2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月31日 (火)

今年最後の更新です(H25.12.31)

今年も「列車とともに」、そして「列車とともに・こぼれ話」にご訪問いただきありがとうございました。今年最後の更新となります。

13123109

今年最後の1枚は、平成25年12月31日の16:34頃、池袋駅で撮影したもの。E233系7000番台との置き換えで急速にその数を減らしつつある埼京線用205系です。

平成25年は系で締める…、お後がよろしいようで…(^_^;)

来年もよろしくお願いいたします。

【183系長野車】「特急あずさ87号」、ヘッドマーク破損したまま運転(H25.12.31)

前回に引き続き、平成25年12月31日の話題。今回も旧国鉄型特急車両で運転された「特急あずさ87号」のお話しです。

荻窪駅で「特急あずさ85号」を見送った後は、いったん新宿駅に戻り、「特急あずさ87号」の発車標の撮影から始めることにしました。

13123104

「特急あずさ87号」は、新宿駅を16:02に11番線から出発します。

13123105

11番ホームに降りてみると、足元にはご覧のように「特急あずさ87号」専用の乗車目標が貼り付けられていました。

「特急あずさ87号」が停車するホームの周辺はたくさんの鉄道ファンの姿。11番ホームのひとつ隣の10番ホームに移動して待っていたのですが、「特急あずさ87号」が到着する前に16:00発の特急スーパーあずさ23号が先に新宿駅に入線。そのため中野駅に移動したのですが、中野駅の新宿駅側ホーム先頭部も十名近くの鉄道ファンが場所取り済み。そこで反対側の高尾寄りホーム先端で「特急あずさ87号」の通過を待ちました。

13123106

16:06頃、中野駅を「特急あずさ87号」が通過。担当車両は長野総合車両センター所属183系N104編成でした。…が、なんと先頭車のヘッドマークが何もない。

13123108

ヘッドマークの幕が破損していて、奥の蛍光灯が丸見えの状態でした。

13123107

最後尾車両のヘッドマークは「臨時」でした。さて、N104編成の今後の運用予定はわかりませんが、ヘッドマークの修理にどれほどの時間がかかるのでしょうか? N104編成は元大宮総合車両センター所属OM103編成でしたよね。これを機にN101~103編成と同様の幕に交換すれば、「あずさ」や「かいじ」の運用時にも専用のヘッドマークを掲げて運転できるんですがね。

【189系豊田車】「特急あずさ85号」は『あずさ』幕で運転(H25.12.31)

平成25年の年末も中央線特急「あずさ」のうち、「特急あずさ85号」と「特急あずさ87号」が旧国鉄型特急車両により運転されました。今回は12月30日と31日に運転された「特急あずさ85号」について。

13123102

「特急あずさ85号」は新宿駅9番線から15:02に出発。新宿駅には14:30頃に到着したのですが、すでに十数名の鉄道ファンが集まっていて入り込む余地はなさそう。そこで中央線各駅停車に乗って撮影できそうな駅探し。しかし、中野駅、高円寺駅、阿佐ヶ谷駅もかなりの鉄道ファン。荻窪駅は3人と、これまでの駅に比べれば少ないので下車。「特急あずさ85号」の通過を待ちました。

13123103

15:08頃、荻窪駅を「特急あずさ85号」が通過。担当車両は豊田車両センター所属189系M51編成でした。年末年始やお盆時期の臨時あずさに豊田車が使用されるのは今回が初めてでしょうか? ヘッドマークは豊田車両センターへの転属時に入れ替えがあったようで、絵柄タイプの「あずさ」専用幕を掲げての運転となりました。専用のヘッドマークが用意されたということは、今後ともしばらくの間、旧国鉄型特急車両による「臨時特急あずさ」が見られることになりそうです。

「特急あずさ87号」については、次回でご紹介します。

【東武】特急ゆのさと277号(H25.12.31)

弊ブログ平成25年12月29日付の記事でご紹介した「スノーパル23:55」。担当車両の300系は、他に浅草駅~南栗橋・東武日光駅間を結ぶ「きりふり」。浅草駅~東武宇都宮駅の「しもつけ」。浅草駅~鬼怒川温泉駅間の「ゆのさと」などの特急列車にも使用されています。

「特急きりふり」については弊ブログ平成22年10月3日付の記事で、「特急しもつけ」については弊ブログ平成22年10月4日付の記事でご紹介しているように撮影済みなのですが、「特急ゆのさと」については、まだ撮影していない。さらに、「特急きりふり」「特急しもつけ」は毎日運転の列車ですが、「特急ゆのさと」は臨時列車のうえ運転日も少なく、なかなか目にすることができない列車です。

そんな「特急ゆのさと」が、平成25年~26年の年末年始時期、12月7・14・21・22日と28~31日に「特急ゆのさと277号」として運転されるということを知り、12月31日に東武線沿線に出かけてきました。

13123101

牛田~北千住間の踏切から「特急ゆのさと277号」を撮影。4両編成の350系でした。これで300系・350系が担当する特急列車を全て網羅…。ん? 「尾瀬夜行23:55」がまだ撮影していなかった…。

2013年12月30日 (月)

【185系大宮車】「特急 水上91号」~初めて湘南色(旧田町色)で運転(H25.12.29)

平成25年12月29日~31日、上野駅→水上駅間で「特急 水上91号」がGW以来、約8か月ぶり運転されました。運転日初日の12月29日、上野駅に出かけてきました。

13122904

「特急 水上91号」の上野駅出発時刻は13:10。私が上野駅に到着したのは12:40頃でしたが、すでに16番線には「水上」のヘッドマークを掲出し、先頭車はヘッドマークが点灯された状態で停車していました。

