2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 富士急行の車両たち~フジサン特急編~(H26.5.3) | トップページ | 【西武】6000系6052Fも戸袋窓が埋め込み済(H26.5.9) »

2014年5月14日 (水)

富士急行の車両たち~一般型車両編~(H26.5.3)

前回に引き続き、平成26年5月3日に岩殿山ハイキングで大月駅に立ち寄ったときに出会った富士急行の車両をご紹介していきましょう。今回は一般型車両を取り上げます。

14050317

まずは平成24年から運用を開始した富士急行の最新鋭車両6000形。JR東日本の205系を譲り受けたもの。改造にあたってはJR九州の車両デザインとして有名な水戸岡鋭治氏が携わっているとか。

14050318

水戸岡氏のデザインということで、なかなか派手で斬新。至る所に「富士急通勤電車」を表す「FUJIKYU COMMUTER TRAIN」、その略称の「FCT」、FCTのロゴ、形式名を表す「6000」などが散りばめられています。

14050319

6000形の導入で一部廃車となったものの、まだまだ富士急行の主力車両といえるのが1000・1200形。京王電鉄の5000形の譲渡車両です。

こちらは富士急行開業80周年を記念してリバイバルカラー塗装された車両。

14050320

こちらは、スイスのマッターホルン・ゴッタルド鉄道との姉妹鉄道提携15周年にちなみリバイバルカラー塗装された車両です。

« 富士急行の車両たち~フジサン特急編~(H26.5.3) | トップページ | 【西武】6000系6052Fも戸袋窓が埋め込み済(H26.5.9) »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道(その他私鉄)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富士急行の車両たち~一般型車両編~(H26.5.3):

« 富士急行の車両たち~フジサン特急編~(H26.5.3) | トップページ | 【西武】6000系6052Fも戸袋窓が埋め込み済(H26.5.9) »