2019年5月1日、鉄道各社でも新元号「令和」への改元を祝い、臨時列車が運行しています。私が撮影した改元記念列車は京成電鉄の改元記念ツアーAE形「令和号」です。

京成電鉄では、「平成」への感謝と新元号「令和」への奉祝の意を込めて、スカイライナーで使用しているAE形に「令和号」記念ヘッドマークをを付けて京成上野駅から東成田駅まで運行。京成成田駅で下車して成田山新勝寺へ参拝するコースと、東成田駅で下車して旧成田空港駅(現 東成田駅)のホームや駅構内の見学ができるコースを設定。旅行商品購入者のみ利用できる団体臨時列車として運転されました。

この日は鴨川市で開催される「鴨川花火大会~原稿改元記念花火~」を観覧する前に、奥さんと成田山新勝寺へ参拝する予定で、京成成田駅近くの線路沿いでAE形「令和号」を撮影する予定でしたが、自宅を出るのが遅れてしまい、急遽、町屋駅へ向かい、まずは京成上野駅へ送り込まれるAE形「令和号」を撮影することにしました。

19050102

京成町屋駅に到着したのは8:15頃。そこそこ有名な撮影地と思っていたのですが先客はおらず、ホーム先端部をゲット。その後、私の他にひとり鉄道ファンがやってきましたが、しばらくは閑散としていました。しかし、8:30を過ぎて一気に鉄道ファンが集結。最終的には10名以上になったでしょうか? そして8:45頃、「令和号」に使用されるAE形の送り込み回送列車がやってきました。

19050103

ご覧の写真は送り込み回送列車の先頭車。つまり「令和号」の本運転では最後尾になるのですが、ヘッドマークは両方の先頭部に施されていました。

京成町屋駅で「令和号」の送り込み回送列車を見送って日暮里駅へ移動。「令和号」の本運転列車を撮影することにしました。

19050104

日暮里駅下りホームの出発案内表示器。「令和号」は京成上野駅を出発すると京成成田駅までノンストップ。普段は全営業列車が停車する日暮里駅ですが、出発案内表示器には「通過」と表示されていました。

19050105

19050106

日暮里駅はホームドアがあるためか、撮影目的の鉄道ファンはなし。ホームドアをかわして「令和号」を撮影するため、カメラを思い切り持ち上げてライブビューで撮影。さらに通過する「令和号」の側面行き先表示器を撮影しようと、慣れない流し撮りで撮影。シャッタースピードを上げて撮影したため表示は乱れてしまっていますが、「臨時」表示であったことは確認できました。

より以前の記事一覧