2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

鉄道グッズ

2020年3月28日 (土)

スタンプラリー台紙と商品~2020年春 大洗・那珂湊アンコウ鍋を求めて(ちょっと鉄分含む)旅日記・こぼれ話~(2020.2.22)

2020(令和2)年2月22日は大洗・那珂湊を旅してきました。この日は勝田車両センターまつりの開催に合わせ、JR東日本とひたちなか海浜鉄道のコラボ企画としてスタンプラリーを開催。私もスタンプラリーに参加してきました。

20022227

スタンプラリー台紙がこちら。台紙は勝田駅改札内で配布。スタンプは全部で3種類あり、勝田駅改札内、勝田車両センター、阿字ヶ浦駅。そのうち2つのスタンプを押して、勝田駅に戻ってくるとゴールです。

20022228

スタンプラリーの賞品は特製ブラックサンダー。一般のブラックサンダーに、E657系・キハ3710形・E653系と、勝田車両センターまつりのロゴが入った特製包装紙に包まれたものでした。

「2020年春 大洗・那珂湊アンコウ鍋を求めて(ちょっと鉄分含む)旅日記」は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しています。ぜひこちらもご覧ください。

2020年2月10日 (月)

来場記念品~京成リアルミュージアム in 旧博物館動物園駅訪問記・こぼれ話~(2020.2.8)

2020(令和2)年2月8日から2月24日の土休日に、京成電鉄の旧博物館動物園駅で開催されている「京成リアルミュージアム」を訪問。こんな記念品をいただきました。

20020811

会場内に「webアンケートにご協力いただくと京成電鉄オリジナルグッズをプレゼント」という掲示物を発見。アンケートに答え、会場出口の係員にアンケート画面を提示すると…

20020812

いただいたのは3100形のクリアファイル。また、各日先着200名には花言葉が「絆・幸福」という百日草のタネもプレゼント。パッケージには京成パンダがプリントされたオリジナルパッケージです。

「京成リアルミュージアム in 旧博物館動物園駅」の訪問記は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しています。ぜひこちらもご覧ください。

2019年11月27日 (水)

来場記念品とスタンプラリー景品~幕張車両センターフェスティバル2019訪問記・こぼれ話~(2019.11.23)

2019年(令和元年)11月23日に開催された「幕張車両センターフェスティバル2019」に行ってきました。今回は来場者に配布された記念品とスタンプラリーの景品をご紹介していきたいと思います。

19112302

19112303

会場の入り口でいただいたのがクリアファイル。幕張車両センター所属車両と、センター内で点検・整備に使用する道具類のイラストが描かれたデザインです。クリアファイルのなかには会場案内図が挟み込まれていました。

19112304

会場案内図の裏面にはイベントの開催時刻の他に、スタンプラリー台紙となっています。スタンプラリーは全部で5か所。すべて押印して会場入口付近のゴールに持っていくと景品がプレゼントされます。

19112305

19112306

いただいた景品は「鉄カード」という幕張車両センター所属車両の写真と、JR東日本千葉支社のデータが記載されています。

もうひとつの景品はメモ帳でした。

「幕張車両センターフェスティバル2019」訪問記の本編は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しています。ぜひこちらもご覧ください。

2019年11月26日 (火)

SL大樹記念乗車証~2019年秋 東武・野岩・会津鉄道で行く会津花火観覧の旅・こぼれ話~(2019.11.4)

2019年(令和元年)11月4日は「2019年秋 東武・野岩・会津鉄道で行く会津花火観覧の旅」の締めくくりとして、「SL大樹」に乗りました。

私たちが乗車したのは「SL大樹4号」。始発の鬼怒川温泉駅を出発するとほどなく、SLアテンダントが車内を回り記念乗車証を配布。

19110224

SL大樹は1号から6号まであり、「SL大樹〇号 記念乗車証」とあるとおり、記念乗車証も6種類あります。すべての記念乗車証を集めると先着でオリジナルグッズがもらえるとのことです。

「2019年秋 東武・野岩・会津鉄道で行く会津花火観覧の旅」の旅日記は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しています。ぜひこちらもご覧ください。

2019年11月 8日 (金)

盛りだくさんの来場記念品~国府津車両センターファミリーフェア訪問記・こぼれ話~(2019.10.26)

今回は2019年(令和元年)10月26日に開催された「国府津車両センターファミリーフェア」の来場記念品をご紹介していきたいと思います。

19102615

まずはトートバック。A4サイズをひと回り大きくしたサイズでした。

トートバックにはE259系と伊豆クレイルのイラストが描かれていましたが、いずれも展示車両とはなりませんでした。

19102616

その代わりといっては何ですが、ミニ電車は伊豆クレイルとE259系でした。

19102617

トードバックに入っていたのは、クリアファイル。JR東日本横浜支社に所属する主な車両のイラストが描かれたデザイン。

19102621

クリアファイルのなかにはご覧のようなぬり絵の用紙が挟み込まれていました。

19102618

こちらはシール台紙。

19102619 19102620

片面が相模線205系、もう片面が東海道線E233系が描かれたホルダー。

これらが全部無料で来場者に配布されるという、盛りだくさんの記念品でした。

「国府津車両センターファミリーフェア訪問記」は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しています。ぜひこちらもご覧ください。