13122905

本日の担当車両は、大宮総合車両センター所属185系OM03編成。かつては「黄・グレー・赤」の配色でしたが、後に湘南色リバイバルカラーとなり、グリーン車が取り外され6両編成となった時、旧田町車と同様の「緑とオレンジの湘南色」に再度塗装変更され、現在に至っています。

「特急 水上91号」が6両編成で運転されるのも、湘南色の車両で運転されるのも今日が初めて。「特急 水上91号」の電光掲示板と上野駅の駅看板。そして「水上」のヘッドマークを掲げた湘南色の185系OM03編成が同一画面で撮影できました。

13122906

「特急 水上  水上行き」の方向幕と、湘南色カラーの車両側面の組み合わせも撮影しておきました。

なお上りの「特急 水上90号」は、平成26年1月3~5日に運転が予定されています。

2013年12月29日 (日)

【京浜東北線】今年も年末年始期間中は終日各駅停車で運転に(H25.12.29)

京浜東北線は昼間時間帯に田端駅~田町駅間で快速運転を実施していますが、例年、年末年始期間中は快速運転を中止し、終日各駅停車で運転されています。

13122907

今年も同様の措置が取られ、平成25年12月28日から平成26年1月3日は快速の運転を取りやめ、終日各駅停車で運転されることとなりました。

13122908

平成25年12月29日の昼間時間帯の京浜東北線。種別は「各駅停車」、列車番号は臨時列車を示す9000番台(9323C)となっていました。

【東武】スノーパル23:55、平成25~26年分運転開始、運転日初日の浅草駅を訪問(H25.12.28)

今期も、東武鉄道の浅草駅から野岩鉄道の会津高原尾瀬口駅まで、スキー・スノーボード専用列車「スノーパル23:55」の運転が開始されました。運転日初日となる平成25年12月28日、始発駅となる浅草駅に行ってきました。

13122901

「スノーパル23:55」は、浅草駅4番線から出発。

13122902

担当車両は300系。この日は302編成でした。

13122903

「スノーパル23:55」は、出発駅からの会津高原尾瀬口駅までの往復乗車券、会津高原尾瀬口駅からスキー場までの往復バス、スキー場の1日リフト券、オプションでスキー用具のレンタルやスクール料金がセットになり、東武トラベルで販売されるパック旅行の購入者のみが利用できるので、団体専用列車のような位置づけとなりますが、種別はご覧のとおり「特急」。ヘッドマークや方向幕も専用のものが用意されていました。

「スノーパル23:55」と、同区間を6~10月に運転される「尾瀬夜行23:55」は、民鉄(JRを除く)で唯一の夜行列車として知られていますが、今や国内全体を見渡してみても数えるほどしかなくなった貴重な夜行列車。過去には平成13年に「尾瀬夜行」に乗車したことのある私ですが、このときの担当車両は向かい合わせのボックスシートの6050系でした。シートはリクライニングしないものの転換クロスシートである300系は車両設備面でグレードアップしていますし、一度は乗車してみたい列車です。

2013年12月28日 (土)

【189系豊田車】あずさ色のM50編成が「ホリデー快速富士山号」に運用復帰(H25.12.28)

弊ブログ平成25年12月8日付の記事でお伝えしているとおり、豊田車両センター所属189系M50編成が11月下旬頃に大宮総合車両センターへ入場し、「ホリデー快速富士山1・2号」は、11月30日の運転から旧国鉄色の同センター所属189系M52編成により運転されてきました(弊ブログ平成25年12月14日付の記事を参照)。

そのM50編成が12月25日に大宮総合車両センターを出場したということで、12月28日の「ホリデー快速富士山1・2号」でM50編成が復帰するのか? それともM52編成が継続運用するのか? 確認のため新宿駅に出かけてきました。

13122803

新宿駅に停車していたのは、M50編成。運用復帰後、早速「ホリデー快速富士山1・2号」に充当されました。

13122804

中野駅に移動して走行中の189系M50編成「ホリデー快速富士山1号」を1枚。

幕張車両センター所属183系が引退したことから、旧あずさ色の車両は189系トタM50編成のみ。今後とも末長く活躍してほしいものです。

【山手線】「東京ミチテラス2013」ラッピングトレイン(H25.12.28)

平成25年12月28日、山手線を走るE231系500番台に、東京駅周辺で開催されるイルミネーションイベント「東京ミチテラス2013」をPRするラッピングトレインを目撃しました。

13122801

13122802

「東京ミチテラス」ラッピングトレインとなったのは、東京総合車両センター所属E231系500番台519編成でした。東京ミチテラス2013が、12月29日までの開催ですから、おそらくこのラッピングトレインも12月29日までのものと思われますので、ギリギリセーフで目撃できたことになりますね。

2013年12月27日 (金)

【189系長野車】快速しなのサンライズ号~上田駅にて~平成25年秋 長野ローカル鉄道と花火の旅・こばれ話~(H25.11.24)

本日から再び長野ローカル鉄道と花火の旅のこばれ話に戻ります。

平成25年11月24日は、長野えびす講煙火大会を観覧後、上田駅前の東横インに宿泊。翌日、11月24日の朝は上田駅に向かい、しなの鉄道を走る車両を観察しました。

13112401

しなの鉄道の小諸駅→長野駅で朝に運転される「快速しなのサンライズ号」。小諸駅~上田駅間は各駅に停車、上田駅を出発すると終点の長野駅までノンストップ。上田駅~長野駅間を利用する場合、運賃のほか、乗車整理券(200円)が必要となります。

「快速しなのサンライズ号」は、JR東日本所属の189系による運転。この日は長野総合車両センター所属189系N101編成が担当していました。

平成25年秋 長野ローカル鉄道と花火の旅日記は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しています。ぜひこちらもご覧ください。

2013年12月26日 (木)

E653系7両での運転終了が迫る(?)快速 舞浜・東京ベイエリア号(H25.12.21)

常磐線の日立駅と京葉線の東京駅を結ぶ「快速 舞浜・東京ベイエリア号」が、平成25年3月以来、約9か月ぶりに、平成25年12月21日と22日の2日間運転されました。

13122101

今回は、12月21日、我孫子駅に出かけ、8:02に出発する「快速 舞浜・東京ベイエリア号」を見送りました。

13122102

この日は、勝田車両センター所属E653系K308編成が担当。

13122103

E653系と電光掲示板を同一画面で収めたくて、少し強引ですが、こんな写真を1枚撮影しておきました。

さて、現在、E653系で運転されている「快速 舞浜・東京ベイエリア号」ですが、現在、7両編成のE653系が「特急 いなほ号」等の後継車両として全車が改造される予定となっています。運転日が少ない「快速 舞浜・東京ベイエリア号」、次回に運転される頃にE653系の改造が終了していると、自動的に他の車両が担当することになるわけ。

次回もE653系での運転となるのか? 担当車両が変更となる場合、どんな車両となるのか? 4両編成のE653系が2編成連結して運転される? 651系にバトンタッチ?  E653系と入れ替えで485系新潟車が勝田車両センターに転属して運転? その動向に注目してきたいですね。

2013年12月25日 (水)

1日2往復のみ~高尾行き成田エクスプレス(H25.12.20)

弊ブログ平成25年12月22日付の記事でご紹介しているように、平成25年12月20日は、平成25年冬期の運転を開始した「ムーンライトえちご」が新宿駅に到着するまでの待ち時間でのお話しです。

13122018

現在、成田空港駅を発着する「特急 成田エクスプレス」は、新宿・池袋方面、横浜・大船方面を結んでいますが、1日2往復は中央線を経由し、高尾駅まで乗り入れしています。高尾行きの成田エクスプレスは、新宿駅21:19発と22:11発と、夜の遅い時間しか設定がなく、なかなか目撃できない列車。「ムーンライトえちご」を待つ間、22:11発の高尾行き「特急 成田エクスプレス52号」が新宿駅にやってきたので、撮影することにしました。

13122019

13122020

ところで、平成26年1月10日から訪日外国人旅行者向けに「N'EX TOKYO Direct Ticket(One Day)」というトクトクきっぷが発売されるそうですね。成田空港駅から東京電車特定区間内の乗車券と成田エクスプレスの普通車指定席がセットで1,500円となるもので、成田空港~東京駅間で成田エクスプレスを利用した場合の通常料金(2,940円)の約半額。仮に大船駅間まで利用(4,500円)したとるすると約66%引き、同区間を普通列車で乗り継いでいく(2,210円)より安くなりという驚異的なトクトクきっぷです。

京成スカイライナー(成田空港~日暮里・上野間)よりも安く、同区間を一般車両で運転されるアクセス特急の運賃(1,200円)にも十分対抗できる。あくまで利用できるのは外国人のみということで、成田エクスプレスは『外国人に優しい列車』になりますね。

2013年12月24日 (火)

白馬行きムーンライト信州81号~平成25年冬期の運転日初日は、183/189系長野車N101編成で運転(H25.12.20)

前回前々回で、平成25年12月20日に平成25年冬期の運転を開始した「ムーンライトえちご」と「ムーンライトながら」を見送った私は、新宿駅へ。3つのムーンライトシリーズの最後のひとつ「ムーンライト信州81号」を見るのが目的です。

13122015

「ムーンライト信州81号」は9番線から出発。私は車両の撮影がしやすい8番ホーム(中央線快速電車上りホーム)に向かいました。

13122016

平成25年冬期の白馬行き「ムーンライト信州81号」の担当車両は、長野総合車両センター所属183/189系N101編成。旧国鉄色で運転される「ムーンライト信州81号」を目撃するのは、この日が初めて。

13122017

大宮総合車両センターからは派動用の183系が全廃され、「ムーンライト信州81号」は都内で183/189系に顔を出す数少ない列車のひとつとして貴重な存在となりました。

2013年12月23日 (月)

大垣行きムーンライトながら~平成25年冬期の運転日初日は、185系大宮車B7+B4編成で運転(H25.12.20)

前回の記事でもご紹介したように、平成25年12月20日に平成25年冬期の運転を開始した3つのムーンライトシリーズをはしご。まず新宿駅で「ムーンライトえちご」を撮影後、今度は「ムーンライトながら」を見るため、山手線に乗って品川駅に向かいました。

13122011

品川駅には23:07頃に到着。「ムーンライトながら」は12番線から出発しますが、私は撮影が目的ですので、ひとつ隣の13番ホームへ移動しました。

「ムーンライトながら」は、これまで183/189系で運転されてきましたが、この日から担当車両が185系にバトンタッチ。品川駅にも多数の鉄道ファンが集まるかと思いきや、それらしい人は全く見当たらず。12番ホーム側にも「ムーンライトながら」待ちと思われる人が一人だけいましたが、持っていたのはスマホ。もっと混雑すると予想していましたが、これには肩透かしでした。

13122012

定刻どおり、品川駅に顔を出した「ムーンライトながら」。運転日初日の大垣行きムーンライトながらを担当したのは、大宮総合車両センター所属185系B7編成(4両)とB4編成(6両)でした。

13122013

先々代のムーンライトながらを担当した373系には専用のヘッドマークが用意されていましたが、183/189系に変更後は「快速」に。185系では再び専用のヘッドマークが復活するかと期待しましたが、ご覧のように、これまで何度も見たことのある「臨時快速」でした。

13122014

車両側面の方向幕は列車名と行き先が書かれた専用のもの。この幕を見るのは、今日が初めてでしたので、唯一の収穫。夜遅くにわざわざ品川駅までやってきた甲斐がありました。

「ムーンライトながら」を見送ったあとは、「ムーンライト信州81号」を見るため、新宿駅に逆戻り。次回に続きます。

2013年12月22日 (日)

