2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 旧国鉄標準色風のキハ40形に遭遇&乗車~平成25年夏の乗り鉄旅・こぼれ話~(H25.8.17) | トップページ | 天浜線・遠鉄電車共通1日フリーきっぷ(西ルート)~平成25年夏の乗り鉄旅・こぼれ話~(H25.8.18) »

2013年8月24日 (土)

キハ75形がJR紀勢線多気以南を走る~平成25年夏の乗り鉄旅・こぼれ話~(H25.8.17)

JR東海のキハ75形は、主に「快速 みえ」に使用され、名古屋駅を出発すると関西本線、伊勢鉄道、紀勢本線を経由して、多気駅からは参宮線に入り、伊勢市駅・鳥羽駅へ向かいます。普段は多気以南の尾鷲・熊野市駅に入線することはないキハ75形ですが、熊野市大花火大会開催時は臨時快速列車として、熊野市駅まで運転されます。

平成25年8月17日、平成25年夏の乗り鉄旅で熊野大花火大会を訪れた私は、多気駅を9:31に出発する臨時快速 熊野市駅行きに乗車しました。

13081704

多気駅に停車中のキハ75形、臨時快速 熊野市駅行き。

13081705

キハ75形が停車している多気駅の3番線の発車標には、「快速 9:31 熊野市」の表示。普通列車だと多気駅~熊野市駅間は約3時間かかるのに対し、臨時快速列車は約2時間と、1時間も早く熊野市駅に到着できる。車両も普通列車に使用されるキハ11形、キハ40形はセミクロスシートであるのに対し、臨時快速のキハ75形は転換クロスシートと居住性も良く、快適な移動ができました。

平成25年夏の乗り鉄旅の旅日記は、私のホームページ「列車とともに」に掲載しています。ぜひこちらもご覧ください。

« 旧国鉄標準色風のキハ40形に遭遇&乗車~平成25年夏の乗り鉄旅・こぼれ話~(H25.8.17) | トップページ | 天浜線・遠鉄電車共通1日フリーきっぷ(西ルート)~平成25年夏の乗り鉄旅・こぼれ話~(H25.8.18) »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道(JR東海)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 旧国鉄標準色風のキハ40形に遭遇&乗車~平成25年夏の乗り鉄旅・こぼれ話~(H25.8.17) | トップページ | 天浜線・遠鉄電車共通1日フリーきっぷ(西ルート)~平成25年夏の乗り鉄旅・こぼれ話~(H25.8.18) »