2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

マイリスト

  • 鉄道コム/TETSUDO.COM
  • にほんブログ村

« 熊野から帰ってきました(H25.8.18) | トップページ | 平成25年夏の乗り鉄旅を掲載しました(H25.8.17~18) »

2013年8月22日 (木)

平成25年熊野大花火大会観覧記を掲載しました(H25.8.17)

平成25年8月17日に開催された「平成25年熊野大花火大会」の観覧記を、私のホームページ「列車とともに」に掲載しました。ぜひご訪問ください。

13082102

« 熊野から帰ってきました(H25.8.18) | トップページ | 平成25年夏の乗り鉄旅を掲載しました(H25.8.17~18) »

花火」カテゴリの記事

花火(東海)」カテゴリの記事

コメント

優さん、こんにちは。

大曲の花火大会当日は、天候にも恵まれそうですね。
2泊3日の長丁場になりますが、お気をつけていってらっしゃい。
良い花火が見られることをお祈りしています。

taka110さん、こんばんは。
和倉温泉夏花火の水上三尺玉は機械による遠隔操作で爆発させるのだと思います。私が見たときは船が避難する光景は見られませんでした。
普通花火大会の開催日は大曲のように曜日で決まる大会と長岡のように毎年その日に固定されている大会がありますね。曜日で決まる大会では土曜開催がほとんどなのに和倉温泉夏花火は8月第一木曜とは変わってます。

それと私は明日から青春18きっぷで大曲の花火へ行ってきます。行程は2泊3日でまず明日大曲まで行き前泊して24日に大曲の花火を見て花火終了後秋田へ向かい2泊目は秋田で泊って25日に帰宅する予定です。

優さん、こんにちは。熊野の花火観覧、お疲れさまでした。

三尺玉の水上花火は、和倉にもあるのですか。

熊野の三尺玉海上自爆は、点火方式が機械による遠隔操作によるものではなく、花火師が花火玉に点火してボートで急いで避難する。そして点火から開花までの約50秒間、かたずを呑んで、その時を待つ。そういう意味で、熊野でしか見ることができないと記述させていただきました。

和倉の空中と水上の三尺玉を同時に見られるというのも、和倉でしか見ることのできないプログラムでしょうね。平日(木曜日)開催が原則のようですので、なかなか見に行くことはできそうにありませんが、いつの日か訪問してみたいですね。そのころには北陸新幹線も開業しているでしょうから。

taka110さん、こんばんは。
レポートでは三尺玉海上自爆は熊野でしか見られないと記されていますが石川県の和倉温泉夏花火でもみることができます。和倉温泉夏花火は空中三尺玉と水中三尺玉の2発の異なった三尺玉が見られます。私も3年前に1度だけ見に行ったことがあります。
また福井県の三国花火大会では水中二尺玉も見ることができます。三国花火大会の水中二尺玉を見ると熊野の三尺玉海上自爆に似ているなと思ってしまいます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216525/58038283

この記事へのトラックバック一覧です: 平成25年熊野大花火大会観覧記を掲載しました(H25.8.17):

« 熊野から帰ってきました(H25.8.18) | トップページ | 平成25年夏の乗り鉄旅を掲載しました(H25.8.17~18) »