2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 新潟発長岡行き444M列車は長岡駅到着後、快速 直江津行き3372M列車に変更~2022年冬 新幹線YEAR特典チケットで行く新潟・長岡 鉄道と花火観覧の旅・こぼれ話~(2022.2.19) | トップページ | 田端操車場に停車する&常磐貨物線を走行する185系団体専用列車を撮影(2022.2.26) »

2022年2月26日 (土)

武蔵小杉駅が通過駅に~快速 青梅奥多摩梅の里号~(2022.2.26)

2022(令和4)年2月19、26、27日の3日間、川崎駅~青梅駅間で「快速 青梅奥多摩梅の里号」が運転されました。

2月26日、「青梅奥多摩梅の里号」を撮影するため訪れたのは武蔵小杉駅。川崎駅を8:57に出発した「青梅奥多摩梅の里号」は武蔵小杉駅を9:10に到着する…はずだったのですが…

22022601

武蔵小杉駅の南武線立川方面行きの出発案内表示器に「青梅奥多摩梅の里号」の表示がない? もしかして運休?などと考えていると…

22022602

「青梅奥多摩梅の里号」の担当車両である「華」が登場。

22022603

そのまま武蔵小杉駅を通過していってしまいました。すでに混乱気味の頭がさらにぐちゃぐちゃに。改めて時刻表を調べてみると、「青梅奥多摩梅の里号」の停車駅に武蔵小杉駅はないことが判明。「冬の増発列車のお知らせ」がニュースリリースされた2021年10月下旬ころに調べた時は確かに「青梅奥多摩梅の里号」の停車駅に武蔵小杉駅が含まれていたはず。その後、停車駅が変更になったと思われます。

考えられることは南武線の武蔵小杉駅にホームドアが設置されていたこと。ホームドアは稼働しておらず最近設置されたようで、ネットで調べると2月1日と2日に設置され、稼働開始は3月13日とのこと。これにより「華」の扉とホームドアの位置が一致せず、通過扱いとなったのではないかと考えられます。予想外の事態ではありましたが、これはこれでいい記録になったのかもしれません。

« 新潟発長岡行き444M列車は長岡駅到着後、快速 直江津行き3372M列車に変更~2022年冬 新幹線YEAR特典チケットで行く新潟・長岡 鉄道と花火観覧の旅・こぼれ話~(2022.2.19) | トップページ | 田端操車場に停車する&常磐貨物線を走行する185系団体専用列車を撮影(2022.2.26) »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道(JR東日本)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新潟発長岡行き444M列車は長岡駅到着後、快速 直江津行き3372M列車に変更~2022年冬 新幹線YEAR特典チケットで行く新潟・長岡 鉄道と花火観覧の旅・こぼれ話~(2022.2.19) | トップページ | 田端操車場に停車する&常磐貨物線を走行する185系団体専用列車を撮影(2022.2.26) »