2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

マイリスト

  • 鉄道コム/TETSUDO.COM
  • にほんブログ村

鉄道(その他私鉄)

2017年8月17日 (木)

「レトロでんしゃ館」の展示物(その3)~名古屋市電2000形2017号車~平成29年夏 桑名&豊田花火遠征の旅日記・こぼれ話~(H29.7.29)

今回も平成29年7月29日に訪問した「レトロでんしゃ館」の展示車両についてご紹介していきます。第2回目の今回は「名古屋市電2000形2017号車」です。

17072908

館内の解説板によると、『無音電車と呼ばれ、車輪にゴムを挿入して、騒音・振動を少なくしています。「しのび足の電車で危ないので、警笛を大きくせよ。」という市民の批判もあるほど静かでした。こうして技術が、名古屋市営地下鉄100形車両にも生かされました。昭和31年から33年にかけて29両が製造され、昭和47年2月まで活躍しました』とあります。

17072909

2017号車の車内がこちら。中吊りポスターには昭和44年2月同時の「路面電車ワンマンカー運行のお知らせ」というものが掛けられていました。昭和44年2月20日から路面電車の一部運転系統でワンマンカーが導入され、ワンマンカーの乗車方法についての説明書きがありました。

17072910

2017号車の運転台がこちら。前回ご紹介した3003号車とは異なり、計器類もいくつかあり、少し近代的な運転台になっています。

「平成29年夏 桑名&豊田花火遠征の旅」の旅日記は、私のホームページ「列車とともに」で掲載しています。ぜひこちらもご覧ください。

2017年8月16日 (水)

「レトロでんしゃ館」の展示物(その2)~名古屋市電3000形3003号車~平成29年夏 桑名&豊田花火遠征の旅日記・こぼれ話~(H29.7.29)

今回も平成29年7月29日に訪問した「レトロでんしゃ館」の展示車両についてご紹介していきます。第2回目の今回は「名古屋市電3000形3003号車」です。

17072905

館内の解説板によると、『第二次世界大戦の戦時下の資材不足の中で、名古屋市が軍需生産の重要な地域であったことから、工場通勤者を短時間に大量に輸送するため、特に資材割当てを受けて昭和19年に10両が製造された連接車両。市電連接車の代表的な車両で、昭和45年3月まで活躍しました』とあります。

17072906

車内の様子はご覧のとおり。

17072907

シンプルすぎる運転台。計器類はブレーキの圧力計があるくらいで、速度計すら見当たりません。現役当時もこんな状態だったのかしら?

「平成29年夏 桑名&豊田花火遠征の旅」の旅日記は、私のホームページ「列車とともに」で掲載しています。ぜひこちらもご覧ください。

2017年8月15日 (火)

「レトロでんしゃ館」の展示物(その1)~名古屋市電1400形1421号車~平成29年夏 桑名&豊田花火遠征の旅日記・こぼれ話~(H29.7.29)

平成29年7月29日は、愛知県日進市にある「レトロでんしゃ館」を訪問してきました。今回から何回かに分けて、「レトロでんしゃ館」の展示車両をご紹介していきたいと思います。今回は「名古屋市電1400形1421号車」についてです。

17072903

館内にあった解説板によると、『昭和12年に開催された汎太平洋平和博覧会の乗客を輸送するため、「博覧会にふさわしい世界一の電車」との意気込みで製造された名古屋市電の標準的な車両です。昭和11年から昭和17年まで75両開製造され、市電が廃止された、昭和49年3月31日まで活躍しました』とありました。

17072904

1421号車の車内がこちら。路面電車と言えば、私の場合は都電ですが、都電が運転台の左横に乗車口。中央部付近に下車口と、片側2扉が常識ですが、1400形は片側3扉が特徴的。車内に吊り下げられた広告ポスターは、引退当時の昭和49年現在と思われる市電路線図や地下鉄4号線(現在の名城線)の金山~新端橋間が(昭和49年)3月30日12時から営業を開始するを告知するポスターなどがありました。

「平成29年夏 桑名&豊田花火遠征の旅」の旅日記は、私のホームページ「列車とともに」で掲載しています。ぜひこちらもご覧ください。

2017年4月24日 (月)

【京成・北総】逆光覚悟で「ほくそう春まつり号」を日暮里駅周辺で撮影(H29.4.23)

平成29年4月23日、北総鉄道の千葉ニュータウン中央駅で開催された「ほくそう春まつり」に合わせ、京成上野駅~千葉ニュータウン中央駅間で、「特急 ほくそう春まつり号」が運転されました。

「ほくそう春まつり号」を担当するのは北総鉄道9800形。通常では京成上野~青砥間には入線しないということで撮影するのであれば、この区間でしたいもの。この日は前回の記事でもご紹介しているように、上野駅で「春のひたち海浜公園号」を撮影していたため、有名どころの撮影場所に行くことは時間的に難しいし、行ったところで多くの鉄道ファンが集まって、満足な撮影もできなさそう。そこで日暮里駅から歩いて約5分ほどの場所にあり、JRの線路を横断する京成線の高架橋を間近で見ることができる場所へ向かい、「ほくそう春まつり号」を撮影することにしました。

私が訪れた場所は、上野駅に向かうカシオペアなどの臨時列車運転時は順光で撮影できるので、それなりに混雑するのですが、京成線が走る高架橋は南側に位置するため、完全な逆光。そのため、「ほくそう春まつり号」の通過直前にもかかわらず、カメラを構える鉄道ファンは私の他に一人しかいませんでした。

17042303

JRの線路を横断する京成線の高架橋を横断する「ほくそう春まつり号」。行先表示は「千葉NT中央」。柵に隠れてしまいましたが、種別幕は「特急」。さらに「ほくそう春まつり」のヘッドマークも貼り付けられていました。

17042304

日暮里駅に向かう「ほくそう春まつり号」。車両正面部には太陽の光が当たりましたが、側面部は影になってしまいました。それでも写真左側には常磐線や上野東京ラインなどJRの線路。右側は日暮里駅周辺のビル群が写っていて、日暮里を9800形が走る珍しい風景が撮影でき、これはこれでよい記録になりました。

2017年4月 2日 (日)

ガールズ&パンツァー仕様ラッピング列車に出会う~大洗春まつり海楽フェスタ花火大会観覧記・こぼれ話~(H29.3.19)

平成29年3月19日は、「大洗春まつり海楽フェスタ花火大会」を観覧するため、水戸駅から大洗駅まで鹿島臨海鉄道を利用しました。大洗と言えば、「ガールズ&パンツァー」の舞台として、様々なコラボを展開しています。鹿島臨海鉄道の車両にも「ガルパン」をラッピングした車両「ガールズ&パンツァー仕様ラッピング列車」が運行しています。

鹿島臨海鉄道には現在20両が在籍していますが、ガルパン仕様ラッピング列車は2両。チャンスは限られていますが、幸運にもすべてのラッピング列車に出会うことができました。

17031903

こちらは6011号車「ガールズ&パンツァー」ラッピング車両3号車。私が16:48頃、大洗駅に到着したとき、駅構内に留置されていました。

17031904

大洗駅で20:29発の水戸行き列車を待っていると、水戸方面からやってきたのが「ガールズ&パンツァー」ラッピング車両3号車である6018号車。この日は大洗駅20:29発の鹿島神宮行きを担当していました。

「大洗春まつり海楽フェスタ花火大会観覧記」の本編は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しています。ぜひこちらもご覧ください。

2017年3月31日 (金)

大洗駅で見つけたヘッドマーク~大洗春まつり海楽フェスタ花火大会観覧記・こぼれ話~(H29.3.19)

平成29年3月19日は、大洗春まつり海楽フェスタ花火大会を観覧するため、大洗駅までは鹿島臨海鉄道を利用。大洗駅で列車を降りて改札口へ向かう途中の駅構内通路を歩いていると、たくさん並べられたヘッドマークを発見しました。

17031902

大洗鹿島線開業記念に始まり、開業2周年、5周年、10周年、15周年と節目の年に作られたヘッドマークたち。昭和60年(1985年)に開業した鹿島臨海鉄道。そういえばすれ違う列車に開業30周年のロゴがプリントされていたような気がする。今年(平成29年)で鹿島臨海鉄道は開業32年を迎えたそうです。

「大洗春まつり海楽フェスタ花火大会観覧記」の本編は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しています。ぜひこちらもご覧ください。

