2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

鉄道(小田急電鉄)

2020年1月12日 (日)

【小田急】急行よりも遅い特別な急行「湘南の宝石号」(2020.1.11)

2019年(令和元年)11月23日から2020(令和2)年2月16日にかけて、江ノ島シーキャンドル・江の島サムエル・コッキング苑を中心に、江ノ島一帯で開催されるイルミネーションイベント「湘南の宝石」に合わせ、2019年11月23日と12月21日、2020年1月11日と2月15日の4日間、小田急線の臨時特急「湘南の宝石号」が運転されました。いろいろな意味で特殊な特急である「湘南の宝石号」を撮影しようと、1月11日の運転日に撮影に出かけてきました。

20011113

「湘南の宝石号」の1つ目の特殊な点が運転区間。ご覧の写真は成城学園前駅の出発案内表示器。「臨時特急 片瀬江ノ島 15:37」と表示されているのが「湘南の宝石号」ですが、「湘南の宝石号」の始発駅は成城学園前駅。これまで成城学園前駅が始発の特急列車があったかどうかは定かではありませんが、とても珍しいことではあります。

20011114

「湘南の宝石号」の2つ目の特殊な点は編成数。出発案内表示器にもあるように「湘南の宝石号」は4両編成。小田急ロマンスカーは4両、6両、7両、10両と編成数が多彩ですが、4両で運転されるのは江ノ島線のみ。小田原線を4両編成の特急が走るのも、これまで記憶がありません。成城学園前駅には6両と10両のロマンスカー乗車目標はありますが、4両はなし。そのため、「湘南の宝石号」の運転日は専用の乗車目標が用意されてます。

「湘南の宝石号」の3つ目の特殊な点は出発ホーム。特急や急行などの優等列車は急行線の成城学園駅2番ホームから発着しますが、「湘南の宝石号」は各駅停車や準急が発着する緩行線1番ホームから発車するのです。

20011115

「湘南の宝石号」が成城学園前駅に入線する方法も珍しい。おそらく「湘南の宝石号」の担当車両は喜多見検車区から送り込まれていたようで、下り列車が発着する1番ホームですが、車両は町田駅方面から逆走するように入線してきました。

20011116

行先表示器には「☆湘南の宝石☆」と専用表示だったのにはビックリ。「特急」や「臨時」と予想していましたので、これはうれしい誤算でした。

20011117

20011118

成城学園駅に停車中の「湘南の宝石号」。先頭のヘッドマークも専用表示でした。

20011119

成城学園駅を発車する「湘南の宝石号」を見送った後、後続の急行に乗って登戸駅へ向かいました。

20011120

登戸駅に向かった理由は、急行に追い抜かれる「湘南の宝石号」を観察するため。「湘南の宝石号」は成城学園駅を15:37に出発し、片瀬江ノ島駅には17:02に到着、所要時間は1時間25分です。同区間を急行・快速急行で行けば約1時間前後で行くことができますので、急行よりも遅い。そのため「湘南の宝石号」は特急でありながら急行に抜かれるという前代未聞の特急。これも「湘南の宝石号」の特殊な点のひとつと言えるでしょう。

ご覧の写真は後続の急行を先に通す「湘南の宝石号」。時刻表を見ると「湘南の宝石号」が追い抜かれるのは登戸駅だけでなく、新百合ヶ丘駅と長後駅で快速急行に抜かれるようです。

20011121

登戸駅では「湘南の宝石号」はいったん停車しますが、ドアは開きませんので出発案内表示器は「通過」。せっかく止まるのであれば停車駅にしてもよさそうですが、登戸駅に停車するロマンスカーがなく、ホーム上に特急券券売機もありません。その他、システム上の都合で登戸駅を停車駅にできないのかもしれません。

20011122

登戸駅を発車していく「湘南の宝石号」。さらに後続の快速急行に乗れば追いつくことができますが、電車賃も余計にかかりますので、ここで観察は終了としました。

2019年5月28日 (火)

「小田急ファミリー鉄道展2019」訪問記を掲載しました(2019.5.25)

2019年5月25日に小田急の海老名車両基地で開催された「小田急ファミリー鉄道展2019」の訪問記を、私のホームページ「列車とともに」に掲載しました。ぜひご覧ください。

19052502

2018年10月29日 (月)