2019年10月22日 (火)

川越車両センターまつり2019来場記念品(2019.10.19)

2019年(令和元年)10月19日に開催された「川越車両センターまつり2019」では、入口で来場記念品をいただきました。

19101912

来場記念品はJR・相鉄線直通運転スタートのクリアファイル。

11月30日に開始されるJRと相鉄線の直通運転開始を記念したもので、展示車両にも相模鉄道12000系が登場するなど、今年の「川越車両センターまつり」は直通運転を前面に押し出したイベントでした。

2019年7月16日 (火)

三鷹駅社員作成!「やまどり青梅奥多摩号」乗車記念カード(2019.7.14)

前回から引き続き、2019年(令和元年)7月14日に運転された「快速 やまどり青梅奥多摩号」の話題です。

前回の時期でもご紹介しているとおり、始発の三鷹駅では記念撮影のお手伝いや乗車口案内、お見送りなど、多くの駅員がホーム上にいらっしゃいました。そのなかにはパンフレットや粗品が入った袋を配布している社員もいて、乗客でない私もいただいてしまいました。

19071417

袋に入っていたのがこちら。東京アドベンチャーライン(青梅線・五日市線)を走る臨時列車や観光スポットが紹介されているパンフレット、ウェットティッシュ、リゾートやまどりのカードなど。

19071418

19071419

カードには「やまどり青梅奥多摩号」の運転日が記載された「リゾートやまどり」の写真。裏面は奥多摩周辺の観光スポットの写真が印刷されていて、『ご乗車ありがとうございます 奥多摩までのひと時をお楽しみください』という三鷹駅社員のメッセージが記載されていました。

2019年6月19日 (水)

スタンプラリーでもらった景品~よこすかYYのりものフェスタ2019訪問記・こぼれ話~(2019.6.8)

2019年(令和元年)6月8日に開催された「よこすかYYのりものフェスタ2019」ではスタンプラリーが実施されていましたので、これに参加。全4種類のスタンプを集めた人に配布される景品もいただいてきました。

19060831

スタンプラリーのチェックポイントは、ヴェルニー公園、JR横須賀車両基地、ドブ板通り内のヨコスカドブイタステーション、三笠公園内の4か所。すべてのスタンプを押してヴェルニー公園内にある交換所に持っていくと景品がもらえます。

19060832

いただいた景品は「電車チョコ」。大阪にある黒谷商店が販売している駄菓子で全72種類があるとのこと。私がいただいたのは九州横断特急でした。

19060833

この「電車チョコ」、車体の床部のある切込みを切って折り返すと…

19060834

切り込みが車体の外に飛び出て連結器になり、他の電車チョコと連結ができるという細かな芸が備えられています。

「よこすかYYのりものフェスタ2019」訪問記の本編は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しております。こちらもぜひご覧ください。  

2019年6月16日 (日)

スタンプラリーの景品~鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア訪問記・こぼれ話~(2019.5.25)

2019円(令和元年)5月25日に開催された「鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア」では、今年もスタンプラリーが実施されていました。例年と同じく、大宮総合車両センターと大宮駅東口銀座通りが必須で、DOM、JACK大宮、鉄道博物館のなかからひとつ、計3つのスタンプを集めて鐘塚公園にもっていくと景品がもらえます。

19052522

今年の景品は「鉄道のまち大宮学習帳」。小学生のとき、誰もが必ず使用したであろう「ジャポニカ学習帳」をイメージしたデザインで懐かしい。表紙には今年の展示車両や体験乗車車両である、185系、EF81、カヤ27-501、EF65のイラストが描かれていました。

19052523

表紙をめくると、今年の展示車両・体験乗車車両の写真。

19052524

最終ページは大宮総合車両センターの紹介と、昨年、大宮総合車両センターで改造された「205系いろは」の写真が掲載されていました。

19052525

裏表紙は、さいたま市マスコットキャラクター「つなが竜ヌゥ」と、大宮駅のマスコットキャラクター「まめお」と「まめこ」のイラスト。左下には小さい文字で「製造協力:ショウワノート」と記載されていました。

「鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア」訪問記の本編は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しております。こちらもぜひご覧ください。 

2019年6月15日 (土)

来場者に配布されたクリアファイル~鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア訪問記・こぼれ話~(2019.5.25)

例年「鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア」では、会場マップをクリアファイルに入れて配布しています。今年のクリアファイルはこんなデザインでした。

19052521

今年のクリアファイルには、651系、253系、D51-498のイラスト。今年の展示車両ではないのが謎? 企画段階ではここに掲載されている車両が展示さっる予定だったのでしょうか? 他にはさいたま市の地図に、大宮駅周辺のランドマーク(さいたまスーパーアリーナ、大宮氷川神社?、さいたま盆栽村?、埼玉スタジアム)、さいたま市のゆるキャラ「つなが竜ヌゥ」のイラストも描かれたデザインとなっていました。

「鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア」訪問記の本編は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しております。こちらもぜひご覧ください。 

より以前の記事一覧