2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

マイリスト

  • 鉄道コム/TETSUDO.COM
  • にほんブログ村

おみやげ(東海)

2008年8月11日 (月)

現地でしか入手できない浜松みやげ~弁天島海開き花火大会2008・こぼれ話~

08080501  浜松のおみやげといえば、春華堂の「うなぎパイ」だろう。浜松のみならず、名古屋駅や遠くは東京駅、上野駅でも販売されている全国的に有名な「夜のお菓子」だ。

 そんな「うなぎパイ」だが、現地の、しかも直営店でしか手に入らない商品が写真の「お徳用袋 うなぎパイ」だ。形が崩れたいわゆる「こわれ物」を集め、袋詰めしたものである。

 値段は130gが420円で、270gが840円。一般のうなぎパイが12本入り(168g)が866円なので、文字どおりお徳用。原材料高騰により昨年10月から3度値上げしたということだが、通常の「うなぎパイ」は1枚ごとに包装しているのに比べ、この「お徳用袋」は環境にも優しい(?)商品となっている。

○私のホームページ「列車とともに」で『弁天島海開き花火大会2008観覧記』をアップしております。よろしければご覧ください。

2008年8月10日 (日)

現地でした入手できない「うなぎパイ」グッズ~弁天島海開き花火大会2008・こぼれ話~

08080601  浜松の定番みやげである「うなぎパイ」には、様々な関連グッズが販売されている。

 写真のグッズは「うなぎパイ・ストラップ」。うなぎパイのみならず、包装紙までもが細かく再現されており、浜松周辺以外ではまず手に入らないであろう。

 その他にも、「うなぎパイCMソング『うなぎのじゅもん』」というCDも販売されていていた。この曲の作曲家がなんと「小椋 桂」。こちらは一部CDショップの通信販売でも購入可能なので、興味のある方はいかがだろうか。

☆「うなぎのじゅもん」公式サイトはこちら

○私のホームページ「列車とともに」で『弁天島海開き花火大会2008観覧記』をアップしております。よろしければご覧ください。