2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 「快速ぶらり川越号」~651系が川越線を走る~(H27.2.7) | トップページ | 三笠鉄道記念館の展示車両(その24)~貨車「トラ72568」~平成26年夏 グランクラスと北斗星で行く北海道の旅・こぼれ話~(H26.9.17) »

2015年2月 9日 (月)

185系B5編成が分割&OM04編成がストライプ色に塗装変更&205系南武・埼京混結車両が移動~大宮駅11番線からの観察~(H27.2.7)

に平成27年2月7日は「河津桜トレイン」の撮影で大宮駅を訪問(弊ブログ平成27年2月2日付の記事を参照)。大宮駅11番線から大宮総合車両センターを覗いてみると、いろいろと変化がありました。

15020709

まずは大宮駅11番線の最南部周辺には185系の中間車両4両が留置。一番右側の車両は車両番号を見ると「モハ185-219」のようですので、大宮総合車両センター所属185系B5編成のようです。この場所、弊ブログ平成27年1月9日付の記事でご紹介している、南武線用と埼京線用の205系が連結されて留置されていましたが、入れ替えられていました。

15020710

ホームを歩いて、今度は反対側の大宮駅北側の大宮総合車両センター方向を見てみると、4編成の車両が確認できました。

一番左の車両は、幕張車両センター所属255系Be-05編成。

15020711

その隣の205系が、前述の南武線用と埼京線用の205系が連結された編成。停車場所は変わりましたが、相変わらずカラーリングが異なる車両どおしが連結されたままです。

15020712

向かって左側のストライプ塗装の185系。運転席窓部から編成番号札が取り外されていたので編成番号はわかりませんが、先頭車が「クハ185-208」となっていましたので、OM04編成と思われます。OM04編成は上毛三山をイメージした塗装車両でしたから、今回の入場で塗装変更されたようです。

向かって右側の185系は、「B5」の編成番号札が取り付けられていましたので、一枚目の写真でご紹介した4両の中間車と同じ編成。先頭車2両と中間者4両が分割されている状態での留置となっていました。

« 「快速ぶらり川越号」~651系が川越線を走る~(H27.2.7) | トップページ | 三笠鉄道記念館の展示車両(その24)~貨車「トラ72568」~平成26年夏 グランクラスと北斗星で行く北海道の旅・こぼれ話~(H26.9.17) »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道(JR東日本)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「快速ぶらり川越号」~651系が川越線を走る~(H27.2.7) | トップページ | 三笠鉄道記念館の展示車両(その24)~貨車「トラ72568」~平成26年夏 グランクラスと北斗星で行く北海道の旅・こぼれ話~(H26.9.17) »