2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 【ニューなのはな】団体専用列車「ベビールーナ号」が1日限定で運転~両国駅にて~(H25.1.12) | トップページ | 「快速おさんぽ川越号」~終点川越駅に到着した後の115系トタM40編成の行方~(H25.1.26) »

2013年1月26日 (土)

【115系豊田車】「快速 おさんぽ川越号」乗車記録(H25.1.26)

平成25年1月26日、新習志野駅~川越駅間で「快速 おさんぽ川越号」が運転されました。今回初めて登場したこの列車、興味深い事柄も盛りだくさんです。

まずは、その運転区間。新習志野駅を出発すると京葉線西船橋駅まで走行。西船橋駅からは武蔵野線で武蔵浦和駅へ。武蔵浦和駅を過ぎると武蔵野支線を経由して大宮駅まで向かいます。ここまでであれば毎日運転されている「しもうさ号」と同じ。しかし、「おさんぽ川越号」は、さらに川越線に乗り入れて川越駅まで直通するのです。

注目すべきは大宮駅を出発して川越線日進駅に至るとき。「おさんぽ川越号」は大宮駅の宇都宮線・高崎線ホームから出発するため、川越線の短絡線を通過するのです。この短絡線を通る列車というのは記憶がなく、きわめて貴重と言えるでしょう。

もうひとつ、興味深いのが「おさんぽ川越号」に使用される車両。それが豊田車両センター所属115系M40編成。過去には「ホリデー快速鎌倉」や「快速むさしの号」などで大宮駅や、武蔵野線に顔を出していましたが、現在は定期的に担当する列車もなく、目にする機会も少なくなってきた車両。さらに115系トタM40編成が、京葉線や川越線を走ることもこれまた滅多にないこと。

ということで、今回は「快速 おさんぽ川越号」に、始発の新習志野駅から終点の川越駅まで全区間乗車しようと、1月19日、早朝の新習志野駅に出かけました。

新習志野駅に到着したのは7:28。まだ115系車両の姿は新習志野駅になし。「快速 おさんぽ川越号」の出発時刻は7:53ですので、その25分前に着いたわけですが、すでに列車がやってくる南船橋側のホーム先端部にはカメラを構えた10名以上の鉄道ファンが列を作っていました。

7:43頃、新習志野駅2番ホームに列車が到着するという放送が流れると、ゆっくりとこちらにやってくる115系車両が確認できました。

13012601

新習志野駅に入線する「快速 おさんぽ川越号」。今日は乗り鉄ですから、ご覧のような編成写真を撮れるチャンスはこのシーンのみです。

13012602

新習志野駅2番ホームの発車標と、115系トタM40編成の組み合わせ。発車標の上段には「臨時 7:53 川越」、下段には列車名である「臨時快速 おさんぽ川越号 川越ゆき」や、停車駅などが流れていました。

13012603

新習志野駅の駅名標と、115系トタM40編成の組み合わせ。

13012604

京葉線の主力車両E233系5000番台との組み合わせも押さえておきました。

13012605

行き先幕はご覧のとおり「臨時」。今回はヘッドマークやサボなどの取り付けはありませんでした。

前述の写真を撮っていると早くも出発時刻まであとわずか。列車に飛び乗ります。新習志野駅出発時点では、空席も目立ち、3割程度の乗車率といったところでしょうか。

13012606

新習志野駅を出発した「おさんぽ川越号」は、南船橋駅から京葉支線に入って西船橋駅へ。西船橋駅でのわずかな停車時間を利用して、西船橋駅の看板と列車の組み合わせを1枚。

西船橋駅を出発した「おさんぽ川越号」は、東松戸、新八柱、新松戸、南流山、吉川、南越谷、東川口、南浦和、武蔵浦和駅と停車。徐々に車内も混雑してきて武蔵浦和駅を出発した時点では立ち客も多く、まずまずの混雑に。

13012607

武蔵浦和駅を出発すると、武蔵野線から分岐して武蔵野支線へ。左方向に離れていく武蔵野線に見ながら大宮駅を目指します。

13012608

短めのトンネルを越えると右手に与野駅が見えてきました。京浜東北線E233系1000番台とすれ違い。

13012609

9:01、大宮駅に到着。主に湘南新宿ラインの列車が到着する11番線に停車中の「おさんぽ川越号」。

さあ、ここからが「おさんぽ川越号」のメインイベント(?)、川越線の短絡線を通過します。車内の雰囲気も一気に湧き立った感じ。多くの人が川越線の線路のある方向に目を向けます。

13012610

大宮駅を出発してしばらくすると、左手に川越線の線路が地下から出てきました。写真右側に写る旧国鉄形特急車両は、鉄道博物館内のランチトレイン183系です。

13012611

鉄道博物館の建物。館内にある455系も見えてきました。

川越線との短絡線を通過して日進駅へ。「おさんぽ川越号」は大宮駅を出発すると、次の停車駅は南古谷駅なのですが、その他の駅も扉は開かないものの各駅に一時停車していました。よく考えると川越線内で各駅停車以外の種別(快速)の列車が走るのも珍しいことですよね?

13012612

「快速 おさんぽ川越号」は9:30頃、約1~2分遅れで終点の川越駅6番線に到着。

13012613

駅ホームでは「歓迎 ようこそ小江戸川越へ」と書かれた横断幕をもつ駅係員が乗客を出迎えていました。

13012614

「おさんぽ川越号」として運転されてきた115系トタM40編成は、9:40、回送列車として南古谷方面に向かって走り出して行きました。

今回運転された「快速 おさんぽ川越号」。次回は平成25年2月9日にも運転される予定です。

« 【ニューなのはな】団体専用列車「ベビールーナ号」が1日限定で運転~両国駅にて~(H25.1.12) | トップページ | 「快速おさんぽ川越号」~終点川越駅に到着した後の115系トタM40編成の行方~(H25.1.26) »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道(JR東日本)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【115系豊田車】「快速 おさんぽ川越号」乗車記録(H25.1.26):

« 【ニューなのはな】団体専用列車「ベビールーナ号」が1日限定で運転~両国駅にて~(H25.1.12) | トップページ | 「快速おさんぽ川越号」~終点川越駅に到着した後の115系トタM40編成の行方~(H25.1.26) »