2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 上野東京ライン開業!それぞれの一番列車(その2)~常磐線特急「ひたち・ときわ」の一番列車~(H27.3.14) | トップページ | 上野東京ライン開業!それぞれの一番列車(その4)~宇都宮線直通「快速アクティー」の一番列車~(H27.3.14) »

2015年3月16日 (月)

上野東京ライン開業!それぞれの一番列車(その3)~品川駅行き・品川駅発、常磐線普通・快速・特別快速の一番列車~(H27.3.14)

前回は常磐線特急列車の一番列車に関する話題をお伝えしましたが、第3回目の今回は「品川駅行き・品川駅発の常磐線普通・快速・特別快速の一番列車」をご紹介していきたいと思います。

まずは品川駅行き(上り)の常磐線各列車から進めていきましょう。

15031432

15031433

最初に訪れたのが三河島駅。品川駅行きの快速の一番列車の撮影からスタート。品川駅行きの快速の一番列車(我孫子駅まで830M列車、我孫子駅から752H列車)は、成田駅を6:31に出発。上野駅7:53着、東京駅8:02着、終点の品川駅には8:10に到着します。

15031434

いつものとおり、列車名と行き先等が表示されている発車標と車両を組み合わせて撮影しようと思っていましたが、列車が到着する前に発車標がインフォメーションに変わってしまい撮影失敗。でもE231系に「上野東京ライン 常磐・東海道線直通」と表示されていることから、品川駅行きであることが確認できるかと思います。

15031435

15031436

常磐線E231系の方向幕も今日から「上野東京ライン 常磐・東海道線直通」、「上野経由 品川」という新たな表示が加わりました。

15031437

こちらは常磐線からの上野東京ライン直通列車が発着する上野駅9番線の発車標。常磐線内は「快速」だった列車も上野駅からは各駅停車に変わるようです。

15031438

こちらは上野駅の上野東京ライン東京方面行きの出発案内板。8:01発の品川駅行きは常磐線経由の列車で、種別は「各駅停車」。それ以外は宇都宮線・高崎線経由の列車で、「普通」となっています。いずれも品川駅までの停車駅は、東京・新橋・品川駅と変わりありませんが、種別を分けているのはどんな意味があるのでしょうか?

15031440

続きまして、品川駅行き常磐線普通(中距離電車)の一番列車は、上野駅9:06発の品川駅行き(1148M列車)。勝田駅を6:53に出発して、上野駅9:05着、東京駅9:11着、終点の品川駅には9:21に到着します。

15031441

15031442

15031443

E531系の方向幕は「上野東京ライン 東海道線直通」と表示。前述の常磐線快速の一番列車であるE231系の方向幕は「上野東京ライン 常磐・東海道線直通」となっていて若干違いますが、これは常磐線快速が成田駅始発だったため、「常磐」という名称が追加されているのかもしれません。

15031444

常磐線には日中時間帯1時間に1本、特別快速が運転されていますが、今回のダイヤ改正ですべて品川駅発着となりました。品川駅行き特別快速の一番列車は、上野駅10:59発(3160M列車)。土浦駅を10:00に出発、東京駅には11:04着、終点の品川駅には11:13に到着します。

15031445

15031446

15031447

品川駅行き特別快速の一番列車が上野駅に入線直前、人が横切ってしまい、失敗写真となってしまいました。

以上で、品川駅行きの常磐線普通・快速・特別快速の一番列車の話題は終了。続いては、品川駅発の常磐線普通・快速・特別快速の一番列車の話題に移ります。

15031448

品川駅発の常磐線普通(中距離電車)の一番列車は、9:33発の水戸駅行き(1155M)。

15031449

品川駅の東京駅寄りホーム先端部は狭いうえに、多くの鉄道ファンが集まっていたので、最後尾へ移動。上野東京ライン常磐線直通の一番列車を撮影。

15031451

15031452

品川駅行きの常磐線・上野東京ライン列車の方向幕は「上野東京ライン 東海道線直通」であるのに対し、品川駅発の常磐線・上野東京ライン列車の場合は「上野東京ライン 常磐線直通」と表示内容が異なっていることに気づきました。

