2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月28日 (日)

『ニューなのはな』の引退騒動の引き金となった「君津市民号」が運転される(H27.6.28)

平成27年6月初旬、お座敷列車「ニューなのはな」が今年で引退となるという情報が駆け巡りました。情報元は、千葉県君津市の広報紙(PDFファイル)。広報紙には平成27年6月28日から29日にかけて、上諏訪温泉とビーナスラインの旅を募集。上総亀山駅~茅野駅間で団体専用列車「君津市民号」が運転されるということが掲載されていました。さらに、そこには「旅を盛り上げてくれたお座敷電車「ニューなのはな」は今年で引退です。」と書かれていたのです。

なぜ、「ニューなのはな」を所有するJR東日本に先だって引退情報が自治体の広報誌に掲載されたのか? 団体専用列車運行の企画会議中にJR東日本の担当者が、オフレコ情報をうっかり話してしまったのか? それを聞いた地方自治体の担当者も、オフレコ情報とは知らずに、うっかり広報紙に掲載してしまったのでしょうか?

そして平成27年6月28日、「ニューなのはな」引退騒動の引き金となったとも言える「君津市民号」が運転。錦糸町駅で「君津市民号」を撮影してきました。

15062801

「君津市民号」が錦糸町駅にやってきたのは9:41頃。

15062802

「君津市民号」は錦糸町駅に扉は開かないまま約3分ほど停車。3番線の発車標には団体専用列車を示す「JR」と表示されていました。

15062803

車両側面の方向幕は「ニューなのはな号 団体専用」と表示。さらに、窓には「第35回君津市民号 上諏訪温泉とビーナスラインの旅」と書かれた紙も貼り付けられていました。

前述のとおり、現在まで「ニューなのはな」の引退について、JR東日本からの正式なアナウンスはありませんが、これまでブルートレイン廃止の例を見てもJR東日本以外からの報道が先行する傾向があります。また、引退の記事を掲載しているのも地方自治体ということで信憑性は高そうですが、真偽はいかに?

2015年6月27日 (土)

583系ひたち号~日暮里界隈でお手軽撮影~(H27.6.27)

平成27年6月で終了する、ふくしまデスティネーションキャンペーン「福が満開、福のしま。」のラストを飾るかのように、平成27年6月27日、583系が上野駅~いわき駅間で運転されました。これは、JR東日本水戸支社が企画した旅行商品「団体専用列車で行く ふくしまDCの旅」を購入者のみが乗車できる団体専用列車です。

旅行の行程は、上野駅~いわき駅間を583系ひたち号に乗車。いわき駅からは水郡線で郡山へ向かい宿泊。翌日は、郡山駅~福島駅間で運転される「ELSLふくしまDC号」か「SLふくしまDC号」のいずれかに乗車して、東北新幹線で東京駅に戻るというもの。

583系自体は、TDR臨「わくわくドリーム号」や、最近では平成27年5月30、31日に「Y156記念列車」などで関東にも時おり顔を出していますが、私自身が前回、583系を撮影したのは、約2年半前の平成24年12月29日の「特急あけぼの81号」(弊ブログ平成24年12月30日付の記事を参照)。ダイヤ情報誌は購入していませんので、「わくわくドリーム号」の運転日等もわかりませんから、今後も583系を撮影する機会はあまりなさそう。今回はどうしても583系を撮影しておきたいと思っていました。

とはいえ、始発駅の上野駅はもちろん、583系が通過する駅は多くの鉄道ファンが集まっていることでしょう。しかも、運転日当日は前日からの雨がまだ完全に降りやまず、長時間、583系が待っているのもつらい。そこで、あまりきれいな構図にはならないでしょうが、日暮里駅から鶯谷駅方面に約5分歩いたところにある歩道橋から撮影することにしました。

「583系ひたち号」の上野駅出発時刻は9:43ということなので、現地には9時少し前に到着。すでに歩道橋の階段部には5~6人の鉄道ファンが先着。私は階段を上り切って、橋の上から金網越しに撮影することにしました。降っていた雨もほとんど止んで、まずまずのコンディションに。「583系ひたち号」の上野駅出発時刻がだんだん近づいてきますが、なかなか583系はやってこない。

15062701

時刻は9:26頃、上野駅に送り込まれる「583系ひたち号」の回送列車。架線柱が邪魔ですが、混雑を嫌ってここに来たのだから、まぁ、こんなもんでしょ。…ということは上野駅停車時間は約十数分か。そんな短時間じゃ、上野駅はごった返しそう。ここでの撮影は正解だったかな?

