2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 【西武・東京メトロ・東急】「快速急行 元町・中華街行き」3社そろい踏み(H25.3.16) | トップページ | 【京成】唯一残ったリバイバルカラー電車「ファイヤーオレンジ塗装3312編成」も間もなく引退(H25.3.20) »

2013年3月20日 (水)

【京成】赤電塗装(3324編成)ラストラン~臨時特急「さよならリバイバルカラー赤電」~(H25.3.20)

連日、平成25年3月16日に実施された西武鉄道のダイヤ改正に関する話題を取り上げてきましたが、今回はいったんお休みして京成電鉄の話題をご紹介したいと思います。

京成電鉄創立100周年を記念して、平成21年に登場した3300形のリバイバルカラー電車。3種類登場したリバイバルカラー電車のうち、「青電塗装3356編成」が平成25年2月18日をもって営業運転を終了(弊ブログ平成25年2月19日付の記事を参照)したのに続き、「赤電塗装3324編成」が平成25年3月20日で引退することとなりました。

3324編成の運転最終日は、同車両を使用した臨時特急列車「さよならリバイバルカラー赤電」が上野駅~成田間で運転。始発駅の上野駅と、終着駅の成田駅ではさよならイベントも実施されるということでした。

当日は、町屋駅~千住大橋駅間の定番撮影地へ。リバイバルカラー電車の運転最終日に加え、赤電塗装となって最初で最後の「特急」列車の運転とあって、相当混雑することが予想されるため、列車が通過する約1時間前に現地に到着したのですが、すでに30名近い鉄道ファンが先着。なんとか撮影できそうな場所を見つけ、あとは赤電塗装3324編成を待つのみ。長時間の待機でしたが、ここ数日間の穏やかな気候で苦にはなりませんでした。

13032001

10:11頃、「さよならリバイバルカラー赤電」として上野駅に送り込み回送される3324編成。車両前面の貫通扉部には回送を意味する「回」の種別幕と、その下にはなにやらステッカーが貼り付けられていました。

臨時特急「さよならリバイバルカラー赤電」は上野駅を10:28ですので、私が待機している場所を通過するのは10:36前後と予想。気になるのは千住大橋駅を10:35に出発する「普通 上野行き」があるという点。場合によってはかぶってしまう危険性があるのです。

13032002

時刻は10:36、定刻どおり臨時特急「さよならリバイバルカラー赤電」が通過。実はこの写真を撮影している背後には、すぐそこまで「普通 上野行き」が迫ってきていたのでした。間一髪のところでヒヤヒヤしましたが、ご覧のような写真が撮影できました。

最終的に、私がいた場所に集まった50名程度の鉄道ファンに見送られて、臨時特急「さよならリバイバルカラー赤電」は成田駅に向けて走り去って行きました。

13032003

貫通扉の下に貼り付けられていたのは「さよなら赤電リバイバルカラー」と描かれたステッカーでした。

臨時特急「さよならリバイバルカラー赤電」は終点の成田駅に11:34に到着。運転士・車掌への花束贈呈が行われ、回送列車として成田駅を出発を見送るというさよならイベントが実施されたそうです。

これで3種類あったリバイバルカラー電車のうち、青電塗装と赤電塗装が引退。残るファイアーオレンジ塗装車両も3月24日をもって営業運転終了。リバイバルカラー電車のすべてが完全撤退となります。

« 【西武・東京メトロ・東急】「快速急行 元町・中華街行き」3社そろい踏み(H25.3.16) | トップページ | 【京成】唯一残ったリバイバルカラー電車「ファイヤーオレンジ塗装3312編成」も間もなく引退(H25.3.20) »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道(京成電鉄)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【西武・東京メトロ・東急】「快速急行 元町・中華街行き」3社そろい踏み(H25.3.16) | トップページ | 【京成】唯一残ったリバイバルカラー電車「ファイヤーオレンジ塗装3312編成」も間もなく引退(H25.3.20) »