2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ダイヤ改正で消滅~大船駅始発・成田エクスプレス9号~(2019.3.10) | トップページ | 【京王】初運行!高尾山口行き「Mt.TAKAO85号」(2019.3.10) »

2019年3月11日 (月)

「ホリデー快速富士山」運転最終日~立川駅にて~(2019.3.10)

2019年3月のダイヤ改正で、新宿駅~河口湖駅間に「特急 富士回遊」がデビューすることに伴い、土休日を中心に長らく運行されてきた「ホリデー快速富士山」が、2019年3月10日の運転をもって終了となりました。

「ホリデー快速富士山」の運転最終日となった2019年3月10日は、前回の記事でご紹介しているとおり、ダイヤ改正で消滅する大船駅始発の「成田エクスプレス9号」を大船駅で撮影後、横須賀線に乗って武蔵小杉駅へ。さらに南武線に乗り換えて立川駅へ向かいました。

19031009

立川駅に到着したのは8:36頃。「ホリデー快速富士山」の立川駅到着時刻は8:42ということで、時間が迫っていたため、立川駅の国立側ホーム先端部には多くの鉄道ファンがいると思いきや、意外にも先着の鉄道ファンは1人のみ。担当車両がE257系500番台なので、それほど魅力はないのかもしれません。その代わり、駅の放送を録音する「録り鉄」さんは結構いらっしゃいました。

19031010

「ホリデー快速富士山」が立川駅に接近。その左側には、8:29着の立川駅行きの普通「526M」の回送列車、右側には立川駅を8:41に出発した南武線川崎駅行き「854F」と、立川駅らしい並びを撮影することができました。

19031011

立川駅に近づく「ホリデー快速富士山」をもう1枚。運転最終日の「ホリデー快速富士山1号」は、幕張車両センター所属E257系500番台NB-10編成でした。

19031012

立川駅に停車中の「ホリデー快速富士山1号」。この日も指定席は完売、自由席も相当な混雑だったようで、駅の放送では「車内に入りましたら、デッキに立ち止まらず、車内の奥にお進みください」と繰り返し放送。約2分遅れの8:45頃に立川駅を出発していきました。

私は「ホリデー快速ピクニック号」という名称だったころから何度となく乗車。担当車両も165系や「アコモ改善車」と称する167系・169系、189系、そしてE257系と変遷。いつも通勤車両のロングシートではなく、ボックスシートやリクライニングシートの車両が充当されて、乗っていて少しリッチな気分にしてくれた列車でした。

ダイヤ改正後は「ホリデー快速富士山」のほか、、「快速 山梨富士号」、「快速 富士山号」も運行終了。立川駅発着の快速 河口湖行き「9775M/9776M」も3月~6月の運転はないようで、午前中に都心から河口湖へ向かう特急料金不要の富士急行直通の列車は完全に過去のものとなりそうです。

密かに、E233系を使用した新宿駅を8:14前後に発車する「中央特快 大月・河口湖行き」なんていう列車がダイヤ改正後に運転されるのではないかと期待していましたが、やはり実現しませんでしたね。ダイヤ改正後は「ホリデー快速富士山」と同じE257系500番台を使用した「富士回遊91・92号」や、(ホリデー快速富士山と同じ)新宿駅を8:14に出発する「あずさ55号・かいじ55号」を、「ホリデー快速富士山」と勘違いして乗車して、割増の車内特急料金を請求される乗客が少なからず発生しそうです。

« ダイヤ改正で消滅~大船駅始発・成田エクスプレス9号~(2019.3.10) | トップページ | 【京王】初運行!高尾山口行き「Mt.TAKAO85号」(2019.3.10) »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道(JR東日本)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ホリデー快速富士山」運転最終日~立川駅にて~(2019.3.10):

« ダイヤ改正で消滅~大船駅始発・成田エクスプレス9号~(2019.3.10) | トップページ | 【京王】初運行!高尾山口行き「Mt.TAKAO85号」(2019.3.10) »