2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

マイリスト

  • 鉄道コム/TETSUDO.COM
  • にほんブログ村

鉄道(東京都交通局)

2018年7月 7日 (土)

【京急・都営交通・京成】成田山号&城ヶ島マリンパーク号(H30.7.7)

1968(昭和43)年6月21日に、京浜急行電鉄・東京都交通局・京成電鉄の相互直通運転が開始して、今年(2018(平成30)年)が50周年にあたることから、平成30年6月21日から1年間、「相互直通50周年記念キャンペーン」が実施しています。

キャンペーンの一環として、平成30年7月7日と8日の2日間、1970(昭和45年)当時、3社局を相互直通していた臨時列車である「成田山号」と「城ヶ島マリンパーク号」が復刻運転されました。

臨時列車には、当時をほうふつさせるヘッドマークが掲出されるということで、7月7日には京成線沿線に出かけてきました。

18070701

「城ヶ島マリンパーク号」は、京成成田駅を7:10に出発。京成線内は特急、京急線内は快特として運行し、終点の三浦海岸駅には10:07に到着するというもの。私が訪れたのは高砂駅。「城ヶ島マリンパーク号」の高砂駅出発時刻は8:29。出発案内表示板には「特急 三浦海岸」と表示されていました。

高砂駅から三浦海岸行きの列車は夜間帯に1本あるのみ。しかも種別は「普通」ですから、通常時には存在しないレア表示です。

18070702

18070703

「城ヶ島マリンパーク号」は、京成3000形の最新型である3038編成が担当。先頭部には「城ヶ島マリンパーク」のヘッドマークを掲出。行先表示器にも、きちんと種別(特急)と行き先(三浦海岸)が表示されていました。

18070704

18070705

最後尾には「成田山」のヘッドマークと、前後で異なるデザインのヘッドマークが掲出されていました。

もうひとつ、復刻運転された「成田山号」は、三崎口駅を8:18に出発。京急線内、京成線内とも「特急」として運行しましたが、京成曳舟駅、八広駅、四ツ木駅、京成立石駅、京成小岩駅にも臨時停車するというもの。たしか、過去には特急が京成小岩駅に停車していた時期もあったと思いますが、これを再現したということでしょうか?

18070706

「成田山号」の撮影で訪れたのが京成立石駅。臨時停車駅のひとつです。「成田山号」を担当したのは1500形1707編成。京急車両は現時点で、佐倉駅までしか乗り入れがありませんが、今回は成田駅まで延長。先頭車両には3000形の最後尾に掲出されていたヘッドマークと同じ「成田山号」デザインでした。

18070708

車両先頭のLED式、側面の幕式の行先表示器とも、しっかり「成田」と表示。普段は乗り入れがなくても準備はされているんですね。

18070707

18070709

最後尾には、3000形の先頭に掲出されていたものと同じデザインの「城ヶ島マリンパーク号」ヘッドマークでした。

2018年6月17日 (日)

車庫内に残る6086号車、花100形、7000形3両~都電荒川線「2018路面電車の日」記念イベント訪問記・こぼれ話~(H30.6.10)

平成30年6月10日は、都電荒川線「2018年路面電車の日」記念イベントが開催され、私も荒川電車営業所を訪問。ひとしきり会場内をまわった後は、車庫内に停車している車両たちを観察しました。

18061023

保存車両の6086号車は健在。

18061024

「花100形」もご覧とおり。「花100形」は平成23年の都営交通100周年で花電車として本線上を運転したほか、クリスマスやハロウィン装飾を施し、荒川電車営業所内で展示されてきましたが、私が最後に「花100形」の特別装飾を見たのは、平成24年12月の「オリンピック・パラリンピック招致PRイベント」が最後。以降、5年以上、「花100形」が活躍する姿を見ていません。今後の処遇が気になります。

18061025

18061026

18061027

昨年(平成29年)6月に運用が終了した7000形。それから1年が過ぎた現在でも、赤おびの7001号車、青おびの7022号車、オリジナル塗装の7002形が車庫内に留置されているのを確認することができました。

『都電荒川線「2018路面電車の日」記念イベント』訪問記は、私のホームページ「列車とともに」で掲載しています。ぜひこちらもご覧ください。

2018年6月10日 (日)

都電荒川線「2018路面電車の日」記念イベント訪問記を掲載しました(H30.6.10)

平成30年6月10日に開催された『都電荒川線「2018路面電車の日」記念イベント』の訪問記を、私のホームページ 「列車とともに」に掲載しました。ぜひご覧ください。

18061001

2017年12月13日 (水)

馬込車両基地 車両工場で見つけた都営浅草線5000形の写真~都営フェスタ2017in浅草線訪問記・こぼれ話~(H29.12.9)

平成29年12月9日は、「都営フェスタ2017in浅草線」で馬込車両検修場が一般開放されました。検修場内にある「馬込車両基地 車両工場」も開放されていたのですが、工場のシャッターに写真が貼り付けられていました。

17120907

その写真は2枚あり、なにかの車両の様子。近づいてみると…。

17120908

17120909

都営浅草線開業時に配備された5000形。登場当時とリニューアル後の2種類の塗装を施した5000形の写真でした。

「都営フェスタ2017in浅草線」訪問記 は、私のホームページ「列車とともに」で掲載しています。ぜひこちらもご覧ください。

2017年12月12日 (火)

都営地下鉄の保守車両~都営フェスタ2017in浅草線訪問記・こぼれ話~(H29.12.9)

平成29年12月9日に開催された「都営フェスタ2017in浅草線」では、都営浅草線と相互直通運転される各会社線の営業用車両が一堂に会しましたが、その傍らには普段、目にする機会がない保守車両も展示されていました。

17120902

車両撮影会ブースでは、都営地下鉄の電気機関車E5000形「E5001+E5002」が展示されていましたが、会場内には「E5003+E5004」も留置。その右側にあった保守車両は解説板がなく、断言はできませんが、軌道モーターカーだと思われます。

17120903

車体に「MATISA MPV8」とメーカーと車両番号と思われる表示があるこの車両はレールの状態を測定する軌道検測車です。

17120904

こちらは電気検測車。架線の状態を調べる車両です。解説板によると浅草線、三田線、新宿線の各線で使用されているとのこと。それぞれレール幅が異なる3路線ですが、どのようにして線路を走行するのでしょうか? 路線ごとに台車を取り替えるのでしょうか?

17120905

こちらは「軌道モーターカー(電気)」。架線やトンネル内の照明など電気設備の維持管理を行っているそうです。

17120906

こちらは「台車移動機」。台車を搬送するためのバッテリー式移動機とのこと。ダイヤと鉄りんの両方を持ち、道路と線路の両方を走行できるようになっています。

「都営フェスタ2017in浅草線」訪問記 は、私のホームページ「列車とともに」で掲載しています。ぜひこちらもご覧ください。

2017年12月 9日 (土)

「都営フェスタ2017in浅草線」訪問記を掲載しました(H29.12.9)

平成29年12月9日に開催された「都営フェスタ2017in浅草線」訪問記を、私のホームページ 「列車とともに」に掲載しました。ぜひご覧ください。

17120901

2017年8月31日 (木)

文京区駒込に都電保存車両を発見(H29.8.17)

平成29年8月17日のこと。翌日の「長野・新潟ぐるり一周グルメ列車と花火の旅」で、奥さんの友人と会うことになり、おみやげを買うため、お店がある駒込駅を目指していたところ、駅から歩いて10分くらいのところにある公園で保存・展示されている都電車両を見つけました。

17081701

都電車両が展示されていたのは、図書館が入る大きな建物と都営住宅に囲まれた小さな公園。後に調べてみると、公園の名前は「神明都電車庫跡公園」というそうで、その名のとおり、以前は都電の車庫があった場所なんだそう。そのため、この場所に都電車両が保存・展示されたようです。

