2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月

2020年5月31日 (日)

渋谷駅ホーム並列化工事の話題~池袋駅編~(2020.5.30)

これまで渋谷駅山手線ホームの南側に位置していた埼京線のホームを北側に移動し、並列化する工事がいよいよ大詰めを迎え、2020(令和2)年5月29日の深夜から6月1日の未明にかけて、線路切換とホーム移設工事が実施されます。これに伴い、5月30日と31日の2日間、埼京線・湘南新宿ラインの新宿駅~大崎駅間が運休となり、各路線でダイヤ変更が発生しました。

新型コロナウィルスの影響で臨時列車等が軒並み運休となったほか、緊急事態宣言による外出自粛もあり、私もしばらく鉄活から遠ざかってきました。しかし5月25日に東京都の緊急事態宣言が解除、そして久しぶりの鉄道系イベントということもあり、外出して各路線の運行状況を眺めてきました。

今回は池袋駅へ出かけた時の話題です。新宿駅~大崎駅間の運休により、大宮方面からの埼京線・湘南新宿ラインは新宿駅で折り返し運転となりました。

20053025

私が池袋駅を訪れたのは5月30日の7:50頃。新宿方面へ向かう埼京線・湘南新宿ラインが発着する1・2番線の出発案内表示器は全て「新宿」となっています。

20053026

20053027

こちらは池袋駅7:51発の新宿行き。平常時の7:51発は新木場行き、列車番号は「716K」であるのに対し、この日は「9708K」でした。

20053028

20053029

続いてこちらが7:57発の新宿行き。平常時は7:56発の新宿行きがあり、列車番号は「756K」。しかし、この日は「9716K」となっていました。ニュースリリースやJR東日本のwebサイト等には記載がありませんでしたが、埼京線は行き先の他に、一部時刻変更もされたようです。

20053030

20053031

こちらは7:53発の新宿行き。平常時は高崎線内快速の小田原行きで、列車番号は「2825Y」。この日は新宿駅~小田原駅間が運休となり、列車番号も「9825Y」と表示されていました。

20053032

20053033

現在、湘南新宿ラインは行き先が新宿という列車は存在しないと思いますので、E231系の行先表示器に「新宿」と表示されるのも貴重と言えそうです。

2020年5月30日 (土)

スカイライナー青砥駅臨時停車(2020.5.30)

京成上野駅と成田空港駅を運行する「スカイライナー」。途中の停車駅は日暮里駅と空港第2ビル駅に限定し、都心からの空港アクセスに特化した列車です。一方で京成電鉄は都営浅草線・京急線との相互直通運転が行われていて、これらの路線からでもスカイライナーが利用できるように、2020(令和2)年4月11日から一部のスカイライナーが青砥駅にすることになりました。

気にはなっていましたが、時は新型コロナウィルスの流行が拡大し、私も外出は自粛。5月25日には東京都も緊急事態宣言が解除されたこともあり、5月30日に京成線沿線に出かけてきました。

20053001

まずは日暮里駅のスカイライナー出発案内表示器。青砥駅に停車するスカイライナーは、下りが日暮里駅6:05発のスカイライナー3号から7:45発のスカイライナー13号までの6本。ご覧の表示器のうち、5:45発の1号は青砥駅通過、6:05発の3号と6:25発に5号は青砥駅に停車します。しかし、写真の向かって右側にある停車駅案内は、いずれも停車駅に青砥駅は表示されていません。

20053003

ホーム上に表示器にも青砥駅の表記はありませんでした。ニュースリリースによると、下りの場合、青砥駅は乗車のみのため、停車駅に含めていないのでしょう。

20053004

日暮里駅から普通電車に乗って青砥駅へ移動。青砥駅の出発案内表示器には、きちんと「スカイライナー3号」と表示されていました。

20053005

青砥駅の下りホーム最後尾には、イブニングライナーの待合室とライナー券自動券売機が設置されていますが、私が青砥駅に到着した時点では待合室は閉められていて、券売機もシャッターが降りていました。

20053007

出発時刻の約10分前頃に駅係員がホーム最後尾にやってきてきました。券売機のシャッターにご覧のような用紙を掲出。これによると、ライナー券は自由席で係員から直接購入するというものでした。新型コロナウィルスの影響で国際航空便がほとんどが運休となり、スカイライナーの利用客も限定されるため、満席となる可能性はなし。自由席でも問題ないのでしょう。

ちなみに上りはニュースリリースによると、成田空港駅・空港第2ビル駅のスカイライナー券発売カウンター等で購入。自由席でなく、席は指定されるとのことです。

20053008

青砥駅6:15発の「スカイライナー3号」が到着。この日は2人の乗客がありました。

20053009

青砥駅に停車した「スカイライナー3号」。しかし扉が開きません。

20053010

扉は最後尾の8号車のみが開くという、イブニングライナーやシティライナー(成田山開運号)と同じ対応です。

20053006

こちらの写真は青砥駅のイブニングライナー待合室入口に貼られていたもの。青砥駅に停車するスカイライナーは早朝の下りと夜間帯の上り各6本のみでしたが、少しでもスカイライナー利用客を増やそうとするためか、6月1日からは青砥駅に停車するスカイライナーが全時間帯に拡大。現在、通勤時間帯以外は約半減して40分間隔で運行しているスカイライナーのうちの約半数、1時間20分から2時間間隔で青砥駅停車のスカイライナーを設定し、上下線各14本に増加するとのことです。

2020年5月 1日 (金)

【西武】30000系「コウペンちゃんはなまるトレイン」(2020.5.1)

新型コロナウィルスの影響で私も休日の外出は自粛しているところですが、仕事の方は自宅勤務は難しいもので変わらず週5の出勤です。

2020(令和2)年5月1日、仕事帰りの西武線池袋駅でラッピング電車を目撃しました。

20050101

西武鉄道では2019年3月からコウペンちゃんとのコラボレーションキャンペーンを実施。40000系を使用したラッピング電車「コウペンちゃんはなまるトレイン」が約1年間運行してきました(弊ブログ2019年4月28日付の記事を参照)。

2020年3月22日からはコラボレーションキャンペーンの第2弾がスタート。コラボ企画のひとつとして、30000系「コウペンちゃんはなまるトレイン」が登場しました。

ご覧の写真は18:30頃、7番ホーム隣の留置線に30000系「コウペンちゃんはなまるトレイン」が停車していました。18:30発の「ちちぶ33号」が出発した後、30000系「コウペンちゃんはなまるトレイン」が動き出します。この日の30000系「コウペンちゃんはなまるトレイン」は18:40発の「急行 飯能行き」を担当。留置線は7番線の途中で分岐しているため、そのまま7番ホームに停車することができず、いったんその先の特急ホームまで回送されます。

20050102

特急ホームで停車した30000系「コウペンちゃんはなまるトレイン」は折り返して7番ホームに入ります。折り返しに際し、運転手と車掌が交代する関係で数分間停車。その合間に30000系「コウペンちゃんはなまるトレイン」の車両側面を撮影。初代の40000系「コウペンちゃんはなまるトレイン」は車体の一部にキャラクターのシールを貼ったラッピングでしたが、2代目の30000系「コウペンちゃんはなまるトレイン」は車体全体がフルラッピングにバージョンアップしています。

20050103

車体の外部だけでなく、座席の仕切り板やドアの戸袋部にもコウペンちゃんなどのキャラクターがラッピングされていることがわかります。

20050104

20050105

大型連休中とはいえ、平日の通勤時間帯。本来であればホームには多くの通勤客がいて、乗客を避けて撮影することなどほぼ不可能なのですが、コロナ禍の非常事態宣言、「Stay at Home週間」とあって、人が写りこまない撮影も比較的簡単にできてしまうのでした。

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »