2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

マイリスト

  • 鉄道コム/TETSUDO.COM
  • にほんブログ村

« 下吉田駅ブルートレインテラス「スハネフ14-20」~平成28年初夏 富士急行スイーツ列車と花火観覧の旅・こぼれ話~(H28.7.3) | トップページ | 【185系大宮車】初登場!「快速 山の日 谷川岳号」(H28.8.11) »

2016年8月10日 (水)

下吉田駅構内の貨物展示車両たち~平成28年初夏 富士急行スイーツ列車と花火観覧の旅・こぼれ話~(H28.7.3)

前回の記事では下吉田駅ブルートレインテラスに展示されている「スハネフ14-20」の話題を取り上げましたが、下吉田駅構内にはその他にも、かつて行われていた貨物輸送で活躍してきた貨物車両も展示されています。

16070261

下吉田駅構内には貨物車両が3台並んで展示。

16070262

16070263

改札口から一番手前に展示されていたのが「ワフ2」。解説板によると、富士急行では電気機関車ではなく、電車が貨車をけん引し、新聞や雑誌、瓶詰めの飲料、醤油などの食料品や石油のほか、地元特産の「甲斐絹」や富士山の裾野から切り出された木材などが運搬されていたそうです。

16070264

「ワフ2」の隣に展示されていたのが「ト104」。「ワフ1・2」が南海電気鉄道から譲り受けた車両であるのに対し、「ト104」は昭和4年の開業時に自社で製造された、富士急行の生き字引的存在となっているそうです。

16070265

16070266

こちらは「ワフ1」。「ワフ2」と同じ構造ですが、「ワフ2」が車両側面の会社名が「富士急行」となっているのに対し、「ワフ1」はその前身となる「富士山麓」と表示されていました。車内には当時運搬されていた貨物類が再現されていました。

「平成28年初夏 富士急行スイーツ列車と花火観覧の旅」の本編は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しています。ぜひ、こちらもご覧ください。

« 下吉田駅ブルートレインテラス「スハネフ14-20」~平成28年初夏 富士急行スイーツ列車と花火観覧の旅・こぼれ話~(H28.7.3) | トップページ | 【185系大宮車】初登場!「快速 山の日 谷川岳号」(H28.8.11) »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道(その他私鉄)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216525/63894548

この記事へのトラックバック一覧です: 下吉田駅構内の貨物展示車両たち~平成28年初夏 富士急行スイーツ列車と花火観覧の旅・こぼれ話~(H28.7.3):

« 下吉田駅ブルートレインテラス「スハネフ14-20」~平成28年初夏 富士急行スイーツ列車と花火観覧の旅・こぼれ話~(H28.7.3) | トップページ | 【185系大宮車】初登場!「快速 山の日 谷川岳号」(H28.8.11) »