2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 小布施駅構内のながでん電車の広場に2000系が展示~平成25年秋 長野ローカル鉄道と花火の旅・こぼれ話~(H25.11.24) | トップページ | 【京成】3300形が京成本線を走行(H26.1.22) »

2014年1月22日 (水)

長野電鉄「スノーモンキー」2100系E2編成の現状~平成25年秋 長野ローカル鉄道と花火の旅・こぼれ話~(H25.11.24)

長野電鉄には、JR東日本で「特急 成田エクスプレス」として活躍してきた253系のうち、2編成、計6両が長野電鉄に譲渡され、2100系「スノーモンキー」という愛称で、主に特急列車として運用されています。

長野電鉄へ譲渡された直後は、概ねJR東日本所属当時の外観を保っていた2100系ですが、弊ブログ平成26年1月17日付の記事 でもご紹介しているように、2100系E1編成はオリジナル色を維持したまま、モンスターハンターのラッピングを施し、「モンハン特急」として運転。

もうひとつのE2編成は、私が湯田中駅に到着後、温泉街で昼食をとって、温泉に入るため駅前の楓の湯を訪れようとしたところ、湯田中駅に停車しているのを見つけました。

13112409

湯田中駅に停車中の2100系E2編成。ひと目見て、ちょっとした違和感。JR東日本253系の時代と似ているようで似ていないような外観。このときは気づきませんでしたが、旅を終えて自宅に戻り、これまで撮りためた写真のなかにある253系と見比べてみました。

13112421

こちらがJR東日本時代の253系。ちょっとした違和感がはっきりしました。

まずは車両前面の違い。車両前面の上部が253系が「黒」であるのに対し、2100系E2編成は「赤」になっていること。

また、車両前面の貫通扉付近にも違い。253系が「N'EX」のロゴがある部分が「黒」であるのに対し、2100系E2編成は、ロゴがなく「赤」になっています。

そして「赤」の色についても、2100系E2編成の方が、253系(または2100系E1編成)に比べて、濃い赤色になっているように感じます。

一番の大きな違いは、車両側面の色づかい。253系が、「赤」と「グレー」と「白」の塗り分けですが、2100系は「赤」と「白」となっているところでしょうか。

13112410

車両側面には、愛称である「スノーモンキー」をイメージしたロゴが表示。

13112411

方向幕にも「スノーモンキー」のロゴと文字がかたどられていました。

2100系E2編成が現在の塗装になったのは平成24年9月ということで、塗装変更からすでに1年以上経過しているというのを、この日、初めて知りました。

平成25年秋 長野ローカル鉄道と花火の旅日記は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しています。ぜひこちらもご覧ください。

« 小布施駅構内のながでん電車の広場に2000系が展示~平成25年秋 長野ローカル鉄道と花火の旅・こぼれ話~(H25.11.24) | トップページ | 【京成】3300形が京成本線を走行(H26.1.22) »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道(その他私鉄)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 小布施駅構内のながでん電車の広場に2000系が展示~平成25年秋 長野ローカル鉄道と花火の旅・こぼれ話~(H25.11.24) | トップページ | 【京成】3300形が京成本線を走行(H26.1.22) »