上野側の先頭部には「ひたち」の文字のみのヘッドマークが貼り付けられていました。走り去る583系を見送ると、最後尾、つまり、いわき側の先頭部には絵柄のヘッドマークが貼り付けられていたのに気づいたのですが、撮影はできず。こちらもぜひ撮影しておきたい。しかし、私のいた場所の後方は間近に京成線の鉄橋があるため、折り返してやってくる「583系ひたち号」を撮影するのは難しい。しかし、これから新たな撮影場所を探すのにも時間がない。

そこで歩道橋を降り切った正面に時間貸しの駐車場がある。駐車場と常磐線の線路の境にはフェンスがあるので、視界は良くないのですが、他に選択肢はなさそうなので、ここで上野駅を出発し、いわき駅へ向かう「583系ひたち号」を撮影することにしました。

15062702

9:47頃、日暮里駅に近づく「583系ひたち号」。足回りはフェンスに隠れてしまいましたが、先頭部のヘッドマークはなんと確認できる仕上がりとなりました。

15062703

走り去る「583系ひたち号」に向かって、もう1枚シャッターを切る。583系の車両側面にある方向幕部分には「ひたち いわき」と書かれたシールが貼り付けられていました。

「583系ひたち号」が通過して間もなく、再び日暮里駅界隈は小雨がパラパラ。天候もなんとか持ってくれてよかったよかった。

2015年6月21日 (日)

販売開始!「青春18きっぷで行く夏旅」&メディアックス様からのプレゼント(H27.6.21)

弊ブログ平成27年6月6日付の記事でご紹介しているとおり、過去に私が撮影した新宿駅に停車しているムーンライト信州81号の写真(弊ブログ平成24年3月19日付の記事を参照)が掲載されている、メディアックス様発刊の書籍「青春18きっぷで行く夏旅」が平成27年6月19日に発売されました。

15062101

メディアックス様のご厚意で、先日、「青春18きっぷで行く夏旅」が送られてきました。私が提供した写真は書籍の95ページ、「青春18きっぷで乗りたい路線・列車ガイド」に掲載。内容も青春18きっぷを使用して、全国の夏祭りや私も大好きな花火大会をめぐる14の厳選プランが掲載されていて読み応えあり。

15062102

さらに、メディアックス様が発行した「DVD BOOK」シリーズの、北斗星、あけぼの、京成電鉄、東武鉄道も同梱されていてビックリ。1枚の写真の提供だけで、ここまでのプレゼントをいただけるとは思ってもみませんでした。

今回のメディアックス様のご厚意に、この場を借りて御礼申し上げます。ありがとうございました。

 

「青春18きっぷで行く夏旅」の紹介ページ(メディアックス様サイト)

☆「青春18きっぷで行く夏旅」は、お近くの書店、またはamazonセブンネットでご購入できます。

都電たい焼き~くりこ電車焼き~(H27.6.21)

平成27年6月21日、この日は父の日。思いかけず、子供たちからプレゼントをもらいました。

15062103

都電の形をしたたい焼き。「くりこ電車焼き」という名称で、大塚にある「くりこ庵」という、たい焼きをメインにした和菓子屋さんで販売しているそうです。

ヘッドライトがひとつで前面窓が3つ。都電6000形をモチーフにしているようで、側面には「おおつか」の文字。中身は「こしあん」と、細かく刻んだ栗がたくさん入っていて美味い。

「くりこ電車焼き」は大塚店の限定商品とのこと。電車好きの私のために、わざわざ大塚まで行って買ってきてくれたことがうれしいじゃないですか(ToT)

ハワイアンズ50周年記念号~「ニューなのはな」が常磐線を走る~(H27.6.20)

平成27年4月から6月まで開催中の「ふくしまデスティネーションキャンペーン」の一環として、JR水戸支社では、今年開業50周年を迎えたスパリゾートハワイアンズへの日帰り旅行商品『「ハワイアンズ50周年記念号」で行くスパリゾートハワイアンズ』を販売。平成27年6月20日、品川駅~湯本駅間で団体専用列車が運転されました。

「ハワイアンズ50周年記念号」を担当する車両は、お座敷車両「ニューなのはな」。先日、君津市の広報紙において今年で引退という記述があり、「ニューなのはな」は今、話題の車両です。

幕張車両センター所属の「ニューなのはな」は、主に千葉県を発着する列車に使用され、今回の「ハワイアンズ50周年記念号」のように常磐線を走行することは少ない。しかも今年で引退いということになれば、今後、常磐線を走る「ニューなのはな」が見られるかどうか? そこで、「ハワイアンズ50周年記念号」を撮影しようと常磐線沿線に出かけてきました。

