2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 第35回利根川大花火大会観覧記を掲載しました(2022.9.17) | トップページ | 10月から特急化される臨時列車(その2)~谷川岳もぐら・谷川岳ループ~(2022.9.23) »

2022年9月23日 (金)

10月から特急化される臨時列車(その1)~ホリデー快速鎌倉~(2022.9.23)

今年に入ってからJR東日本の首都圏の臨時快速が続々と特急化されています。例を挙げるなら、水戸梅まつり号、あしかが大藤まつり号、谷川岳山開き、烏山山あげ祭号、伊東按針祭花火大会号等々。担当車両が変更になったり、コロナにより数年ぶりに運転されることに伴い、特急化される事例が多かったように思えますが、10月以降もこの流れは続いています。

22092302

22092301

今回ご紹介するのは10月から特急化される「ホリデー快速鎌倉」。10月からは「特急 鎌倉」となり、越谷レイクタウン、南浦和、東所沢が通過駅となります。所要時間は鎌倉行きが4分、吉川美南行きが8分しか短縮しておらず、割高感が否めません。

2022年9月23日、9月いっぱいで運行が終了となる「ホリデー快速鎌倉」を撮影しておこうと、訪れたのは東所沢駅。

22092303

武蔵野線内の「ホリデー快速鎌倉」停車駅にはご覧のような乗車口案内が設置されていますが、これらも特急化によって取り換えられるのでしょう。

22092304

東所沢駅には「特急型車両乗車位置」という乗車口案内も残っていました。「ホリデー快速鎌倉」の乗車口案内とは少し離れているため、E257系用ではないようです。先代の「ホリデー快速鎌倉」などに使用されていた185系用のものでしょうか?

22092305

東所沢駅に入線する「ホリデー快速鎌倉」。特急化されても担当車両は変わらずE257系のようですが、ヘッドマークにある「ホリデー快速鎌倉」はもう見られなくなりますね。

22092306

「特急 鎌倉」になると東所沢は通過駅となりますので、ご覧のように東所沢駅でE257系の扉が開いている風景も今週末で見納めになりそうです。

« 第35回利根川大花火大会観覧記を掲載しました(2022.9.17) | トップページ | 10月から特急化される臨時列車(その2)~谷川岳もぐら・谷川岳ループ~(2022.9.23) »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道(JR東日本)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 第35回利根川大花火大会観覧記を掲載しました(2022.9.17) | トップページ | 10月から特急化される臨時列車(その2)~谷川岳もぐら・谷川岳ループ~(2022.9.23) »