相模大野発片瀬江ノ島行きノンストップロマンスカー「えのしま51号」(H30.10.20)

平成30年10月20日に開催された「ふじさわ江の島花火大会」では、押し寄せる観覧客に対応するため小田急線では臨時ダイヤで運行されます。今年は新たに相模大野駅発片瀬江ノ島駅行きの臨時ロマンスカー「えのしま51号」が登場。私も臨時ロマンスカーに乗車しました。

18102021

臨時ロマンスカーは相模大野駅15:56発。その特徴は相模大野駅を出発すると、途中駅はすべて通過するというものでした。しかし、相模大野駅の出発表示器は停車駅に「大和・藤沢」と、一般の「えのしま号」と同じ停車駅が表示されていました。誤表示なのか? それともシステム上対応していないため、致し方なかったのでしょうか?

18102022

「えのしま51号」は4両編成で運転。指定席も7~10号車で販売されていました。相模大野駅でも7~10号車の乗車目標位置に停車するものと考えていましたが、実際はホームの中ほどに停車しました。

18102023

18102024

「回送」表示で相模大野駅に入線した「えのしま51号」は、出発直前に「臨時」表示に。

18102025

こちらの写真は藤沢駅の出発案内表示器を撮影したもの。藤沢駅では進行方向が変わるため、全列車がいったん停車します。しかし、「えのしま51号」は片瀬江ノ島駅までノンストップですので、藤沢駅でスイッチバックのため停車してもドアは開きません。藤沢駅の出発案内表示器も「通過(PASSEGE)」と表示されていました。藤沢駅は特急も含め、全列車が停車しますので、「通過」と表示されることはまずありえない。非常に貴重な表示と言えるでしょう。

18102026

18102027

「えのしま51号」は途中駅すべて通過といえども、途中で追い抜いた列車は普通1本だけ。そのため、大和駅を過ぎた頃はからは終始ノロノロ運転でした。16:32に片瀬江ノ島駅に到着。

18102028

18102029

片瀬江ノ島駅に到着した「えのしま51号」は、ヘッドマーク・行先表示器とも「特急」でした。相模大野駅出発時は「臨時」だったはずですから、いつ「特急」に変えられたのでしょうか?

「ふじさわ江の島花火大会」観覧記は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しました。ぜひご覧ください。

2018年10月28日 (日)

ロマンスカーミュージアム建設予定地の今~小田急ファミリー鉄道展2018訪問記・こぼれ話~(H30.10.20)

平成30年10月20日に「小田急ファミリー鉄道展2018」に訪問するため、海老名駅を訪れました。小田急線の海老名駅は西口と東口があり、東口は複合施設「ビナウォーク」などが立ち並び賑わっていますが、西口は広い敷地が広がり再開発中といった様相です。

18102019

ご覧の写真は小田急線西口を出て左側を見渡したところ。その一角に据え置かれていた看板を見てみると。

18102020

「ロマンスカーミュージアム 2021年春、ここにオープン!」と書かれた看板でした。ロマンスカーミュージアムには、初代ロマンスカーの3000形SE車のほか、3100形NSE、7000形LSE、10000形HiSE、20000形RSEの歴代ロマンスカーが一堂に会するとのこと。今から開館が楽しみです。

「小田急ファミリー鉄道展2018」訪問記は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しました。ぜひご覧ください。

2018年10月27日 (土)

【小田急】ダイヤ乱れで「急行 秦野」行きが出現~小田急ファミリー鉄道展2018訪問記・こぼれ話~(H30.10.20)

平成30年10月20日は海老名電車基地で「小田急ファミリー鉄道展2018」が開催。会場の最寄り駅である海老名駅までは新宿駅から小田急線を利用しました。私が乗車したのは新宿駅を11:43に出発する「急行 新松田行き」。途中までは順調に走行してきたのですが、登戸駅に到着する直前に駅間で停車してしまいました。

停車した理由は前を走る列車が、登戸駅で戸袋に荷物が挟まりドア点検を実施。そのまま運転打切りとなったそうです。そのため私が乗車していて列車は約20分足止め後に運転再開となりました。