さて、常磐線のどこで撮影しようか? 常磐線を象徴する車両といえば、特急「ひたち・ときわ」で使用されているE657系。「ハワイアンズ50周年記念号」のダイヤは、品川駅を7:24に出発して、湯沢駅に11:40に到着。同区間の普通列車とほぼ同じ所要時間です。…ということは途中駅で特急列車「ひたち3号」を待避する。待避駅では「ニューなのはな」とE657系が一瞬ですが、並ぶはずです。

では、どの駅で特急列車を待避するのか? 上野駅の時刻表で調べてみると、「ハワイアンズ50周年記念号」は上野駅を7:51に出発。その1本前を走る7:48発の列車は佐貫駅で「ひたち3号」を待避。1本後ろを走る7:55発の列車は我孫子駅で待避している。それらを勘案すると、「ハワイアンズ50周年記念号」は取手駅で待避すると予想。取手駅で撮影することに決めました。

「ハワイアンズ50周年記念号」の1本前を走る列車の取手駅到着時刻は8:28。その3分後にはやってくると思っていましたが、待てども待てどもやってこない。そのうち、取手駅で待避するものと思っていた「ひたち3号」が通過して行ってしまいました。さらに、上野駅を「ハワイアンズ50周年記念号」より後に発車したはずの、上野駅7:51発の列車、さらに上野駅8:03発の列車まで先行して取手駅を出発して行ってしまったのです。

15062001

ご覧の写真は、取手駅6番線の発車標。「8:42 勝田」と表示されているのは、上野駅8:03発の列車。その次に「JR」と表示されている列車こそ、「ハワイアンズ50周年記念号」に違いありません。おそらく、北千住、松戸、我孫子駅あたりで「ハワイアンズ50周年記念号」は長時間停車。3本の普通列車と特急列車を待避していたようです。

15062002

結局、「ハワイアンズ50周年記念号」は8:45頃に取手駅に到着。

15062003

残念ながら、「ニューなのはな」とE657系の並びを撮影することはできませんでしたが、「ハワイアンズ50周年記念号」が取手駅から出発すると同時に、隣の5番線からは8:46発の「快速 上野駅」も取手駅を発車。さらに取手駅の駅名標を絡めた、「ニューなのはな」が常磐線を走行していることがわかる写真を撮影することができたのですから満足。わざわざ取手駅まで遠征してきた甲斐がありました。

2015年6月20日 (土)

尾久車両センターを観察~「2015路面電車の日」記念イベント訪問記・こぼれ話~(H27.6.7)

平成27年6月7日に開催された都電荒川電車営業所で開催された「2015路面電車の日」記念イベントに訪れた後、尾久車両センターを観察してきました。尾久車両センターは荒川電車営業所から歩いて約5分と近い場所にあり、荒川電車営業所でのイベントがあった時はいつも尾久車両センターに立ち寄ってます。さて、今日はどんな車両が留置されているでしょうか。

15060706

南武線用205系。運転席窓には緑色の「7」の札がかけられていたことから、中原電車区所属の205系7編成だった車両のようです。

15060707

こちらは185系。編成番号札を見ると、大宮総合車両センター所属185系A2編成のようです。

「2015路面電車の日」記念イベント訪問記本編は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しています。こちらもぜひご覧ください。

2015年6月19日 (金)

【都電】あらかわ遊園の6152号車「一球さん」の今~「2015路面電車の日」記念イベント訪問記・こぼれ話~(H27.6.7)

東京都荒川区にある「あらかわ遊園」には、「一球さん」の愛称で親しまれていた6152号車が保存・展示されています。荒川車庫やその近くを通る時は、あらかわ遊園の「一球さん」がどんな状態になっているか、気になり立ち寄ってしまいます。

平成27年6月7日の「2015路面電車の日」記念イベントで荒川電車営業所を訪れたときも、その帰りに「一球さん」を見てきました。

15060705

15060704

前回、一球さんを見たのが、約1年前の「2014路面電車の日」記念イベントがあった平成26年6月8日。弊ブログ平成26年7月3日付の記事で、その日に撮影した「一球さん」を掲載しています。このときは一部の塗装が剥がれ、サビが目立っていましたが、今日はご覧のとおり、塗り直されているようです。よく見ると、塗装面がデコボコな場所があり、塗装がはがれた部分だけ、その上から塗装されているように見えます。現役車両のようにいったん全ての塗装をはがして塗り直すという作業は費用も手間もかかりますから仕方ないことでしょうね。

「2015路面電車の日」記念イベント訪問記本編は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しています。こちらもぜひご覧ください。

2015年6月18日 (木)

【都電】7007号車の運転席窓に「休止中」の札が…~「2015路面電車の日」記念イベント訪問記・こぼれ話~(H27.6.7)

平成27年6月7日に開催された「2015路面電車の日」記念イベントで荒川電車営業所を訪問しました。荒川電車営業所を訪れた時は、何かネタとなることはないかな?と、車庫内に留置されている車両を観察が楽しみのひとつ。

いつものように周囲の道路から車庫内を眺めていると、こんな車両を目にしました。

15060702

車庫内の一番西側の線路に停車していたのは7007号車。その運転席には「休止中」という紙が貼り付けられていました。車庫内の一番西側の線路は、営業運転を終えて廃車となった車両が搬出されるまでの間、一時的に留置されることが多い場所。7007号車もこのまま廃車となってしまうのでしょうか?

 今年のイベントでは、今年中に引退が予定されている7026号車が主役となり、車両撮影場所に展示されていましたが、その一方で7007号車はひっそりとその役目を終えていくことになるのかもしれません。

「2015路面電車の日」記念イベント訪問記本編は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しています。こちらもぜひご覧ください。

2015年6月17日 (水)

【都電】荒川電車営業所に留置中の「6086号車・花100形」の今~「2015路面電車の日」記念イベント訪問記・こぼれ話~(H27.6.7)

平成27年6月7日に都電荒川電車営業所で開催された「2015路面電車の日」記念イベント。車庫内には保存車両の「6086号車」や、平成23年の都営交通100周年を記念して製造された「花100形」が留置されています。「路面電車の日」記念イベントでは、しばしば6086号車や花100形が展示され、主役となることがありますが、今年はいずれも表舞台に出ることはなく、車庫内にひっそりとたたずんでいました。

15060703

ご覧の車両は車庫の裏側道路から、カメラを持った両腕を思いっきり上げて、道路と車庫を仕切る壁越しに撮影したもの。6086号車と花100形は、車庫内の留置線西側のいつもの場所に。過去には保存状態維持のため、ブルーシートに覆われていたこともありましたが、この日はいずれの車両ともその姿をしっかり確認することができました。

「2015路面電車の日」記念イベント訪問記本編は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しています。こちらもぜひご覧ください。

2015年6月16日 (火)

【山手線】秋葉原駅のホームドア、6月20日から稼働開始(H27.6.13)

平成27年6月13日、秋葉原駅を訪れたのですが、山手線ホームにホームドアが設置されていることに気づきました。

14061305 14061307


14061306

秋葉原駅のホームドア稼働開始は、平成27年6月20日から。ホームドアが開いたまま山手線が発着する風景を見ることができるのもあとわずかです。

2015年6月15日 (月)

上野東京ライン経由の東武線直通特急「きぬがわ93号」(H27.6.13)

平成27年3月14日のダイヤ改正での上野東京ライン開業に伴い、これまで湘南新宿ライン経由で運行されてきた東武線直通特急列車も上野東京ラインを経由する臨時列車が現れました。それが今回取り上げる「特急きぬがわ93号」です。

「きぬがわ93号」は4月11日から運転を始めましたが、運転日には別に用事があってなかなか撮影する機会に巡りあえないまま時は過ぎていき、平成27年春季の運転最終日となる6月13日。上野駅に用事があり、その合間に「きぬがわ93号」を撮影することができました。

14061308

14061309

まずは上野駅の発車標から。上野東京ライン開業で初めて上野駅の発車標に「きぬがわ」、「鬼怒川温泉」が表示されるようになりました。

発車標を撮影して向かったのが隣駅の御徒町駅。上野東京ラインを走行する「きぬがわ93号」を撮影することにしました。

14061310

御徒町駅を通過する「きぬがわ93号」。

14061311

後追いでもう1枚。今さら気づいたのですが、253系のヘッドマークに表示されている「きぬがわ」には、縦書き(1枚目の写真)と横書き(2枚目の写真)の2種類があるんですね。

2015年6月14日 (日)

快速 鎌倉あじさい号~初の189系豊田車で運転~…だが…(>_<) (H27.6.13)

例年、鎌倉のあじさいが見ごろとなる時期。青梅駅~鎌倉駅間で「鎌倉あじさい号」が運転されています。「鎌倉あじさい号」はこれまで一貫として長野総合車両センター所属183/189系が担当してきましたが、昨年から今年にかけて相次いで廃車となり、4編成あった183/189系も1編成のみ。今年は豊田車両センター所属の189系が初めて担当することになりました。

