2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

2017年10月31日 (火)

【西武】多摩川線100周年記念ヘッドマーク電車を撮影(H29.10.29)

平成29年10月22日に、西武多摩川線の武蔵境駅~白糸台駅間が開業100周年となることを記念して、平成29年9月22日から多摩川線を走る車両にヘッドマークを貼り付けて運行しています。私自身、多摩川線を利用する機会はほとんどなく撮影の機会もありませんでしたが、10月29日は中央線沿線に用事があったため、武蔵境駅で途中下車。中央線ホームから西武多摩川線車両を撮影してきました。

17102921

ヘッドマークは3種類あり、まずやってきたのは赤いヘッドマークを付けた車両。

17102918

17102919

続いては黄色のヘッドマークを付けた車両。側面には「西武鉄道多摩川線開業100周年」のロゴが貼り付けられた「多摩川線100周年記念オリジナルラッピング電車」でした。この日は武蔵境駅で「多摩川線開業100周年記念イベント」が実施され、100周年記念ラッピング電車は4番線に留置され、多摩川線の駅や車両の歴史を振り返るパネル展示や子ども制服撮影会を実施。そのための送り込みだったようです。

17102920

3番目は青色のヘッドマーク。

17102922

さらに待っていると、やってきたのはご覧の車両。今年、グループ会社の伊豆箱根鉄道が創立100周年を迎えることから、西武多摩川線開業100周年のコラボレーション企画として実現した、伊豆箱根鉄道1300系の塗装を再現した車両でした。

2017年10月30日 (月)

武蔵野線を走る臨時列車~ホリデー快速鎌倉&しもうさやまどり~(H29.10.29)

平成29年10月29日は武蔵野線に乗車。武蔵野線を走る2本の臨時列車に出会いました。

17102910

17102911

訪れたのは南越谷駅。1本目の臨時列車は「ホリデー快速鎌倉」です。

17102912

「ホリデー快速鎌倉」は南越谷駅始発。この日の担当車両は大宮総合車両センター所属185系B6編成。南越谷駅8:08発。その約2分前に越谷レイクタウン駅方面から回送列車で南越谷駅に入線。ヘッドマークは「回送」でした。

17102913

その後、ヘッドマークと方向幕は「臨時」となり、南越谷駅を出発していきました。

17102914

17102915

「ホリデー快速鎌倉」が出発して8分後、今度は新習志野駅始発の「快速しもうさやまどり」が南越谷駅にやってきました。

17102916

南越谷駅に近づく「しもうさやまどり」。

17102917

反対側にはちょうど海浜幕張行きの武蔵野線205系が南越谷駅に到着。リゾートやまどり車両が武蔵野線を走行していることがわかる写真が撮れました。

2017年10月29日 (日)

水戸黄門漫遊マラソン開催に伴う臨時列車~特急ときわ41号、急行水戸マラソン号&特急ときわ43号~(H29.10.29)

平成29年10月29日、第2回水戸黄門漫遊マラソンが開催されたことに伴い、常磐線で臨時列車が運転されました。昨年も水戸黄門漫遊マラソン臨時列車が運転され、その様子は弊ブログ平成28年10月30日付の記事でご紹介しているところですが、今回は昨年との相違点を整理しながら取り上げていきたいと思います。

17102901

17102902

まずは上野駅始発の臨時列車2本。

17102903

17102904

「特急ときわ41号」は、上野駅16番線から6:10に出発。担当車両はE657系と、昨年と全く同じ。細かく見てみると、昨年通過していた土浦駅が停車駅に加えられていました。

17102906

「急行水戸マラソン号」は、上野駅6:20発で担当車両が651系であることは昨年と同じですが、行き先が昨年の水戸駅から今年は勝田駅に変更。発車ホームも15番線から17番線に変わりました。また、停車駅に土浦駅が加えられていますが、各駅の到着時刻が1~3分早められていました。

17102907

昨年は「ときわ41号」と「水戸マラソン号」の2本の臨時列車が運行されたのに対し、今年は3本目の臨時列車「特急ときわ43号」が登場。「ときわ43号」は品川駅始発で上野駅8番線から出発。品川始発の臨時「ときわ」って、これまで存在したのでしょうか?

17102908

17102909

「ときわ43号」の担当車両はE657系。「ときわ41号」は満席との放送が流れていましたが、「ときわ43号」は上野駅出発の約15分前に、指定席券売機の頭上にある空席案内では、普通席が「○」、グリーン車が「△」と、いずれも空席ありの状況でした。

2017年10月17日 (火)

北区花火会2017観覧記を掲載しました(H29.10.14)

平成29年10月14日に開催された「北区花火会2017」観覧記を、私のホームページ 「列車とともに」に掲載しました。ぜひご覧ください。

17101402

川越車両センターまつり2017訪問記を掲載しました(H29.10.14)

平成29年10月14日に開催された「川越車両センターまつり2017」の訪問記を、私のホームページ 「列車とともに」に掲載しました。ぜひご覧ください。

17101401

川越車両センターまつり2017来場記念品~川越車両センターまつり2017訪問記・こぼれ話~

平成29年10月14日に開催された「川越車両センターまつり2017」では、来場者に記念品が配布されました。

17101413

「MUE-Train」のバッグとクリアファイル。いずれも川越車両センターの表記があるオリジナル商品です。クリアファイルが配布されることは他のイベントでも見られますが、バッグが来場者全員に無料で配られるというのは、なかなかないことですよね。

「川越車両センターまつり2017訪問記」の本編は、私のホームページ「列車とともに」で掲載しています。ぜひこちらもご覧ください。

2017年10月16日 (月)

【185系】初運行の「快速 川越まつり号」に乗車~川越車両センターまつり2017訪問記・こぼれ話~(H29.10.14)

平成29年10月14日と15日に、埼玉県川越市で開催された「川越まつり」に合わせ、14日と15日には茂原駅から「おさんぽ川越号」が、15日には日立駅から「ぶらり川越号」が運転されました。これらの臨時列車は、以前にも運行実績がありますが、今回は加えて大船駅から川越駅まで「快速 川越まつり号」が初めて運転。この日は、川越車両センターで「川越車両センターまつり2017」が開催されることから、「川越まつり号」に川越駅まで乗車してきました。

17101407

17101408

本来であれば始発駅の大船駅から「川越まつり号」に乗る予定でしたが、時間を間違えてしまい、大船駅には間に合わず、横浜駅から乗車。「川越まつり号」は横須賀線ホームである10番線から出発。

17101409

横浜駅に入線する「川越まつり号」。担当車両は大宮総合車両センター所属185系B6編成でした。

17101410

横浜駅に停車中の「川越まつり号」。

「川越まつり号」は乗車率は3割程度。私も指定券は当日購入したのですが、余裕で入手できました。大船駅からは湘南新宿ラインが頻繁に運行していますし、「川越まつり号」の3~4分前を湘南新宿ライン特別快速が先行して走っています。湘南新宿ラインに乗車した場合、大宮駅で乗り換える手間はありますが、乗車券のみで乗れるので、わざわざ指定席間を購入してまで、「川越まつり号」に乗車する人は少ないのかもしれません。

しかし、湘南新宿ラインのグリーン車を大船駅~大宮駅間で乗車した場合、グリーン料金が780円なのに対し、「川越まつり号」の指定席料金は520円。若干シート間の間隔が狭くなりますが、ほぼ同等の座席に座れるのであれば、お得かもしれません。

17101411

川越駅には11:09に到着。川越駅ではJR社員が横断幕を持ってお出迎え。「川越まつり号」から降りてきた乗客に、川越のパンフレットを配布するなどしていました。

17101412

川越駅に到着した「川越まつり号」。この後、私は川越線の南古谷駅まで戻り、「川越車両センターまつり2017」に向かいました。

「川越車両センターまつり2017訪問記」の本編は、私のホームページ「列車とともに」で掲載しています。ぜひこちらもご覧ください。

2017年10月15日 (日)

上野東京ライン常磐線 品川駅直通列車大増発ヘッドマークを付けたE531系(H29.10.14)

平成29年10月14日のJR東日本ダイヤ改正で、常磐線から上野東京ラインへ直通する列車が増発したことを記念して、土浦駅では「上野東京ライン常磐線 品川駅直通列車増発出発式」が開催されました。

出発式の対象となったのは、土浦駅始発の品川駅行きの一番列車である6:32発「1128M列車」。この列車にはヘッドマークを取り付けられて運転されるということで、撮影に出かけてきました。

訪れたのは松戸駅。列車は7:18に到着します。私が松戸駅に着いたのは7:13頃とギリギリ。このあと私は「1128M列車」に乗って品川駅まで行く予定でしたので、急いで列車が到着する4番線に移動して待つことにしました。

17101403

松戸駅に近づく「1128M列車」。

17101404

ヘッドマークのデザインがこちら。外枠が土俵で、下部にはつっぱりをイメージする左右の手。文字は番付に書かれる書体にも見える。随所に相撲を連想されるデザインは、茨城県出身の横綱 稀勢の里関と関連があるのでしょうか?

ヘッドマークは品川方の先頭車のみで、反対側には取り付けられていませんでした。

17101405

私は「1128M列車」に、終点の品川駅まで乗車。松戸駅では「1128M列車」の撮影をしていた鉄道ファンは、私のほかに1人しかいませんでしたが、都心の駅に近づくに連れ増えていきました。

ご覧の写真は品川駅に到着した「1128M列車」。

興味があったのは、ヘッドマークが取り外されるのがどのタイミングなのか?ということ。品川駅到着後なのか? それとも終日取り付けられたまま運行するのか?

17101406

「1128M列車」は品川駅到着後、回送列車として品川駅構内の車両基地へ走り去って行きました。その後、同車両を観察しませんでしたので断言はできませんが、おそらくヘッドマークは車両基地内で取り外されたものと思われます。

2017年10月14日 (土)

「ときわ85号・ときわ91号」ラストランに立ち会う(H29.10.13)

平成29年10月14日のJR東日本のダイヤ改正では、常磐線直通の上野東京ラインの増発、特急「ひたち・ときわ」の利便性向上が図られました。

一方でダイヤ改正で、早朝の上り「ときわ56号」と、夜間帯の下り「ときわ85号」と「ときわ91号」などが運転取り止めとなりました。

ダイヤ改正前日の10月13日、仕事終りに上野駅へ寄り道。この日、ラストランとなる「ときわ85号」と「ときわ91号」を見送ってきました。

17101301

まずは上野駅の常磐線特急の出発案内表示板。今回のダイヤ改正では、ときわ85号と91号の運転取り止めのほか、20:30発、21:30発、22:30発の「ときわ号」が品川駅始発となり、上野駅の出発案内表示板の「始発」表示がなくなることになります。

17101304

ラストランの1本目「ときわ85号」は、上野駅17番線から21:15に出発。

17101305

「ときわ85号」は21:02頃に回送列車として、上野駅にやってきました。

17101306

ダイヤ改正後の「ときわ85号」は、品川発21:30発の勝田行きですから、ご覧のような表示も今日限りで見ることができなくなります。

17101307

「ときわ85号」が上野駅16番線に到着した約4分後の21:06には、17番線に「ときわ87号」が入線。ダイヤ改正後は、夜間時間帯に上野駅始発の常磐線特急は、18:15発、19:15発、20:15発のみですから、ホームを挟んでE657系が2編成並ぶことは、早朝を除いて見られなくなりそうです。

「ときわ85号」が上野駅を出発後、「ときわ91号」を待つ間に、上野駅16・17番ホームを観察してみました。

17101302

16・17番線から発車する「ひたち・ときわ」の一覧表も、貼りかえられることになるでしょう。

17101303

上野駅発着の「ひたち・ときわ」が減少することから、16・17番ホームにある「NewDays」も営業時間が縮小されることになりました。

17101308

さて、本日ラストラン2本目は「ときわ91号」、16番線から22:15に出発。

17101309

「ときわ91号」は回送列車として、22:06頃に上野駅に入線。

17101310

17101311

この日の「ときわ91号」は勝田車両センター所属E657系K1編成。

17101312

17101313

17101314

K1編成には、10月からスタートした「ふくしま秋期観光キャンペーン」に合わせたラッピング車両でした。

2017年10月12日 (木)

【西武】池袋駅4番ホームにホームドアが設置される(H29.10.12)

平成29年10月12日、通勤で西武線池袋駅を訪れた時のこと。降車専用ホームである4番ホームにホームドアが設置されていました。

17101201

昨日訪れた際はありませんでしたので、本日の深夜時間帯に設置されたものと思われます。

2017年10月11日 (水)

【華】初運行!快速 お座敷鹿沼秋まつり(H29.10.8)

平成29年10月7日と8日に、栃木県鹿沼市で開催された「鹿沼秋まつり」に合わせ、吉川美南駅~日光駅間で、「快速 お座敷鹿沼秋まつり」が運転されました。過去に「お座敷鹿沼秋まつり」という名称で運転した記憶がなく、おそらくは今回が初めての運行と思われます。

10月8日、「お座敷鹿沼秋まつり」を撮影しようと、始発駅の吉川美南駅へ行こうとしていたのですが、前回の記事でご紹介しているように、当日は現美新幹線の撮影で大宮駅を訪問後に立ち寄ろうと予定していました。

しかし、大宮駅の出発が遅れてしまい、このままでは吉川美南駅に到着するのは「お座敷鹿沼秋まつり」の出発時刻の2分前になってしまうため、途中駅で待つことに変更。武蔵野線内の停車駅は、南越谷、東川口、南浦和、武蔵浦和。この中で一番ホームが空いていそうな東川口駅で下車しました。

17100811

17100812

まずは出発案内表示板から。太陽の光が強くてLED表示が見づらいのですが、『快速 10:48 日光 全車指定』、『快速 お座敷鹿沼秋まつり』と交互に表示していました。

17100813

さらには途中の停車駅も。

17100814

東川口駅に到着する「お座敷鹿沼秋まつり」。担当車両は、お座敷車両の「華」。車内を見てみると空席は6両編成のうち、4~5区画くらい。これらもこの後の駅から乗り込んでくるかもしれませんから、かなり盛況だったようです。

2017年10月10日 (火)

現美新幹線 大宮駅に初登場(H29.10.8)

平成28年に秋田新幹線用のE3系を改造して誕生した現美新幹線。車内は号車ごとに異なる芸術家が、この車両のために制作した現代アートが展示されているという車両。世界最大規模のアートイベント「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」が新潟県内で開催されることもあり、土休日を中心に越後湯沢駅~新潟駅間で運行しています。

これまで新潟県内のみで運転されてきた現美新幹線ですが、平成29年秋の新潟観光キャンペーンにあわせ、平成29年10月8日には、大宮駅から新潟駅まで現美新幹線が走る旅行商品を販売。この日、初めて新潟県外を走行することになったのです。

17100801

現美新幹線は大宮駅16番線から9:38に出発。私が大宮駅に到着したのは9時過ぎ。ホームに上がってみると、3本あるホームの新潟寄りの先端部はどこも黒山の人だかり。これだけ鉄道ファンが駅に集まるイベントを訪問するのは久しぶりです。

私は17・18番ホームの新潟寄り。比較的鉄道ファンが少ない、ちょうど「こまち」や「つばさ」の15号車が停車するあたりで現美新幹線が大宮駅に入線するのを待っていました。

9:20頃、現美新幹線が大宮駅に近づいてくるのを発見。しかし、17番線にも9:22発の「つばさ129号+やまびこ129号」がやってきていたのです。このままでは確実に被ってしまう。ひとまず、待機していた場所を離れ、ホームの先端方向に進み、カメラを持った両手を思いっきり伸ばして撮影したのがこちら。

17100802

編成の4両くらいしか入っておらず、ピンボケ気味…。

17100803

16番線に到着した現美新幹線。17番線から「つばさ129号+やまびこ129号」が出発した後、ホームに停車している現美新幹線を撮影しました。ちょうど逆光で太陽の光が入り込んでしまい、こちらもなかなかうまく撮影できませんでした。

17100804

1両ごとに撮影しましたのでご紹介していきましょう。ちなみに現美新幹線は、改造時に窓を埋め込むなどしていて、車両の左右で窓の配置やデザインが異なっています。今回撮影したのは編成の西側。新潟方面を先頭にして左側の側面のみ撮影しています。

まずは16号車。

17100805

こちらは15号車。15~12号車は長岡の花火を表現しているそうです。

17100806

14号車。

17100807

13号車。窓が全て埋め込まれています。14号車の側面はどえらいピンボケ&ブレた画像をラッピング。花火写真としては大失敗作ですが、これが狙いなのでしょう。

17100808

12号車。

17100809

こちらが11号車です。

17100810

最後の1枚は、現美新幹線とE5系が隣どおしで並ぶ風景。現在、定期列車では越後湯沢以南には運行しない現美新幹線。そして、上越新幹線の乗り入れないE5系。通常では実現することのない組み合わせです。

2017年10月 9日 (月)

185系によるスターライト舞浜号(H29.10.7)

新潟地区から東京ディズニーリゾートへの旅行商品購入者向けの団体専用列車である「スターライト舞浜号」。これまで485系、E653系が使用されてきた「スターライト舞浜号」ですが、平成29年10月6日から8日にかけて運転される「スターライト舞浜号」は初めて185系が担当。

10月6日に新潟駅を出発して、7日に舞浜駅にやってくる「185系スターライト舞浜号」を撮影するため、舞浜駅に出かけてきました。

17100704

「スターライト舞浜号」の舞浜駅到着時刻は7:30。この日の天候は小雨模様なうえ、担当車両が185系だったためか、私のほかに舞浜駅で「スターライト舞浜号」を待つ鉄道ファンは見当たりませんでした。

17100705

「スターライト舞浜号」は定刻どおり舞浜駅に到着。舞浜駅到着時点でヘッドマークは「回送」。担当車両は大宮総合車両センター所属185系OM03編成でした。

列車は7:34頃に舞浜駅を出発。回送列車として東京駅方面に走り去っていきました。

17100706

17100707

後続の京葉線列車で東京駅へ移動。「スターライト舞浜号」として使用された185系は、京葉線ホーム4番線に停車。京葉線ホームであることがわかるように、185系と京葉線の路線図を組み合わせて撮影してみました。

第86回土浦全国花火競技大会観覧記を掲載しました(H29.10.7)

平成29年10月7日に開催された「第86回土浦全国花火競技大会」の観覧記を、私のホームページ 「列車とともに」に掲載しました。ぜひご覧ください。

17100701

2017年10月 8日 (日)

特急あずさ71号~初!E257系で運転~(H29.10.7)

新宿駅6:30発の「特急あずさ71号」。中央東線下り特急列車の始発である新宿7:00発の「特急スーパーあずさ1号」に先立ち、3連休や繁忙期を中心に運行される臨時列車です。

「特急あずさ71号」は、これまで一貫して189系が使用してきましたが、平成29年10月7日から担当車両がE257系に変更されました。

担当車両が変更されて初めて運転日である10月7日、新宿駅に出かけてきました。

17100702

17100703

これまでの「あずさ71号」は6両編成であったのに対し、この日は9両編成。連休初日の早朝の臨時特急列車ということで一定の利用者がいて、輸送量を増強するために担当車両を変更したのかもしれません。

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »