2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

鉄道(その他私鉄)

2020年3月28日 (土)

スタンプラリー台紙と商品~2020年春 大洗・那珂湊アンコウ鍋を求めて(ちょっと鉄分含む)旅日記・こぼれ話~(2020.2.22)

2020(令和2)年2月22日は大洗・那珂湊を旅してきました。この日は勝田車両センターまつりの開催に合わせ、JR東日本とひたちなか海浜鉄道のコラボ企画としてスタンプラリーを開催。私もスタンプラリーに参加してきました。

20022227

スタンプラリー台紙がこちら。台紙は勝田駅改札内で配布。スタンプは全部で3種類あり、勝田駅改札内、勝田車両センター、阿字ヶ浦駅。そのうち2つのスタンプを押して、勝田駅に戻ってくるとゴールです。

20022228

スタンプラリーの賞品は特製ブラックサンダー。一般のブラックサンダーに、E657系・キハ3710形・E653系と、勝田車両センターまつりのロゴが入った特製包装紙に包まれたものでした。

「2020年春 大洗・那珂湊アンコウ鍋を求めて(ちょっと鉄分含む)旅日記」は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しています。ぜひこちらもご覧ください。

【湊線】ケハ601とキハ203~2020年春 大洗・那珂湊アンコウ鍋を求めて(ちょっと鉄分含む)旅日記・こぼれ話~(2020.2.22)

2020(令和2)年2月22日は、ひたちなか海浜鉄道の那珂湊駅を訪問。駅構内の車両基地内に留置されている旧型車両を見てきました。

20022222

その旧型車両が留置されているのは車両基地の東側。那珂湊駅は改札は西側にあるため、いったん駅前の道路を右側に歩き、ひとつ目の信号がある交差点を右側に曲がって少し歩くと右側に見えてきます。ご覧の写真の一番左側が「ケハ601」、真ん中のオレンジ色の車体が「キハ203」です。

20022225

「ケハ601」は日本初のステンレス気道車として試作的に1両のみ製造されたそうです。台車等はありません。

20022226

廃車後は倉庫に使用されてきたそうですが、地元の市民団体の手により、ギャラリーとして活用。主に日曜日は車内が開放されているそうです。

20022223

こちらは「キハ203」。元は国鉄キハ20系を鹿島臨海鉄道が購入した車両で、その後、ひたちなか海浜鉄道の前身である茨城鉄道に譲渡された車両です。車体前面はキハ20系の面影はありませんが、これは鹿島臨海鉄道への導入時に改造されたことによるものだそうです。

20022224

車体側面は「キハ203」ではなく「キハ20 429」と表示されていました。おそらくは「キハ203」が国鉄時代に名乗っていた車両番号で、ひたちなか海浜鉄道での引退後に復元されたものでしょう。

「2020年春 大洗・那珂湊アンコウ鍋を求めて(ちょっと鉄分含む)旅日記」は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しています。ぜひこちらもご覧ください。

2020年3月27日 (金)

【湊線】城北線ヘッドマーク&カラーリングのまま那珂湊駅構内に留置されているキハ11~2020年春 大洗・那珂湊アンコウ鍋を求めて(ちょっと鉄分含む)旅日記・こぼれ話~(2020.2.22)

2020(令和2)年2月22日はひたちなか海浜鉄道に乗車。那珂湊おさかな市場に立ち寄るため、那珂湊駅で降りました。那珂湊駅に車両基地があり、ひたちなか海浜鉄道のバラエティに富んだ車両を見ることができます。ひたちなか海浜鉄道の車両のうち、「キハ11」はJR東海、東海交通事業城北線から購入したもの。

20022219

購入した「キハ11」はご覧のような塗装変更が施され営業運転しています。

20022220

しかし、ご覧のように城北線の塗装のままの「キハ11」も2両も見つけました。

20022221

塗装だけでなく、「城北線」と書かれたヘッドマークや行先幕の右側にある東海交通事業のロゴ「TKT」もそのままでした。

外観も一部で塗装が剥がれ、錆も目立ち、放置状態でとても営業運転には就いていなさそうです。

Wikipediaによると、この2両は部品取りのために購入されたものとのこと。古巣の東海交通事業では現役の「キハ11」は全てステンレス車体の300番台のみとのことで、ご覧のカラーリングが見られるのはここだけだそうです。

「2020年春 大洗・那珂湊アンコウ鍋を求めて(ちょっと鉄分含む)旅日記」は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しています。ぜひこちらもご覧ください。

2020年3月13日 (金)

那珂湊駅構内に留置されていたひたちなか海浜鉄道車両~2020年春 大洗・那珂湊アンコウ鍋を求めて(ちょっと鉄分含む)旅日記・こぼれ話~(2020.2.22)

2020(令和2)年2月22日、ひたちなか海浜鉄道の那珂湊駅を訪問。駅構内は車両基地になっていて、この日、営業運転に就いていない車両たちが一堂に会していました。

20022216

車庫内にいたのは「キハ11‐6」と「キハ3710‐01」。「キハ3710‐01」は井上工務店の広告ラッピングがされています。

20022217

車庫の反対側にいたのが「キハ37100‐03」。「キハ3710形」と同型ですが一部装置の仕様が異なるため、「キハ37100形」としています。一方で号車の附番は「キハ3710形」から連続していて、「キハ37100形」は1両のみ在籍ですが、3号車を名乗ります。

20022218

「ミキ300‐103」。三木鉄道の廃止に伴い、「ミキ300形」のうちの1台を購入。塗装や車番は三木鉄道のまま変更されず運用されています。

20022219

こちらは「キハ11‐6」。現役で運用しているキハ11形3両のうちの1両です。

「2020年春 大洗・那珂湊アンコウ鍋を求めて(ちょっと鉄分含む)旅日記」は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しています。ぜひこちらもご覧ください。

2020年3月12日 (木)

【湊線】キハ11-7~2020年春 大洗・那珂湊アンコウ鍋を求めて(ちょっと鉄分含む)旅日記・こぼれ話~(2020.2.22)

前回、前々回に続き、今回も2020(令和2)年2月22日に乗車したひたちなか海浜鉄道の車両をご紹介していきます。今回は3回目で最終回、キハ11-7です。

20022215

復路の那珂湊駅から勝田駅まで乗車したのがキハ11-7です。ひたちなか海浜鉄道の公式サイトによると、元東海交通事業のキハ11形を購入し、2015(平成27)年12月から運行を開始したそうです。現在、3両のキハ11形が運用されていますが、私たちが乗車したキハ11-7は唯一のラッピング車両。広告主は茨城県に本社を置く「クリーニング専科」を運営する株式会社ユーゴー。車体にはクリーニング専科のマスコットキャラクターで洗濯職人という「黒田ウーサー」が描かれています。

「2020年春 大洗・那珂湊アンコウ鍋を求めて(ちょっと鉄分含む)旅日記」は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しています。ぜひこちらもご覧ください。

2020年3月11日 (水)

【湊線】キハ3710-02~2020年春 大洗・那珂湊アンコウ鍋を求めて(ちょっと鉄分含む)旅日記・こぼれ話~(2020.2.22)

前回に引き続き、今回も2020(令和2)年2月22日に乗車したひたちなか海浜鉄道の車両をご紹介していきます。今回は「キハ3710-02」です。

20022214

往路は中根駅から阿字ヶ浦駅まで、復路は阿字ヶ浦駅から那珂湊駅まで乗車したのが「キハ3710-02」です。ひたちなか海浜鉄道公式サイトによると、他社からの譲渡・払い下げではなく、自社発注の新車として1998(平成10)にデビュー。当初は白に青と赤のラインが入った茨城交通色でしたが、平成21年の「車両デザインコンテスト」の最優秀作品「曙光の大地」というクリームに濃緑色のツートンカラーに塗り替えられ、現在の「コマツ茨城工場竣工10周年記念」ラッピング車両に至ります。

車内はオールロングシートで、前回ご紹介したキハ205や、後にJR東海から購入したキハ11のセミクロスシートに比べると、ローカル色が薄い車両と言えそうです。

「2020年春 大洗・那珂湊アンコウ鍋を求めて(ちょっと鉄分含む)旅日記」は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しています。ぜひこちらもご覧ください。

2020年3月10日 (火)

【湊線】キハ205~2020年春 大洗・那珂湊アンコウ鍋を求めて(ちょっと鉄分含む)旅日記・こぼれ話~(2020.2.22)

今回から2020(令和2)年2月22日に乗車したひたちなか海浜鉄道の車両についてご紹介していきたいと思います。1回目の今回は「キハ205」です。

20022101

キハ205はひたちな海浜鉄道の現役車両としては最古参の車両で、普段は土休日を中心に1往復する程度の予備車的な位置づけとなっています。しかし2020年2月22日は「勝田車両センターまつり」のコラボ企画として、勝田駅を10時~15時台に発車する列車に増結される形で運転されました。

最初はキハ205に乗っていたのですが、鉄道ファンを中心とするキハ205乗車目的の客が乗り込んできて車内はなかなかの混雑。連結していたもう1両の「キハ3710-02」はガラガラで、同乗した奥さんは「なぜ、わざわざ混んでいる車両にみんな乗ってくるのか?」、理解に苦しんでいたようです。水戸駅から3つ目の中根駅では、近くの有名撮影地でキハ205を撮り終えた鉄道ファンが10名以上乗ってきて、キハ205の車内はさらに混雑。ここで私と奥さんは「キハ3710-02」に移動しました。

20022210

阿字ヶ浦駅に到着したキハ205。すでに引退し、阿字ヶ浦駅構内に留置されている兄弟機のキハ222と顔を合わせました。

20022211

20022212

阿字ヶ浦駅停車中に撮影したキハ205の諸元表と車両番号・サボ。

「2020年春 大洗・那珂湊アンコウ鍋を求めて(ちょっと鉄分含む)旅日記」は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しています。ぜひこちらもご覧ください。

2020年3月 4日 (水)

大洗駅車内で見つけた(旧)知手停車場の連動制御盤~2020年春 大洗・那珂湊アンコウ鍋を求めて(ちょっと鉄分含む)旅日記・こぼれ話~(2020.2.22)

今回は2020(令和2)年2月22日に訪れた大洗駅の駅舎内で見つけた鉄道関連備品の話題です。

20022208

それは大洗駅の観光案内所脇に据え置かれていました。踏切警報機とその横には多くのスイッチが付いた機械。

20022209

20022229

機械には「(旧)知手停車場の連動制御盤」という説明書きがありました。知手駅とは鹿島サッカースタジアム駅~奥野谷浜駅間を結ぶ貨物専用の鹿島臨港線にあった貨物駅。知手駅構内の分岐器を手動で操作する機械のようです。制御盤の右下にある赤いスイッチには「アデカ踏切」という記載があり、このスイッチを動かすと横にある踏切警報機のランプが点滅し、踏切音が鳴るようになっていました。

「2020年春 大洗・那珂湊アンコウ鍋を求めて(ちょっと鉄分含む)旅日記」は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しています。ぜひこちらもご覧ください。

2020年3月 3日 (火)

【KRT】ガールズ&パンツァーラッピング2号車・3号車に出会う~2020年春 大洗・那珂湊アンコウ鍋を求めて(ちょっと鉄分含む)旅日記・こぼれ話~(2020.2.22)

大洗・那珂湊を巡る旅も2日目の2020(令和2)年2月22日、宿の送迎で大洗駅に到着した私たちは、ひたちなか海浜鉄道に乗るため、水戸駅へ移動します。弊ブログ2020年2月26日付の記事でご紹介していますが、前日の2月21日には「ガールズ&パンツァーラッピングⅣ号車」に乗車。鹿島臨海鉄道ではガルパンラッピング車両が他に2種類あり、偶然にもすべて目撃することができました。

20022201

20022202

まずは「ガルパン2号車」。大洗駅構内の留置線に停車していました。Wikipediaによると、2号車の運行開始は2013(平成25)年11月とのこと。側面の左右で異なるデザインというのはⅣ号車と同じですが、残念ながらもう一方は撮影できませんでした。

20022203

20022204

こちらは「ガルパン3号車」。この日、大洗駅から水戸駅まで乗車した車両です。Wikipediaによると、3号車は2015(平成27)年11月に運行開始。先頭部に「ガールズ&パンツァー劇場版」と表記があるように、ガルパン劇場版に合わせて登場したラッピング車両です。

20022205

20022206

こちらも片方の車両側面からしか撮影できませんでした。また車内装飾も乗客が多かったため自粛。

「2020年春 大洗・那珂湊アンコウ鍋を求めて(ちょっと鉄分含む)旅日記」は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しています。ぜひこちらもご覧ください。

2020年3月 2日 (月)

【KRT】アクアワールド大洗サメ列車~2020年春 大洗・那珂湊アンコウ鍋を求めて(ちょっと鉄分含む)旅日記・こぼれ話~(2020.2.21)

2020(令和2)年2月27日付の記事では、2020年2月21日に乗車した「ガールズ&パンツァーラッピングⅣ号車」の話題をご紹介していますが、同車にはもう1両のラッピング車両が連結されていました。

20022112

ラッピングされていたのは6000形。6000形といえば赤色が基調の車両ですが、このラッピング車両は全身グレー。

20022113

20022114

車両側面にはたくさんのサメが描かれています。大洗には「アクアワールド大洗」という水族館があり、サメの飼育数では全国の水族館では1位。それにちなんだラッピングのようです。側面によって異なるデザイン。乗車しませんでしたので車内の写真はありませんが、鹿島臨海鉄道の公式サイトによると、大洗町の保育園児が描いた絵が展示されているそうです。

「2020年春 大洗・那珂湊アンコウ鍋を求めて(ちょっと鉄分含む)旅日記」は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しています。ぜひこちらもご覧ください。

より以前の記事一覧