平成27年の「鎌倉あじさい号」は、6月13~21日の土休日に運転。運転日初日の6月13日は前回の記事でご紹介している『「よこすかYYのりものフェスタ」横須賀色115系の旅』の撮影で東神奈川駅へお出かけ。「鎌倉あじさい号」も東神奈川駅を通過しますし、通過時刻もたいして変わらない。そこで今回は東神奈川駅で「鎌倉あじさい号」を見送ることにしました。

9:59、東神奈川駅に近づいてきた189系は、グレードアップあずさ色のM52編成。しかし、ちょうどそのとき、後方から京浜東北線北行の列車が東神奈川駅を発車。見事にかぶってしまいました。

14061301

京浜東北線E233系が「鎌倉あじさい号」をかぶる直前に撮影した1枚がこちら。考えてみれば、M52編成がグレードアップあずさ色になってから東海道線を走行することはおそらく初めてでしょうし、京浜東北線E233系とすれ違うのもこれまでなかったことでしょうから、これはこれで象徴的な写真になった…かも?

2015年6月13日 (土)

115系横須賀色が東海道線を走る~【団臨】「よこすかYYのりものフェスタ」横須賀色115系の旅~(H27.6.13)

平成27年6月13日と14日、神奈川県横須賀市で「よこすかYYのりものフェスタ2015」が開催されました。これは鉄道や自動車、海上自衛隊の艦船など、様々な「のりもの」が横須賀に集結するというイベント。会場のひとつである横須賀駅では例年、車両展示・乗車体験会などが行われています。今年の車両展示・乗車体験会は、6月13日が115系横須賀色、14日がアルファ・リゾート21でした。

横須賀駅までの送り込みを兼ねて、13日は『「よこすかYYのりものフェスタ」横須賀色115系の旅』という旅行商品をJR東日本横浜支社が企画、販売もされました。旅行商品のパンフレットには、運行区間は東京駅~横須賀駅とありますが、東京~大船間が東海道線経由なのか横須賀線経由なのかわからない。そこで2つの路線が並走している区間で撮影することにしました。

私が訪れたのは横浜駅の隣駅「東神奈川」。到着したのは9:15頃。先着していた鉄道ファンはひとり。115系横須賀色は横浜駅を10:17に出発するので、約1時間前の到着。もっとたくさんの鉄道ファンが待機していると思っていたので、少し拍子抜け。先着の鉄道ファンも撮影する場所に悩んでいたようであっちに行ったりこっちに行ったり。結局、1番前を確保できてしまいました。久しぶりの1番前。後から来る人の邪魔にならないか、逆に緊張する~ぅ。

時刻は10:02頃、東神奈川駅に集まった鉄道ファンは7~8人まで増える。はるか先にクリームと紺色の車体を確認。115系横須賀色です。えっ?ちょっと早くないかい? まだ横浜駅出発時刻の15分前のはず? あわててカメラの準備。

さらにもうひとつの驚いたのは、115系横須賀色が東海道線を走ってきたこと。今回、『「よこすかYYのりものフェスタ」横須賀色115系の旅』を担当するのは、長野総合車両センター所属の115系C1編成。前日の目撃情報では、長野総合車両センターから豊田車両センターに送り込まれたとのこと。私の予想では、高尾駅発着の成田エクスプレスと同じルートをたどり、横須賀線の東京駅地下ホームまで回送され、東京駅~大船駅間は横須賀線を走行するものと思っていましたので、こちらも意外でした。

14061302

東神奈川駅を通過する、『「よこすかYYのりものフェスタ」横須賀色115系の旅』

列車が走り去って、ふと思う。これだけ通過時刻が早いということは横浜駅でしばらく停車しているということか? 後続の京浜東北線に乗って横浜駅へ向かいました。

14061303

予想どおり、115系横須賀色は横浜駅5番線に停車中。

14061304

ちょっと無理矢理ですが、京浜東北線E233系と組み合わせて撮影してみました。

この後、115系横須賀色は横須賀駅へ向かい車両展示。そして乗車体験会で大船駅~横須賀駅を走行するのですが、この日は午後から用事があったため深追いはできず。これで115系の撮影は終了としました。

福島駅でのつばさ・やまびこ連結風景~ふくしまミュージック花火2015鑑賞の旅・こぼれ話~(H27.5.31)

平成27年5月31日、前日はふくしまミュージック花火2015で福島を訪問していたのですが、この日は帰宅のため、福島駅から12:16発の「やまびこ138号」を利用しました。「やまびこ138号」は、福島駅で後方に山形駅発の「つばさ138号」を連結して、東京駅へ向かいます。

15053105

「やまびこ」が福島駅に到着後、それを追うように「つばさ」が福島駅14番線に入線。「やまびこ」の車両にゆっくりと近づきながら、先頭の連結器を収納しているカバーが自動で開きます。

15053106

「やまびこ」が停車している少し手前で「つばさ」はいったん停止。ホーム上にいる駅員がトランシーバーで何やら通信をしながら、再び「つばさ」は動き出し、スムーズに連結作業が進んでいきます。

この日も親子連れを中心に、連結作業位置の周辺にはたくさんの乗客が連結作業を見守っていました。

「ふくしまミュージック花火2015鑑賞の旅」の旅日記本編は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しています。こちらもぜひご覧ください。

2015年6月12日 (金)

阿武隈急行8100系~ふくしまミュージック花火2015鑑賞の旅・こぼれ話~(H27.5.31)

平成27年5月31日は、前日の「ふくしまミュージック花火2015」の観覧後、駅近くのホテルに宿泊。帰りの新幹線まで時間がありましたので、これまで乗車したことのない「阿武隈急行」にちょい乗りしてきました。

15053101

阿武隈急行の車両は8100系の2両編成。福島駅から乗車したのは、槻木側がモーター車のAM8109、福島側がモーターなしのAT8110でした。

15053102

1号車と2号車の連結部には、編成ごとに異なった広告ラッピングが施されています。

15053103

8100系の車内の様子。車両の中央部はボックスシートが並んでいます。

15053104

連結部付近はロングシート。連結面は扉等で仕切られておらず、特徴的な形状になっています。

「ふくしまミュージック花火2015鑑賞の旅」の旅日記本編は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しています。こちらもぜひご覧ください。

2015年6月11日 (木)

【飯坂電車】花ももラッピング電車~ふくしまミュージック花火2015鑑賞の旅・こぼれ話~(H27.5.30)

平成27年5月30日にふくしまミュージック花火2015の観覧で福島駅を訪問。花火開催までは飯坂温泉へ向かい、温泉とランチバイキングを楽しみました。福島駅から飯坂温泉駅までは、福島交通飯坂線(飯坂電車)を利用しました。

飯坂電車の車両は東急電鉄から譲渡を受けた7000系。5年前の平成22年に「飯坂・赤湯・銀山温泉巡りの旅」で飯坂電車を利用したことがあり、今回2度目の乗車。前回の7000系はステンレスの銀色車体に青色のラインでしたが、今回乗車した7000系にはラッピングが施されていました。

15053007

青色だったラインは桃色になり、車両前面には「花ももフリーきっぷ発売中!」というヘッドマークに、花びらが随所に散りばめられていました。「花ももラッピング電車」は2013年に飯坂温泉のホテル聚楽にオープンした日帰り温泉施設「花ももの湯」の入館券と1日フリーきっぷをセットにした「花ももフリーきっぷ」の発売をPRするため、一部の7000系にラッピングを施したものです。

15053008

飯坂電車は平成26年に開業90周年を迎え、全編成の側面に「おかげさまで開業90周年」というシールが貼り付けられていました。

15053009

7000系の運転席も撮影。

「ふくしまミュージック花火2015鑑賞の旅」の旅日記本編は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しています。こちらもぜひご覧ください。

2015年6月10日 (水)

「とれいゆつばさ」を見学~ふくしまミュージック花火2015鑑賞の旅・こぼれ話~(H27.5.30)

平成27年5月30日、ふくしまミュージック花火2015の観覧で訪れた福島駅。福島駅までは「やまびこ205号」を利用、9:39に到着しました。福島駅からは新幹線初のリゾート列車「とれいゆ つばさ」が運行していますが、その出発時刻は10:02。急ぐ旅でもありませんでしたし、「とれいゆ つばさ」にも興味があります。そこで「とれいゆ つばさ」の見学してきました。

15053002

「とれいゆ つばさ1号」は在来線ホームである福島駅5番線から出発。

15053003

5番ホームに到着したのは9:50頃、すでに「とれいゆ つばさ」は駅ホームに停車していました。

15053004

「とれいゆ つばさ」は秋田新幹線用のE3系を改造し、700番台に改番。E325-701(15号車)の側面には「とれいゆ つばさ」のシンボルマークが描かれています。

15053005

15053006

方向幕はご覧のとおり。

今回は「とれいゆ つばさ」の指定席券を持っていませんでしたので、車両の外観だけ撮影して終了。車内は12~14号車がお座敷、16号車には足湯があるということで興味があります。一度は乗ってみたいですね。

「ふくしまミュージック花火2015鑑賞の旅」の旅日記本編は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しています。こちらもぜひご覧ください。

2015年6月 9日 (火)

【ニューなのはな】快速 お座敷さくらんぼ号~新宿駅にて~(H27.6.6)

