2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

2018年8月31日 (金)

第68回湘南ひらつか花火大会観覧記を掲載しました(H30.8.26)

平成30年8月26日に開催された「第68回湘南ひらつか花火大会」の観覧記を、私のホームページ 「列車とともに」に掲載しました。ぜひご覧ください。

18082601

2018年8月30日 (木)

西武園ゆうえんち花火大会2018観覧記を掲載しました(H30.8.25)

平成30年8月25日に開催された「西武園ゆうえんち花火大会」の観覧記を、私のホームページ 「列車とともに」に掲載しました。ぜひご覧ください。

18082501

2018年8月29日 (水)

「平成30年夏 運転見合わせが続出する山形を旅する」の旅日記を掲載しました(H30.8.16~18)

平成30年8月16日から18日にかけて旅行に行ってきました。今回の目的は山形の花火大会である「大石田まつり最上川花火大会」と「赤川花火大会」を観たり、最上川の舟下りを楽しむという予定でした。しかし、旅行前日から降り続いた雨で山形県内の鉄道は随所で運転見合わせに。そんな中での旅日記「平成30年夏 運転見合わせが続出する山形を旅する」を、私のホームページ 「列車とともに」に掲載しました。ぜひご覧ください。

18081801

第27回赤川花火大会より

2018年8月19日 (日)

第71回 木更津港まつり花火大会観覧記を掲載しました(H30.8.15)

平成30年8月15日に開催された「第71回 木更津港まつり花火大会」の観覧記を、私のホームページ 「列車とともに」に掲載しました。ぜひご覧ください。

18081501

ラストの2尺玉5連発の5発目

2018年8月14日 (火)

東京花火大祭2018~EDOMODE~観覧記を掲載しました(H30.8.11)

平成30年8月11日に開催された「東京花火大祭2018~EDOMODE~」の観覧記を、私のホームページ 「列車とともに」に掲載しました。ぜひご覧ください。

18081101

ケンシロウが品川駅に見参!~京急ヒャッハートレイン~(H30.8.11)

京急電鉄が今年(平成30年)、創立120周年を迎えることを祝い、今年35周年となる「北斗の拳」とコラボした「北斗京急周年キャンペーン」を開催。その一環として、平成30年8月11日に、「ザコと行く三浦海岸!京急ヒャッハートレイン」が運転されました。

これは、北斗の拳のキャラクターがラッピングされた車両を使用。さらに車内も北斗の拳のキャラクターや名場面を装飾して品川駅から三浦海岸駅までノンストップで運転。「北斗の拳&蒼天の拳スペシャルミニライブ&トークイベント」の特別観覧券などがセットになった旅行商品で運転される団体専用列車です。

18081117

18081118

訪れたのは、「京急ヒャッハートレイン」の始発駅である品川駅。改札口近くの「ウィング高輪」の出入口前に、受付待ち列の看板を発見。この写真を撮影したのは、「京急ヒャッハートレイン」出発時刻の1時間以上前でしたので、まだ誰も並んでいませんでした。

18081119

時間があったのでいったん京急蒲田駅へ。キャンペーンでは京急蒲田、上大岡駅、県立大学駅を、北斗の拳仕様に特別装飾した駅名看板に交換したということで、見に行ってきました。京急蒲田駅は「京急かぁまたたたたーっ駅」に。

18081120

品川駅に戻ってみると、すでに「京急ヒャッハートレイン」が3番線に停車していました。

18081121

18081122

三崎口側の2両は、三浦海岸海水浴場で夏季限定で開催中の「OTODAMA SEA STUDIO 2018」のラッピング。「京急ヒャッハートレイン」が運転される8月11日には、ここでミニライブ&トークショーが実施されます。

18081123

18081124

18081125

18081126

3~8両目には、北斗の拳、蒼天の拳のキャラクターがラッピング。

18081127

18081128

泉岳寺寄りの先頭車付近には、なんとケンシロウの等身大(?)フィギュアが設置されていました。

2018年8月13日 (月)

「快速 山の日谷川岳号」~四季島ホーム入口越しの185系~(H30.8.11)

平成30年8月11日、上野駅~土合駅間で「快速 山の日谷川岳号」が運転されました。

18081113

18081114

前回、「山の日谷川岳号」を撮影したのは2年前。弊ブログ平成28年8月11日付の記事でご紹介しているとおり、この時は「快速 土合」と、種別と行き先のみの表示でしたが、今回はご覧のとおり、列車名称まで表示されていました。

18081115

「山の日谷川岳号」を担当したのは、大宮総合車両センター所属185系OM03編成。

18081116

2年前にはなかった「四季島」ホームへの入口越しに、「山の日谷川岳号」を撮影してみました。

2018年8月12日 (日)

第72回 按針祭海の花火大会観覧記を掲載しました(H30.8.10)

平成30年8月10日に開催された「第72回 按針祭海の花火大会」の観覧記を、私のホームページ 「列車とともに」に掲載しました。ぜひご覧ください。

18081001

ミュージックスペシャルスターマイン「伊東SPIRIT~伊東精神~」&15号玉より(合成です)

「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018」開催に伴い、下り臨時「ときわ」が3本運転(H30.8.11)

平成30年8月4日、5日、11日、12日に国営ひたち海浜公園で開催された「ROCK IN FESTIVAL 2018(ロック・イン・ジャパン・フェスティバル2018)」に伴い、今年も臨時列車が運転されました。昨年まで下り臨時列車はE657系による「特急ときわ」が1本と、651系による「急行ロックインジャパン」1本の2本体制だったのですが、今年は「特急ときわ」に集約され、臨時列車の本数も3本に。そのうち2本はロック・イン・ジャパン・フェスティバル臨時としては、初めて品川駅始発となりました。

18081102

まずは1本目の「ときわ39号」。品川駅始発です。品川駅の出発案内表示器がこちらですが、ちょっと違和感。「ときわ39号」は6:45発の「ひたち1号」と同じ、E657系で運転されるのですが、「ひたち1号」にグリーン車マークがあるのに対し、「ときわ39号」にはなぜかグリーン車マークが表示されていませんでした。

18081103

18081104

品川駅に送り込まれる「ときわ39号」。

続いて上野駅に移動して、「ときわ41号」を観察。

18081105

上野駅の改札口には、ご覧のようなSuicaへの事前入金(チャージ)を勧めるポスターが掲出されていました。

18081106

「ときわ41号」は上野駅始発。17番線から出発しました。

18081107

18081108

18081109

18081110

「ときわ43号」の撮影するため再び品川駅を訪問。品川駅の9・10番線の出発案内表示器にも『イベント開催に伴い、勝田駅は大変混雑します。事前にICカードに十分チャージしてからお越しください。品川駅から勝田駅までの往復乗車券代は約5,000円必要です。勝田駅での精算は時間がかかります』と、こちらも事前チャージを勧めるテロップが繰り返し流されていました。

18081111

18081112

品川駅に送り込まれる「ときわ43号」。

2018年8月11日 (土)

快速 伊東按針祭花火大会号~第72回按針祭海の花火大会観覧記・こぼれ話~(H30.8.11)

平成30年8月10日に開催された「第72回按針祭海の花火大会」に合わせ、今年も品川駅~伊東駅間で「快速 伊東按針祭花火大会号」が運転されました。私は場所取りのため、早めに現地に到着したため、乗車したのは復路のみです。

18081002

18081003

場所取りの一段落して、往路の「伊東按針祭花火大会号」が伊東駅に到着する18:23を前に伊東駅へ戻り、列車の到着を待ちました。前回は8両編成の185系(B2編成)で運転された「伊東按針祭花火大会号」でしたが、つい先日、B2編成は長野総合車両センターへ廃車回送されたということで、今年は10両編成のA3編成が担当しました。

18081004

18081005

続いて復路。伊東駅の出発案内表示器には、「伊東按針祭花火大会号」の列車名のほか、全車指定席のマークも表示されていました。

18081006

昨年は2番線から出発した「伊東按針祭花火大会号」(弊ブログ平成29年9月15日付の記事を参照)でしたが、今年は1番線から出発。

18081007

私は10号車に乗車したのですが、「自由席」の札がかけられていました。伊東線内は花火観覧客輸送と単線での交換待ち等で、ダイヤは若干乱れていて、「伊東按針祭花火大会号」も約6分遅れで出発しましたが、終点の品川駅までに遅れを取り戻し、定刻どおりに到着。久々に185系の本気の走りを見せてくれました。私がいた10号車は付随車でしたが、モーターが付いた車両では、大きなうなりを上げていたでしょうね。

※「第72回按針祭海の花火大会」観覧記は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しました。ぜひご覧ください。

2018年8月 7日 (火)

山梨富士3号がE257系に変更しても運転が続く「臨時快速 河口湖行き(9775M)」(H30.8.4)

前回の記事でご紹介しているとおり、平成30年8月4日は「快速 青梅 奥多摩号」を撮影するため、立川駅を訪れていました。「青梅 奥多摩号」は立川駅を9:15に出発するのですが、その6分前の9:09に、立川駅を出発する臨時列車がありました。

