2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 湘南国際マラソン臨時列車を観察する(その2)~臨時普通列車編~(H27.12.6) | トップページ | 【西武】「100年アニバーサリーフォトコンテストトレイン」出発式に密着(H27.12.13) »

2015年12月10日 (木)

【東武】8198Fフライング東上号+8111Fツートンカラーリバイバル車両=2015東武ファンフェスタ号

平成27年12月6日、東武鉄道の南栗橋車両管区で開催された「2015 東武ファンフェスタ」に合わせ、北千住駅から南栗橋車両管区まで直通する「2015 東武ファンフェスタ号」が運転されました。今年の「東武ファンフェスタ号」は、平成27年11月28日にデビューした「フライング東上号(8000系8198編成)」と、「ツートンカラーリバイバル車両(8000系8111編成)」が連結され、事前予約制の団体専用列車として運転されました。

最初に訪れたのは北千住駅~牛田駅間にある「伊 第21号踏切」。大きくカーブを描く有名な撮影地で、過去には、「日光詣スペーシア」(弊ブログ平成27年4月19日付の記事を参照)や「特急ゆのさと」(弊ブログ平成25年12月31日付の記事を参照)などで撮影したこともあります。しかし、「東武ファンフェスタ号」が通過する約45分前に現地に到着したのですが、すでに10名を超える鉄道ファンがいたため、ここでの撮影は断念。

そこで北千住駅に近い「伊 第22号踏切」に移動。幸い、先着している鉄道ファンは一人もいませんでした。

15120610

15120611

7:58頃、上り線を「2015 東武ファンフェスタ号」となる8198編成のフライング東上号と8111編成のツートンカラーリバイバル車両がゆっくりと走り去っていきました。8198編成+8111編成はいったん北千住駅~牛田駅間にある留置線まで移動。折り返し、下り線を走り、始発駅となる北千住駅へ向かいます。

その後、「伊 第22号踏切」にカメラを持った鉄道ファンが何人かやってきますが、いずれも周囲を少し眺めるだけでその場を離れ、結局、私ひとりだけで「東武ファンフェスタ号」を迎えることになりました。

15120612

8:31頃、下り副本線を8198編成+8111編成「2015 東武ファンフェスタ号」がやってきました。

15120613

8198編成の先頭車には「フライング東上号」のヘッドマークを掲出。

15120614

8111編成の最後尾車両にも同じデザインのヘッドマークが取り付けられていました。

« 湘南国際マラソン臨時列車を観察する(その2)~臨時普通列車編~(H27.12.6) | トップページ | 【西武】「100年アニバーサリーフォトコンテストトレイン」出発式に密着(H27.12.13) »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道(東武鉄道)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 湘南国際マラソン臨時列車を観察する(その2)~臨時普通列車編~(H27.12.6) | トップページ | 【西武】「100年アニバーサリーフォトコンテストトレイン」出発式に密着(H27.12.13) »