2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 「レトロでんしゃ館」の展示物(その2)~名古屋市電3000形3003号車~平成29年夏 桑名&豊田花火遠征の旅日記・こぼれ話~(H29.7.29) | トップページ | 「レトロでんしゃ館」の展示物(その4)~名古屋市営地下鉄100形107、108号車~平成29年夏 桑名&豊田花火遠征の旅日記・こぼれ話~(H29.7.29) »

2017年8月17日 (木)

「レトロでんしゃ館」の展示物(その3)~名古屋市電2000形2017号車~平成29年夏 桑名&豊田花火遠征の旅日記・こぼれ話~(H29.7.29)

今回も平成29年7月29日に訪問した「レトロでんしゃ館」の展示車両についてご紹介していきます。第2回目の今回は「名古屋市電2000形2017号車」です。

17072908

館内の解説板によると、『無音電車と呼ばれ、車輪にゴムを挿入して、騒音・振動を少なくしています。「しのび足の電車で危ないので、警笛を大きくせよ。」という市民の批判もあるほど静かでした。こうして技術が、名古屋市営地下鉄100形車両にも生かされました。昭和31年から33年にかけて29両が製造され、昭和47年2月まで活躍しました』とあります。

17072909

2017号車の車内がこちら。中吊りポスターには昭和44年2月同時の「路面電車ワンマンカー運行のお知らせ」というものが掛けられていました。昭和44年2月20日から路面電車の一部運転系統でワンマンカーが導入され、ワンマンカーの乗車方法についての説明書きがありました。

17072910

2017号車の運転台がこちら。前回ご紹介した3003号車とは異なり、計器類もいくつかあり、少し近代的な運転台になっています。

「平成29年夏 桑名&豊田花火遠征の旅」の旅日記は、私のホームページ「列車とともに」で掲載しています。ぜひこちらもご覧ください。

« 「レトロでんしゃ館」の展示物(その2)~名古屋市電3000形3003号車~平成29年夏 桑名&豊田花火遠征の旅日記・こぼれ話~(H29.7.29) | トップページ | 「レトロでんしゃ館」の展示物(その4)~名古屋市営地下鉄100形107、108号車~平成29年夏 桑名&豊田花火遠征の旅日記・こぼれ話~(H29.7.29) »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道(その他私鉄)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「レトロでんしゃ館」の展示物(その2)~名古屋市電3000形3003号車~平成29年夏 桑名&豊田花火遠征の旅日記・こぼれ話~(H29.7.29) | トップページ | 「レトロでんしゃ館」の展示物(その4)~名古屋市営地下鉄100形107、108号車~平成29年夏 桑名&豊田花火遠征の旅日記・こぼれ話~(H29.7.29) »