2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 都電荒川線「2014路面電車の日」記念イベント訪問記を掲載しました | トップページ | カシオペアクルーズ~復路は「EF81-81」単独で上野駅へ~(H26.6.10) »

2014年6月 9日 (月)

【東武】スカイツリートレイン車内探訪~平成26年春 スカイツリートレインとお座トロ展望列車で行く会津の旅・こぼれ話~(H26.5.18)

京急ファミリー鉄道フェスタや都電「路面電車の日」記念イベントのこぼれ話もたくさんあるのですが、もうしばらく、「スカイツリートレインとお座トロ展望列車で行く会津の旅」の話題にお付き合いください。

平成26年5月18日は、今回の旅の目的のひとつ、スカイツリートレインに乗車しました。今回はスカイツリートレインの車内設備を中心に、ご紹介していきたいと思います。

14051943

スカイツリートレインは、主に快速・区間快速や栃木駅以北の普通列車等に使用されている6050系を観光列車に改造し、634型「スカイツリートレイン」として平成22年にデビューした車両。2両編成の車両を2編成連結し、4両編成で運転されています。

14051955

方向幕はLED式に交換。

14051944

車体前面の貫通扉と車体側面には、「634型スカイツリートレイン」のロゴ。

14051942

東武日光側の2両は、「634-22」+「634-21」。車体外装は、赤を基調としたカラーリングで朝 やけをイメージしています。

14051945

車内のシートも赤系統の色で統一されています。

14051946

運転席の反対側の先頭部には、前面展望スペースがあり、かぶりつきを楽しむことができます。

14051956

前面展望スペースからの眺め。

14051947

スカイツリートレインには荷棚がないため、前面展望スペースの後ろには大きな荷物スペースがあります。

14051948

2号車と、4号車の前面展望スペース。荷物スペースの向かいには「サロン」と呼ばれる共有スペースがあります。ご覧の写真は2号車「634-21」のサロンです。

14051949

2号車の1号車寄りには、記念スタンプ台があります。

14051950

車端部には、天井に次の駅などを表示するディスプレイが。その横には大型の液晶テレビがあり、沿線のPRなどが流されています。

14051951

シートカバーにもスカイツリートレインのロゴ。シートには、スカイツリーのキャラクター「ソラカラちゃん」「テッペンペン」「スコブルブル」のガラが散りばめられています。

14051952

一方、浅草駅側の2両、「634-11」「634-12」は、青を基調としたカラーリングとなっています。

14051953

「634-11」(4号車)の車内。一人掛けの座席「シングル」と、窓側に向いた2人掛けの座席「ペアスイート」という構成となっています。2号車(634-22)もシートの色が異なるだけで、座席配置は同様。

14051954

「634-12」(3号車)の車内は、一人掛けの座席「シングル」と、2人掛けの座席「ツイン」の構成となっています。1号車(634-22)もシートの色が異なるだけで、座席配置は同様。

14051958

3号車の先頭部には、前面展望スペースと荷物置き場。その向かい側はイベントスペースとなっています。

※平成26年春「スカイツリートレインとお座トロ展望列車で行く会津の旅」の旅日記は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しています。ぜひこちらもご覧ください。

« 都電荒川線「2014路面電車の日」記念イベント訪問記を掲載しました | トップページ | カシオペアクルーズ~復路は「EF81-81」単独で上野駅へ~(H26.6.10) »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道(東武鉄道)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 都電荒川線「2014路面電車の日」記念イベント訪問記を掲載しました | トップページ | カシオペアクルーズ~復路は「EF81-81」単独で上野駅へ~(H26.6.10) »