2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 東能代駅に留置されていたキハ40系たち~2022年春 秋田・大曲 花火とローカル鉄道に触れる旅・こぼれ話~(2022.4.30) | トップページ | リバイバル特急ひばり~日暮里駅では歴代常磐線特急が3分の間に次々と通過していきました~(2022.5.14) »

2022年5月14日 (土)

吉川美南駅発「快速 お座敷青梅奥多摩号」(2022.5.14)

2022(令和4)年5月14日と15日の2日間、吉川美南駅~奥多摩駅間で「快速 お座敷青梅奥多摩号」が運転されました。同じ名称の臨時列車は三鷹駅や川崎駅発着で運転されてきましたが、吉川美南駅発着はおそらく今回が初めでではないかと思われ、走行距離がこれまでで最も長い「お座敷青梅奥多摩号」となりました。

22051401

5月14日、訪れたのは吉川美南駅。同駅発着の臨時列車が運転されるときは、駅員が作成したと思われる様々な装飾があり乗客を楽しませてくれます(鉄道ファンも楽しませてくれる?)。この日も改札階のコンコースには「お座敷青梅奥多摩号」の案内看板が設置されていました。

22051402

22051403

「お座敷青梅奥多摩号」は2番線から出発。

22051404

私が吉川美南駅に到着したのは8時少し前。すでに担当車両のお座敷車両「華」は入線済みでした。

22051405

こちらも駅員により作成された看板でしょうか。列車の先頭部(最後尾)の横に看板を設置されるのも吉川美南駅発着の臨時列車の定番になりつつあります。

22051406

吉川美南駅の看板と車両の組み合わせ。

22051407

こちらも吉川美南駅発着の臨時列車には定番、吉川美南駅の観光駅長「なまりん」と駅長さんがホームを巡回。撮影を失念してしまいましたが、列車の先頭部付近では駅員が横断幕を掲げ、「お座敷青梅奥多摩号」の乗客を見送っていました。

« 東能代駅に留置されていたキハ40系たち~2022年春 秋田・大曲 花火とローカル鉄道に触れる旅・こぼれ話~(2022.4.30) | トップページ | リバイバル特急ひばり~日暮里駅では歴代常磐線特急が3分の間に次々と通過していきました~(2022.5.14) »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道(JR東日本)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 東能代駅に留置されていたキハ40系たち~2022年春 秋田・大曲 花火とローカル鉄道に触れる旅・こぼれ話~(2022.4.30) | トップページ | リバイバル特急ひばり~日暮里駅では歴代常磐線特急が3分の間に次々と通過していきました~(2022.5.14) »