2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

マイリスト

鉄道グッズ

2018年12月30日 (日)

クイズラリー参加者への記念品&抽選当選品~都営新宿線開業40周年記念イベント訪問記・こぼれ話~(H30.12.22)

平成30年12月22日に開催された「都営新宿線開業40周年記念イベント」では、会場の大島駅に都営新宿線車両が展示されていて、車内には鉄道部品やヘッドマーク、写真など貴重な資料が展示されていました。

イベントのもうひとつの目玉が「クイズラリー」。展示車両の車内にクイズが出題されていて、全問正解すると先着500名に記念品がプレゼントされるというものでした。

18122221

こちらがクイズラリーの解答用紙。展示車両の入口で配布されました。

今回の記念イベントは映画「こんな夜更けにバナナかよ」とタイアップしていて、クイズの内容も、「映画の公開日は12月○日」(問題A)、「夜中に突然「○が食べたい」と…」(問題B)といった映画に関するものや、「都営新宿線の開業日は12月○日」(問題C)、「開業時の運行区間は岩本町~○駅」(問題D)でした。

18122213

解答用紙を大島駅改札外の特設スペースに提出していただいた記念グッズがこちら。開業40周年記念特製のクリアファイルと、その右側にある小さいものが…。

18122214

開業40周年記念シール。3編成の10-000形が写っています。一番左が試作車、中央が8次車だそうで、製造時期によってデザインが少しずつ異なっていることに気づくと思います。

18122215 18122216

クイズラリー参加者には記念グッズの配布の他に抽選会も実施。くじ運はさっぱりの私でしたが、今回は奇跡的に都営新宿線グッズが当選! キーホルダーか子供用靴下のいずれかが選べるということで、キーホルダーをいただきました。調べてみると、このキーホルダーは11月19日に販売されたばかりで、限定500個のみの商品だということがわかりました。

「都営新宿線開業40周年記念イベント 開業40周年記念展示&クイズラリー」訪問記は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しました。ぜひご覧ください。

2018年12月29日 (土)

SL C11 207・復元機公開来場記念証~2018東武ファンフェスタ訪問記・こぼれ話~(H30.12.2)

平成30年12月2日に開催された「2018東武ファンフェスタ」。事前応募制で有料制だった「SL検修庫見学会」では、こんな記念品が配布されました。

18120219

「SL C11 207・復元機公開来場記念証」。D型硬券サイズの来場記念証が、南栗橋SL検修庫前で撮影されたC11-207と復元予定機の「C111」が搬送される写真。それにSL大樹・DL大樹のイラストでデザインされた特製台紙に挟まれていました。

「2018東武ファンフェスタ」訪問記は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しました。ぜひご覧ください。

2018年12月28日 (金)

来場記念品「70000系ティッシュボックス」~2018東武ファンフェスタ訪問記・こぼれ話~(H30.12.2)

平成30年12月2日に開催された「2018東武ファンフェスタ」では来場者に記念品が配布されました。

18120218

18120217

今年は「70000系ティッシュボックス」が来場記念品。一方は車両番号が71701号車で行き先が「中目黒」、もう一方は車両番号が77701号車で「南栗橋」行きと、細部までこだわっていますね。

「2018東武ファンフェスタ」訪問記は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しました。ぜひご覧ください。

2018年12月17日 (月)

姨捨駅来駅記念入場券~平成30年晩秋 長野花火と諏訪大社4社巡り・こぼれ話~(H30.11.24)

平成30年11月24日は「平成30年晩秋 長野花火と諏訪大社4社巡り」で姨捨駅を訪問。無人駅である姨捨駅でありながら、駅事務室には地元の有志の方々が駐在していて、来訪者へのおもてなしにあたっています。ここでは乗車券は販売しませんが、記念の入場券が販売されていました。

18112404

18112405

「姨捨駅来駅記念入場券」。硬券の入場券が姨捨駅の四季の風景や、日本三大車窓の善光寺平の夜景が描かれた特製台紙に挟まれていました。後で知ったことですが、この記念入場券、販売は平成30年11月25日で終了するとのこと。販売終了2日前に購入できたのは幸運でした。

「平成30年晩秋 長野花火と諏訪大社4社巡り」は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しました。ぜひご覧ください。

2018年12月12日 (水)

HIGH RAIL 1375 運行開始1周年記念シール~平成30年晩秋 長野花火と諏訪大社4社巡り」~(H30.11.23)

平成29年7月に運行を開始した「HIGH RAIL 1375」。平成30年7月には運行開始1周年の記念イベントも開催されたそうです。私たちが「HIGH RAIL 1375」に乗車したのは平成30年11月23日。運行開始から1年4か月と少々経過していますが、こんなグッズをいただきました。

18112306

「HIGH RAIL 1375」のイラストシール。「1st Anniversary」と運行一周年を記念する表記があることから、今の時期だけ限定で配布される記念グッズのようです。

「平成30年晩秋 長野花火と諏訪大社4社巡り」は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しました。ぜひご覧ください。

2018年12月11日 (火)

HIGH RAIL 1375 記念スタンプ~平成30年晩秋 長野花火と諏訪大社4社巡り・こぼれ話~(H30.11.23)

平成30年11月23日は小淵沢駅~小諸駅間を走る「HIGH RAIL 1375」に乗車。乗車口付近には記念スタンプが設置されています。

18112303

乗車記念スタンプカードは満天の星空のなかを走る「HIGH RAIL 1375」。スタンプは八ヶ岳と国立天文台野辺山のパラボラアンテナとともに「HIGH RAIL 1375」がデザインされています。

18112304

実は、「HIGH RAIL 1375」の記念スタンプはもうひとつありまして、スタンプ台の近くに設置されているダストボックスの上に置かれていました。

18112305

もうひとつの記念スタンプは小ぶりなサイズで、「HIGH RAIL 1375」のみのシンプルなデザインでした。

「平成30年晩秋 長野花火と諏訪大社4社巡り」は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しました。ぜひご覧ください。

2018年12月 9日 (日)

JR上野駅で開催された「環境の取り組み展」でオリジナルハンカチをもらいました(H30.12.8)

18120805

18120806

 東京メトロとJR東日本は、持続可能な社会の実現に向けて取り組んでいる環境活動等について紹介する展示イベント「環境の取り組み展~みんなを運ぶ、未来をつなぐ、エコレールウェイ~」を平成30年12月7日と8日に、JR東日本上野駅中央改札口前のグランドコンコースで開催しました。

18120807

18120808

このイベントに訪問した理由の一番の理由がこれ。会場でアンケートに答えると「オリジナル木糸ハンカチ」がプレゼントされるのです。木糸(もくいと)とは間伐材で作られた糸で、木糸とオーガニックコットンを一緒に織って作られているそうです。ハンカチには東京メトロ1000系と、JR東日本E5系が刺繍されていて、無料で配布されるものとしては立派なグッズです。

18120809

ちょうど私が訪れた時間は、東京メトロキャラクター「メトポン」と、JR東日本E5系をモチーフにした「シンカリオン」。子供用制服を着た子供たちと記念撮影コーナーに登場していました。

18120810

18120811

18120812

その他、パネル展示では、環境に対応する蓄電池車両や省エネ車両、駅や設備の環境への取組みが紹介されていました。

2018年11月22日 (木)

さいたま車掌区オリジナル検札印~さいたま車両センターまつり訪問記・こぼれ話~(H30.11.17)

平成30年11月17日に開催された「さいたま車両センターまつり」で、「さいたま車両センターまつり記念乗車証」をいただきました。

18111711

記念乗車証が配布されたいた場所は、会場の最奥部の「車掌体験」「起床装置体験」の出入口付近。係員が記念乗車証にスタンプを次々と机の上に置いていき、「ご自由にお持ちください」的な感じ。注目すべきはそのスタンプのデザインです。

18111712

18111713

デザインは2種類あり、205系風の車両が中央にあり、その両脇に馬があしらわれているというもの。近くにある浦和競馬場にちなんだデザインでしょうか? これが実際に通常業務でも使用されている検札印なのか? この日のために作られたイベント用の検札印なのかはわかりません。それでも日付は入れ替えができそうなものですし、特に写真下の検札印は結構なインクの擦れ具合で、普段から使用されている感があるのですが、果たして?

さいたま車両センターまつり訪問記は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しました。ぜひご覧ください。

2018年11月 2日 (金)

三ノ輪橋おもいで館オープン記念スタンプラリーのスタンプ絵柄とオリジナルステッカー~三ノ輪橋おもいで館オープニングイベント訪問記・こぼれ話~(H30.10.21)

平成30年10月21日は、都電沿線で「三ノ輪橋おもいで館オープニングイベント」と「2018荒川線の日」記念イベントの開催に伴い、スタンプラリーが実施されました。

スタンプラリー設置箇所は「三ノ輪橋おもいで館」前と、「荒川電車営業所」内、そして三ノ輪橋停留所近くの商店街である「ジョイフル三ノ輪」の3か所。3つすべてのスタンプを集め、「ジョイフル三ノ輪」の指定場所に行くと、先着3,000人にオリジナルステッカーの他、抽選で荒川区共通商品券等が当たるというものでした。

18102110

スタンプラリー台紙はご覧のとおり。三ノ輪橋おもいで館オープニングイベントでは8502号車を花電車に装飾。「2018荒川線の日」記念イベントでは平成23年に花電車として運行した「花100形」が展示。いずれも「花電車」がキーワードということで、スタンプラリーも「The History of HANA DENSHA」として、スタンプも1955年、1978年、2011年に運行した花電車をデザインしたものでした。

18102114

こちらは3つのスタンプを集めた際に、もらえるオリジナルステッカー。スタンプのデザインの元となった花電車の写真がプリントされています。

18102115

18102111

1955年に運行された花電車を撮影した写真とそのスタンプデザインがこちら。

18102116

18102112

こちらは1978年運行された花電車。

18102117

18102113

こちらは記憶にも新しい2011年に運行された「花100形」による花電車の運転風景を撮影した写真とそのスタンプデザインです。

「三ノ輪橋おもいで館オープニングイベント訪問記は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しました。ぜひご覧ください。

2018年11月 1日 (木)

銚子電鉄「まずい棒」とトートバッグを買ってみた~「2018荒川線の日」記念イベント訪問記・こぼれ話~(H30.10.21)

平成30年10月21日に開催された「2018荒川線の日」記念イベント。会場では都電荒川線沿線の都電グッズを販売する商店の物販ブースの他に、ひたちなか海浜鉄道と銚子電鉄も出店。その中で気になるグッズが販売されていました。

18102118

銚子電鉄では、鉄道運営存続のため収入の多くを占める「ぬれ煎餅」に次ぐヒット商品を開発しようとプロジェクトが立ち上がり、今年の8月から販売が開始されたうまい棒ならぬ「まずい棒」。経営状況が「まずい」ことにちなんだネーミングだとか。これが各地の鉄道イベントで販売するとすぐに売切れになるそうで…。この日も私が購入した10:40頃の段階で、最後の1箱だと販売員が話していました。

ついでに「まずい棒」がデザインされたトートバッグも購入(600円)。「まずい棒」が銚子電鉄のショッピングサイトでも購入できるのに対し、トートバッグはショッピングサイトには出品されておらず、なかなか手に入れるのは難しいものだったというのを購入した後に知りました。

「2018荒川線の日」記念イベント訪問記は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しました。ぜひご覧ください。

より以前の記事一覧