2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ふじさわ江の島花火大会観覧記を掲載しました(H26.10.18) | トップページ | 小樽市総合博物館の展示車両(その9)~ディーゼル機関車「DD15-37」~平成26年夏 グランクラスと北斗星で行く北海道の旅・こぼれ話~(H26.9.14) »

2014年10月20日 (月)

小樽市総合博物館の展示車両(その8)~ディーゼル機関車「DD14-323」~平成26年夏 グランクラスと北斗星で行く北海道の旅・こぼれ話~(H26.9.14)

平成26年9月14日に訪れた小樽市総合博物館の展示車両をご紹介しています。第8回目の今回は、ディーゼル機関車「DD14-323」です。

14091424

「DD14形」は、除雪用として製造されたディーゼル機関車。多くの国鉄型ディーゼル機関車は運転席が車体の中間にあるのが多いのですが、DD14形は運転席が車体の片方に偏っていて、運転席側にロータリーヘッドを連結して除雪作業にあたります。

14091425

除雪装置が連結しているのとは反対側の顔立ちはこちら。こちら側を先頭に走るとなると、運転席が相当後ろに位置するので、運転しづらそうですね。

現在「DD14形」ディーゼル機関車が展示されているのは、小樽市総合博物館と三笠鉄道記念館のみ。北海道に来ないと見ることができない貴重な車両です。

「平成26年夏 グランクラスと北斗星で行く北海道の旅」の旅日記は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しています。こちらもぜひご覧ください。

« ふじさわ江の島花火大会観覧記を掲載しました(H26.10.18) | トップページ | 小樽市総合博物館の展示車両(その9)~ディーゼル機関車「DD15-37」~平成26年夏 グランクラスと北斗星で行く北海道の旅・こぼれ話~(H26.9.14) »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ふじさわ江の島花火大会観覧記を掲載しました(H26.10.18) | トップページ | 小樽市総合博物館の展示車両(その9)~ディーゼル機関車「DD15-37」~平成26年夏 グランクラスと北斗星で行く北海道の旅・こぼれ話~(H26.9.14) »