18080407

その臨時列車とは「臨時快速 河口湖」行きです。

18080409

9:02頃、豊田方面から送り込まれてきた「臨時快速 河口湖」行き。

18080410

18080411

「臨時快速 河口湖」行きは、E233系6両編成で運転。この日は豊田車両センター所属E233系青666編成が担当しました。

「臨時快速 河口湖」行きは、列車名称がない臨時列車。主に「快速 山梨富士3号」が運転されない土休日に、ほぼ同じダイヤで運転されました。

以前、189系が「山梨富士3号」を担当していた頃は、189系が「臨時あずさ・かいじ」などに使用される日には「山梨富士3号」が運休し、「臨時快速 河口湖」行きが運転。これは189系に余剰がないために運転されていたと考えていました。

しかし、「山梨富士3号」はE257系に変更された後も「臨時快速 河口湖」行きは継続して運転されています。E257系は余剰車も多く、他にE257系を使用した臨時列車が運転される日でも車両のやりくりして、「山梨富士3号」が運転できそうに感じるのですが…。

2018年8月 6日 (月)

臨時列車らしくない臨時列車~快速 青梅 奥多摩号~(H30.8.4)

平成30年8月4日~12日の土休日、立川駅~奥多摩駅間で「快速 青梅 奥多摩号」が運転されました。過去に同区間では、弊ブログ平成30年5月21日付の記事でもご紹介していますが、5月19日と20日の2日間、「快速 奥多摩新緑号」が運転され、この時の担当車両はE257系500番台でした。

今回の担当車両はE233系。青梅線の主力車両であり、あまり臨時列車らしさがありません。それでも駅の出発案内表示器や、列車の行先表示器に特別な表示がされるのではないかと思い、運転日初日の8月4日、始発駅の立川駅へ出かけてきました。

18080412

まずは駅の出発案内表示器はご覧のとおり。列車名称はおろか、「臨時」、「快速」といった種別表示すらなく、行先である「奥多摩」としか表示されていませんでした。

18080413

9:10頃、「青梅 奥多摩号」が立川駅1番線に入線。

18080414

18080415

この日の担当車両は、豊田車両センター所属E233系青662編成でした。期待していたヘッドマークと行先表示器は「快速」。このときは少し期待外れでしたが、よくよく考えてみると、「快速」のみの表示って、レアといえばレアな表示。ヘッドマークの列車番号「9355M」も臨時列車であることを物語っていますね。

18080416

「青梅 奥多摩号」の車両と、出発案内表示器を組み合わせてみました。

2018年8月 5日 (日)

651系を使用したTDR臨(舞浜臨)が運転(H30.8.4)

平成30年8月3日~5日にかけて、仙台駅~舞浜駅間で651系を使用した団体専用列車が運転されました。これは「”仙台⇔舞浜 直通! 夜行列車で行く”東京ディズニーリゾートへの旅」という旅行商品で運行されたもの。仙台駅を8月3日の21:22に出発すると、福島駅、郡山駅と停車し、舞浜駅に翌日6:53に到着。折り返しは8月4日の23:27に舞浜駅を出発し、仙台駅には翌日7:00に到着するというダイヤで運転されました。

東京ディズニーリゾート(TDR)への団体専用列車として思い浮かべるのは、新潟方面からE653系1000番台を使用した列車。仙台から651系を使用して運転されたTDR臨は記憶がありません。そこで8月4日、舞浜駅に到着する651系TDR臨を撮影することにしました。

18080401

定刻どおり、舞浜駅に到着する651系TDR臨。意外にも651系TDR臨を撮影するため舞浜駅で待っていた鉄道ファンは私の他に一人もいませんでした。よく考えてみると、舞浜駅に651系がやってくるのは、「舞浜・東京ベイエリア号」などがあり、それほど珍しいものではない。651系TDR臨「らしさ」を感じさせるものはなく、撮影場所を間違えたかもしれません。

18080402

舞浜駅の出発案内表示器と組み合わせて撮影。「舞浜・東京ベイエリア号」は東京行きですから、出発案内表示器も「東京」と表示されるはず。今回は「回送」ということで、辛うじてTDR臨を出せた1枚です。

18080403

18080404

舞浜駅には折り返し設備がないため、651系TDR臨は、乗客を降ろすとそのまま東京方面へ。東京ディズニーランドホテルと入場ゲートを横目に、東京方面に走り出す651系TDR臨。

18080405

18080406

後続の京葉線に乗って東京駅へ。651系TDR臨の回送列車は3番線に停車していました。東京駅京葉線ホームらしさを出そうと、ホーム上の柱にあった京葉線の路線図を組みあわせてみました。

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »