2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 上野東京ライン常磐線 品川駅直通列車大増発ヘッドマークを付けたE531系(H29.10.14) | トップページ | 川越車両センターまつり2017来場記念品~川越車両センターまつり2017訪問記・こぼれ話~ »

2017年10月16日 (月)

【185系】初運行の「快速 川越まつり号」に乗車~川越車両センターまつり2017訪問記・こぼれ話~(H29.10.14)

平成29年10月14日と15日に、埼玉県川越市で開催された「川越まつり」に合わせ、14日と15日には茂原駅から「おさんぽ川越号」が、15日には日立駅から「ぶらり川越号」が運転されました。これらの臨時列車は、以前にも運行実績がありますが、今回は加えて大船駅から川越駅まで「快速 川越まつり号」が初めて運転。この日は、川越車両センターで「川越車両センターまつり2017」が開催されることから、「川越まつり号」に川越駅まで乗車してきました。

17101407

17101408

本来であれば始発駅の大船駅から「川越まつり号」に乗る予定でしたが、時間を間違えてしまい、大船駅には間に合わず、横浜駅から乗車。「川越まつり号」は横須賀線ホームである10番線から出発。

17101409

横浜駅に入線する「川越まつり号」。担当車両は大宮総合車両センター所属185系B6編成でした。

17101410

横浜駅に停車中の「川越まつり号」。

「川越まつり号」は乗車率は3割程度。私も指定券は当日購入したのですが、余裕で入手できました。大船駅からは湘南新宿ラインが頻繁に運行していますし、「川越まつり号」の3~4分前を湘南新宿ライン特別快速が先行して走っています。湘南新宿ラインに乗車した場合、大宮駅で乗り換える手間はありますが、乗車券のみで乗れるので、わざわざ指定席間を購入してまで、「川越まつり号」に乗車する人は少ないのかもしれません。

しかし、湘南新宿ラインのグリーン車を大船駅~大宮駅間で乗車した場合、グリーン料金が780円なのに対し、「川越まつり号」の指定席料金は520円。若干シート間の間隔が狭くなりますが、ほぼ同等の座席に座れるのであれば、お得かもしれません。

17101411

川越駅には11:09に到着。川越駅ではJR社員が横断幕を持ってお出迎え。「川越まつり号」から降りてきた乗客に、川越のパンフレットを配布するなどしていました。

17101412

川越駅に到着した「川越まつり号」。この後、私は川越線の南古谷駅まで戻り、「川越車両センターまつり2017」に向かいました。

「川越車両センターまつり2017訪問記」の本編は、私のホームページ「列車とともに」で掲載しています。ぜひこちらもご覧ください。

« 上野東京ライン常磐線 品川駅直通列車大増発ヘッドマークを付けたE531系(H29.10.14) | トップページ | 川越車両センターまつり2017来場記念品~川越車両センターまつり2017訪問記・こぼれ話~ »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道(JR東日本)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 上野東京ライン常磐線 品川駅直通列車大増発ヘッドマークを付けたE531系(H29.10.14) | トップページ | 川越車両センターまつり2017来場記念品~川越車両センターまつり2017訪問記・こぼれ話~ »