2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 115系が復活~ホリデー快速鎌倉(H25.7.14) | トップページ | E653系が「快速マリンブルー南房総号」で高崎線を走行(H25.7.21) »

2013年7月21日 (日)

E3系R1編成(量産先行車)引退~日暮里・秋葉原で金網越しの撮影に挑戦~(H25.7.20)

秋田新幹線「こまち」の初代車両E3系。そのなかでも量産先行車という位置づけの「R1編成」は、以降の量産車とは先頭部が大きく異なり、異彩を放っていました。そんな「R1編成」が平成25年7月20日の運転をもって引退。「こまち」としての運転は、秋田駅を12:57に出発する「こまち36号」が最後。秋田駅発車前には、引退セレモニーが行われたそうです。

思えば、「R1編成」をきちんと撮影したことがなかったなぁ…。引退を前にもう一度、「R1編成」を記録しておこうと決意。しかし、私が住む都内近郊で新幹線を撮影できる場所は少ない。限られた撮影場所はどこも大変な混雑だろうなと予想。それほど条件は良くないものの、日暮里駅前の下御隠殿橋で、上野・東京駅に向かう「R1編成」による「こまち36号」の撮影に出かけてきました。

下御隠殿橋の新幹線の線路が交差する部分には金網があり、どうしても金網がかかってしまう。また下御隠殿橋の東京側に日暮里駅舎があるため、撮影できるのは秋田側に限られます。「こまち36号」は、「はやて36号」のE5系を併結しており、E3系は秋田側に連結されています。つまり、上り(東京方面行き)の場合、E3系は最後尾となるので撮影条件は良くない。

「こまち36号」の上野駅到着時刻は17:02。日暮里駅付近を通過するのは16:59頃になるはずだからと、16:15頃に現地に到着。その時点で「E3系R1編成」待ちと思われるのは、ひとりのみ。条件は悪いとしても、これほどガラガラだったのには、少し拍子抜けしてしまいました。

それでも「こまち36号」の通過時刻が近付いてくると、徐々に人が集まり、橋の上での大行列。事情を知らない人は何事か?と思われるのでしょう。外国人から「What's happened?」などと話しかけられる始末。『Shinkansen old train, Today last』などと片言の英単語しか出てこなかった自分が情けない…。あの外人さん、理解してくれたかな…。

当日は、午前中に東京~大宮間で停電事故があり、ダイヤの乱れは夕方になっても完全には解消されず。通過予定時刻を過ぎても「R1編成」がやってきませんでした。約5分後の17:04頃、E5系が近付いてくるのを確認。ダイヤの乱れがどの程度なのかわからず、あれが「こまち36号+はやて36号」がどうかわかりませんでしたが、カメラを構えて、撮影の準備に入りました。

13072001

待っていました!「R1編成」。連結相手のE5系のロングノーズのおかげで、後方に連結されているE3系でも、これが「R1編成」であると十分確認することができました。やはり金網が写りこんでしまい、ボヤっとした仕上がりになりましたが、まずまず満足。

下御隠殿橋での撮影を終えて、今度は東京駅で折り返し、E3系「R1編成」が先頭で走る下り列車を撮影しようと、秋葉原駅総武線ホームに移動。ここには新幹線を見下ろせる窓があるのですが、その窓にも金網がある。これまで何度かこの場所での撮影をしたことがありますが、いつも他に誰もいない。今回もゆったりと撮影ができると思いきや、意外にも先客が4人。秋葉原総武線ホームからの新幹線撮影は完全な穴場と思っていましたが、知っている人は知っているんですな。

13072002

「こまち36号」として東京駅に到着したE3系「R1編成」は、折り返し東京駅を17:20に出発する「やまびこ215号」として仙台駅へ向かうことに。「こまち36号」は約5分遅れで日暮里駅付近を通過して行きましたが、「やまびこ215号」も定刻どおりに東京駅を出発できなかったようで、秋葉原駅付近を通過したのは17:27頃でした。

« 115系が復活~ホリデー快速鎌倉(H25.7.14) | トップページ | E653系が「快速マリンブルー南房総号」で高崎線を走行(H25.7.21) »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道(JR東日本)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 115系が復活~ホリデー快速鎌倉(H25.7.14) | トップページ | E653系が「快速マリンブルー南房総号」で高崎線を走行(H25.7.21) »