2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 大宮総合車両センターに入場中の車両たちを観察~鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア訪問記・こぼれ話~(2019.5.25) | トップページ | よこすかYYのりものフェスタ2019訪問記を掲載しました(2019.6.8) »

2019年6月 8日 (土)

N700S試運転に遭遇(2019.6.8)

2019年(令和元年)6月8日は、横須賀駅周辺で開催された「よこすかYYのりものフェスタ2019」に行ってきました。「よこすかYYのりものフェスタ2019」の話題は後ほどご紹介することにして、今回は「よこすかYYのりものフェスタ」の帰りに遭遇した出来事について。会場のヴェルニー公園からほど近い汐入駅から京急に乗車。品川駅から東海道線に乗り換えて東京方面に向かっていたところ、私の目に飛び込んできたもの。それが…

19060816

時刻は13:53頃、新幹線の車体側面に「N700 Supreme」と描かれた新幹線が列車を追い抜いて行ったのです。写真では切れてしまっていますが、行先表示器には「試運転」と表示されていました。東海道新幹線の次世代車両「N700S」だったのです。私が「N700S」を目にしたのは今日が初めて。「N700S」は東京方面に走り去りましたので、このあと東京駅で折り返しのため、しばらく停車するはず。そこで東京駅で途中下車、いったん改札を出て入場券を購入。東海道新幹線ホームに向かいました。

19060817

「N700S」の試運転車両は15番線に入線。行先表示器には「回送 883(号)」と表示されていました。

19060818

19060821

ホームに上がると「N700S」が停車中。乗車案内にも「回送 883」と表示。先ほどの走行中はシャッタースピードが早すぎて、行先表示器が切れてしまいましたが、今回はしっかり「試運転」という表示を撮影できました。

19060820

最後尾の16号車を撮影。ぱっと見、「N700A」と変わりありませんが、車両側面の青のラインが「N700A」に比べて、先頭付近まで張り出しています。また、ヘッドライト・テールライト部が「N700A」はちょっと垂れ目のような形状ですが、「N700S」は「N700A」に比べると目尻がつり上がっているようにも見えます。

19060822

12号車のパンタグラフ部の右横の屋根部(11号車との連結部付近)に突起物が確認できます。突起物のパンタグラフ方向にはライトが点灯していました。走行中のパンタグラフの動作を確認する点検窓かもしれません。

19060823

19060824

随所に編成名を表す「J0」が確認できます。「N700S J0編成」は確認試験車という名称。量産先行車とは呼ばないそうで、試験結果を反映させて量産車を製造。J0編成は量産車用改造を施して営業運転に使用されることなく、試験研究専用車両となることがJR東海から発表されています。

19060825

1号車付近はホームが狭く、私が持っていたレンズでは先頭部全体が撮影できませんでした。ご覧の写真は先頭部のみを撮影したもの。何かの装置をパテで固定したような? なんか雑な処理が施されているのが確認できましたが、これはなんでしょうか?

19060826

19060827

このあと16・17番ホームに移動。東京駅を出発する「N700S」を撮影しました。

« 大宮総合車両センターに入場中の車両たちを観察~鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア訪問記・こぼれ話~(2019.5.25) | トップページ | よこすかYYのりものフェスタ2019訪問記を掲載しました(2019.6.8) »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道(JR東海)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 大宮総合車両センターに入場中の車両たちを観察~鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア訪問記・こぼれ話~(2019.5.25) | トップページ | よこすかYYのりものフェスタ2019訪問記を掲載しました(2019.6.8) »