15031453

品川駅は撮影目的の鉄道ファンが多く集まっていたので新橋駅へ移動。品川駅発の常磐線特別快速の一番列車(3165M列車)は、品川駅9:53発、新橋駅9:59発、土浦駅には12:09に到着。

15031454

15031455

15031456

最後は品川駅発の快速の一番列車。

15031471

品川駅発の常磐快速の一番列車は、品川駅15:56発の取手駅行き(1591H列車)。

15031472

15031473

E231系が担当する品川駅発の常磐線快速は夕方までありません。一方で、品川駅行きは朝時間帯にもあるため、品川駅に到着したE231系は回送となり、一部は品川駅~田町駅間の操車場に引き上げられるため、上野東京ライン開業後は、日中時間帯に旧田町車両センター内には、東海道線用E231系やE233系に混じって留置されている常磐線用E231系を見ることができます。

15031474

15031475

« 上野東京ライン開業!それぞれの一番列車(その2)~常磐線特急「ひたち・ときわ」の一番列車~(H27.3.14) | トップページ | 上野東京ライン開業!それぞれの一番列車(その4)~宇都宮線直通「快速アクティー」の一番列車~(H27.3.14) »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道(JR東日本)」カテゴリの記事

コメント

優さん、こんにちは。

北陸新幹線開業おめでとうございます。早速の北陸新幹線の乗車、楽しみですね。

青春18きっぷの通過特例ですが、予想していたよりも短い区間でしたね。さすがに直江津~金沢間で通過特例が適用されるとは思いませんでしたが、せめて富山~金沢間で通過特例があれば、高山本線経由で追加料金なしで金沢まで行けたんですが…。

北陸新幹線に「お先にトクだ値」がないのも残念。運行区間がJR東日本管内のみで完結しないためなのでしょうか? いや、そうであればJR東日本の割引サービス「えきねっとトクだ値」が設定されないはず? 開業直後で乗車率が高いだろうからと、「お先にトクだ値」を販売しないのか? ある程度、利用状況が落ち着いたら販売されるのか? 今後とも注目していきたいですね。

taka110さん、こんにちは。
お久しぶりです。
ついに上野東京ライン開業しましたね。
これで高崎線、宇都宮線、常磐線から東海道線への乗換えがなくなり便利になりましたね。
今までは上野と東京で2回乗り換える必要があり面倒でした。

それと今回のダイヤ改正でもう1つ大きなニュースがあります。
それは北陸新幹線の開業です。
北陸新幹線の開業により金沢から東京まで最短2時間28分、富山から東京まで最短2時間8分で結ばれるようになりました。
私も22日に北陸新幹線に乗って東京へ行く予定です。
しかし北陸新幹線の開業の裏に並行在来線の経営分離があります。
北陸新幹線の開業により北陸本線(金沢ー直江津間)と信越本線(直江津ー長野間)が経営分離されて金沢ー倶梨伽羅間がIRいしかわ鉄道、倶梨伽羅ー市振間があいの風とやま鉄道、市振ー直江津間がえちごときめき鉄道日本海ひすいライン、直江津ー妙高高原間がえちごときめき鉄道妙高はねうまライン、妙高高原ー長野間がしなの鉄道北しなの線に経営を引き継がれました。
これによりこの区間は青春18きっぷが使えなくなってしまいました(涙)
ただしあいの風とやま鉄道富山ー高岡間とIRいしかわ鉄道津幡ー金沢間は通過特例が設けられ途中下車しない限り青春18きっぷでご乗車できます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 上野東京ライン開業!それぞれの一番列車(その2)~常磐線特急「ひたち・ときわ」の一番列車~(H27.3.14) | トップページ | 上野東京ライン開業!それぞれの一番列車(その4)~宇都宮線直通「快速アクティー」の一番列車~(H27.3.14) »