展示車両は6000形6063号車。昭和24年3月に製造され、神明町車庫にも長く所属した車両だったそうです。

17081702

「神明都電車庫跡公園」には6063号車のほかにも、「乙2型」という貨物車も展示。車両の横にあった解説板によると、軌道敷きの砕石の運搬に従事したほか、一時は野菜、魚介類などの食料品輸送にも活躍したそうです。

2017年5月23日 (火)

【都電】運行終了した7001号車が、7002号車とともに荒川電車営業所内に留置中(H29.5.20)

前回に引き続き、平成29年5月20日は「さようなら7000形」記念車両を撮影しようと、荒川電車営業所を訪れたときのお話しです。荒川電車営業所の車庫内の一番西側の線路(荒川電車営業所を正面に見て、一番左側の線路)には運用を終了した車両が、運転席窓部に「休止中」と書かれた紙が貼り付けられて留置されていることが多くあります。この日は、こんな車両が「休止中」として留置されていました。

17052016

今年の4月で運用を終了した7001号車(あかおび) が休止中。

17052017

同じ線路内には、すでに運用を離脱した7002号車も「休止中」の紙が貼り付けられて留置中。7002号車といえば、弊ブログ平成29年3月29日付の記事でもご紹介しているとおり、3月中旬の時点でこの場所にあったことが確認されていますので、約2か月間、 留置されて続けていることになります。

7001号車、7002号車ともパンタグラフが上がっていて、LED式の行先表示器も表示されていましたので、通電された状態。今後、使用されることはないと思われますが、なぜ通電させていたのでしょうか?

2017年5月22日 (月)

【都電】「さようなら7000形」記念車両(8502号車)は車庫内に停車中(H29.5.20)

前回の記事でご紹介しているとおり、平成29年5月20日は、沿線に咲き誇るバラの中を走り抜ける7000形を撮影しようと、都電荒川線沿線に出かけてきました。

都電荒川線では平成29年6月に運行終了となる7000形の引退を記念して、8502号車の車内外を装飾し、「さよなら7000形」記念車両を平成29年5月19日から運行を開始しました。7000形を撮影したついでに、「さよなら7000形」記念車両も撮影しようと、都電荒川線運行情報サービスをチェックすると、8502号車は荒川電車営業所内の車庫に留置中とのこと。

17052013

17052014

17052015

荒川電車営業所内に停車していた「さようなら7000形」記念車両。車庫の手前側に停車していてパンタグラフも上げていたため営業運転に入りそうな雰囲気ですが、どれだけ待っていればいいのかもわからないので、敷地外から見える範囲内の部分だけ撮影して終了。「さようなら7000形」記念車両は6月11日まで運行される予定とのことですので、機会があれば、あらためて都電荒川線沿線に出かけたいと思います。

2017年5月21日 (日)

【都電】今年で見納め~沿線に咲くバラを走り抜ける7000形~(H29.5.20)

東京都交通局と荒川区、地域ボランティアが一体となり、都電荒川線沿線にバラを植栽。春の見ごろの時期には、町屋駅前電停付近で「荒川バラの市」を開催されています。

都電荒川線では、最古参の7000形が来月(平成29年6月)に運行を終了するということで、沿線に咲き誇るバラの中を走る7000形が走る風景は今期が最後となります。「荒川バラの市」が開催された平成29年5月20日、都電沿線に出かけてきました。

「荒川バラの市」が開催された町屋駅前電停付近は、かなりの混雑。沿線に咲くバラと都電車両にカメラを向ける人々もかなりいたため、町屋駅前電停周辺での撮影は断念。線路沿いに熊野駅前電停方向へ少し歩いて、喧騒が落ち着いた町屋二丁目~東尾久三丁目電停間で、7000形の雄姿を見送ることにしました。

17052011

17052012

唯一現役の7000形車両は「あおおび」の愛称で親しまれた7022号車。「ありがとう7000形」の記念ヘッドマークを掲げ、最後の走りを続けていました。

より以前の記事一覧