2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 小樽市総合博物館の展示車両(その40)~貨車「ソ34」「チキ6141」~平成26年夏 グランクラスと北斗星で行く北海道の旅・こぼれ話~(H26.9.14) | トップページ | 【団臨・ニューなのはな】のんでみっぺぇ南房総号~両国駅にて~(H26.12.13) »

2014年12月12日 (金)

「特急 旭山動物園号」特集~平成26年夏 グランクラスと北斗星で行く北海道の旅・こぼれ話~(H26.9.15)

旭山動物園へのアクセス列車として、札幌駅~旭川駅間で土休日を中心に運転されている「特急 旭山動物園号」。平成23年の「道東ぐるり一周各駅停車の旅」でも撮影した「特急 旭山動物園号」でした(弊ブログ平成23年10月4日付の記事を参照)が、平成25年に車両デザインが一新されました。

平成26年9月15日は、9:05発の「特急フラノ紅葉エクスプレス」に乗って、富良野方面へお出かけ。その約30分前の8:30には「特急 旭山動物園号」が出発するため、リニューアルされた車両を見ようと、早めに札幌駅に向かいました。

14091501

「特急 旭山動物園号」は札幌駅10番線から出発。旭川側の先頭部「1号車」はキリンが描かれています。

14091502

ヘッドマークはリニューアル前のデザインのままとなっています。

14091503

1号車(キハ183-3)は「草原のサバンナ号」。車両側面は、アフリカの草原・サバンナをイメージしたキリン、シマウマ、ゾウなど群れが描かれています。

14091504

14091505

2号車(キハ182-46)は「熱帯のジャングル号」。東南アジアのジャングルをイメージ。ジャングルの樹木とトラ、サル、和になどの動物が描かれています。

14091506

14091507_2

3号車(キハ182-47)は「北海道の大地号」。北海道の大地と動物たちが描かれています。

14091508

4号車(キハ182-48)は「鳥たちの大空号」。ピンクと白・黒の鳥たちの大群が車両いっぱいに描かれています。

14091509

5号車の先頭部(キハ183-4)は「ホッキョクグマ」の顔が大きくデザイン。

14091510

「極寒の銀世界号」と名付けられた5号車の側面は、北極海とそこに生息するホッキョクグマやアザラシ、ペンギンなどが描かれています。

14091511

旭川駅に向けて札幌駅を出発していく「特急 旭山動物園」を見送って、私たちは「特急フラノ紅葉エクスプレス」の出発ホームに向かったのでした。

「平成26年夏 グランクラスと北斗星で行く北海道の旅」の旅日記は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しています。こちらもぜひご覧ください。

« 小樽市総合博物館の展示車両(その40)~貨車「ソ34」「チキ6141」~平成26年夏 グランクラスと北斗星で行く北海道の旅・こぼれ話~(H26.9.14) | トップページ | 【団臨・ニューなのはな】のんでみっぺぇ南房総号~両国駅にて~(H26.12.13) »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道(JR北海道)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 小樽市総合博物館の展示車両(その40)~貨車「ソ34」「チキ6141」~平成26年夏 グランクラスと北斗星で行く北海道の旅・こぼれ話~(H26.9.14) | トップページ | 【団臨・ニューなのはな】のんでみっぺぇ南房総号~両国駅にて~(H26.12.13) »