2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« さつき祭り応援花火イベント観覧記を掲載しました(2021.5.29) | トップページ | 2021年春 熱海 宿から花火観覧ツアー(第2弾)の旅日記を掲載しました(2021.6.5~6) »

2021年6月 3日 (木)

東武350型乗り納め(たぶん…)~さつき祭り応援花火イベント観覧記・こぼれ話~(2021.5.29)

2021(令和3)年5月29日は、鹿沼72カントリークラブで開催された「さつき祭り応援花火イベント」を観覧してきました。会場の最寄り駅は東武日光線の楡木という駅。北千住駅から途中の新栃木駅までは特急列車「きりふり283号」に乗車したのですが、担当車両は350型という車両。改造前の種車である1800系時代から通算すると50年以上のレトロ車両。後継と思われる500系「リバティ」の増備が進んでいて、いつ引退となってもおかしくない情勢です。東武線にはあまり乗車する機会もなく、特急列車ならばなおさら。もしかすると350型に乗車するのは今回が最後、乗り納めになるかもしれません。

21052903

まずは北千住駅特急ホームの出発案内表示器。350型が担当する特急きりふりは土休日に2本ありますが、新栃木行きは「きりふり283号」のみ(きりふり281号は東武日光行き)。

21052904

こちらは350型の乗車口案内。東武宇都宮行きの「特急しもつけ」は廃止されていて、テープで目隠しされています。

21052905

「きりふり283号」が北千住駅に到着。

21052906

短い停車時間でヘッドマークを1枚。

21052907

そして方向幕も撮影。

21052908

車内はご覧のとおり。座席は背もたれが少し低めでリクライニングしない。昭和の特急車両感が漂っています。

21052909

北千住駅から新栃木駅まで1時間6分。6050系に乗り換えて楡木駅へ向かいました。

実はこの日乗車したのは352編成だったのですが、この4日後の6月2日に廃車回送されたとのこと。残る350型は2編成となりました。

「さつき祭り応援花火イベント」観覧記は、私のホームページ「列車とともに」でご紹介しています。ぜひ、こちらもご覧ください。

« さつき祭り応援花火イベント観覧記を掲載しました(2021.5.29) | トップページ | 2021年春 熱海 宿から花火観覧ツアー(第2弾)の旅日記を掲載しました(2021.6.5~6) »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道(東武鉄道)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« さつき祭り応援花火イベント観覧記を掲載しました(2021.5.29) | トップページ | 2021年春 熱海 宿から花火観覧ツアー(第2弾)の旅日記を掲載しました(2021.6.5~6) »