平成27年6月6日~14日の土休日、千葉駅~甲府駅間で「快速 お座敷さくらんぼ号」が運転されました。運転日初日の6月6日は、前回の記事および前々回の記事でご紹介しているように、「ELレトロ栃木・福島号」と「特急あやめ祭り号」の撮影で新宿駅を訪れていました。「快速 お座敷さくらんぼ号」の新宿駅出発時刻は8:33。「特急あやめ祭り号」が新宿駅を出発(8:29)してから、わずか4分後ということで、急いで「お座敷さくらんぼ号」が発着する10番線へ向かいました。

15060608

15060609

「お座敷さくらんぼ号」の担当車両は、お座敷車両「ニューなのはな」。方向幕には「お座敷列車 全車指定席」と表示されていました。

2015年6月 8日 (月)

【E257系幕張車】特急あやめ祭り号~専用ヘッドマークで運転~(H27.6.6)

平成27年5月30日から6月28日まで千葉県香取市で開催中の「水郷佐原あやめ祭り」に合わせ、5月30日から6月21日までの土休日に、新宿駅を始発として祭り会場の最寄駅となる佐原駅を経由、鹿島神宮駅行きの臨時特急「あやめ祭り号」が運転されました。

東京駅~鹿島神宮駅間で「特急あやめ号」が運行されてきましたが、平成27年3月のダイヤ改正をもって定期列車は終了。今回、「特急あやめ祭り号」と新たな列車名称を冠し、成田線・鹿島線の特急列車(成田エクスプレスを除く)が約1か月間、復活しました。

15060605

「特急あやめ祭り号」は新宿駅11番線から出発。

15060606

この日の「特急あやめ祭り号」は幕張車両センター所属E257系NB-08編成でした。

15060607

ヘッドマークには「特急あやめ祭り」と表示。1か月だけの臨時列車ながら専用のヘッドマークが用意されるのは珍しいですね。

2015年6月 7日 (日)

旧型客車が新宿にやってきた~ELレトロ栃木・福島号~(H27.6.6)

平成27年6月6日、横浜駅~郡山駅間で「ELレトロ栃木・福島号」が運転されました。この列車は平成27年4月から6月まで開催中の「ふくしまデスティネーションキャンペーン」に合わせて、JR東日本横浜支社が企画した団体専用列車。

列車名の「レトロ」という名称からもあるとおり、高崎車両センター所属の旧型客車が使用されました。高崎の旧型客車は「SLレトロみなかみ」や「SLレトロ碓氷」など群馬県内で運用されることが多く、都心で運転されることは珍しい。運転日当日は、「特急あやめ祭り号」や「お座敷さくらんぼ号」など他にも撮影したい列車があり、これらすべての列車が通過する新宿駅で「ELレトロ栃木・福島号」を待つことにしました。

「ELレトロ栃木・福島号」は横浜駅を7:10に出発。新宿駅は8:22発ということですので、新宿駅に7:45頃に到着。列車到着の約40分前だと、かなりの鉄道ファンがすでに集まっているかな?と5・6番ホームの南側先端部に行ってみると、意外にも全く人の姿がない。もしかして運転日を間違えたか?と思い、6番線の発車標を見ると、しっかり「団体」という表示がある。

なぜ、新宿駅5・6番ホーム南側に鉄道ファンが集まっていなかったのかは、実際に行ってみてすぐにわかりました。ホームの先には信号機が立っていて、横浜方面からやってくる列車が見づらいうえ、線路配置の関係から、先頭車両の正面しか撮影できず、側面がほとんど写らないのです。他にもっと条件の良い場所はないかと思いましたが、時すでに遅し。あとからやってきた「ELレトロ栃木・福島号」に乗車するという人の話では、新宿駅7・8番ホームの池袋寄りや、池袋駅ホームの新宿寄りには多くの鉄道ファンが集結しているとのこと。列車の先頭から最後尾まで編成すべてがおさまる写真を撮影できないのなら、新宿駅で撮影していることが少しでもわかる構図にしようと、思い切って手持ちレンズで最大広角にして、新宿周辺の高層ビルを絡めてみることにしました。

15060601

…で、撮影したのがこんな感じ。新宿南口にそびえたつ「NTTドコモ代々木ビル(ドコモタワー)」と、その脇を走り、新宿駅に近づく「ELレトロ栃木・福島号」。

15060602

新宿駅6番線に停車する「ELレトロ栃木・福島号」

15060603

「ELレトロ栃木・福島号」は新宿駅で約2分の停車。その間に先頭部に移動して、改めて1枚撮影。

15060604

6番線での撮影を終えて、新宿駅を8:29に出発する「特急あやめ祭り号」を撮影しようと、新宿駅7・8番ホームを歩いていると、新宿駅から出発していく「ELレトロ栃木・福島号」が後方から走りぬけて行きました。とっさのことで先頭の電気機関車は間に合いませんでしたが、旧型客車はなんとか撮影。写真中央から右側にかけて建つ大きな建物が新宿高島屋。もう1枚、新宿駅を走る旧型客車を記録することができました。

都電荒川線「2015路面電車の日」記念イベント訪問記を掲載しました(H27.6.7)

平成27年6月7日に、荒川電車営業所で都電荒川線「2015路面電車の日」記念イベントが開催されました。「2015路面電車の日」記念イベント訪問記を私のホームページ「列車とともに」に掲載しました。ぜひ、ご訪問ください。

15060701

2015年6月 6日 (土)

メディアックス様発刊の書籍「青春18きっぷで行く夏旅」に私が撮影した写真が掲載されます(H27.6.6)

平成27年6月19日に株式会社メディアックス様から、「青春18きっぷで行く夏旅」という旅のガイドブックが発刊されるのですが、それに私が撮影した写真が掲載されることになりました。

その写真がこちら。

12031904

この写真、弊ブログ平成24年3月19日付の記事で掲載しているもの。平成24年3月16日から18日にかけて交通科学博物館と梅小路蒸気機関車館への旅に出かけた時に、新宿駅で撮影したものです。

「青春18きっぷの夏旅」では、『全国各地の伝統的なお祭り行事や花火大会を楽しむ旅プラン』や『全国各地の海水浴場や体を動かして遊べる夏ならではのレジャースポット』などを青春18きっぷを利用して巡る旅など、様々な旅のプランが掲載されるとのこと(『 』内はいただいた企画書から引用させていただいております)。

他にも人気駅弁やご当地グルメなど旅を楽しむ様々な情報が盛り込まれているそうです。

その中で私が提供させていただく「ムーンライト信州81号」に乗車するプランが掲載されるのでしょうね。私の写真がどのように掲載されるのか、書籍の発売が楽しみです。この書籍を参考に、夏の旅に出かけてみようかな。

「ふくしまミュージック花火2015鑑賞の旅」の旅日記を掲載しました(H27.5.30)

平成27年5月30日から31日にかけて、福島市で開催された「ふくしまミュージック花火2015」を観覧と、飯坂温泉への旅に出かけてきました。「ふくしまミュージック花火2015鑑賞の旅」を私のホームページ「列車とともに」に掲載しました。ぜひ、ご訪問ください。

15053001

2015年6月 2日 (火)

資料館内のヘッドマークと新幹線コーナー~鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア2015訪問記・こぼれ話~(H27.5.23)

大宮総合車両センター内には、歴史的な鉄道資料を所蔵する資料館があり、イベント開催時には一般に開放されます。平成27年5月23日に開催された「鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア」を訪問。資料館内も見学してきました。

15052318

15052319

資料館内には数多くのヘッドマークが展示されていました。

15052320

こちらは「EF80 52」の先頭部車両番号まわりのみのカットモデルと「くつろぎ」のヘッドマーク。並べて展示されているので、何か関係がありそうですが、それは不明。

15052321

新幹線コーナーと書かれたボードには200系と思われる先頭の「鼻」の部分。その左側にあるのは200系のヘッドライトでしょうか?

「鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア2015訪問記・本編は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しています。こちらもぜひご覧ください。

2015年6月 1日 (月)

大宮総合車両センターに入場中の車両たち~鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア2015訪問記・こぼれ話~(H27.5.23)

今回は平成27年5月23日の「鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア」で大宮総合車両センターを訪問した時、センター内で点検・整備中の車両たちの一部をご紹介していきたいと思います。

15052310

まずはE259系。編成番号は不明。先頭部や側面の「N'EXロゴ」はすべて剥がされていて、正面の貫通扉以外は全身真っ白な状態となっていました。

15052311

こちらは「BOSO VIEW EXPRESS」の255系中間車両。右側の車両番号「モハ255-7」でしたので、幕張車両センター所属255系Be-04編成と思われます。

15052312

幕張車両センター所属209系。編成番号は「C612」となっていましたので、弊ブログ平成27年5月27日付の記事でご紹介している、大宮駅11番線ホームから見えた209系と同じ編成の一部であることがわかります。

15052313

15052314

新潟色の115系を大宮総合車両センターで見つけました。

15052315

南武線用の205系。編成番号は「モハ205-5012」となっていましたので、京葉車両センター所属205系M6編成のうちの1両と思われます。

「鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア2015訪問記・本編は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しています。こちらもぜひご覧ください。

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »