2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

鉄道(東武鉄道)

2020年6月11日 (木)

曳舟駅に停車する東武特急(2020.6.6)

2020(令和2)年6月6日の東武鉄道のダイヤ改正では、特急列車の一部が曳舟駅に停車することになりました。曳舟駅に停車するのは、浅草駅に9時台までに到着する上り特急と、浅草駅を17:00より後に発車する下り特急(17:00発の特急は通過)が該当します。

曳舟駅は東京メトロ半蔵門線と亀戸線の乗換駅で、これらの路線から特急を利用する場合、従来は北千住駅が乗換駅でした。しかし、特に下りは北千住駅の一般列車ホームと特急ホームが離れているため、ホーム上を移動する必要があること。上りについては、北千住駅でも同一ホームで乗り換えができますが、少しでも特急車両で快適な旅ができるということで、利便性が向上することになります。

20060626

曳舟駅に停車する特急列車を撮影しようと、ダイヤ改正当日の6月6日に訪問。

20060628

駅ホームの階段部には、曳舟駅停車のポスターが掲出されていました。

20060639

下りホーム(1番ホーム)には新たに特急の乗車目標が登場。

20060640

特急券売機も設置されていました。

20060627

20060629

こちらは上りホームの駅看板と時刻表。とうきょうスカイツリー駅から浅草駅まで特急に乗車する場合は特急券が不要ですが、曳舟駅からとうきょうスカイツリー駅や浅草駅までの利用には特急券が必要だということです。

20060630

曳舟駅に停車する特急列車の観察を始めたのは、9:27発の「きぬ112号」から。

20060631

20060632

曳舟駅に特急が停車していることがわかるように、扉が開いているところを撮影。

20060633

続いては9:38発の「りょうもう12号」。

20060634

20060635

今度は曳舟駅の看板と扉が開いている200系を絡めてみました。

20060636

続いては9:45発の「きりふり82号」。やってきた350型のヘッドマークは、なんと「回送」!。まだ、とうきょうスカイツリー駅、浅草駅と停車しますので、ちょっと気が早いような気もしますが…。

20060637

最後尾車両のヘッドマークは「きりふり」のまま。先頭車両のヘッドマークは故障していたようです。

20060638

今度は出発案内表示器と扉が開いている車両を組み合わせてみました。

2020年6月10日 (水)

北千住駅で乗務員が交代する「THライナー」(2020.6.7)

前日の2020(令和2)年6月6日に続き、翌日の6月7日も24時間券を有効活用して「THライナー」を撮影してきました。

20060707

今回は北千住駅で「THライナー」を撮影することにしました。「Tライナー」は時刻表上、北千住駅は通過扱い。しかし、東武鉄道から東京メトロの境界駅でもあり、ここで乗務員が交代するため扉が開かないもののいったん停車(運転停車)します。駅の出発案内表示器も「THライナー」には「当駅からのご乗車はできません」と表示されています。

20060708

「THライナー」は主に北千住駅始発の日比谷線が発着する6番線に入線。6番線の表示器には「THライナー」に関する表示はなく、次の10:10発の中目黒行きに関する情報が表示がされていて、10:05発の中目黒行きが発車するまでは「次発」、それ以降は「先発」と表示されていました。

20060709

東武鉄道から東京メトロの乗務員に交代。

20060710

前述のとおり、停車している間も扉は開くことなく、約2分弱で発車していきました。

2020年6月 9日 (火)

恵比寿行き「THライナー」を上野駅で撮影(2020.6.7)

2020(令和2)年6月6日から運行を開始した「THライナー」。運転日初日は新越谷駅(弊ブログ2020年6月6日付の記事を参照)と中目黒駅(弊ブログ2020年6月7日付の記事を参照)で「THライナー」を撮影しました。この日は他に虎ノ門ヒルズ駅や神谷町駅(弊ブログ2020年6月8日付の記事を参照)にも訪問するなど、日比谷線を多数利用することもあり、24時間券を購入していました。24時間券は最初の利用時刻の翌日の同じ時刻まで入場することができるので、翌日の6月7日も24時間券で日比谷線沿線に出かけ、「THライナー」を追いかけてきました。

20060701

訪れたのは上野駅。久喜駅発恵比寿駅行きの「THライナー」は、日比谷線の上野、秋葉原、茅場町、銀座などの駅に停車しますが、これらの駅は降車のみで乗車することはできません(霞ヶ関~広尾駅間の各駅は普通列車扱いのため乗降とも可能)。そこで気になったのが各停車駅の出発案内表示器は同表示されるのか?ということ。普通列車として運転される霞ヶ関~広尾駅間は虎ノ門ヒルズ駅を訪問した時に「恵比寿」と行き先が表示されていたことを確認しましたが、さて「THライナー」区間はどうなのか?

「THライナー」の停車駅のひとつである上野駅の出発案内表示器を確認すると「降車専用」の表示。西武鉄道直通のS-TRAINと同じで想定内ではありますが、これで気になっていたモヤモヤが解消されました。

20060702

「THライナー」が上野駅に近づいてくると接近放送とともに、出発案内表示器にも変化がありましたが、そこにあったのは「電車が通過します」という点滅表示。「THライナー」は上野駅に停車して降車扱いするのですが、ちょっとした矛盾の瞬間。

20060703

「THライナー」が上野駅に到着。

20060704

扉は新越谷駅と同じく、各号車1か所のみ。放送では「この列車には乗車できません」と案内されていましたが、これも一般の乗客が間違えて乗車しないための措置でしょうか?

20060705

トンネル柱に貼られた上野駅の看板と組み合わせて撮影してみました。

20060706

こちらは北千住方面のホーム。久喜行きの「THライナー」の指定席券売機が設置されていました。

2020年6月 7日 (日)

THライナー運転終了後、どこでロングシートに転換するのか?(2020.6.6)

2020(令和2)年6月6日の東武鉄道と東京メトロ日比谷線のダイヤ改正で誕生した座席指定席直通列車「THライナー」。上りの久喜駅始発の「THライナー」は恵比寿駅行きですが、霞が関~恵比寿駅間は普通列車扱いとなり、指定席がなくても乗車することができます。ここで気になるのが、「THライナー」として恵比寿駅まで運転された車両はどうなるのか?ということ。

恵比寿駅には折り返しのために必要な引き込み線はありませんので、恵比寿駅に到着した「THライナー」は中目黒駅まで回送され、折り返しは一般の普通列車として運転されるはず。そのためには「THライナー」時のクロスシートからロングシートに転換させる必要があります。「THライナー」が日比谷線の終点である中目黒駅のひとつ手前の恵比寿駅行きとしたのも、シートを転換する時間を稼ぐためと予想したのですが…。

その真偽を確かめるために、「THライナー」運転日初日の6月6日、中目黒駅に出かけてきました。

20060608

中目黒駅へ行く途中、この日開業した「虎ノ門ヒルズ」駅に途中下車して、駅の出発案内表示器を撮影。10:43発の恵比寿行きが「THライナー4号」なのですが、霞が関~恵比寿駅間は普通列車のため、「THライナー」等の列車名称の表示はありません。それでもダイヤ改正前は存在しなかった恵比寿行きですから記念に1枚撮影して、10:40発の中目黒駅行きに乗車して、中目黒駅に先回り。

20060609

そのまま中目黒駅に直行しようとしましたが、恵比寿駅止まりの「THライナー」がどのように表示されるのか確認したくて、恵比寿駅でいったん下車。「当駅止まり」が「回送」のどちらかと予想していましたが「当駅止まり」。まぁ、想定内ですが、確認できてスッキリ。急いで乗ってきた電車に再び乗車して、いよいよ中目黒駅へ。

20060610

中目黒駅のホーム先端部に撮影目的の鉄道ファンは見当たらず。どこでシートが転換するか興味がある人っていないんですかね?

「THライナー4号」は恵比寿駅には10:53に到着。その後、回送列車となり中目黒駅には10:59頃に到着。ご覧の写真は地下から地上に上がり、中目黒駅に近づく「THライナー」回送列車。

20060611

回送列車が中目黒駅に停車。

20060612

座席を確認すると、まだクロスシートのまま。恵比寿~中目黒駅間でシート転換させるために、「THライナー」を恵比寿駅止まりにしたのだろうと予想していましたが、そうではないようです。これでシート転換は中目黒駅構内の引き込み線での折り返し時に行うことは確実ですが、それなら中途半端に恵比寿駅止まりにせず、中目黒駅行きにすればよかったのに。

20060613

回送列車は中目黒駅に約30秒停車後、中目黒駅構内の引き込み線へ。

20060614

回送列車の左隣には中目黒駅10:59着の車両が停車。

20060615

さらにその左には中目黒駅11:03着の車両が停車。

20060616

11:06頃、後から折り返し線にやってきた中目黒10:59着の車両が動き出し、北千住方面行きのホームへ。

20060617

そして11:09頃、中目黒駅11:07着の70000系車両が折り返し線に入るのと入れ替わるように「THライナー4号」を担当した車両が北千住方面行きホームへ動き出しました。

20060618

20060619

折り返しは11:12発の南栗橋行きを担当。当然ながらロングシートの状態で入線してきました。引き込み線への入庫した順番ではなく、後から入庫した車両を1台先に出庫させて停車時間を稼ぎ、約10分でシート転換が行われたことになります。

2020年6月 6日 (土)

THライナー一番電車を新越谷駅で撮影(2020.6.6)

2020(令和2)年6月6日の東武鉄道・東京メトロ日比谷線のダイヤ改正で誕生した「THライナー」。その一番電車を新越谷駅に出かけて撮影してきました。

20060601

土休日の「THライナー」は久喜駅8:13発の2号と、9:23発の4号。2号は新越谷駅8:41発。新越谷駅の出発案内表示器にも今日初めて「THライナー」が表示。また、「THライナー」の終点となる恵比寿駅もこれまでは存在しなかった行き先ですから、こちらも今日が初めての表示です。

20060602

新越谷駅上りホームには「THライナー」の乗車目標が。

20060603

「THライナー2号」が新越谷駅に入線。

20060604

「THライナー」は東武鉄道が日比谷線直通用に製造した70000系をベースに、座席をクロスシートにもロングシートにも転換できるマルチシートにして、「THライナー」時にはクロスシート、一般運用時にはロングシートで運行する70090型が担当。すでに一般運用には就いていましたが、この日初めてクロスシートで運用されました。車両側面にもマルチシート車であることがわかる「70090SERIES」というロゴが描かれています。

20060606

「THライナー」の乗降口は各号車1か所にして、乗降口前には係員が配置されていました。運転日初日ということで、一般の乗客が誤って乗車しないための措置でしょう。

20060605

「THライナー」の行先表示器。

20060607

「THライナー」は新越谷駅を発車すると、次の停車駅は日比谷線の上野駅で、急行、準急等の優等列車が停車する西新井駅や草加駅は通過。西新井駅はまだしも、草加駅や新越谷駅のひとつ手前の越谷駅を通過にしたのは、個人的には意外でした。

2020年1月10日 (金)

【東武】634型を使用した「スカイツリートレイン77号」が運転(2020.1.4)

東武鉄道では、日本三大イルミネーションのひとつに数えられる「あしかがフラワーパーク」方面へのおでかけに便利な特急列車を増発。そのうち、2019年(令和元年)12月28日と2020(令和2)年1月4、11、12日には、634型を使用した「スカイツリートレイン77・92号」が浅草駅~佐野駅間で運転されました。

「スカイツリートレイン77号」を撮影しようと訪れたのは、2020年1月4日の浅草駅。「スカイツリートレイン」という愛称を持つ634型が、浅草駅~とうきょうスカイツリー駅間の隅田川に架かる隅田川橋梁を渡り、その背景に東京スカイツリーを組み合わせて撮影するのが、この日のねらい目です。

さすが日本一高い建造物の東京スカイツリー。直線距離で1㎞離れているとはいえ、かなりの大きさ。手持ちの35ミリ換算で28ミリからのレンズでは最大広角にしないと入りません。となると、634型が相当小さくしか写らなそうだな…。

20010408

「スカイツリートレイン77号」は浅草駅を15:30に出発。しかしながら待てども、なかなか634型が浅草駅に現れません。ダイヤの乱れでも発生しているのでしょうか? そんな心配をしていると15:27頃、やっと634型がゆっくりと隅田川橋梁に近づいてきました。

20010409

隅田川橋梁を渡る634型。やはり車両がかなり小さくなってしまったほか、橋の欄干に車体の下半分が隠れてしまいました。撮影場所の事前チェック不足、前回の記事の「成田山初詣伊東号」でもデジカメの充電を忘れたり、今日は凡ミスが多いなぁ…。

20010410

今度は浅草駅を出発する「スカイツリートレイン77号」を撮影しようと、隅田川橋梁の反対側に移動。15:32頃に「スカイツリートレイン77号」が浅草駅を発車、車体が見えやすいわずかな隙間を探して634型を撮影してみました。

20010411

隅田川橋梁を渡る634型「スカイツリートレイン77号」。こちらは欄干に加えて工事用ネットが取り付けられていて、さらに車体が見づらくなってしまいました。

2020年1月 4日 (土)

【東武】大師線 干支ヘッドマーク列車(2020.1.2)

今年も正月3が日に、大師線で干支をデザインしたヘッドマークを掲出した列車が運転されました。

20010206

20010207

20010208

実は前日の1月1日の早朝にも大師前駅を訪れたのですが、このときはグリーン色の車体に白帯の8568編成が担当していましたが、これにはヘッドマークはなし。翌日の1月2日の昼過ぎに再び訪れて、ヘッドマーク付きの車両に出会うことができました。

今年のヘッドマーク付き車両は、ミディアムイエロー色の車体にインターナショナルオレンジ色の帯の8575編成のみと思われます。

2019年12月24日 (火)

【東武】「池袋・川越アートトレイン」に出会う(2019.12.23)

通勤時に出会ったシリーズを続けます。今回は12月23日のお話し。

私の仕事は基本、勤務時間は固定されているのですが、年末は他部署への応援等で勤務時間も不規則になることが多く、この日は午前10時少し前に池袋駅に到着しました。池袋駅で降りて東武東上線ホームを眺めてみると、こんな車両を見つけました。

19122301

「池袋・川越アートトレイン」というラッピング電車。

19122302

「池袋・川越アートトレイン」は2019年2月にデビュー。3月のダイヤ改正で登場した「川越特急」の1番電車に「池袋・川越アートトレイン」が充当されることが発表されていて、私も1番電車の出発を見送ろうと思っていたのですが、ダイヤの乱れで間に合わず(弊ブログ2019年3月18日付の記事を参照)、「池袋・川越アートトレイン」を見ることができませんでした。

普段、東武東上線に乗車することも少なく、「池袋・川越アートトレイン」に出会う機会にも恵まれませんでしたが、この日は池袋駅10:00発の川越特急に充当されていて、初めて目撃することができました。

2019年12月 5日 (木)

「なつかしの6000系リバイバルカラー仕様」6050型による「東武ファンフェスタ2019臨時列車ツアー」を撮影(2019.12.1)

2019年(令和元年)12月1日は東武鉄道の南栗橋車両管区で「東武ファンフェスタ2019」が開催されました。今年は展示車両に目新しさは感じられず、イベント自体は不参加でしたが、6050型に6000系に準じた塗装と座席モケットを施し、昨日から運行を開始した「なつかしの6000系リバイバルカラー仕様」車両を使用した「東武ファンフェスタ2019臨時列車ツアー」を撮影しようと南栗橋駅へ出かけてきました。

ツアーはリバイバル塗装とオリジナル塗装の6050型を連結し、4両編成で運行。東武ファンフェスタ2019会場の南栗橋車両管区留置9番線から13:45頃に出発。いったん南栗橋駅へ向かい14:00に折り返し、板倉東洋大前駅で6050型撮影会、新鹿沼駅で1・2号車と3・4号車の入替えで停車して鬼怒川温泉駅へ。鬼怒川温泉駅では6050型とSL大樹の撮影会を行い、SL大樹4号に乗車するという行程でした。

私は南栗橋駅を降りて東武日光線下り線の側道へ移動。南栗橋車両管区から出庫して南栗橋駅へ向かう臨時列車と、南栗橋を出発して鬼怒川温泉方面に走り去る臨時列車を撮影することにしました。

19120115

南栗橋車両管区から出庫する南栗橋駅へ向かう臨時列車。浅草駅側にリバイバル塗装車両、鬼怒川温泉駅側にオリジナル塗装車両を連結して登場しました。

19120116

南栗橋駅4番線に停車した臨時列車。

19120117

19120118

行先表示器には「団体専用 たびじ」、両編成とも東武日光線開業90周年記念ヘッドマークが掲出されていました。

19120119

南栗橋駅を出発する臨時列車。架線柱を避けて撮影しようと気にするあまり、先頭部に架線柱から斜めに伸びる支線が思いっきりかかってしまいました。

19120120

後追いでもう1枚。元はと言えば、6000系の足回りに車体を更新して誕生したのが6050型。6000系を模した塗装でも違和感がありませんね。

2019年11月26日 (火)

SL大樹記念乗車証~2019年秋 東武・野岩・会津鉄道で行く会津花火観覧の旅・こぼれ話~(2019.11.4)

2019年(令和元年)11月4日は「2019年秋 東武・野岩・会津鉄道で行く会津花火観覧の旅」の締めくくりとして、「SL大樹」に乗りました。

私たちが乗車したのは「SL大樹4号」。始発の鬼怒川温泉駅を出発するとほどなく、SLアテンダントが車内を回り記念乗車証を配布。

19110224

SL大樹は1号から6号まであり、「SL大樹〇号 記念乗車証」とあるとおり、記念乗車証も6種類あります。すべての記念乗車証を集めると先着でオリジナルグッズがもらえるとのことです。

「2019年秋 東武・野岩・会津鉄道で行く会津花火観覧の旅」の旅日記は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しています。ぜひこちらもご覧ください。

より以前の記事一覧