2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 運転最終日~河口湖行き「成田エクスプレス8号」~(2019.3.10) | トップページ | 運行終了間近の「ホームライナー千葉」を東京駅で見送る(2019.3.8) »

2019年3月13日 (水)

運行終了の「中央ライナー」「青梅ライナー」を見送る(2019.3.8)

2019年3月のダイヤ改正で運行終了となる列車を記録しておこうと、3月8日は夜の新宿駅に行ってきました。

19030801

こちらは東京駅~八王子駅・高尾駅間で運行してきた「中央ライナー」。松本車両センター所属E257系が担当してきました。

19030802

19030803

私が新宿駅に到着したのは、19:15発の「中央ライナー3号」の出発直前。すでに動き出そうとしていた「中央ライナー3号」の行先表示器は被写体ブレしてしまっていますが、何とか記録することができました。

19030804

「中央ライナー3号」が出発した1時間後にやってくるのが、20:15発の「青梅ライナー3号」。出発案内表示器には『中央線が、変わります! 「中央ライナー」と「青梅ライナー」は運行を終了します。長らくのご愛顧ありがとうございました』という表示が流れていました。

19030807

19030808

「青梅ライナー3号」の出発時刻が近づくと、駅ホームには白色のジャンバーを着た係員がホームに立ち、行き交う人にティッシュを配布していました。そのティッシュは、特急「はちおうじ」「おうめ」の運行開始、「えきねっとチケットレスサービス」のお知らせが印刷されていました。

19030805

19030806

新宿駅に入線してきた「青梅ライナー3号」。この日の「青梅ライナー3号」は満席でした。

3月のダイヤ改正では、「中央ライナー」と「青梅ライナー」の運行終了に代わるかのように、特急「はちおうじ」「おうめ」の運行が開始されます。「中央ライナー」「青梅ライナー」の乗車に必要なライナー券が510円であるのに対し、特急「はちおうじ」「おうめ」は、一般の特急料金となりますので750円。特に東京駅~青梅駅間は50㎞を超えますので1,000円になります(いずれも事前購入代金)。

チケットレスサービスを利用すると100円引き、さらに6月末まではキャンペーン期間ということで300円引きですので最安値で450円となり、ライナー券より割安になりますが、キャンペーン期間が終了すれば650円(50㎞超は900円)と確実に「中央ライナー」「青梅ライナー」よりも実質値上げとなります。

中央線では、2023年度末に向けてE233系にグリーン車の導入が予定されています。グリーン料金は50kmまでが770円(平日事前購入料金)となり、座席が確実に確保されているうえに料金が510円という「中央ライナー」「青梅ライナー」との格差が大きくなること。さらに今回のダイヤ改正で、中央線の特急車両がE353系に統一されるということで、この時期に「中央ライナー」「青梅ライナー」から、特急「はちおうじ」「おうめ」への置き換えがなされたということでしょう。

« 運転最終日~河口湖行き「成田エクスプレス8号」~(2019.3.10) | トップページ | 運行終了間近の「ホームライナー千葉」を東京駅で見送る(2019.3.8) »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道(JR東日本)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 運行終了の「中央ライナー」「青梅ライナー」を見送る(2019.3.8):

« 運転最終日~河口湖行き「成田エクスプレス8号」~(2019.3.10) | トップページ | 運行終了間近の「ホームライナー千葉」を東京駅で見送る(2019.3.8) »