新潟行きムーンライトえちご~平成25年冬期の運転日初日は、485系新潟車T18編成で運転(H25.12.20)

平成25年12月20日、平成25年冬期のムーンライトえちご・ながら・信州81号の運転が始まりました。普段、深夜に列車の見学・撮影に出かけることはめったにしないのですが、今期は「ムーンライトながら」の担当車両が183/189系から185系に変更となったことから、せめて一度は見てみたい。

時刻表を見返してみると、少し強行スケジュールになりますが、『新宿駅でムーンライトえちご→品川駅でムーンライトながら→新宿駅でムーンライト信州81号』と回れば、1日で3つのムーンライトを1日ですべて見送ることができることを知り、運転日の初日である12月20日に実行。今回から3回に分けて、その記録をご紹介していきたいと思います。

13122009

今回は12月20日、新宿駅で「ムーンライトえちご」を見送った時のお話し。

13122010

「ムーンライトえちご」の新宿駅出発時刻は23:10ですが、列車は22:35に新宿駅5番ホームに入線すると、すぐに幕回し。ご覧の写真は22:39頃に4番ホーム(埼京線・湘南新宿ラインホーム)から5番線に停車中の「ムーンライトえちご」を撮影したもの。この日は、運転席上部のヘッドライトが2灯の新潟車両センター所属485系T18編成が担当しました。

ムーンライトえちごの撮影を終えると山手線に乗車。ムーンライトながらを見るため、品川駅に向かったのですが、この話題は次回へ続きます。

2013年12月21日 (土)

【西武】今年も年末に拝島行き臨時特急電車が運転(H25.12.20)

平成23年(弊ブログ平成23年12月12日付の記事)と平成24年(弊ブログ平成24年12月12日付の記事)に引き続き、平成25年も年末に拝島線に臨時特急「レッドアロー号」が運転されました。

13122001

過去2年の拝島行き臨時特急電車は、運転日が土休日を含む1週間連続で運転されましたが、今年(平成25年)は12月12日(木)、13日(金)、19日(木)、20日(金)と、週末を中心に運転。時刻も過去2年が西武新宿駅を19時台に出発するのに対し、今年は21:15発と忘年会等で1杯飲んだ後でも利用できる時間帯となりました。

運転最終日の12月20日、西武新宿駅に出かけてきました。

13122002

西武新宿駅の電光掲示板。その1番下の「そのあと」に、拝島行き臨時特急電車が表示されています。電光掲示板の右側には停車駅が表示されています。拝島行き臨時特急は、西武新宿駅を出発すると、高田馬場、小平、東大和市、玉川上水、拝島と停車するのですが、電光掲示板には高田馬場駅と拝島駅しか点灯していませんでした。

また、注目点がもうひとつ。電光掲示板の「つぎ」に表示されている、21:09発の各停 田無行き。「沼袋で急行と臨時特急の通過待ち」と書かれている部分。拝島行き臨時特急電車の運転日のみのレア表示と言えるでしょう。

13122003

過去2年は、西武新宿駅と高田馬場駅の窓口のみで販売された拝島行き臨時特急電車の指定席券も、今年はインターネットやご覧のように特急券の自動券売機で販売。西武新宿駅や高田馬場駅以外からの乗車も可能となりました。

13122004

拝島行き臨時特急電車は21:09頃に回送列車として西武新宿駅2番ホームに入線。

13122005

2番線に停車中の拝島行き臨時特急電車を3番ホームから撮影。

13122006

1・2番ホームに移り、「特急 拝島行き」と表示された電光掲示板と、レッドアローの車両を1枚。

13122007

13122008

「特急 小江戸91号」として運転された拝島行き臨時特急電車。しかし、ヘッドマークは本川越行きの「小江戸号」との誤乗車を防ぐためか、「臨時」と表示。車両側面の方向幕も同じく「臨時」でした。

2013年12月19日 (木)

姨捨駅のスイッチバック線路を観察~平成25年秋 長野ローカル鉄道と花火の旅・こぼれ話~(H25.11.23)

平成25年11月23日は、姨捨駅を訪問。長野駅に戻る列車が来るまでの約30分の待ち時間を利用して、駅周辺にあるスイッチバック線を観察してきました。

13112317

1枚目の写真は、姨捨駅を降りて左方向に約30秒ほど歩いた場所、側道からスイッチバック線の方向を撮影したもの。右と真ん中の線路は、姨捨駅から伸びる線路。一番左の線路は篠ノ井・長野駅方面への線路。写真の奥、右側の線路は聖高原・松本駅方面へ向かう線路。左側の線路がスイッチバックするための待避線です。

13112318

姨捨駅からひとつ目の踏切がこちら「大池踏切」です。遮断機がなく歩行者(自転車も可かな?)のみが横断できるタイプの踏切です。

13112319

大池踏切から姨捨駅方向を撮影したものがこちら。

13112320

振り返って、大池踏切からスイッチバック線の方向を撮影したのがこちらです。

13112321

大池踏切からさらに2~3分ほど線路と平行する側道を歩くとたどり着く踏切が「一本松踏切」。大池踏切とは異なり、遮断機もあり車も横断できる大型の踏切です。

13112322

一本松踏切から姨捨駅方面を見渡した写真がこちら。

13112323

振り返って聖高原・松本駅方面を撮影した写真。右側の線路が聖高原・松本駅方面へ至る本線。左側がスイッチバック用待避線です。

13112324

最後の1枚がこちら。姨捨駅へ戻りスイッチバック線とは反対側の線路を撮影したもの。姨捨駅はスイッチバック駅ですので、駅から篠ノ井・長野駅方面へ伸びる線路は途切れています。

平成25年秋 長野ローカル鉄道と花火の旅日記は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しています。ぜひこちらもご覧ください。

2013年12月18日 (水)

姨捨駅を訪問~平成25年秋 長野ローカル鉄道と花火の旅・こぼれ話~(H25.11.23)

今回は平成25年11月23日に訪問した姨捨駅の話題をご紹介していきましょう。

13112313

姨捨駅を訪問したのは今回で2回目。前回は平成20年の「スイッチバック街道惜別羽尾号」に乗車した時。その時は下のような駅舎でしたので、約5年間の間に駅舎がリニューアルされたことになります。

13112312

※平成20年当時の姨捨駅の駅舎

13112314

駅舎内はご覧のような待合室になっていて、姥捨て伝説の解説板など設置されています。4月~11月は駅事務室の開放や地元の皆様によるおもてなしが行われているそうですが、私が訪れたときは残念ながらシーズン外ということで、駅は無人となっていました。

13112315

駅舎があるのは、長野駅方面行きの列車が停車する1番ホーム。向かいの2番ホームから日本三大車窓の善光寺平が一望できるようにベンチや展望台が設置されています。

13112316

写真左の車両は、私が乗車してきた松本行きの普通列車。少し見づらいのですが、ホームの先端、写真の右側には姨捨駅を通過し、長野駅方面に走り去る「特急ワイドビューしなの」が写っています。

平成25年秋 長野ローカル鉄道と花火の旅日記は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しています。ぜひこちらもご覧ください。

2013年12月17日 (火)

運転席後方かぶりつき~姨捨スイッチバック体験~平成25年秋 長野ローカル鉄道と花火の旅・こぼれ話~(H25.11.23)

平成25年11月23日は、長野えびす講煙火大会を観覧。花火が始まるまでの時間を利用して、日本三大車窓の姨捨駅へ立ち寄りました。長野駅方面から姨捨駅へ普通列車で行く場合、スイッチバックしたうえで姨捨駅に到着します。この日は運転席後方にかぶりつき、スイッチバックの様子を観察してきました。

13112307

写真の右上にあるのが姨捨駅。長野駅方面からの列車はいったん姨捨駅を通り過ぎていきます。

13112308

姨捨駅を通り過ぎると、ご覧のような分岐器にたどり着きます。特急列車等、姨捨駅を通過する列車は、この分岐器をまっすぐ進んで松本駅方面へ向かいます。しかし、姨捨駅に停車する列車は、分岐器を左方向に進み、スイッチバック用待避線に入ります。

13112309

待避線を進む松本行きの普通列車。この先は行き止まりになっていて、列車はここで一時停車。そして列車は方向転換。これまで走ってきた方向に逆送を始めます。

13112310

スイッチバック用待避線から戻ってきた列車は、写真の手前から2番目の分岐器から本線に入り、本線をまたぐように、写真の一番手前にある分岐器の左側の線路(写真の向かって右側の線路)に曲がり、姨捨駅のホームがある方向へ進みます。

13112311

続いての分岐器を右側の線路(写真の向かって左側の線路)に進み、姨捨駅の2番ホームに入ります。

平成25年秋 長野ローカル鉄道と花火の旅日記は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しています。ぜひこちらもご覧ください。

2013年12月16日 (月)

E127系100番台に乗車~平成25年秋 長野ローカル鉄道と花火の旅・こぼれ話~(H25.11.23)

平成25年12月10日付の記事以降、お休みしていましたが、本日から再び「平成25年秋 長野ローカル鉄道と花火の旅」のこぼれ話をお伝えしていきます。

平成25年11月23日、長野えびす講煙火大会を観覧する旅の道中、日本三大車窓とスイッチバック駅で有名な姨捨駅を訪問。長野駅~姨捨駅間はE127系に乗車しました。

13112306

E127系は新潟県の羽越本線や白新線で0番台が運用されていますが、信越本線や大糸線で使用されているE127系は100番台。車体は0番台と100番台で外観が異なり、ご覧の写真の100番台は白黒写真にすると、東北方面で広く活躍している701系とパッと見では見分けがつかない形状となっています。

車内はたくさんの乗客がいましたので撮影はできませんでしたが、片側がロングシートで、もう片側がクロスシートという珍しい配置となっています。

平成25年秋 長野ローカル鉄道と花火の旅日記は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しています。ぜひこちらもご覧ください。

2013年12月15日 (日)

【都電】都電クリスマス号~9001号車で運転中(H25.12.14)

平成25年12月10日から都電荒川線9000形9001号車の車内外にクリスマスの装飾をし、「都電クリスマス号」として運転されています。平成25年12月14日、都電荒川線沿線にお出かけ。

13121404

町屋駅前電停に停車中の「都電クリスマス号」。

13121405

ヘッドライトの周りにはクリスマスリース。反対側の先頭部には赤色の花が使われていて、前後で異なるクリスマスリースとなっています。

その横には、「みんくる」と「とあらん」とクリスマスツリーが描かれたヘッドマークが取り付けられていました。「ひし形」のヘッドマーク、初めて見ました。

13121406

車両側面の窓にも、サンタクロースになった「とあらん」などのステッカーが貼り付けられていました。

2013年12月14日 (土)

今週も「ホリデー快速富士山号」は189系旧国鉄色で運転(H25.12.14)

これまで旧あずさ色の183/189系で運転されてきた「ホリデー快速富士山1~4号」が、平成25年11月30日の運転分から旧国鉄色の豊田車両センター所属189系M51・M52編成が担当しています。

過去に「ホリデー快速富士山号」が旧国鉄色で運転されたことはありませんが、列車名改称前の「ホリデー快速河口湖号」まで遡ると、平成25年6月まで旧田町車両センター所属の183/189系H61編成が、ホリデー快速河口湖3・6号を担当。旧国鉄色特急型車両のホリデー快速が約半年ぶりに復活したことになります。

旧国鉄色の「ホリデー快速富士山号」を見に行きたいと思っていましたが、なかなか都合がつかず、平成25年12月8日に初めて大宮駅で「ホリデー快速富士山3号」を目撃(弊ブログ平成25年12月8日付の記事を参照)。しかし、新宿発着の「ホリデー快速富士山1号」を見るまではなんとも落ち着かない。そこで平成25年12月14日、ホリデー快速富士山1号と3号を同時に見ようと、国立駅に向かいました。

国立駅に到着しても鉄道ファンの姿はなし。国鉄色での運転開始から2週間経っているので、注目度も少なくなっているのでしょうか。国立駅にホリデー快速富士山1号が通過する直前、カメラを持った鉄道ファンがもう一人やってきて、私を含め2人でホリデー快速富士山1号を迎えることになりました。

13121401

8:41頃、国立駅を通過する「ホリデー快速富士山1号」。担当車両は豊田車両センター所属189系M52編成でした。

ホリデー快速富士山1号の通過から約12分後、今度はホリデー快速富士山3号が国立駅に接近します。

13121402

武蔵野線と中央線の連絡線を走る「ホリデー快速富士山3号」。手持ちのズームレンズは35ミリ換算で300ミリ相当。ご覧の写真はさらにデジタルズーム2倍したうえに、トリミングしています。

13121403

中央線に転線して国立駅を通過する「ホリデー快速富士山3号」。担当車両は豊田車両センター所属189系M51編成でした。

2013年12月13日 (金)

みどりの山手線~オリジナルラッピングに戻る~(H25.12.12)

弊ブログ平成25年10月26日付の記事でもご紹介しているように、みどりの山手線ラッピングトレインに「NAVITAME」のラッピング広告を貼り付けて運転されていましたが、これも平成25年11月30日で終了。平成25年12月12日、再びオリジナルラッピングに戻った「山手線ラッピングトレイン」を目撃しました。

13121201

ケータイカメラでの撮影。レタッチソフトでなんとかここまで仕上げました(^_^;)

「みどりの山手線ラッピングトレイン」も運行期間は平成25年12月28日までの予定。みどり一色の山手線を見ることができるのも、あとわずか2週間あまりです。

2013年12月12日 (木)

池袋駅に209系幕張車が登場(H25.12.11)

平成25年12月11日早朝の池袋駅。主に湘南新宿ライン大宮方面行きの列車が発着する3番線の発車標に「回送」の表示。どんな列車が来るのかな?と思っていると、6:18頃、「3番線に列車が参ります」という放送が流れたのです。ゆっくりとした速度でやってきた列車とは…。

13121103

なんと、千葉・房総方面で運用されている209系だったのです。ちょうど隣のホーム「4番線」には埼京線205系が停車中。これが池袋駅であることがわかるでしょうか?

13121104

幕張車両センター所属209系C410編成、列車番号は「8341M」でした。しかし、なぜ209系幕張車がこんなところにいるのでしょうか? 大宮総合車両センターへの入場が目的なのかな?

2013年12月11日 (水)

埼京線205系~最近はなかなか会えなくなりました(H25.12.11)

通勤でいつも利用している池袋駅。埼京線ホームに停車している車両は、ここ最近、E233系7000番台を良く目にするようになりました。つい半年前は205系の独壇場であった埼京線も置き換えが急速に進んでいます。

平成25年12月11日、いつものように早朝の池袋駅へ。今月に入って初めて埼京線205系に出会うことができました。

13121101

思わず携帯電話を取り出して埼京線205系に向ける。画質は良くないけど、これまで205系は全く撮影してませんでしたので、まずは1枚。今度はそれなりのデジカメでしっかり記録したいですね。

13121102

6ドアの205系も埼京線に残るのみ。205系の引退が公式発表されるとのんびり撮影も難しくなりそうですから、撮影するなら今のうちかもしれませんね。

2013年12月10日 (火)

長野駅でJR東日本としなの鉄道の115系が並ぶ~平成25年秋 長野ローカル鉄道と花火の旅・こぼれ話~(H25.11.23)

平成25年11月23日から24日にかけて、長野えびす講煙火大会の観覧を兼ねて、長野県のローカル鉄道に乗車してきました。長野ローカル鉄道と花火の旅の旅日記は私のホームページ「列車とともに」に掲載していますが、本日からホームページで書ききれなかった話題をこちらのブログでご紹介していきたいと思います。しばらくの間、お付き合いを…。

平成25年11月23日、長野駅を訪問したときのこと、JR東日本としなの鉄道所属の115系がホームを挟んで並びました。

13112305

普段から長野駅をよく利用されている方は珍しくもなんともない風景でしょうが、年に1回訪れるかどうかの私にとっては、これも貴重な風景。

向かって左側がしなの鉄道の115系、右側がJR東日本の115系。平成25年3月から運用を始めた2両編成のしなの鉄道所属車両は、JR東日本から譲渡された状態のままの塗色で使用されていて、先頭部に掲げられた「しなの鉄道」のヘッドマークがないと、両者の違いは全く分かりませんね。

平成25年秋 長野ローカル鉄道と花火の旅日記は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しています。ぜひこちらもご覧ください。

2013年12月 9日 (月)

平成25年12月8日の大宮総合車両センター(H25.12.8)

前回の記事でご紹介しているように、平成25年12月8日は大宮駅に「ホリデー快速富士山3号」を見に行ったのですが、列車が到着するまでの待ち時間を利用して、大宮総合車両センターに留置されている車両を観察してきました。

13120803

大宮駅11番ホームから、さいたま新都心方面の留置線を見た写真。651系のうち、グリーン車を含む4両と、5両編成の211系が停車していました。

13120804

こちらは11番ホームから大宮総合車両センター方向を見たところ。写真左側には南武線用205系(中原電車区所属38編成)。写真右側の屋根のある車庫内にかすかに見えるのは、1両だけ分割された651系。おそらく1枚目の写真の651系と同一編成の車両ではないかと思われます。

13120805

大宮総合車両センター内には、豊田車両センター所属189系M50編成も入場中。このため、同車両が担当している「ホリデー快速富士山1・2号」は、平成25年11月30日の運転分から、豊田車両センター所属189系M52編成が代走しています。

2013年12月 8日 (日)

ホリデー快速富士山3号の担当車両が変更される(H25.12.8)

これまで「ホリデー快速富士山3・4号」を担当していた、幕張車両センター所属183系が平成25年12月15日と23日のさよなら運転で引退となります。それに先立ち、平成25年11月をもって「ホリデー快速富士山3・4号」からの運用を離脱。12月1日以降の「ホリデー快速富士山3・4号」は、豊田車両センター所属189系国鉄色により運転されることとなりました。

新生「ホリデー快速富士山3・4号」を見に行きたかったのですが、別の用事が重なってしまいなかなか実現できず。平成25年12月8日、やっと時間が取れ、大宮駅に向かいました。

13120801

大宮駅3番線に停車中の「ホリデー快速富士山3号」。

13120802

この日の「ホリデー快速富士山3号」は、豊田車両センター所属189系M51編成でした。

平成25年11月9日に開催された「豊田車両センターまつり」では、189系M52編成に「ホリデー快速富士山」のヘッドマークが掲げられて展示されていましたが、M51編成も同様のヘッドマークが用意されていたんですね。

なお、「ホリデー快速富士山1・2号」を担当する、旧あずさ色の豊田車両センター所属189系M50編成が大宮総合車両センターに入場し(この話題は次回ご紹介します)、平成25年11月30日から189系トタM52編成が「ホリデー快速富士山1・2号」の運用に入っているとのこと。

この日は、夕方に「ホリデー快速富士山2号」を見ようと、三鷹駅で待機していたのですが、時間になっても「ホリデー快速富士山2号」は現れなかったのです。駅の放送もなく、遅延しているのか? 何らかの理由で運転中止となったのか? その真偽はわからずじまい。来週もM52編成で運転されるのか? M50編成が復帰するのか? 機会があれば、中央線沿線に出かけてみたいと思っています。

2013年12月 7日 (土)

【常磐線】利根川橋りょう改良工事に伴う運転変更~上野駅での観察~(H25.12.7)

平成25年12月7日から8日にかけて実施された利根川橋りょう改良工事に伴い、常磐線は12月7日の17:30頃から12月8日の5:40頃まで一部区間の運休、運転変更が行われました。

当日の運用は以下のとおり。

 

○12月7日17:30頃~終電まで

・常磐線快速電車は、我孫子駅~取手駅間で運休、我孫子駅で上野方面へ折り返し運転。

・常磐線中距離電車は、上野駅~取手駅間で運休。17:30頃~22:10まで頃は、取手駅で土浦方面へ折り返し運転。22:10頃~終電までは、上り列車が藤代駅~取手駅間で運休し、バス代行輸送。

・特急列車は、下り「フレッシュひたち45号」(上野駅発17:30)、上り「フレッシュひたち52号」(上野駅着18:07)以降全列車が運休。

・常磐線各駅停車は、17:30頃~22:10頃までが、我孫子駅~取手駅間で増発・延長運転。22:10頃~終電までが、我孫子駅~取手駅間、および我孫子駅で綾瀬方面へ折り返し運転。

・成田線は常磐線への直通運転を中止、我孫子駅で成田方面へ折り返し運転。

 

○12月8日初電~5:40頃まで

・常磐線快速電車は、我孫子駅~取手駅間で運休、我孫子駅で上野方面へ折り返し運転。

・常磐線中距離電車は、通常どおり運転。

・常磐線各駅停車は、我孫子駅~取手駅間で増発。

・成田線は、通常どおり運転。

 

平成25年12月7日の17:30頃、私は上野駅に出かけ、運転変更された常磐線列車を観察してきました。

13120701

上野駅の常磐線発車時刻案内。すでに取手駅より先の常磐線中距離電車は運休し、我孫子駅止まりとなった常磐線快速電車ばかりとなっていました。

13120702

上野駅の低いホーム、特急列車用改札口付近の様子。16番ホームには17:08に到着した「特急フレッシュひたち48号」。従来は折り返し18:00発の「特急スーパーひたち47号」となりますが、この日は回送列車に。その上にある12番ホームには、我孫子行きの常磐線快速電車(E231系)が停車していました。

13120703

常磐線快速電車が発着する11・12番ホーム。発車案内板には我孫子行きの表示が並んでいます。

13120704

我孫子行きの常磐線快速電車。列車番号が9000番台のため、臨時列車であることが分かります。

13120705

常磐線中距離電車が発着する9・10番ホームへの階段にはテープが張られ、駅員が立ち、案内・誘導にあたっていました。

13120706

ご覧の写真は、上野駅17:32着の「1428M」。通常は9番ホームに到着するのですが、この日は10番線に入線。しばらく様子を見ていると…。

13120707

方向幕や室内等は全て消灯し、パンタグラフも下ろされてしまいました。おそらく、このまま上野駅に留置され、翌日、早朝の始発列車に充当されるのではないかと思われます。

2013年12月 6日 (金)

【東武】60000系で行く!東武ファンフェスタ号を北千住駅近くの大踏切で見送る(H25.12.1)

平成25年12月1日、東武鉄道の南栗橋車両管区で「東武ファンフェスタ」が開催。北千住駅~南栗橋車両管区で団体専用列車「60000系で行く!東武ファンフェスタ号」が運転されました。東武野田線用車両としてデビューした60000系が、東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)で運転されるのは今回が初めて。

当日、別の用事があり、「東武ファンフェスタ」には行けませんでしたが、「60000系東武ファンフェスタ号」だけは見ておきたいと、北千住駅~牛田駅間の大踏切へ出かけました。

