2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

マイリスト

  • 鉄道コム/TETSUDO.COM
  • にほんブログ村

鉄道(その他私鉄)

2017年9月21日 (木)

【ゆめぞら号】ほくほく線+えちごトキメキ鉄道コラボレーションラッピングトレイン~平成29年夏 長野・新潟ぐるり一周グルメ列車と花火の旅日記・こぼれ話~(H29.8.20)

平成29年8月20日は、平成29年夏の旅で越後湯沢駅に立ち寄りました。越後湯沢駅の0番線は北越急行ほくほく線の直通列車が停車するホーム。主にほくほく線の車両が停車していますが、車両側面にラッピングが施された車両が停車しているのを発見しました。

17081815

17081816

越後湯沢駅0番線に停車していたのは、イベント車両の「ゆめぞら」号。こちらはラッピングされていないオリジナルの「HK100-101」。車両前面と側面の扉付近には「ゆめぞら」のロゴが描かれています。

17081817

17081818

こちらがコラボラッピングされた「HK100-102」。全面のヘッドマークは、ほくほく線とえちごトキメキ鉄道のキャラクターが描かれた特製のデザインでした。

17081819

側面の扉付近もほくほく線とえちごトキメキ鉄道のロゴに変更されています。かすかに「ゆめぞら」のロゴの跡も残っていました。

17081820

17081821

側面部は、南魚沼市、十日町市、上越市、妙高市、糸魚川市などほくほく線・えちごトキメキ鉄道沿線のゆるキャラたちが描かれていました。

「平成29年夏 長野・新潟ぐるり一周グルメ列車と花火の旅日記」は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しています。ぜひこちらもご覧ください。

2017年9月18日 (月)

「ろくもん乗車記念 軽井沢・長野フリーきっぷ」と「ろくもん記念乗車証」~平成29年夏 長野・新潟ぐるり一周グルメ列車と花火の旅日記・こぼれ話~(H29.8.18)

平成29年8月18日は、しなの鉄道の観光列車「ろくもん」に乗車。私が乗車したのは、食事付きプランの「ろくもん1号」。代金には、指定席、軽井沢から長野までの乗車、食事サービス、ワンドリンク、おみやげ、客室乗務員による車内サービスが含まれています。その他にも、しなの鉄道・JR東日本の軽井沢~長野間が乗車日当日乗り降り自由になる「軽井沢・長野フリーきっぷ」が付いてきます。

17081806

「軽井沢・長野フリーきっぷ」は2,350円で、一般にも販売されていますが、「ろくもん」の食事つきプランを購入すると、専用デザインのフリーきっぷとなっています。

17081807

こちらは「ろくもん記念乗車証」。おみやげとして配布された「お味噌」が入った袋に同封されていました。

「平成29年夏 長野・新潟ぐるり一周グルメ列車と花火の旅日記」は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しています。ぜひこちらもご覧ください。

2017年9月17日 (日)

「ろくもん」乗車記念スタンプ~平成29年夏 長野・新潟ぐるり一周グルメ列車と花火の旅日記・こぼれ話~(H29.8.18)

平成29年8月18日に乗車した観光列車「ろくもん」。他の多くの観光列車にもあるように「ろくもん」にも乗車記念スタンプが設置されています。

17081802

乗車記念スタンプは2号車のソファ席にありました。

17081803

スタンプ置台は「ろくもん」のイラストが描かれた木でできた「升」のようなものでした。

17081804

17081805

スタンプのデザインはこちら。スタンプ台の横には「ろくもん」のパンフレットが置かれていて、乗車記念スタンプが押印できるスペースがあります。

「平成29年夏 長野・新潟ぐるり一周グルメ列車と花火の旅日記」は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しています。ぜひこちらもご覧ください。

2017年9月14日 (木)

【伊豆急行】「Izukyu KINME Train」に乗車~第71回按針祭海の花火大会観覧記・こぼれ話~(H29.8.10)

前回の記事でご紹介しているように、平成29年8月10日は「第71回按針祭海の花火大会」の待ち時間で伊豆高原駅を訪れ、「THE ROYAL EXPRESS」を見物。その後、伊豆高原駅から花火会場がある伊東駅までの移動で利用したのが、「Izukyu KINME Train」でした。

17081009

17081010

運よく展望座席が空いていました。

「第71回按針祭海の花火大会観覧記」は、私のホームページ「列車とともに」で掲載しています。ぜひこちらもご覧ください。

2017年9月13日 (水)

【伊豆急行】伊豆高原駅構内にたたずむ「THE ROYAL EXPRESS」~第71回按針祭海の花火大会観覧記・こぼれ話~(H29.8.10)

伊豆急行では、「アルファ・リゾート21」を改造して、平成29年7月21日から観光列車「THE ROYAL EXPRESS」の運行が開始されました。平成29年8月10日は「第71回按針祭海の花火大会」を観覧するため、伊東駅を訪問。この日は「THE ROYAL EXPRESS」の運行日ではありませんでしたが、車庫がある伊豆高原駅に停車しているかもしれないと思い、花火大会開始までの待ち時間を利用して、伊豆高原駅にってきました。

17081006

伊豆高原電車区の車庫の様子。写真の右側には100系電車の姿。「THE ROYAL EXPRESS」も停車していました。

17081007

17081008

先頭部は8000系車両が停車していて、よく見えず。しかし編成全体はまずまず見渡せたのでよかった。

「第71回按針祭海の花火大会観覧記」は、私のホームページ「列車とともに」で掲載しています。ぜひこちらもご覧ください。

2017年9月12日 (火)

黒船電車展望席最前列からの前面展望~第71回按針祭海の花火大会観覧記・こぼれ話~(H29.8.10)

平成29年8月10日は、静岡県伊東市で開催された「第71回按針祭海の花火大会」を観覧してきました。熱海駅から伊東駅までは黒船電車に乗車。熱海駅では出発の30分前から乗車口に並んでいましたので、展望席最前列を確保。伊東までの前面展望をご覧いただきたいと思います。

17081002

熱海駅出発前の黒船電車。

17081003

12:24、黒船電車は熱海駅を出発。ちょうど伊東方面から熱海駅に近づく「特急踊り子104号」とすれ違い。車両は、今や1編成のみとなったエクスプレス色のOM09編成でした。

17081004

伊豆多賀駅では8000系と車両交換。

17081005

車両とのすれ違い写真だけでは何ですから、伊東駅までもうすぐ、サンハトヤホテル前を通過するところを撮影してみました。

「第71回按針祭海の花火大会観覧記」は、私のホームページ「列車とともに」で掲載しています。ぜひこちらもご覧ください。

2017年9月 1日 (金)

三岐鉄道のナローゲージ車両に出会う~平成29年夏 桑名&豊田花火遠征の旅日記・こぼれ話~(H29.7.30)

平成29年7月29日は桑名水郷花火大会の観覧で桑名駅を訪問しました。桑名駅に隣接する西桑名駅は現存する数少ない線路幅762mmのナローゲージを採用する三岐鉄道北勢線が乗り入れています。

今回は北勢線に乗車する予定はないものの、ひと目その車両を見てみたいと思っていましたが、なかなか時間が合わず、西桑名駅に停車する車両を見ることができないまま、翌日の7月30日の桑名出発を迎えてしまいました。

桑名駅10:38発の名古屋駅行き「快速みえ」に乗るため、JR桑名駅のホームで列車を待っていると、北勢線の車両が西桑名駅に入線するのを発見しました。

17073003

「平成29年夏 桑名&豊田花火遠征の旅」の旅日記は、私のホームページ「列車とともに」で掲載しています。ぜひこちらもご覧ください。

2017年8月27日 (日)

平成29年夏 長野・新潟ぐるり一周グルメ列車と花火の旅日記を掲載しました(H29.8.18~20)

平成29年8月18日から20日にかけて、長野・新潟への旅に出かけてきました「平成29年夏 長野・新潟ぐるり一周グルメ列車と花火の旅」、及び「おぢやまつり大花火大会観覧記」を、私のホームページ 「列車とともに」に掲載しました。ぜひご覧ください。

17081801

8月18日は、しなの鉄道の観光列車「ろくもん」に乗車。洋食コース料理をいただきました。

17081901

8月19日は「走る農家レストラン」に乗車。地元料理を楽しみました。

17081902

8月19日の夜は、おぢやまつり大花火大会を観覧。

17082001

8月20日は「NO.DO.KA.ループ」と「SLみなかみ」に乗車しました。

2017年8月23日 (水)

「レトロでんしゃ館」の展示物(その5)~名古屋市営地下鉄100形135号車用台車~平成29年夏 桑名&豊田花火遠征の旅日記・こぼれ話~(H29.7.29)

今回も平成29年7月29日に訪問した「レトロでんしゃ館」の展示物についてご紹介していきます。第5回目の今回は「名古屋市営地下鉄100形135号車台車」です。

17072914

館内の解説板によると、『市電で研究された、車輪をゴムの円盤でサンドイッチした弾性車輪の採用やモーターを台車に車輪と直角に取り付けた、直角カルダン方式を採用しています』とあります。

17072915

台車には赤い部品があり、これは100形が走行した東山線が第三軌条方式のため、電気を取り入れる集電靴が取り付けられています。

「平成29年夏 桑名&豊田花火遠征の旅」の旅日記は、私のホームページ「列車とともに」で掲載しています。ぜひこちらもご覧ください。

2017年8月22日 (火)

「レトロでんしゃ館」の展示物(その4)~名古屋市営地下鉄100形107、108号車~平成29年夏 桑名&豊田花火遠征の旅日記・こぼれ話~(H29.7.29)

8月18日から20日にかけて、長野・新潟方面に旅行に行ってきました。途中、「ろくもん」や「走る農家レストラン」に乗車。おぢやまつり大花火大会の観覧などしてきました。旅行記はまだ取りかかれていませんので、掲載までもうしばらくお待ちください。

そこで、すでに書きあげている平成29年7月29日に訪問した「レトロでんしゃ館」の展示車両についてご紹介していきます。第4回目の今回は「名古屋市営地下鉄100形107、108号車」です。

17072911

館内の解説板によると、『昭和32年の名古屋市営地下鉄開業時に、名古屋~栄町(当時)を走った車両であり、当時の技術を粋を集めて製造されました。ボディカラーは、画家の杉本健吉氏が、暗い地下をウィンザーイエロー(ナタネ色)で明るく走り抜けるようにと選定されたものです。この車両(107号車)は、昭和60年に引退セレモニーで使用された車両です』とあります。

17072912

107号車の車内はご覧のとおり。車内には引退時に掲示されていたと思われる「さよなら黄電」とポスターが広告ポスター枠に取り付けられていました。

17072913

107号車の運転台がこちら。

「平成29年夏 桑名&豊田花火遠征の旅」の旅日記は、私のホームページ「列車とともに」で掲載しています。ぜひこちらもご覧ください。

より以前の記事一覧