2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

鉄道(西武鉄道)

2023年1月21日 (土)

【西武】第2回「S-TRAIN」によるサイクルトレイン実証実験~石神井公園~飯能間で運行される~(2023.1.21)

西武鉄道では2023(令和5)年1月21日と22日、自転車を分解することなくそのまま車内に持ち込むことができる「サイクルトレイン」の実証実験を「S-TRAIN」で実施されました。西武鉄道によるサイクルトレイン実証実験は、2022年11月に新宿線と池袋線で実施されていて、弊ブログでも2022年11月5日付の記事2022年11月29日付の記事でご紹介しているところですが、今回は2回目。石神井公園駅~飯能駅間で運行されました。

23012101

前回実施されたサイクルトレインの出発駅は井荻駅と秋津駅。いずれも地上にホームがあったのに対し、今回の石神井公園駅は高架ホームであること。しかもホームへ至る階段は軽く50段は超えそうな、かなり高い位置にホームがあります。ニュースリリースによるとエレベータやエスカレータは使用できないということで、自転車はこの階段を使ってホームまで運ばなければならないのが大変そうです。

23012102

S-TRAINが石神井公園駅に到着する約15分前の7:50頃、参加者がホームへ。みなさん、自転車を担いで階段を上っていきます。

23012103

23012104

前回のサイクルトレインの出発駅であった井荻駅や秋津駅は、特急レッドアローやS-TRAINの通過駅でしたので臨時停車の措置が取られましたが、石神井公園駅はS-TRAINの停車駅のため、通常どおりの運行。

23012105

サイクルトレイン利用客は10号車から乗車。ちなみに9号車も乗客はひとりもなく、スタッフが乗り込んでいました。S-TRAINはあまり利用客が多い列車ではなく、9号車が元々スタッフ専用車両で一般客の指定席の割り当てがなかったのか、指定席の割り当てはあったもののたまたま利用客がいなかったのかは定かではありません。

23012106

石神井公園駅を出発していくS-TRAINを見送りました。

2022年11月29日 (火)

【西武】サイクルトレイン実証実験~池袋線・S-TRAIN編~(2022.11.27)

西武鉄道では将来の定期的なサイクルトレイン導入を見据えた実証実験を実施するとして、2022(令和4)年11月5日と6日には、新宿線でレッドアローを使用したサイクルトレインを実施。弊ブログ2022年11月5日付の記事でご紹介しているところです。そして、2022(令和4)年11月26日と27日は、池袋線において「S-TRAIN」を使用したサイクルトレインが運行されました。

22112701

池袋線のサイクルトレインの出発駅は秋津駅。新宿線の井荻駅と同様、地上駅で改札口から階段を使用することなくホームに迎えること、下り線と上り線ホーム両方に改札口があることなど、サイクルトレインを実施する駅として適していると思われます。

22112703

「S-TRAIN」は秋津駅8:14発。普段であれば「S-TRAIN」は秋津駅を通過しますが、今日だけは臨時停車。秋津駅では8:13発の各停 小手指行きの次が「S-TRAIN」。駅の出発案内表示板はいつもと同じ「通過」表示でした。

22112702

新宿線でのサイクルトレインでは下り先頭車両がサイクルトレイン車両に割り当てられていましたが、今回は最後尾車両に。

22112705

「S-TRAIN」が秋津駅に到着。

22112706

秋津駅に到着した「S-TRAIN」は、10号車だけでなく、全ての号車のドアが1か所ずつ開放。駅の放送では「ドアは開きますが、一般のお客さまは乗車できません」と繰り返し案内されていました。

22112707

「S-TRAIN」運行時にはクロスシートで運行されますが、サイクルトレインとなった10号車はロングシートで運行されていました。

2022年11月 5日 (土)

【西武】サイクルトレイン実証実験で特急レッドアローが井荻駅に停車(2022.11.5)

西武鉄道では新たな観光方法の提案と将来的に定期的なサイクルトレイン導入を見据えた実証実験として、2022(令和4)年11月5日と6日の2日間、新宿線を走る特急「小江戸3号」が井荻駅に臨時停車させ、自転車を折りたたまないまま車内に持ち込み、本川越駅まで運行されました。

22110502

井荻駅がサイクルトレイン実証実験の対象駅となった理由は公式リリースによると、環八通りに近く自転車でのアクセスが便利という文言がありましたが、他にも下り(往路)・上り(復路)とも改札口から階段やエレベータ等を使用することなくホームにアクセスできるという点も考慮されているのではないかと思われます。

出発時刻(7:43)の約10分前、駅係員に付き添われ改札口からホームへ参加者が入場。今回の実証実験では参加者は6名。一方、係員は10名以上いて実証実験初日の手探り感が見受けられました。

22110503

ホームの出発案内表示器は通常ダイヤと同様で「通過」表示。

22110504

7:43頃、「小江戸3号」が井荻駅に臨時停車。川越市市政施行100周年×鉄道開業150年記念ヘッドマークを装着した車両でした。

22110505

実証実験参加者は7号車から車内へ。この日は7号車に乗客の姿はなく、7号車全体がサイクルトレイン専用車両の貸切だったのではないか思われます。

22110506

ご覧のとおり7号車以外の扉は締切。

22110507

B.B.BASEをはじめ、サイクルトレイン向けの車両は、車内に自転車を固定する装置や固定用ベルトなどを備えていますが、私が車外から見た限りでは自転車は固定されていない様子。7号車1両に6名の参加者と自転車6台ですし、実証実験の段階ですので特別の改造は施されていなかったようです。

22110508

参加者を乗せて「小江戸3号」は井荻駅を出発。

22110509

ホームの時計では「小江戸3号」が井荻駅を発車したのは7:46。仕方がないことですが、若干ダイヤは乱れてしまいそうですね。

2022年11月 1日 (火)

【西武】ED102・祝百寿ヘッドマーク~西武トレインフェスティバル2022in横瀬 訪問記・こぼれ話~(2022.10.16)

今回は2022(令和4)年10月16日の「西武トレインフェスティバル2022in横瀬」の会場内に展示されていた車両に取り付けられていたヘッドマークをご紹介していきたいと思います。

22101616

多くの電気機関車等に掲出されていたのがこのヘッドマーク。今年が鉄道開業150年と西武鉄道創立110周年にあたることから記念エンブレムが制作され、そのデザインを使用したヘッドマークとなっています。

22101617

ED102に取り付けられていたのが、こちらのヘッドマーク。ED10形は鉄道省により1922年に製造され、今年でちょうど100年にあたることを記念して製作されたデザインとなっています。

「「西武鉄道創立110周年」×「鉄道開業150周年」記念 西武トレインフェスティバル2022in横瀬」訪問記は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しています。ぜひ、こちらもご覧ください。

2022年10月27日 (木)

西武秩父駅に5000系とE851形のモックアップが展示~西武トレインフェスティバル2022in横瀬 訪問記・こぼれ話~(2022.10.16)

2022(令和4)年10月16日、横瀬車両基地で開催された「西武トレインフェスティバル2022in横瀬」。開場は13:00ですが、ニューレッドアローで運行されたツアー列車を撮影しようと10:00前に横瀬駅を訪問。ツアー列車を撮影後、時間が余ってしまったので西武秩父駅前にある祭の湯へ行くため西武秩父駅に移動しました。

22101607

改札口近くの通路で5000系とE851形のモックアップを発見。

22101608

今年が鉄道開通150周年と西武鉄道開業110周年にあたり、西武秩父駅駅員が制作したと思われる看板がモックアップの上に掲げられていました。

22101609

2台のモックアップの間には2019年11月の横瀬車両基地まつりで歴代の西武特急が一堂に会した写真と、5000系レッドアローの出発式と思われる写真が展示されていました。

22101610

22101611

モックアップの裏側は待合室になっていて、モックアップの運転席などを見ることができます。E851形の実際の運転席は見たことがないのですが、一見してかなり細かい作りこみで、本物を忠実に再現していることがうかがえます。

22101612

5000系の裏側は壁で覆われていて運転席内の様子を見ることはできません。

22101613

ですので正面からカメラを思い切り前に差し出して運転席内を撮影してみました。

「「西武鉄道創立110周年」×「鉄道開業150周年」記念 西武トレインフェスティバル2022in横瀬」訪問記は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しています。ぜひ、こちらもご覧ください。

2022年10月26日 (水)

「ちちぶ7号」吾野駅に臨時停車~西武トレインフェスティバル2022in横瀬 訪問記・こぼれ話~(2022.10.16)

2022(令和4)年10月15日と16日に開催された「西武トレインフェスティバル2022in横瀬」。私は16日に訪問してきたのですが、会場最寄り駅の横瀬駅までは特急「Laview」を利用しました。

22101602

私が乗車したのは池袋駅8:30発の「ちちぶ7号」。池袋線の特急の停車駅は所沢・入間市・飯能・横瀬ですが、「紅葉が見頃を迎える秋の奥武蔵へのお出かけに、ゆっくり座って乗車できる特急列車の利用」を呼びかけ、10月15日から11月27日の毎日、「ちちぶ7号」と「ちちぶ9号」、「ちちぶ30号」と「ちちぶ32号」が吾野駅に臨時停車させる措置が取られました。

22101603

22101604

22101605

ご覧のとおり、臨時停車ながらLaviewの案内表示器には「吾野」としっかり表示されていました。

22101606

こちらはおまけ。正丸トンネル通過時には前面展望・後方展望がモニタに映し出されていました。

「「西武鉄道創立110周年」×「鉄道開業150周年」記念 西武トレインフェスティバル2022in横瀬」訪問記は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しています。ぜひ、こちらもご覧ください。

2022年10月19日 (水)

「西武鉄道創立110周年」×「鉄道開業150周年」記念 西武トレインフェスティバル2022in横瀬 訪問記を掲載しました(2022.10.16)

2022(令和4)年10月16日に西武鉄道横瀬車両基地で開催された「「西武鉄道創立110周年」×「鉄道開業150周年」記念 西武トレインフェスティバル2022in横瀬」訪問記を、私のホームページ「列車とともに」に掲載しました。ぜひご覧ください。

22101601

2022年6月 7日 (火)

「西武・電車フェスタ2022」開催に伴い、近江鉄道100形「潮風号」塗色の101系による臨時列車が運行(2022.6.4)

2022(令和4)年6月4日は、武蔵丘車両検修場で「西武・電車フェスタ2022」が開催され、武蔵丘車両検修場の最寄り駅である高麗駅と飯能駅間で臨時列車が運転されました。

22060421

22060422

臨時列車に使用されたのは、多摩川線・狭山線で運用されている101系のうち、近江鉄道100形「潮風号」塗色の251編成でした。

22060423

251編成の車内の様子。イベントの開催時間から時間が経過していること、イベント参加人数が最大3,000人と少なかったためか、車内は空いていました。

22060424

飯能駅の駅看板と組み合わせて撮影してみました。

2022年6月 6日 (月)

「西武・電車フェスタ2022 in 武蔵丘車両検修場」2種類の会場直通ツアー列車を撮影(2022.6.4)

2022(令和4)年6月4日は、西武鉄道の武蔵丘車両検修場で「西武・電車フェスタ2022」が開催。入場には西武線アプリから電子入場券を入手する必要がありますが、先着1,500人。申込受付当日の昼休みにチェックしてみましたが、すでに定員に達していて受付終了。他に、飯能市・日高市住民招待枠が1,000人、そして今回ご紹介する会場直通列車ツアーの旅行商品を購入した人が入場できるというもので、コロナ禍以降はなかなか参加が難しいイベントとなっています。

せめて会場直通ツアー列車の撮影だけでもと思い、西武線沿線に出かけてきました。ツアー列車は2種類あり、担当車両はいずれも今年がデビュー30周年となる6000系。ひとつ目のツアー列車は西武新宿駅を発着するもので、往路は8:50頃に西武新宿駅を出発して、武蔵丘車両検修場に10:30頃に到着。復路は武蔵丘車両検修場を12:00頃に出発して、西武新宿駅に13:20頃に到着するというダイヤとなっています。