私が大踏切に到着すると、先着の鉄道ファンがひとり。あいさつをして会話を少々。すると60000系は1時間以上前に、牛田駅近くの留置線に停車していていて、2番線の副本線を走行してくる可能性があるとのこと。初めは踏切の北千住側で待っていた私ですが、その場所からだと副本線を走行してくる車両は架線柱が邪魔していて車両をうまく撮影できない。そこで2人で踏切の牛田側に移動。列車の到着を待ったのです。

13113008

東武ファンフェスタ号は北千住駅を8:40に出発。8:27頃、60000系がゆっくりと北千住駅にやってきました。お相手の予想どおり60000系は副本線を走行。先ほどの助言がなければ、撮影を失敗していたかもしれませんでした。

13113010

東武ファンフェスタ号には、ご覧のようなヘッドマーク付き。

13113009

副本線を走る60000系と、主本線を走り北千住駅に入る東急5000系も、普段は実現しない組み合わせです。

2013年12月 5日 (木)

「トキ」イラスト入りE4系(H25.11.30)

旬な話題ではありませんが、前回の記事ご紹介した東京駅に「ありがとう」ラッピングのE3系を見に行った時のこと。トキのイラストが貼り付けられたE4系を目撃しました。

13113006

E4系P82編成

13113007

「Max」のロゴの脇にトキのイラスト。

これまで何度か目撃していたトキのイラスト入りE4系ですが、撮影できたのは今日が初めて。E1系にもトキのイラストが貼り付けられていたことがあり、弊ブログでも平成24年7月12日付の記事でご紹介していますが、E4系に貼りつけられていたものは、E1系とは異なるデザインとなっています。

2013年12月 4日 (水)

【秋田新幹線E3系】「ありがとう」ラッピングトレインを目撃(H25.11.30)

これまで秋田新幹線等で活躍してきたE3系ですが、後継のE6系の増備が進み、平成26年春までに引退することとなりました。そこで平成25年11月下旬から順次、現在運用されている秋田新幹線用E3系9編成に、「ありがとう」のステッカーを貼って運転が開始されています。

平成25年11月30日、秋田新幹線が見える沿線に出かけ、「ありがとう」ラッピングトレインを見送ることにしました。時刻表を広げ、E3系が使用されている列車を調べてみると、大半がE6系に置き換わっていて、E3系の出番は数えるほどになっていることに驚きました。

E3系が担当している新幹線でまず目を付けたのが、東京駅8:16着の「やまびこ202号」。しかし、この編成は残念ながら「ありがとう」ラッピングではありませんでした。続いては東京駅9:04着の「やまびこ206号」。やってきたのは待望の「ありがとう」ラッピングトレインでした。

13113003

「ありがとう」ステッカーが貼られたのは、E3系R4編成。

13113004

13113005

「ありがとう」ステッカーは、15号車と11号車の「こまち」ロゴの上に貼られていました。ステッカーは「ありがとう」の文字に桜と思われる花が待っているデザイン。桜の花が咲く頃にE3系「こまち」が引退することをイメージしているのでしょうか。

2013年12月 3日 (火)

185系「ホリデー快速鎌倉」デビュー(H25.11.30)

豊田車両センター所属115系M40編成、大宮総合車両センター所属183系OM編成が担ってきた「ホリデー快速鎌倉」ですが、平成25年11月30日から大宮総合車両センター所属185系6両編成(グリーン車なし)による運転が始まりました。

13113001

ご覧の写真は、往路の「ホリデー快速鎌倉 鎌倉行き」。担当車両は185系B5編成でした。

13113002

ヘッドマーク、方向幕とも「臨時快速」という表示でした。

これまで183/189系が担当してきた臨時列車の多くが、今後、185系にバトンタッチ。派動用185系にどんなヘッドマークが備わっているのかわかりませんが、この「臨時快速」ヘッドマークが頻繁に見ることになりそうです。

2013年12月 2日 (月)

【西武】出勤途中に3000系3015編成「L-train」に出会う(H25.11.25)

弊ブログ平成25年11月22日付の記事でご紹介しているとおり、平成25年11月19日は出張先に移動する途中、西武池袋線に残る3000系3編成のうち、銀河鉄道999デザイン電車となった3011編成と、オリジナル色の3001編成に出会うことができたのですが、残るひとつの3000系である3015編成「L-train」は目撃できませんでした。

12月に引退予定という3015編成「L-train」。引退までになんとか出会いたいという気持ちが通じたのか? 11月25日の通勤途中、石神井公園駅の引き上げ線に停車している3015編成「L-train」を見つけました。

13112504

この日は、平成25年11月25日付の記事の記事でご紹介しているように、石神井公園駅~大泉学園駅間の下り線高架化を観察するため、望遠レンズを取り付けたミラーレスカメラ(オリンパスE-PM2)を携えていたので、石神井公園駅の引き上げ線にいる3015編成も引き寄せて撮影することができました。

2013年12月 1日 (日)

平成25年秋 長野ローカル鉄道と花火の旅日記を掲載しました(H25.11.23)

平成25年11月23~24日にかけて、長野旅行に行ってきました。

今回は長野えびす講煙火大会の観覧をメインに、しなの鉄道、長野電鉄など長野県内のローカル鉄道にも乗ってきました。「平成25年秋 長野ローカル鉄道と花火の旅」と題し、旅日記を私のホームページ「列車とともに」に掲載しました。ぜひ、ご覧ください。

13112303

13112304

第108回長野えびす講煙火大会観覧記を掲載しました(H25.11.23)

待っていた人いないかもしれませんが…(^_^;)、お待たせしました!

平成25年11月23日に開催された「第108回長野えびす講煙火大会」の観覧記を、私のホームページ「列車とともに」に掲載しました。ぜひご訪問ください。

13112302

紅屋青木煙火店のミュージックスターマインから1枚

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »