2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

マイリスト

  • 鉄道コム/TETSUDO.COM
  • にほんブログ村

« 小樽市総合博物館の展示車両(その7)~ディーゼル機関車「DD13-611」~平成26年夏 グランクラスと北斗星で行く北海道の旅・こぼれ話~(H26.9.14) | トップページ | 小樽市総合博物館の展示車両(その8)~ディーゼル機関車「DD14-323」~平成26年夏 グランクラスと北斗星で行く北海道の旅・こぼれ話~(H26.9.14) »

2014年10月19日 (日)

ふじさわ江の島花火大会観覧記を掲載しました(H26.10.18)

平成26年10月18日に開催された「ふじさわ江の島花火大会」観覧記を、私のホームページ「列車とともに」に掲載しました。ぜひご訪問ください。

14101801

1発目の2尺玉「八重芯錦冠菊先橙点滅」

« 小樽市総合博物館の展示車両(その7)~ディーゼル機関車「DD13-611」~平成26年夏 グランクラスと北斗星で行く北海道の旅・こぼれ話~(H26.9.14) | トップページ | 小樽市総合博物館の展示車両(その8)~ディーゼル機関車「DD14-323」~平成26年夏 グランクラスと北斗星で行く北海道の旅・こぼれ話~(H26.9.14) »

花火」カテゴリの記事

花火(関東)」カテゴリの記事

コメント

taka110さん、こんにちは。
早くも「お先にトクだ値」の35%引きの指定席はほぼ全滅ですか。
キャンセルが出るといいですね。
もしtaka110さんも長野えびす講煙火大会に行かれるのでしたら今度こそぜひお会いしたいです。
「お先にトクだ値」が確保できることを祈ってます。

優さん、こんにちは。

長野えびす講まで、もう1か月を切っていたんですね。
急いで「お先にトクだ値」をチェックしてみましたが、もう35%引きの指定席はほぼ全滅でした。
キャンセルが出ないか、その後も見ているんですが、なかなか出ませんね。
花火大会の翌日も休みなのは今年までで、来年からは翌日が平日ですからね。できれば今年も行きたいのですが、
「お先にトクだ値」の確保できたら観覧しようと思っています。

taka110さん、こんにちは。
そういえばtaka110さんは今年は長野えびす講煙火大会には行かれるのでしょうか?

優さん、こんにちは。

秋の乗り放題パス2枚使って6日間の旅もいいですね。連続休暇が取れるような環境があれば試してみたいと思います。

taka110さん、こんにちは。
確かに秋の乗り放題パスは連続した3日間ではないといけないので使い勝手がよくないですね。
私も以前の鉄道の日記念・JR全線乗り放題きっぷのほうが青春18きっぷのように連続してなくても分割して利用できるので小回りが利き使い勝手がよかったと思います。
それと秋の乗り放題パスで九州へ行かれるのでしたら秋の乗り放題パスを2枚使って6日間行くという手もあります。
それと九州には「旅名人の九州満喫きっぷ」という青春18きっぷの九州版のようなフリーきっぷがあります。
利用期間は平成26年4月1日~平成27年3月31日で九州のJR線のほか北九州高速鉄道、福岡市交通局西日本鉄道、筑豊電気鉄道、甘木鉄道平成筑豊鉄道(門司港レトロ観光線含む)長崎電気軌道、松浦鉄道、島原鉄道南阿蘇鉄道、熊本市交通局、熊本電気鉄道くまがわ鉄道、肥薩おれんじ鉄道、鹿児島市交通局など九州の全鉄道の普通列車に乗車可能です。
料金は10,800円で有効期間は期間中の任意の3日(回)です。

優さん、こんにちは。

東京~八代間のモデルコースご紹介ありがとうございます。
せっかくの九州遠征ですから、他にも旅行したいところですが、秋の乗り放題パスは「3日連続」というところが痛いですよね。
以前の「鉄道の日記念・JR全線乗り放題きっぷ」は値段こそ「秋の乗り放題パス」より高いですが、分割して利用できますから、使い勝手が良かったと思います。

鈍行列車旅に耐えられる体力が残っているうちに、ぜひとも八代に一度は行ってみたいものです。

taka110さん、こんばんは。
やつしろ全国花火競技大会ですが天気もよく弱めの風もあったため煙も流れて好条件でした。
内容は想像よりも良くわざわざ来てよかったと思いました。
ただ安全確認のため開始が約30分、終了が約40分遅れてたため帰りの電車に間に合うかヒヤヒヤしました。
なので終盤は会場でも駅寄りに移動してそこで見て花火が終了したら急ぎ足で駅へ向かいました。
帰りの八代駅は混雑により入場制限に捕まりましたが何とか終電で博多まで戻ることができました。
今回の行程は17日に小倉まで1日かけて鈍行を乗りついて移動して2日目は下関総合車両センターの一般公開を見物後鈍行で八代まで行って花火見物後鈍行で博多まで戻り19日は博多を早朝出発して1日鈍行を乗り継いで帰宅するというハードスケジュールでした。
それから来年東京から秋の乗り放題パスでやつしろ全国花火競技大会へ行くモデルコースを作ったので紹介します。
まず1日目に東京から広島か岩国まで鈍行で移動して2日目は広島か岩国から鈍行で八代まで行って花火終了後熊本まで戻り熊本で泊り3日目は熊本から鈍行で京都か名古屋まで行きそこから夜行バスで東京へ帰るという行程です。
帰りはなぜ京都か名古屋夜行バスにしたかといいうと博多から東京まで1日で鈍行のみで移動するのは不可能なためです。
博多からだと鈍行のみで1日だと沼津が限度です。
また花火終了後も鈍行では博多までしか行けないです。
taka110さんもよかったら来年このモデルコースでやつしろ全国花火競技大会へ言ってみてください。

優さん、こんにちは。

ふじさわ江の島は煙が滞留ぎみでしたが、まずまずでした。
やつしろはいかがでしたが?

taka110さん、こんにちは。
先程帰宅しました。
観覧記を読みましたがふじさわ江の島花火大会も良い条件だったそうですね。
ただ帰りの混雑がひどかったのですね。
そういえば関東の秋の花火大会は土浦、鴻巣、ふじさわ江の島の三拍子ですね。
写真見ましたが一度は見てみたい内容だと思います。
私から見ればふじさわ江の島花火大会はわざわざ見に行こうとは思いませんがついでがあったらぜひ行きたい花火大会です。
それから私は3週間連続2泊3日の遠征に行ったため予算がなくなってしまいました。
なので来月の遠征は長野えびす講煙火大会(日帰り)のみにしようと思ってます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216525/60510964

この記事へのトラックバック一覧です: ふじさわ江の島花火大会観覧記を掲載しました(H26.10.18):

« 小樽市総合博物館の展示車両(その7)~ディーゼル機関車「DD13-611」~平成26年夏 グランクラスと北斗星で行く北海道の旅・こぼれ話~(H26.9.14) | トップページ | 小樽市総合博物館の展示車両(その8)~ディーゼル機関車「DD14-323」~平成26年夏 グランクラスと北斗星で行く北海道の旅・こぼれ話~(H26.9.14) »