2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

鉄道(その他私鉄)

2019年12月 2日 (月)

西大井駅で相鉄・JR直通列車を観察(2019.11.30)

前回の記事では中浦和駅から相鉄直通列車に乗車し、車内外の行先表示器や案内表示板を撮影した写真を公開しています。列車は西大井駅で下車。今度は新宿方面へ向かう直通運転列車を観察しました。

19113015

まずは西大井駅の出発案内表示器。路線名が従来の「横須賀・総武線(快速)」と「湘南新宿ライン」に加え、「埼京線直通」が追加されています。「埼京線直通」は「新宿・武蔵浦和・大宮方面」、「湘南新宿ライン」は「新宿・浦和・大宮・宇都宮方面」とあり、「新宿」と「大宮」が重複。鉄道の詳しい人なら問題ないでしょうが、普段同路線を利用しない人はわかりづらいかもしれませんね。

19113016

西大井駅8:47発の武蔵浦和駅行きは、この日、新宿以北へ直通する最終列車。以降はすべて新宿駅行きとなります。

19113017

西大井駅に到着する相鉄線からの直通列車。

19113018

19113019

19113020

「埼京線直通」「埼京線内各駅停車」「武蔵浦和行 次は大崎」の3枚いずれも、今日初めて行き先表示器に表示されるものです。

19113021

続いては9:05発の新宿駅行き。

19113022

今度は相鉄12000系がやってきました。

19113023

19113024

19113025

行先表示器は基本、E233系と同じようですね。

19113026

車内の案内表示装置もE233系を踏襲した内容のようです。

19113027

新宿駅に到着後、折り返し海老名行きとして新宿駅を出発する相鉄12000系。今後は当たり前のようにE233系と相鉄12000系が並ぶシーンが見られるようになるのでしょうね。

2019年12月 1日 (日)

朝のみ!埼京線(新宿以北)から相鉄線への直通運転列車に乗車(2019.11.30)

2019年(令和元年)11月30日から開始されたJR埼京線と相鉄本線の直通運転。全部で46往復ある直通列車のうち、ほとんどは新宿駅~海老名駅間で新宿以北(大宮・川越方面)まで乗り入れる列車は午前中の6往復のみと少なめです。

19113006

訪れたのは中浦和駅。出発案内表示器と駅名標を組み合わせて撮影できないか試してみましたが、太陽の光が反射していて白飛びしてしまい、うまく写せませんでした。

19113007

19113008

行先表示器には「相鉄線」と記載があるほか、経由する路線、種別が交互に表示されていました。

19113009

相鉄線直通列車が中浦和駅に到着。今回のダイヤ改正では新宿以北へ発着する相鉄線直通列車の担当車両はE233系のみ、相鉄線は原則、新宿駅までの乗り入れとなっているそうです。

19113010

19113011

E233系の行先表示器にも「相鉄線直通」や「海老名」といった表示が見られるようになりました。

19113012

車内の案内表示装置にも相鉄線の駅や行き先の「海老名駅」、相鉄線の駅ナンバリングなどが表示。

19113014

今回のダイヤ改正でE233系が湘南新宿ラインを経由。案内表示器にも湘南新宿ラインの駅ナンバリング「JS」が表示されるようになりました。

2019年11月30日 (土)

新宿駅発・相模鉄道直通運転1番列車(2019.11.30)

2019年(令和元年)11月30日、相鉄・JR直通線の開業により、相鉄本線と埼京線の直通運転が開始され、新宿駅発の相模鉄道直通運転1番列車を見送ってきました。

19113001

新宿駅発の相鉄直通1番列車は6:58発。私が新宿駅に到着したのは出発の約5分前でギリギリ。当然のことながらすでに1番列車は新宿駅に入線していました。直通運転を担当するのは相鉄12000系とJR東日本E233系ですが、1番列車は相鉄車両が充当されました。