2017年3月22日 (水)

【伊豆急】キンメトレインの内装~平成29年春 伊豆急でんしゃまつり2017&熱海海上花火大会の旅・こぼれ話~(H29.3.11)

平成29年3月11日は、伊豆高原車両区で「伊豆急でんしゃまつり2017」が開催。今回のイベントは2月から運行を開始した「キンメトレイン」を展示されました。「キンメトレイン」は車内も開放されていて、私も見学してきました。

17031111

まずは「キンメトレイン」の展望座席。

17031112

シートのモケットも金目鯛のイラストがプリントされていました。

17031113

7両編成のキンメトレインは、号車ごとに沿線6市町村のPRや金目鯛の生態などを紹介する「キンメダイ博物館」で構成されていました。

17031114

こちらは6号車の車内。シートモケットは青でした。

17031116

こちらは5号車の車内。東伊豆町のPR車両です。

「平成29年春 伊豆急でんしゃまつり2017&熱海海上花火大会の旅日記」は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しています。ぜひこちらもご覧ください。

2017年3月21日 (火)

伊豆急でんしゃまつり2017記念入場券~平成29年春 伊豆急でんしゃまつり2017&熱海海上花火大会の旅・こぼれ話~(H29.3.11)

平成29年3月11日は、伊豆高原車両区で「伊豆急でんしゃまつり2017」が開催されました。会場入口では来場者に記念入場券が配布されました。

17031117

17031118

記念入場券はD型硬券サイズで、今回の展示車両である「キンメトレイン」が描かれていました。

「平成29年春 伊豆急でんしゃまつり2017&熱海海上花火大会の旅日記」は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しています。ぜひこちらもご覧ください。

2017年3月18日 (土)

【伊豆急】伊豆半島ジオパーク号~平成29年春 ~伊豆急でんしゃまつり2017&熱海海上花火大会の旅・こぼれ話~(H29.3.11)

平成29年3月11日、「伊豆急でんしゃまつり2017&熱海海上花火大会の旅」では、伊豆高原駅で開催されていた「伊豆急でんしゃまつり2017」を訪問するため、熱海駅から伊豆急行に乗車しました。伊豆急行の主力車両は旧東急電鉄の8000系ですが、この日乗車した車両は車体にラッピングが施されていました。

17031109

ラッピング車両には「伊豆半島ジオパーク」と書かれていたシール式のヘッドマークが掲げられていました。

17031110

伊豆半島は地殻変動などの地球活動によって産み出された変化に富んだ「景観」や、地熱で暖められた「温泉」などが多く、これらを「伊豆半島ジオパーク」と総称。車両側面には、そんな「伊豆半島ジオパーク」に数えられる名所が紹介されています。

「平成29年春 伊豆急でんしゃまつり2017&熱海海上花火大会の旅日記」は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しています。ぜひこちらもご覧ください。

2017年3月17日 (金)

【伊豆箱根】ヒスイカズラトレイン~平成29年春 伊豆急でんしゃまつり2017&熱海海上花火大会の旅・こぼれ話~(H29.3.11)

伊豆急でんしゃまつり2017&熱海海上花火大会の旅では、小田原駅で小田急線から東海道線に乗り換えるため、東海道線ホームで電車を待っていたとき、伊豆箱根鉄道ホームに目をやると、ヘッドマーク取り付けた車両が停車していたのでした。

17031104

停車していたのは、伊豆箱根鉄道大雄山線5000系第2編成。

17031105

ヘッドマークには「ヒスイカズラトレイン」と記載。これは大雄山線沿線にある「小田原フラワーガーデン」内に咲くヒスイカズラが見ごろとなる平成29年3月9日から4月27日まで、車内をヒスイカズラをイメージした装飾を施して運行されているそうです。

17031106

5502号車

17031107

5004号車

17031108

5003号車

車両側面には、小田原市のキャラクター「梅丸」や、南足柄市ゆるきゃら「よいしょの金太郎」のほか、平成27年の大雄山線開業90周年を記念して、歴代の車両の写真が描かれています。

「平成29年春 伊豆急でんしゃまつり2017&熱海海上花火大会の旅日記」は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しています。ぜひこちらもご覧ください。

より以前の記事一覧