22060410

この日は、午前中に千葉駅で「ぐるっと北総グルメものがたり」(弊ブログ2022年6月4日付の記事を参照)や両国駅で「お座敷列車「華」貨物線ツアー」(弊ブログ2022年6月5日付の記事を参照)、尻手駅で「185系鉄道開業150年記念号」(弊ブログ2022年6月5日付の記事を参照)を撮影していて、西武線沿線を訪れたのは昼過ぎ。西武新宿駅発着のツアー列車は、西武池袋線と西武新宿線を直通する定期列車にはないルートをたどるということで、池袋線から新宿線に転線する所沢駅で待つことにしました。

所沢駅の出発案内表示器を観察していると、西武新宿線上り列車が発着する2番線に「臨時」と表示されているのを発見。時刻は12:32頃、ツアー列車に間違いなさそうです。

22060411

西武池袋線の上り線に走り、所沢駅に近づく6000系のツアー列車。西武池袋線の上り列車が発着する3番線へ向かうには線路を直進するのですが…

22060412

ツアー列車は分岐器で左に曲がり…

22060413

向かって左の線路が新宿線上り線の2番線、右の線路は新宿線下り線の1番線。よって6000系の手前にあるダブルスリップを右方向へ。

22060414

2番線に入線するツアー列車。

22060415

所沢駅2番線で折り返し準備中のツアー列車。西武新宿発着のツアー列車は「西武新宿発!6058編成で行く親子で西武・電車フェスタ一番乗りツアー」という名称にあるとおり、小学生以下のお子さまと保護者向けの列車。車内は見た限りガラガラでしたが、最少催行人員120名には達しない場合は運休となると告知されていましたので、それ以上は参加者がいたということでしょう。今年の西武・電車フェスタは開催時間が12:00~14:30ということで、ツアー参加者たちは一般入場者に先立って検修場内に入場できるというのが特典でした。

22060416

停車時間は約2分。西武新宿駅へ向かった走り出すツアー列車。

22060417

向かって右側の2本の線路が新宿線。6058編成は池袋線の所属車両ですから、新宿線の線路を走行することは平常時にはなく、貴重なシーンと言えるでしょう。

さて、もうひとつのツアー列車は「池袋発!6001編成で行く西武・電車フェスタ直通ツアー」という名称。新宿線所属の6001編成が池袋線を走行するということで、こちらも普段は目にすることができません。ツアー列車は池袋駅を12:50頃に出発して武蔵丘車両検修場には14:30に到着するというダイヤ。通常より1.5~2倍所要時間がかかるため、どんなダイヤだったのか気になりましたが、6001編成はデビュー30周年記念ヘッドマークを取り付けていて、西武線アプリでは回送時や今回のツアー列車でも列車走行位置がリアルタイムに確認することができました。これによると、どうやら所沢駅で長時間の停車、小手指駅で特急「Laview」の通過待ちなどを行っていたようです。

22060418

私が6001編成のツアー列車を待っていたのは入間市駅。

22060419

入間市駅を14:05頃に通過していきました。

22060420

後追いでヘッドマークを撮影。ピンボケ&ブレてしまいましたが、かろうじて見られるかな…?

2021年7月21日 (水)

西武園ゆうえんちエントランスにたたずむ路面電車~西武園ゆうえんち 大火祭り観覧記・こぼれ話~(2021.7.17)

2021(令和3)年7月17日、西武ゆうえんちで開催された「大火祭り」の観覧で訪れた西武園ゆうえんち。そのエントランスに路面電車が展示されているのを見つけました。

21071724

路面電車が設置されているのは西武園ゆうえんち駅の改札を通ってすぐの西武園ゆうえんちのチケット売り場。園外なのでチケットを購入しなくても見ることができます。

21071725

西武園ゆうえんちのランドマーク、大観覧車と富士見天望塔と組み合わせてみました。

21071726

展示されていた車両は旧長崎電気軌道の1051号車。2019年に引退して譲渡されたものだそうです。

21071727

21071728

車内は開放されていて、こちらも無料で見学することができます。

「西武園ゆうえんち 大火祭り」観覧記は、私のホームページ「列車とともに」でご紹介しています。ぜひ、こちらもご覧ください。

より以前の記事一覧