19113002

19113003

19113004

先頭車両周辺は多くの鉄道ファンで溢れかえっていて近づくことは無理。車両側面の行先表示器を撮影することにしました。

「埼京線相鉄線直通」「相鉄線内 各停」「次は渋谷」という表示は、この日が初ですね。

19113005

新宿駅を出発する相鉄直通1番列車。新宿駅の駅名標付近にわずかにあった隙間越しに相鉄12000系を撮影することができました。

2019年11月25日 (月)

会津若松駅で「TRAN SUITE 四季島」に出会う~2019年秋 東武・野岩・会津鉄道で行く会津花火観覧の旅・こぼれ話~(2019.11.3)

2019年(令和元年)11月3日は「2019年秋 東武・野岩・会津鉄道で行く会津花火観覧の旅」で会津若松を訪問。9:30発のお座トロ展望列車「会津浪漫花号」に乗車しようと会津若松駅に行くと、駅構内の留置線に「TRAN SUITE 四季島」が停車していました。

19110223

会津若松駅に停車中の「お座トロ展望列車」。「TRAN SUITE 四季島」は写真左奥の留置線に停車していました。

19110220

会津若松駅の駅看板と「TRAN SUITE 四季島」の組み合わせ。

19110221

19110222

この日は「TRAN SUITE 四季島」と1泊2日コースの2日目。早朝に喜多方駅に到着し、乗客は朝食と会津漆器の見学等の下車観光。会津若松駅の2番線の出発案内表示器には「TRAN SUITE 四季島 11:22」と発車時刻が表示されていました。

「2019年秋 東武・野岩・会津鉄道で行く会津花火観覧の旅」の旅日記は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しています。ぜひこちらもご覧ください。

2019年11月22日 (金)

「ノラと皇女と野良猫ハート」ラッピングされたお座トロ展望列車~2019年秋 東武・野岩・会津鉄道で行く会津花火観覧の旅・こぼれ話~(2019.11.3)

2019年(令和元年)11月3日は、会津若松駅から会津田島駅まで「お座トロ展望列車」に乗車。今回で2度目の乗車となりましたが、最初に乗った5年前とは異なるラッピングが施されていました。

19110215

19110218

会津鉄道は昨年(2018年)からテレビアニメ「ノラと皇女と野良猫ハート」とコラボが実施されていて、それに合わせて展望車がラッピング化。今年も先月からコラボ第2弾が展開されているそうです。アニメの主人公のひとりである猫の「ノラ」と、芦ノ牧温泉の猫駅長にちなんだコラボですね。

19110217

車体のラッピングの他、先頭部にはヘッドマークを装着。

19110216

こちらはトロッコ車の先頭部のヘッドマーク。両車で異なるデザインとなっています。

19110219

車内にはキャラクターのボードも設置。同車両は2013年に会津を舞台とした大河ドラマ「八重の桜」のラッピングもされていましたが、現在は「ノラと皇女と野良猫ハート」の陰に隠れてしまっていました。

「2019年秋 東武・野岩・会津鉄道で行く会津花火観覧の旅」の旅日記は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しています。ぜひこちらもご覧ください。

2019年11月21日 (木)

芦ノ牧温泉駅に留置されていた会津鉄道車両~2019年秋 東武・野岩・会津鉄道で行く会津花火観覧の旅・こぼれ話~(2019.11.2)

2019年(令和元年)11月2日、「東武・野岩・会津鉄道で行く会津花火観覧の旅」で、会津若松駅へ向かう途中の芦ノ牧温泉駅で、駅構内にたたずむ会津鉄道の車両を目撃しました。

19110214

その車両はAT-300形。JR東日本のキハ30形を購入してトロッコ車に改造。後継のAT-350形との置き換えられて2009(平成21)年に引退後、芦ノ牧温泉駅構内に保存・展示されることとなりました。この日はAT-300形の扉が開いていて車内も見学できた様子。車内はNゲージやプラレールの他、会津鉄道を含む会津地方から集められた鉄道関連部品が展示されているそうです。

「2019年秋 東武・野岩・会津鉄道で行く会津花火観覧の旅」の旅日記は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しています。ぜひこちらもご覧ください。

2019年11月20日 (水)

会津田島駅構内に「旧お座敷車」が留置されていました~2019年秋 東武・野岩・会津鉄道で行く会津花火観覧の旅・こぼれ話~(2019.11.2)

2019年(令和元年)11月2日は「東武・野岩・会津鉄道で行く会津花火観覧の旅」で会津田島駅へ。会津田島駅構内には会津鉄道の車両基地が隣接しているのですが、そこで「お座トロ展望列車」のうちの1両で、すでに営業運転から引退した「旧お座敷車」が留置されていました。

19110212

19110213

5年前の旅で乗車した旧お座敷車のAT‐103は、2016(平成28)年に引退。引退から3年以上経過した現在でも廃車されず、保存されていたとは驚きでした。

「2019年秋 東武・野岩・会津鉄道で行く会津花火観覧の旅」の旅日記は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しています。ぜひこちらもご覧ください。

2019年11月19日 (火)

会津田島駅前に保存・展示されている蒸気機関車~2019年秋 東武・野岩・会津鉄道で行く会津花火観覧の旅・こぼれ話~(2019.11.2)

2019年(令和元年)11月2日は「2019年秋 東武・野岩・会津鉄道で行く会津花火観覧の旅」で会津田島駅に立ち寄り、駅前の蕎麦屋さんで昼食をいただきました。昼食後、次の列車まで時間があったので駅周辺を散策。すると駅を出て右側の通路沿いに歩いているとすぐに「SL広場」という看板を発見。その場所に行ってみました。

19110207

会津田島駅前に保存・展示されている蒸気機関車は「C11-254」。会津田島駅の西側、駅舎に隣接した場所に展示されています。

19110209

19110210

蒸気機関車の周辺には「C11-254」に関する2種類の解説板がありました。それによるとC11形は昭和9年の会津線が開通以来、昭和49年までの40年間にわたり会津地方を走り続けた蒸気機関車。解説板には『昭和50年に日本国有鉄道から”ゆかりの蒸気機関車C11-254号機”を借り受けました』との記述がありますので、「C11-254」は晩年を会津を走っていた車両と思われます。平成2年の浅草駅~会津田島駅間の直通運転を記念してこの場所に展示されることとなったそうです。

19110211

周囲は柵で囲まれていますが、機関室に入るための階段もあることから、過去には蒸気機関車のすぐ近くまで立ち寄ることができた時期もあったかもしれません。また蒸気機関車の傍らには腕木式信号機も設置されていました。

「2019年秋 東武・野岩・会津鉄道で行く会津花火観覧の旅」の旅日記は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しています。ぜひこちらもご覧ください。

2019年11月16日 (土)

「2019年秋 東武・野岩・会津鉄道で行く会津花火観覧の旅」を掲載しました(2019.11.2~4)

2019年(令和元年)11月2日から4日にかけて会津に出かけてきました。今回の旅の目的は「第4回 会津花火」の観覧と、東武鉄道、野岩鉄道、会津鉄道の様々な列車に乗ることでした。「2019年秋 東武・野岩・会津鉄道で行く会津花火観覧の旅」を、私のホームページ「列車とともに」に掲載しました。ぜひご覧ください。

今回の旅で乗車した列車たちがこちら。

19110202

特急きりふり

19110203

特急リバティ

19110204

お座トロ展望列車

19110205

SL大樹

19110206

スペーシア









 

2019年10月22日 (火)

川越車両センターまつり2019来場記念品(2019.10.19)

2019年(令和元年)10月19日に開催された「川越車両センターまつり2019」では、入口で来場記念品をいただきました。

19101912

来場記念品はJR・相鉄線直通運転スタートのクリアファイル。

11月30日に開始されるJRと相鉄線の直通運転開始を記念したもので、展示車両にも相模鉄道12000系が登場するなど、今年の「川越車両センターまつり」は直通運転を前面に押し出したイベントでした。

より以前の記事一覧