約15分遅れで海老名駅に到着したのですが、私が乗車してきた列車にも変化が生じていました。

18102017

18102018

行き先が新松田駅から秦野駅に変更されたのでした。秦野行き自体は毎日運転されていますが種別は「普通」のみ。「急行 秦野」行きは現在のダイヤでは存在しないため、今回のような輸送障害が発生したときのみ、まれに運行されるということで、とても珍しい表示を目撃することができました。

「小田急ファミリー鉄道展2018」訪問記は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しました。ぜひご覧ください。

2018年10月24日 (水)

小田急ファミリー鉄道展2018訪問記を掲載しました(H30.10.20)

平成30年10月20日に開催された「小田急ファミリー鉄道展2018訪問記」を、私のホームページ 「列車とともに」に掲載しました。ぜひご覧ください。

18102001

2018年5月 5日 (土)

【小田急】特急 あしがら61号(H30.5.3)

平成30年5月3日~5日の3日間、小田急ロマンスカーGSE(70000形)を使用した臨時特急列車「あしがら61号」が運転されました。

「あしがら」は、平成11年まで約50年間にわたり親しまれてきたロマンスカーの愛称。これを最新鋭車両GSE(70000形)に冠して運転することで、小田急ロマンスカーの新旧を感じていただきたいという思いから限定復活するものだそうです。

18050301

5月3日、小田急線新宿駅を訪問。「あしがら61号」は6:20発と、定期列車よりも40分早く新宿駅を出発。早朝の比較的空いている時間帯に、箱根エリアへのアクセスが可能となり、箱根の滞在時間が増えるのも魅力です。

まずは新宿駅の出発案内表示器を確認。列車名は「あしがら61号」ではなく、「臨時特急」で、表示器の下部のお知らせ欄に、かろうじて「あしがら61号」という表示が流れるのみでした。

18050302

18050303

特急券自動券売機も「臨時61号」のみ。「あしがら」という愛称名は表示されていません。

18050304

6:07頃、新宿駅にGSEが送り込まれてきました。

18050305

GSE進入時は、乗客が多数横切っていたので、人の流れが落ち着いたところでもう1枚。

18050306

乗車口案内モニタにも「臨時61号」としか表示されていませんでした。

18050307

臨時列車なので、案内表示器等に「あしがら」という愛称名を表示させることには対応しておらず、難しいのかとあきらめていたところ、GSEの行先表示器に「あしがら61号」と表示を発見! ちなみにGSEの行先表示器は、「箱根湯本」など行先は表示されず、ご覧の列車名称のみでした。

18050308

18050309

2018年3月22日 (木)

【小田急】新型ロマンスカー「GSE」運転開始日2日目の新宿駅(H30.3.18)

平成30年3月17日の小田急線のダイヤ改正の目玉のひとつが、新型ロマンスカーGSEのデビュー。運転開始日当日は、新宿駅で出発式が行われたようですね。当然ながら新宿駅や沿線では大変な混雑になることも容易に想像できます。

そこで運転開始日の2日目である3月18日に、新宿駅に出かけてGSEを撮影してきました。

18031011

この日、GSEは9:00発の「スーパーはこね5号」を担当。前後のロマンスカーは「空席あり」でしたが、「スーパーはこね5号」はすでに満席。注目の高さがうかがえます。

18031012

ホーム上では、駅員がGSEのパンフレットやペーパークラフトなどを配布。出発直前には黒山の人だかりになっていました。

18031013

運転開始日当日は出発式や報道関係者のスペースとなった2番ホーム先端部もこの日は開放されていて、難なく場所取りできました。

「スーパーはこね5号」は、本厚木駅を7:56に出発して新宿駅に8:47に到着する「ホームウェイ74号」の折り返し列車として運行。先頭の展望席にいる人たちは前面展望を撮影しているのか、ずっとカメラ(スマホ?)を前に掲げた状態。

18031014

「モーニングウェイ74号」の乗客が降りて車内清掃となり、車内に人がいないわずかな時間で先頭部を正面から撮影。

18031015

車内清掃も終わり、乗客が次々と乗ってきます。

18031016

時刻は8:52頃、ロマンスカー発車案内を見ると、先ほど満席だった「スーパーはこね5号」に空席ありの表示。特急券をネットで運転日の7日前から当日の60分前に予約した場合、15分前までに購入手続きをしないと自動的に予約取消となるため、空席が発生したのかもしれません。

18031017

車両の側面を観察。

18031018

GSEの行先表示器。

18031019

ホーム屋根部に吊り下げられている乗車案内がこちら。この日は、終始ゆったりとした撮影ができました。

2018年3月21日 (水)

【小田急】「特急ふじさん」デビュー!(H30.3.18)

平成30年3月17日にダイヤ改正が実施された小田急電鉄。ダイヤ改正の目玉は、代々木上原駅~登戸駅間の複々線工事が完了したことに伴う列車の増発と、新型ロマンスカーGSEの運転開始が挙げられますが、特急ロマンスカーの名称変更もそのひとつ。朝の上りロマンスカーの名称が「モーニングウェイ」に統一(東京メトロ千代田線直通は「メトロモーニングウェイ」)されたほか、小田急線とJR東海を直通する「あさぎり」も、今回のダイヤ改正で「ふじさん」に変更されました。

ダイヤ改正2日目の平成30年3月18日、小田急線新宿駅へ出かけ、「ふじさん11号」を撮影してきました。

18031004

「ふじさん11号」は新宿駅8:40に出発。「ふじさん11号」は土休日のみ運転ということで、毎日運転の「ふじさん1・3・5号」と連続した付番を避け、「ふじさん11号」としているようです。ダイヤ改正前の「あさぎり11号」は新宿駅12:50発でしたが、出発時刻を繰り上げることで日帰り客が、現地での滞在時間が長く取れるようになりました。

18031005

「ふじさん11号」は、秦野発7:25発して新宿駅に8:27に到着する「モーニングウェイ52号」の折り返し列車として運転。6両編成のため、新宿方の先頭車両は貫通タイプとなっています。

18031006

ヘッドマークには「ふじさん」と、英語表記の「Mt.Fuji」が表示されていました。

18031007

反対側の先頭車両はご覧のとおり、流線形タイプの顔。

18031008

18031009

ロマンスカーの行先表示器は基本的に「はこね〇〇号」と、列車名称のみ表示されるのですが、「ふじさん」はJRに乗り入れるためなのか、種別の「特急」も併記されているのが特徴ですね。

18031010

ホーム屋根部にある乗車案内がこちら。

「あさぎり」から「ふじさん」への愛称名の変更については、小田急電鉄では『富士山方面へダイレクトな運行をわかりやすく、また、増加する訪日外国人旅行者にも移動手段として選択いただけるように』(詳しくはこちら)と説明しているようです。やはり外国人旅行者には「富士山(Mt.Fuji)」のネームバリューは確かに大きいものでしょうね。

しかし、新宿駅からはJRが、毎週金曜日に「快速 富士山号」、土休日時は「ホリデー快速富士山号」が運転。富士急行には「富士山駅」が存在するなど、外国人旅行者には逆に少々わかりづらくならないかなとも感じています。

2018年3月19日 (月)

【小田急・メトロ】「メトロモーニングウェイ」デビュー!(H30.3.17)

前回に引き続き、平成30年3月17日にダイヤ改正を実施に伴い、新たに誕生した小田急線・東京メトロ直通ロマンスカーの話題です。

今回のダイヤ改正では、出発駅によって異なっていた朝の上りロマンスカーの列車名称(はこね・さがみ等)を、新たな愛称である「モーニングウェイ」に統一。これに伴い、朝の東京メトロ直通ロマンスカー(北千住行き)も、「メトロモーニングウェイ」となりました。

「メトロモーニングウェイ」の運転日初日の3月17日、霞ヶ関駅へ出かけ、9:24着の「メトロモーニングウェイ30号」を観察してきました。

18031714

まずは霞ヶ関駅の出発案内表示器から。東京メトロ直通ロマンスカーは、メトロ線内のみの乗車はできないため、列車名称や行き先が表示されず、「降車専用」となっていました。

18031715

「メトロモーニングウェイ30号」が霞ヶ関駅に入線。

18031716

18031717

霞ヶ関駅に停車する「メトロモーニングウェイ30号」。前回の記事でご紹介した「メトロはこね・えのしま91号」は行先表示器の故障で「回送」「特急」と表示されていましたが、こちらはしっかりと列車名称が表示されていました。

18031718

車両側面の表示器もご覧のとおり、列車名称と号数まできちんと表示されていました。

より以前の記事一覧